【難易度は?】神奈川県教員採用試験に独学で合格する対策法5ステップ

kanagawaken-kyouinsaiyou-taisaku

かなこ
かなこ

神奈川県の教員を目指しています。独学でも合格することはできますか?はじめて受験するので試験の流れや何から対策すればいいか教えてほしいです。

独学で対策をはじめる受験者が「結局なにから対策すればいいの?」と悩んでしまうケースはとても多いです。

何もわからないまま対策をはじめても、無駄なことをやっている場合があるため時間ががどんなにあっても足りません。それだと合格は遠のくだけです。

とはいえ、予備校に通うお金もないし、周りに教員を目指す人もいないから情報を集めたくても難しいってこともあるかもしれません。

そこで今回は、独学でも最終合格を目指せるように試験情報から具体的な対策方法までまとめて解説します。

この記事を読むことで、「神奈川県教員採用試験に受かるまでの必要な手順」がすべて分かりますよ!

結論を言うと、正しい情報を把握して対策すれば独学でも合格はできます。

すでに対策を始めていて「うまくいかずに悩んでいる」場合は以下から読むことをおすすめしますよ。

STEP①:神奈川県教員採用試験の受験資格を知ろう!

kanagawaken-kyousai-nenreiseigen

教員採用試験は誰でも受験できる試験ではありません。

まずは試験を受けるための条件を確認しましょう。

  • 年齢制限
  • 教員免許状
  • 欠格事項

概要を説明します。

年齢制限

神奈川県は59歳まで受験できます。

令和4年度(2022年度)の年齢要件は「昭和37年4月2日以降に生まれた人」が対象です。

福永
福永

全国的に年齢制限は実質なしの方向に進んでいますよ!幅広い人材を求める傾向があるようです。

関連記事【都道府県一覧】教員採用試験の年齢制限は撤廃傾向?【40代でもOK】

教員免許状

志望する校種・教科の教員免許状を持っていない(取得見込み)と受験できません。

注意!
  • 高校地歴・公民:「地理歴史、「公民」の免許が必要。
  • 高校書道、福祉:「該当の免許」+「他教科(高校)の免許」が必要。
  • 高校水産:水産、工業のいずれかが必要

欠格事由

地方公務員法16条、学校教育法9条に該当する場合は受験できません。

ア 禁錮以上の刑に処せられた者
イ 神奈川県職員として懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない者
ウ 教育職員免許法第10条第1項第2号又は第3号に該当することにより免許状がその効力を失い、当該失効の日から3年を経過しない者
エ 教育職員免許法第11条第1項から第3項までの規定により免許状取上げの処分を受け、3年を経過しない者
オ 日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者

STEP②:神奈川県教員採用試験の日程を知ろう!

kanagawaken-kyousai-nittei

ここでは出願から最終合格までの流れをまとめています。

願書の配布

3月下旬~4月上旬に実施要項が案内されます。

出願の案内や試験内容などの詳細なので忘れずに確認してください。

出願

4月下旬~5月中旬に申込みがあります。

申込方法はインターネット。

一次試験

7月の第2日曜日です。

教養試験、専門試験、論文試験が実施されます。

一次試験の合格発表

7月下旬です。

神奈川県のホームページ及び郵送での発表。

二次試験

8月上旬~下旬の指定された1日。

一次試験の合格通知に試験日が記載されているので忘れずに確認してください。

個人面接、模擬授業、(実技試験)が実施されます。

最終合格

10月初旬です。

神奈川県のホームページ及び郵送での発表。

出願から最終合格まで長いのでスケジュール管理を徹底することが大切です。

かなこ
かなこ

最終合格すれば、4月から先生になれるの?

福永
福永

そう思って大丈夫です!しかし、大学を卒業できなかったり、教員免許が取得できなかったりしたら不採用なので注意!

なお、最新の試験日程を知りたい場合は下記記事でまとめています。

関連記事【都道府県別】2022年度教員採用試験の日程を徹底解説【全国一覧】

STEP③:神奈川県教員採用試験の倍率は?

kanagawaken-kyousai-bairitsu

ここでは過去の実施結果をまとめています。

結論からいうと、倍率は低下傾向です。平成24年度6.4倍⇒令和3年度4.1倍までさがっています。

受験者数も10年間で約2,500人も減っています(7,559人⇒4,912人)。反対に採用数は増えているので倍率がおかしなことになっているんですね・・・。

詳細は次のとおり。

年度受験者合格者倍率
令和3年度4,9121,2104.1
令和2年度5,2731,1114.7
平成31年度5,7801,0925.3
平成30年度6,3751,0735.9
平成29年度6,1711,0925.7
平成28年度6,3701,1675.5
平成27年度6,4151,0686.0
平成26年度6,4021,2845.0
平成25年度6,6361,1016.0
平成24年度7,5591,1736.4
神奈川県教採 過去10年間の倍率推移

なお、校種別・教科別の倍率は下記記事で解説しています。参考にしてみてください。

関連記事【過去がヒント】神奈川県教員採用試験の倍率推移を校種・教科別に解説!

