【英語の志望者必見】教員採用試験 倍率一覧【全国版】

【中学高校の英語】教員採用試験 全国の倍率一覧

教員を目指している人

英語の教員は、倍率が高いって本当?全自治体の倍率が知りたいです。

このような悩みを解決します!

この記事では、「中学・高校英語の倍率」を全国一覧にしています。

✔︎主な内容

  • 【全国】教員採用試験 中学英語の倍率一覧
  • 【全国】教員採用試験 高校英語の倍率一覧

倍率を見ることで、受かりやすい県・受かりにくい県を知ることができますよ。

2倍〜20倍以上と幅広いです。比較しつつ見てみましょう!

関連記事【3分で理解】教員採用試験 専門科目の勉強法を4ステップで解説

【中学英語】教員採用試験 倍率一覧【2020年度】

【中学英語】2019年 教員採用試験の倍率

 

2019年(令和2年度)の実施結果を都道府県ごとにまとめています。

地区①:北海道・東北

自治体 受験者 合格者 倍率
北海道 不明 51
札幌市 不明 17
青森県 44 13 3.4
岩手県 58 12 4.8
宮城県 77 17 4.5
仙台市 49 14 3.5
秋田県 47 11 4.3
山形県 19 15 1.3
福島県 78 25 3.1

地区②:関東甲信越

自治体 受験者 合格者 倍率
茨城県 111 45 2.5
栃木県 63 28 2.3
群馬県 89 39 2.3
埼玉県 213 60 3.6
さいたま市 74 28 2.6
千葉県 290 117 2.5
東京都 606 222 2.7
神奈川県 152 22 6.9
横浜市 149 34 4.4
川崎市 68 16 4.3
相模原市 31 7 4.4
新潟県 61 22 2.8
新潟市 28 8 3.5

地区③:東海北陸

自治体 受験者 合格者 倍率
富山県 不明
石川県 46 19 2.4
福井県 49 14 3.5
山梨県 27 14 1.9
長野県 不明
岐阜県 71 25 2.8
静岡県 75 26 2.9
静岡市 18 5 3.6
浜松市 22 7 3.1
愛知県 211 51 4.1
名古屋市 102 23 4.4
三重県 95 17 5.6

地区④:関西(近畿)

自治体 受験者 合格者 倍率
滋賀県 不明
京都府 72 25 2.9
京都市 76 11 6.9
大阪府 308 58 5.3
豊能地区 51 8 6.4
大阪市 96 22 4.4
堺市 54 9 6.0
兵庫県 134 31 4.3
神戸市 106 12 8.8
奈良県 58 19 3.1
和歌山県 52 20 2.6

地区⑤:中国四国

自治体 受験者 合格者 倍率
鳥取県 29 9 3.2
島根県 32 7 4.6
岡山県 72 15 4.8
岡山市 23 7 3.3
広島県 不明 37
山口県 36 13 2.8
徳島県 17 7 2.4
香川県 不明
愛媛県 46 13 3.5
高知県 64 22 2.9

地区⑥:九州沖縄

自治体 受験者 合格者 倍率
福岡県 103 36 2.9
福岡市 80 23 3.5
北九州市 35 20 1.8
佐賀県 28 14 2.0
長崎県 37 14 2.6
熊本県 46 19 2.4
熊本市 35 7 5.0
大分県 59 22 2.7
宮崎県 74 15 4.9
鹿児島県 64 20 3.2
沖縄県 165 15 11.0

関連記事【3分で理解】教員採用試験 専門科目の勉強法を4ステップで解説

【中学英語】教員採用試験 倍率一覧【2019年度】

【中学英語】2018年 教員採用試験の倍率

 

2018年(平成31年度)の実施結果を都道府県ごとにまとめています。

地区①:北海道・東北

自治体 受験者 合格者 倍率
北海道 不明 61
札幌市 不明 7
青森県 45 6 7.5
岩手県 62 14 4.4
宮城県 78 13 6.0
仙台市 52 23 2.3
秋田県 45 9 5.0
山形県 27 13 2.1
福島県 86 23 3.7

