【最低1.5倍】教員採用試験 中学校・高校「国語」の倍率一覧【全国版】

【中学高校の国語科】教員採用試験 全国の倍率一覧

教員を目指している人

中学か高校の国語教師を目指しています。どっちの方が合格しやすい?倍率を見てみたいな。

こういった悩みを解決できる記事を書きました!

この記事では「中学校 国語」「高校 国語」の全国倍率を一覧にしています。

✔︎主な内容

  • 【全国】教員採用試験 中学校国語の倍率一覧
  • 【全国】教員採用試験 高校国語の倍率一覧

倍率だけを見れば、中学国語が合格しやすいですよ!

探せば2倍を切る自治体もちらほら。

中学校、高校の国語教員を目指す方は参考にしてみてくださいね!

関連記事【3分で理解】教員採用試験 専門科目の勉強法を4ステップで解説

【中学校国語】教員採用試験 倍率一覧【2020年度】

【中学国語】2019年 教員採用試験の倍率

2019年(令和2年度)の倍率(中学校国語)をまとめています。

日程①:北海道・東北

自治体 受験者 合格者 倍率
北海道 不明 44
札幌市 不明 18
青森県 42 10 4.2
岩手県 31 10 3.1
宮城県 44 29 1.5
仙台市 52 13 4.0
秋田県 39 7 5.6
山形県 19 16 1.2
福島県 65 34 1.9

日程②:関東甲信越

自治体 受験者 合格者 倍率
茨城県 79 39 2.0
栃木県 73 31 2.4
群馬県 87 33 2.6
埼玉県 255 51 5.0
さいたま市 50 17 2.9
千葉県 267 131 2.0
東京都 575 211 2.7
神奈川県 97 35 2.8
横浜市 122 43 2.8
川崎市 48 19 2.5
相模原市 20 5 4.0
新潟県 44 9 4.9
新潟市 18 7 2.6

日程③:東海北陸

自治体 受験者 合格者 倍率
富山県 不明 不明
石川県 50 20 2.5
福井県 31 11 2.8
山梨県 28 11 2.5
長野県 不明 不明
岐阜県 52 17 3.1
静岡県 60 23 2.6
静岡市 8 3 2.7
浜松市 23 8 2.9
愛知県 176 41 4.3
名古屋市 83 22 3.8
三重県 117 15 7.8

日程④:関西(近畿)

自治体 受験者 合格者 倍率
滋賀県 不明 不明
京都府 51 14 3.6
京都市 60 11 5.5
大阪府 151 45 3.4
豊能日程 34 7 4.9
大阪市 73 18 4.1
堺市 23 8 2.9
兵庫県 136 28 4.9
神戸市 81 20 4.1
奈良県 50 15 3.3
和歌山県 49 16 3.1

日程⑤:中国四国

自治体 受験者 合格者 倍率
鳥取県 23 8 2.9
島根県 27 8 3.4
岡山県 60 16 3.8
岡山市 32 8 4.0
広島県 不明 38
山口県 25 18 1.4
徳島県 24 9 2.7
香川県 不明 不明
愛媛県 26 16 1.6
高知県 66 10 6.6

日程⑥:九州沖縄

自治体 受験者 合格者 倍率
福岡県 100 40 2.5
福岡市 57 15 3.8
北九州市 25 12 2.1
佐賀県 27 11 2.5
長崎県 27 8 3.4
熊本県 26 9 2.9
熊本市 15 6 2.5
大分県 37 12 3.1
宮崎県 18 7 2.6
鹿児島県 49 9 5.4
沖縄県 146 16 9.1

関連記事【3分で理解】教員採用試験 専門科目の勉強法を4ステップで解説

【中学校国語】教員採用試験 倍率一覧【2019年度】

【中学国語】2018年 教員採用試験の倍率

2018年(平成31年度)の倍率(中学校国語)をまとめています。

日程①:北海道・東北

自治体 受験者 合格者 倍率
北海道 不明 52
札幌市 不明 17
青森県 48 8 6.0
岩手県 33 9 3.7
宮城県 42 11 3.8
仙台市 60 16 3.8
秋田県 34 6 5.7
山形県 18 11 1.6
福島県 74 11 6.7