STEP④:神奈川県教員採用試験の内容と対策法はこれだ!

kanagawaken-kyousai-naiyou

神奈川県の試験を知らないまま対策はできないですよね。

筆記試験のほかにも面接や論文など試験内容は多いです。

神奈川県教採の試験内容
  • 一般教養
  • 教科専門
  • 小論文
  • 個人面接
  • 模擬授業
  • 実技試験

適当に対策をはじめても時間がもったいないので、試験内容や出題範囲などは絶対に把握するようにしましょう。

福永
福永

効率よく勉強するには計画性が重要です!そのために内容や傾向の理解をしてください。

神奈川県教採の「一般教養試験」とは?

教職教養と一般教養で構成される筆記試験で、基礎的な学力や知識があるかどうか評価します。

  • 教職教養:教員として必要な知識のこと(例:生徒指導とか教育基本法など)
  • 一般教養:中学~高校で学んだ知識のこと(例:国語、数学、英語など)

とにかく試験科目が多いです!15科目くらいあるため、優先する科目、捨てる科目を判断して効率よく勉強することが大切。

一般教養の特徴
  • 試験科目が多い
  • 副教科(音楽や体育など)からも出題あり
  • 基礎問題が多い=難易度は低め
  • 出題形式はマークシート
  • 問題数は39問(2022年度)
  • 一般教養比重型(24/39問)
  • 試験時間は60分⇒1問2分かけると足りない

神奈川県の一般教養は試験科目の多さが特徴です。しかし、出題傾向はパターン化されているので対策はしやすい!

福永
福永

校種・教科に関係なく同じ問題を解きます!なので勉強方法も一緒ですよ

詳しい出題傾向は別記事で解説しているので、確認してみてください。

関連記事神奈川県教員採用試験 一般教養・教職の勉強法|【過去問あり】

神奈川県教採の「教科専門試験」とは?

専門試験は志望する教科の知識を問う筆記試験です。

kanagawa-kyousai-senmon-kamoku
令和4年度 実施要項より抜粋

教科に関する知識はもちろん、学習指導要領からの出題もあります

教科専門試験の特徴
  • 学習指導要領からも出題がある
  • 試験時間が短い(60分)
  • 問題数は教科による
  • マークシート式
  • 配点は100点(教養と同じ)
  • 平均点は高くなりがち

勉強する科目は決まっているので、一般教養よりは対策がしやすいです。

福永
福永

とはいえ、受験者は教科の専門家なわけですから得点率は高くなります。高得点が取れるように勉強してください。

おすすめの参考書や勉強方法を別記事で解説しています。

関連記事【2022年度】教員採用試験のおすすめ参考書と選び方を解説【独学者必見】

関連記事【3分で理解】教員採用試験 専門科目の勉強法を4ステップで解説

神奈川県教採の「論文試験」とは?

 神奈川県では、生徒や学校等の実態に応じ、教材・教具や学習ツールの一つとしてICTを積極的に活用し、必要な資質・能力を育成する主体的・対話的で深い学びの実現に向けた授業改善に取り組んでいます。このことを踏まえ、あなたの教科ではICT活用の利点を生かした授業実践にどのように取り組みますか。ICTを活用する意義やねらいとともに、あなたの考えを述べよ。

令和4年度の問題

このようなテーマに沿って、客観的な事実や自分の意見を文章にして論じる試験です。

一次試験で書かせますが、二次試験で評価されます。受験者が多いので全員の答案を見ることはしませんよ。

論文試験の特徴
  • 校種によってテーマが違う
  • 試験時間は60分
  • 文字数は600字~825字

文章を書くだけでなく、「構成」や「わかりやすさ」などが評価されます。

福永
福永

筆記試験と違い、解答がないので対策は難しいです。はやめに対策をはじめましょう。

論文の傾向は別記事で解説しています。

関連記事【必見!】神奈川県教員採用試験の論文対策で過去問が必要な理由

神奈川県教採の「面接試験」とは?