地区②:関東甲信越

自治体 受験者 合格者 倍率
茨城県 105 43 2.4
栃木県 70 19 3.7
群馬県 102 47 2.2
埼玉県 232 62 3.7
さいたま市 59 25 2.4
千葉県 350 140 2.5
東京都 640 244 2.6
神奈川県 169 29 5.8
横浜市 177 29 6.1
川崎市 80 11 7.3
相模原市 24 6 4.0
新潟県 57 33 1.7
新潟市 17 7 2.4

地区③:東海北陸

自治体 受験者 合格者 倍率
富山県 不明
石川県 57 20 2.9
福井県 53 12 4.4
山梨県 38 13 2.9
長野県 不明
岐阜県 75 35 2.1
静岡県 67 27 2.5
静岡市 17 7 2.4
浜松市 25 7 3.6
愛知県 230 51 4.5
名古屋市 92 17 5.4
三重県 111 15 7.4

地区④:関西(近畿)

自治体 受験者 合格者 倍率
滋賀県 不明
京都府 90 19 4.7
京都市 87 11 7.9
大阪府 344 47 7.3
豊能地区 47 7 6.7
大阪市 109 21 5.2
堺市 64 9 7.1
兵庫県 148 32 4.6
神戸市 88 14 6.3
奈良県 71 14 5.1
和歌山県 71 14 5.1

地区⑤:中国四国

自治体 受験者 合格者 倍率
鳥取県 22 9 2.4
島根県 32 7 4.6
岡山県 73 22 3.3
岡山市 22 7 3.1
広島県 不明 35
山口県 35 12 2.9
徳島県 25 8 3.1
香川県 不明
愛媛県 42 17 2.5
高知県 85 10 8.5

地区⑥:九州沖縄

自治体 受験者 合格者 倍率
福岡県 107 40 2.7
福岡市 85 13 6.5
北九州市 38 22 1.7
佐賀県 41 14 2.9
長崎県 55 12 4.6
熊本県 61 18 3.4
熊本市 47 6 7.8
大分県 54 22 2.5
宮崎県 76 11 6.9
鹿児島県 87 18 4.8
沖縄県 174 15 11.6

【高校英語】教員採用試験 倍率一覧【2020年度】

【高校英語】2019年 教員採用試験の倍率

 

2019年(令和2年度)の実施結果を都道府県ごとにまとめています。

地区①:北海道・東北

自治体 受験者 合格者 倍率
北海道 不明 39
札幌市 北海道と共同登録
青森県 36 7 5.1
岩手県 23 6 3.8
宮城県 55 13 4.2
仙台市 中高共同
秋田県 15 2 7.5
山形県 22 7 3.1
福島県 32 4 8.0

地区②:関東甲信越

自治体 受験者 合格者 倍率
茨城県 52 21 2.5
栃木県 48 11 4.4
群馬県 41 4 10.3
埼玉県 154 53 2.9
さいたま市 中高共同
千葉県 中高共同
東京都 606 222 2.7
神奈川県 268 96 2.8
横浜市 中高共同
川崎市 中高共同
相模原市 募集なし
新潟県 38 1 38.0
新潟市 中高共同

地区③:東海北陸

自治体 受験者 合格者 倍率
富山県 不明
石川県 中高共同
福井県 不明
山梨県 18 1 18.0
長野県 不明
岐阜県 54 17 3.2
静岡県 92 20 4.6
静岡市 募集なし
浜松市 募集なし
愛知県 151 47 3.2
名古屋市 中高共同
三重県 61 11 5.5

地区④:関西(近畿)

自治体 受験者 合格者 倍率
滋賀県 不明
京都府 70 10 7.0
京都市 27 3 9.0
大阪府 233 39 6.0
豊能地区 募集なし
大阪市 48 3 16.0
堺市 募集なし
兵庫県 157 33 4.8
神戸市 募集なし
奈良県 41 11 3.7
和歌山県 31 6 5.2