日程②:関東甲信越

自治体 受験者 合格者 倍率
茨城県 82 33 2.5
栃木県 66 18 3.7
群馬県 102 31 3.3
埼玉県 279 45 6.2
さいたま市 44 16 2.8
千葉県 358 125 2.9
東京都 607 164 3.7
神奈川県 118 39 3.0
横浜市 139 29 4.8
川崎市 56 17 3.3
相模原市 27 6 4.5
新潟県 48 24 2.0
新潟市 9 7 1.3

日程③:東海・北陸

自治体 受験者 合格者 倍率
富山県 不明 不明
石川県 47 17 2.8
福井県 28 12 2.3
山梨県 35 13 2.7
長野県 不明 不明
岐阜県 49 22 2.2
静岡県 66 25 2.6
静岡市 12 5 2.4
浜松市 27 6 4.5
愛知県 149 43 3.5
名古屋市 65 18 3.6
三重県 127 11 11.5

日程④:関西(近畿)

自治体 受験者 合格者 倍率
滋賀県 不明 不明
京都府 55 16 3.4
京都市 72 13 5.5
大阪府 171 34 5.0
豊能日程 27 5 5.4
大阪市 81 14 5.8
堺市 39 10 3.9
兵庫県 168 24 7.0
神戸市 86 17 5.1
奈良県 49 16 3.1
和歌山県 58 18 3.2

日程⑤:中国四国

自治体 受験者 合格者 倍率
鳥取県 18 8 2.3
島根県 34 4 8.5
岡山県 46 21 2.2
岡山市 26 8 3.3
広島県 不明 30
山口県 29 11 2.6
徳島県 35 8 4.4
香川県 不明 不明
愛媛県 32 16 2.0
高知県 54 8 6.8

日程⑥:九州沖縄

自治体 受験者 合格者 倍率
福岡県 89 39 2.3
福岡市 62 4 15.5
北九州市 36 9 4.0
佐賀県 21 9 2.3
長崎県 40 11 3.6
熊本県 24 9 2.7
熊本市 17 6 2.8
大分県 41 22 1.9
宮崎県 28 15 1.9
鹿児島県 62 6 10.3
沖縄県 159 17 9.4

【高校国語】教員採用試験 倍率一覧【2020年度】

【高校国語】2019年 教員採用試験の倍率

2019年(令和2年度)の倍率(高校国語)をまとめています。

日程①:北海道・東北

自治体 受験者 合格者 倍率
北海道 不明 20
札幌市 北海道と共同登録
青森県 29 5 5.8
岩手県 39 5 7.8
宮城県 44 14 3.1
仙台市 中高共通
秋田県 24 4 6.0
山形県 18 5 3.6
福島県 35 3 11.7

日程②:関東甲信越

自治体 受験者 合格者 倍率
茨城県 87 37 2.4
栃木県 45 13 3.5
群馬県 49 4 12.3
埼玉県 185 56 3.3
さいたま市 中高共通
千葉県 中高共通
東京都 575 211 2.7
神奈川県 236 74 3.2
横浜市 中高共通
川崎市 中高共通
相模原市 募集なし
新潟県 32 1 32.0
新潟市 中高共通

日程③:東海北陸

自治体 受験者 合格者 倍率
富山県 不明 不明
石川県 中高共通
福井県 中高共通
山梨県 18 2 9.0
長野県 不明 不明
岐阜県 65 15 4.3
静岡県 80 20 4.0
静岡市 募集なし
浜松市 募集なし
愛知県 174 34 5.1
名古屋市 中高共通
三重県 61 6 10.2

日程④:関西(近畿)