自己PRや志望動機などを駆使して自分をアピールする試験です。

神奈川県は筆記で多く通して、面接で落とす傾向があるため特に力を入れて対策することが重要。

面接試験の特徴
  • 試験時間:20分~25分
  • 面接官:3~4人
  • 面接カードをもとに質問

質問は事前に提出する面接カードを主として、面接官が気になったことを問われていますよ。

福永
福永

自己分析には時間が必要です。はやめに初めて回答を準備してください。

過去の質問や面接カードの内容は別記事で解説しています。

関連記事【面接対策はこれでOK】神奈川県教員採用試験で聞かれる質問と評価基準

神奈川県教採の「模擬授業」とは?

校種内容
小学校確かな学力を育成するために、児童が主体的に課題解決を図るよう工夫された授業
中学校確かな学力を育成するために、生徒が主体的に課題解決を図るよう工夫された授業
高校教科における学習と社会とのつながりを踏まえた、単元計画(題材計画)に基づき、学習の見通しを立てたり、学習したことを振り返ったりする活動を取り入れた授業
特別支援学校     発達の段階等に応じて、児童・生徒が基礎的・基本的な知識及び技能を習得し、他の学習や生活の場面で活用できるようにするための「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けた授業
養護教諭児童・生徒の現状と課題を養護教諭の視点でとらえ、自分や他者の「いのち」を大切にする豊かな心や健やかな体を育む授業
令和4年度のテーマ

このようなテーマから内容を考えて実際に授業する試験です。これぞ教員採用試験って感じがしますよね。

模擬授業の特徴
  • テーマは指定⇒事前に指導案を考え当日に提出。
  • 1単位の授業計画
  • 指導案を作成(A4 1枚)

授業は導入から展開にかけての冒頭10分間ほどです。準備・片付けも含むので、実際は7分くらいですね。

関連記事神奈川県教員採用試験 模擬授業の過去問|団体試験だと認識せよ

神奈川県教採の「実技試験」とは?

令和4年度の実技試験(内容)
令和4年度の実技試験(内容)

音楽、美術、保健体育、技術、家庭、英語、書道の志望者を対象に実施される試験です。

教科の技能(スキル)を評価します。実際の授業で指導するうえで必要な部分なので難しいことはありません。

上記の内容を確認して対策してください。

STEP⑤:神奈川県教員採用試験の過去問は?傾向を把握しよう!

kanagawaken-kyousai-kakomon

ここでは神奈川県教員採用試験の過去に出題された問題やテーマを紹介しています。

過去問を使うことで出題傾向や難易度を把握できるので、はやめに使うことが大切です。

ぶっちゃけ、過去問を最初に使うのと、最後に使うのでは明らかに質が違ってきますよ。間違っても「過去問は勉強が終わってからの腕試し」とは言わないでくださいね。

関連記事【いつからすべき?】教員採用試験 過去問を最初に使う3つの理由

神奈川県教採「一般教養」の過去問

kanagawapref-kyosai-benkyouhou 【過去問あり】神奈川県教員採用試験の勉強法を5つの手順で解説!

神奈川県教採「論文試験」の過去問

神奈川県教員採用試験 論文の勉強法 【必見!】神奈川県教員採用試験の論文対策で過去問が必要な理由

神奈川県教採「個人面接」の過去問

kanagawaken-mensetsu-taisaku 【面接対策はこれでOK】神奈川県教員採用試験で聞かれる質問と評価基準

神奈川県教採「模擬授業」の過去問

【指導案とテーマ】神奈川県教員採用試験の模擬授業を徹底解説

神奈川県教員採用試験の難易度を把握して対策!

kanagawaken-kyousai-nanido

神奈川県の教員になりたいなら、筆記対策ばかりに時間を使ってはいけません。

筆記試験で満点を取ったところで、二次試験の結果には反映されないからです

福永
福永

ということは、筆記試験は出題傾向を把握して効率よく勉強し、多くの時間を論文や面接対策に使って対策することが最終合格に必要ってこと!

配点や試験倍率、対策のしやすさなどから判断すると難易度は下記のようになると思います。

試験の難易度
  1. 個人面接・模擬授業
  2. 論文
  3. 一般教養
  4. 教科専門
  5. 実技試験

対策をはじめるときの参考にしてみてください。

このサイト(教採ギルド)では、神奈川県教員採用試験対策の役に立つ情報発信をしています。

福永
福永

とくに独学で合格を目指している人は参考になると思うので活用してみてくださいね。