【教科別】教員採用試験 倍率ランキング【全国一覧】

【科目別】教員採用試験の倍率

どうも福永( @kyosai365)です。

今回は、「※教員採用試験の倍率(校種・教科別)」をテーマに話をしていきます。

※2020年(令和3年度)のデータを随時更新中です。

福永

この記事を書いている僕は、大学などで教採指導歴11年目。月間平均アクセス数15万の総合サイト「教採ギルド」の運営をしています。

校種・教科ごとに「合格しやすい・難しい自治体ランキング」も公開しています。

ぜひ参考にしてくださいね。

なお、全体倍率は「【全国】教員採用試験 倍率一覧|ついに4倍を下回る【2021年】」や「【最新】教員採用試験 倍率が低い県はどこ?ランキング形式で発表!」をご覧ください。

【科目別】教員採用試験 倍率ランキング【一覧まとめ】

教員採用試験 科目別ランキング

ここでは、教科ごとの「倍率ランキング(低い県、高い県)TOP3」と「全国一覧」をまとめています。

小学校

順位 低い県 倍率 高い県 倍率
第1位 北海道 1.3 神戸市 6.9
第2位 大分県 1.4 高知県 6.1
第3位 長崎県 1.4 堺市 5.8

他の自治体は「【全国一覧】教員採用試験 小学校の倍率|受かる自治体TOP5を公開 」で3年分を公開しています。

小学校の倍率 (3) 【全国一覧】教員採用試験 小学校の倍率|受かる自治体TOP5を公開

中学校・高等学校「国語」

中学校「国語」

順位 低い県 倍率 高い県 倍率
第1位 山形県 1.2 高知県 11.2
第2位 広島県 1.4 沖縄県 10.4
第3位 新潟県 1.5 三重県 7.0

高校「国語」

順位 低い県 倍率 高い県 倍率
第1位 茨城県 2.0 高知県 37.0
第2位 福岡市 2.0 宮崎県 26.0
第3位 宮城県 2.1 京都市 19.0

なお、「【最低1.5倍】教員採用試験 中学校・高校「国語」の倍率一覧【全国版】」で全国倍率を一覧にしています。

【中学高校の国語科】教員採用試験 全国の倍率一覧 【最低1.5倍】教員採用試験 中学校・高校「国語」の倍率一覧【全国版】

中学校・高等学校「社会」

※高校社会は、自治体によって「日本史」や「世界史」など科目ごとの採用もあります(後述)。

中学校「社会」

順位 低い県 倍率 高い県 倍率
第1位 新潟県 3.0 川崎市 17.5
第2位 岩手県 3.2 沖縄県 15.8
第3位 広島県 3.2 高知県 12.3

高校「社会」

順位 低い県 倍率 高い県 倍率
第1位 山形県 4.8 沖縄県 22.3
第2位 岐阜県 5.6 京都市 21.0
第3位 栃木県 6.5 高知県 19.5

なお、全都道府県の倍率は「【10倍超は当然?】教員採用試験 中学校・高校「社会」の倍率一覧」を参考にどうぞ!

教員採用試験「中学社会」の倍率 【全国】教員採用試験 中学校・高等学校「社会」の倍率一覧

高等学校「地理歴史・公民」

高校「地理」

順位 低い県 倍率 高い県 倍率
第1位 茨城県 3.2 広島県 16.0
第2位 福島県 3.5 福岡市 16.0
第3位 群馬県 3.5 大阪市 12.5

高校「日本史」

順位 低い県 倍率 高い県 倍率
第1位 長崎県 5.5 北海道 31.5
第2位 大分県 5.5 岡山県 16.5
第3位 山口県 6.8 鳥取県 16.0

高校「世界史」

順位 低い県 倍率 高い県 倍率
第1位 広島県 5.0 北海道 34.0
第2位 茨城県 5.2 福島県 16.0
第3位 長崎県 6.0 大分県 13.0

高校「公民」

順位 低い県 倍率 高い県 倍率
第1位 茨城県 5.0 沖縄県 33.0
第2位 広島県 6.0 群馬県 28.0
第3位 山口県 6.0 埼玉県 21.3

なお、全都道府県の倍率は「【10倍超は当然?】教員採用試験 中学校・高校「社会」の倍率一覧」を参考にどうぞ!