自治体 受験者 合格者 倍率
滋賀県 不明 不明
京都府 65 11 5.9
京都市 35 3 11.7
大阪府 199 42 4.7
豊能日程 募集なし
大阪市 39 5 7.8
堺市 2 1 2.0
兵庫県 154 26 5.9
神戸市 中高共通
奈良県 45 10 4.5
和歌山県 40 10 4.0

日程⑤:中国四国

自治体 受験者 合格者 倍率
鳥取県 26 2 13.0
島根県 32 5 6.4
岡山県 54 7 7.7
岡山市 募集なし
広島県 不明 21
山口県 27 6 4.5
徳島県 40 3 13.3
香川県 不明 不明
愛媛県 30 7 4.3
高知県 42 7 6.0

日程⑥:九州沖縄

自治体 受験者 合格者 倍率
福岡県 125 22 5.7
福岡市 募集なし
北九州市 募集なし
佐賀県 17 3 5.7
長崎県 30 7 4.3
熊本県 35 3 11.7
熊本市 中高共通
大分県 44 7 6.3
宮崎県 27 6 4.5
鹿児島県 36 4 9.0
沖縄県 118 9 13.1

関連記事【3分で理解】教員採用試験 専門科目の勉強法を4ステップで解説

【高校国語】教員採用試験 倍率一覧【2019年度】

【高校国語】2018年 教員採用試験の倍率

2018年(平成31年度)の倍率(高校国語)をまとめています。

日程①:北海道・東北

自治体 受験者 合格者 倍率
北海道 83 50 1.7
札幌市 北海道と共同登録
青森県 25 9 2.8
岩手県 42 8 5.3
宮城県 57 8 7.1
仙台市 中高共通
秋田県 27 2 13.5
山形県 14 5 2.8
福島県 46 4 11.5

日程②:関東甲信越

自治体 受験者 合格者 倍率
茨城県 79 25 3.2
栃木県 46 10 4.6
群馬県 61 5 12.2
埼玉県 194 55 3.5
さいたま市 中高共通
千葉県 中高共通
東京都 中高共通
神奈川県 252 71 3.5
横浜市 中高共通
川崎市 中高共通
相模原市 募集なし
新潟県 35 2 17.5
新潟市 中高共通

日程③:東海・北陸

自治体 受験者 合格者 倍率
富山県 不明 不明
石川県 中高共通
福井県 中高共通
山梨県 16 1 16.0
長野県 不明 不明
岐阜県 59 17 3.5
静岡県 74 21 3.5
静岡市 募集なし
浜松市 募集なし
愛知県 217 38 5.7
名古屋市 中高共通
三重県 66 7 9.4

日程④:関西(近畿)

自治体 受験者 合格者 倍率
滋賀県 不明 不明
京都府 78 19 4.1
京都市 38 3 12.7
大阪府 215 46 4.7
豊能日程 募集なし
大阪市 50 6 8.3
堺市 募集なし
兵庫県 180 25 7.2
神戸市 中高共通
奈良県 39 6 6.5
和歌山県 45 7 6.4

日程⑤:中国四国

自治体 受験者 合格者 倍率
鳥取県 13 1 13.0
島根県 37 3 12.3
岡山県 69 10 6.9
岡山市 募集なし
広島県 不明 19
山口県 33 9 3.7
徳島県 32 4 8.0
香川県 不明 不明
愛媛県 23 3 7.7
高知県 47 5 9.4

日程⑥:九州沖縄

自治体 受験者 合格者 倍率
福岡県 138 28 4.9
福岡市 8 1 8.0
北九州市 募集なし
佐賀県 25 3 8.3
長崎県 29 7 4.1
熊本県 42 2 21.0
熊本市 募集なし
大分県 36 6 6.0
宮崎県 23 6 3.8
鹿児島県 52 4 13.0
沖縄県 135 7 19.3

教員採用試験 小学校の倍率まとめ

小学校教諭の倍率をまとめていました。

自治体によっては、2倍を切っています。

そのため、全国的に試験を簡素化するなど、試験内容の変更に注意が必要ですよ!

関連記事:【おすすめ】教員採用試験 専門教養で使うべき4つの参考書