地区⑤:中国四国

自治体 受験者 合格者 倍率
鳥取県 16 6 2.7
島根県 22 6 3.7
岡山県 45 9 5.0
岡山市 募集なし
広島県 不明 20
山口県 19 8 2.4
徳島県 22 3 7.3
香川県 不明
愛媛県 30 5 6.0
高知県 35 7 5.0

地区⑥:九州沖縄

自治体 受験者 合格者 倍率
福岡県 103 27 3.8
福岡市 募集なし
北九州市 募集なし
佐賀県 23 4 5.8
長崎県 20 7 2.9
熊本県 33 2 16.5
熊本市 募集なし
大分県 46 6 7.7
宮崎県 38 6 6.3
鹿児島県 22 3 7.3
沖縄県 82 7 11.7

関連記事【3分で理解】教員採用試験 専門科目の勉強法を4ステップで解説

【高校英語】教員採用試験 倍率一覧【2019年度】

【高校英語】2018年 教員採用試験の倍率

 

2018年(平成31年度)の実施結果を都道府県ごとにまとめています。

地区①:北海道・東北

自治体 受験者 合格者 倍率
北海道 112 51 2.2
札幌市 北海道と共同登録
青森県 41 13 3.2
岩手県 28 7 4.0
宮城県 61 8 7.6
仙台市 中高共同
秋田県 18 1 18.0
山形県 25 6 4.2
福島県 53 1 53.0

地区②:関東甲信越

自治体 受験者 合格者 倍率
茨城県 60 25 2.4
栃木県 48 11 4.4
群馬県 57 4 14.3
埼玉県 157 52 3.0
さいたま市 中高共同
千葉県 中高共同
東京都 中高共同
神奈川県 307 86 3.6
横浜市 中高共同
川崎市 中高共同
相模原市 募集なし
新潟県 43 2 21.5
新潟市 中高共同

地区③:東海北陸

自治体 受験者 合格者 倍率
富山県 不明
石川県 中高共同
福井県 中高共同
山梨県 22 1 22.0
長野県 不明
岐阜県 54 15 3.6
静岡県 75 18 4.2
静岡市 募集なし
浜松市 募集なし
愛知県 179 52 3.4
名古屋市 中高共同
三重県 56 7 8.0

地区④:関西(近畿)

自治体 受験者 合格者 倍率
滋賀県 不明
京都府 76 10 7.6
京都市 32 5 6.4
大阪府 254 41 6.2
豊能地区 募集なし
大阪市 54 7 7.7
堺市 募集なし
兵庫県 162 33 4.9
神戸市 中高共同
奈良県 47 8 5.9
和歌山県 34 6 5.7

地区⑤:中国四国

自治体 受験者 合格者 倍率
鳥取県 16 2 8.0
島根県 28 5 5.6
岡山県 51 11 4.6
岡山市 募集なし
広島県 不明 27
山口県 31 8 3.9
徳島県 17 3 5.7
香川県 不明
愛媛県 25 5 5.0
高知県 44 6 7.3

地区⑥:九州沖縄

自治体 受験者 合格者 倍率
福岡県 125 32 3.9
福岡市 23 3 7.7
北九州市 募集なし
佐賀県 26 4 6.5
長崎県 22 5 4.4
熊本県 41 3 13.7
熊本市 募集なし
大分県 30 9 3.3
宮崎県 39 3 13.0
鹿児島県 22 4 5.5
沖縄県 89 5 17.8

【全国】教員採用試験 英語科の倍率まとめ

中学・高校英語の倍率を全国まとめていました。

英語教員は中学・高校であまり倍率の差がない科目です。

試験内容も基本的には同じ自治体ばかりなので、働く上で「何がしたいのか」で校種を考えてみましょう!

関連記事【おすすめ】教員採用試験 専門教養で使うべき4つの参考書