教員採用試験「中学社会」の倍率 【全国】教員採用試験 中学校・高等学校「社会」の倍率一覧

中学校・高校「数学」

中学校「数学」

順位 低い県 倍率 高い県 倍率
第1位 山形県 4.8 沖縄県 22.3
第2位 岐阜県 5.6 京都市 21.0
第3位 栃木県 6.5 高知県 19.5

高校「数学」

順位 低い県 倍率 高い県 倍率
第1位 京都府 4.6 新潟県 48.0
第2位 宮城県 5.0 福島県 34.5
第3位 山形県 5.0 島根県 29.5

その他の自治体は「【平均5倍】教員採用試験 中学校・高校「数学」の倍率一覧【全国】」を参考にどうぞ!

教員採用試験 数学の倍率 (2) 【全国】教員採用試験 中学校・高校「数学」の倍率一覧

中学校・高校「理科」

※高校理科は、自治体によって「物理」や「生物」など科目ごとの採用もあります(後述)。

中学校「理科」

順位 低い県 倍率 高い県 倍率
第1位 広島県 / 広島市 1.3 川崎市 10.3
第2位 佐賀県 1.3 高知県 8.7
第3位 茨城県 1.5 沖縄県 7.9

高校「理科」

順位 低い県 倍率 高い県 倍率
第1位 宮城県 4.0 三重県 14.8
第2位 奈良県 4.0 秋田県 12.5
第3位 神奈川県 6.0 鹿児島県 12.3

その他の自治体は「【理科教員を目指す方必見】教員採用試験 倍率一覧【全国】」を参考にどうぞ!

教員採用試験 理科の倍率 (6) 【全国】教員採用試験 中学校・高校「理科」の倍率一覧

高校「物理」「化学」「生物」

高校「物理」

順位 低い県 倍率 高い県 倍率
第1位 東京都 2.3 沖縄県 34.0
第2位 長崎県 3.0 滋賀県 22.0
第3位 北海道 / 札幌市 3.1 兵庫県 13.3

高校「化学」

順位 低い県 倍率 高い県 倍率
第1位 東京都 2.5 沖縄県 37.0
第2位 山口県 2.5 熊本県 24.0
第3位 栃木県 3.6 宮崎県 20.0

高校「生物」

順位 低い県 倍率 高い県 倍率
第1位 東京都 3.2 群馬県 28.0
第2位 岐阜県 4.2 大阪市 21.0
第3位 山口県 4.7 沖縄県 19.0

その他の自治体は「【理科教員を目指す方必見】教員採用試験 倍率一覧【全国】」を参考にどうぞ!

教員採用試験 理科の倍率 (6) 【全国】教員採用試験 中学校・高校「理科」の倍率一覧

中学校・高等学校「英語」

中学校「英語」

順位 低い県 倍率 高い県 倍率
第1位 山形県 1.4 沖縄県 11.6
第2位 徳島県 1.5 神戸市 7.8
第3位 佐賀県 1.5 宮崎県 6.5

高校「英語」

順位 低い県 倍率 高い県 倍率
第1位 北海道 / 札幌市 1.8 高知県 29.0
第2位 岐阜県 1.8 宮崎県 20.0
第3位 茨城県 2.2 大阪市 19.5

その他の自治体は「【英語の志望者必見】教員採用試験 倍率一覧【全国版】」を参考にどうぞ!

教員採用試験 英語の倍率 (1) 【全国】教員採用試験 中学校・高校「英語」の倍率一覧

中学校・高等学校「音楽」

中学校「音楽」

順位 低い県 倍率 高い県 倍率
第1位 新潟県 1.4 堺市 19.0
第2位 奈良県 2.0 名古屋市 18.3
第3位 北海道 2.1 三重県 13.0

高校「音楽」

順位 低い県 倍率 高い県 倍率
第1位 宮崎県 3.0 大阪府 32.0
第2位 東京都 3.3 福島県 19.0
第3位 愛媛県 3.7 沖縄県 16.0

その他の自治体は「【音楽の先生を目指す】教員採用試験 倍率一覧【全国版】」を参考にどうぞ!

教員採用試験 音楽の倍率 (2) 【全国】教員採用試験 中学校・高校「音楽」の倍率一覧

中学校・高等学校「美術」

中学校「美術」

順位 低い県 倍率 高い県 倍率
第1位 愛媛県 1.0 沖縄県 10.5
第2位 奈良県 1.4 福島県 8.0
第3位 茨城県 1.6 静岡市 8.0

高校「美術」

順位 低い県 倍率 高い県 倍率
第1位 東京都 2.2 大阪府 38.0
第2位 長崎県 3.0 静岡県 14.0
第3位 秋田県 4.0 奈良県 12.0

その他の自治体は「【美術の先生を目指す】教員採用試験 倍率一覧【全国版】」を参考にどうぞ!

教員採用試験 中学・高校美術の倍率 【全国】教員採用試験 中学校・高校「美術」の倍率一覧

中学校・高等学校「家庭」

2020年度(2019年実施)の倍率TOP3はこちら(中学校)。

  1. 静岡市 1.0倍
  2. 島根県 1.0倍
  3. 岐阜県 1.3倍

その他の自治体は「【家庭科の先生になる】教員採用試験 倍率一覧【全国版】」を参考にどうぞ!

【中学高校の家庭】教員採用試験 全国の倍率一覧 【家庭科の先生になる】教員採用試験 倍率一覧【全国版】

中学校・高等学校「保健体育」

中学校「保健体育」

順位 低い県 倍率 高い県 倍率
第1位 福岡市 2.8 新潟市 41.0
第2位 仙台市 3.0 福井県 19.7
第3位 新潟県 3.1 沖縄県 18.9

高校「保健体育」

順位 低い県 倍率 高い県 倍率
第1位 山形県 7.6 沖縄県 153.0
第2位 神奈川県 8.8 三重県 37.3
第3位 広島県 10.3 大阪府 37.3

その他の自治体は「【体育の先生を目指す】教員採用試験 倍率一覧【全国版】」を参考にどうぞ!

【最新】教員採用試験 中学校/高校「保健体育」の倍率一覧【全国】

養護教諭

順位 低い県 倍率 高い県 倍率
第1位 岩手県 2.1 北九州市 18.8
第2位 山形県 2.4 神戸市 18.4
第3位 秋田県 2.9 宮城県 18.1

その他の自治体は「【最新】教員採用試験 養護教諭の倍率一覧【都道府県別ランキング】」を参考にどうぞ!

養護教諭の倍率 (2) 【最新】教員採用試験 養護教諭の倍率一覧【都道府県別ランキング】

栄養教諭

順位 低い県 倍率 高い県 倍率
第1位 富山県 1.0 岡山県 22.0
第2位 福井県 3.3 高知県 19.7
第3位 岐阜県 3.7 福岡県 18.7

その他の自治体は「【栄養教諭になるたい人】教員採用試験 倍率一覧【全国版】」を参考にどうぞ!

【栄養教諭】教員採用試験 全国の倍率一覧 【最新】教員採用試験 栄養教諭の倍率一覧【都道府県別】

特別支援学校

順位 低い県 倍率 高い県 倍率
第1位 山形県 1.6 沖縄県 12.3
第2位 福岡市 1.7 熊本県 5.7
第3位 北九州市 1.7 三重県 5.7

その他の自治体は「教員採用試験 特別支援学校の倍率一覧|全自治体公開!」を参考にどうぞ!

特別支援学校の倍率 (2) 【最新】教員採用試験 特別支援学校の倍率推移【都道府県別】