教員採用試験 倍率が低い県はどこ?ランキング形式で発表!

教員採用試験 倍率ランキング

教員を目指している人

教員採用試験で1番受かりやすい自治体はどこ?倍率が低い県を知りたいな。

倍率を見ることで、合格の可能性を客観的に知れますよ!

そこで、この記事では「倍率が低い都道府県」をランキング形式で発表していきます。

この記事を書いている僕は、大学などで教採指導歴11年目。月間平均アクセス数15万の総合サイト「Road to Success」の運営をしています。

福永

結論を先に言うと、2020年度(2019年試験)は北九州市が1番低かったです(2.06倍)。

  • 全体倍率
  • 一次試験
  • 二次試験

それぞれランキングにしています。

あなたの受験先は何位でしょうね。

確認してみてください。

関連記事【全国】教員採用試験 倍率一覧|4倍切りの危機的状況に!

【2020年度】教員採用試験 倍率が低い都道府県ランキングTOP5【全体】

教員採用試験 倍率 低い県はどこランキング

全自治体の倍率を低い順に発表しています!

あなたの志望先は何位かな?

1位 北九州市

最終倍率:2.06倍

  • 受験者数:642人
  • 合格者数:312人

関連記事【傾向】北九州市教員採用試験 合格する6つのコツ【過去データ有】

2位 山形県

最終倍率:2.27倍

  • 受験者数:891人
  • 合格者数:392人

3位 富山県

最終倍率:2.41倍

  • 受験者数:782人
  • 合格者数:325人

4位 広島県・広島市

最終倍率:2.53倍

  • 受験者数:2,763人
  • 合格者数:1,094人

関連記事広島県・広島市教員採用試験 合格に向けたロードマップ

5位 北海道・札幌市

最終倍率:2.54倍

  • 受験者数:3,218人
  • 合格者数:1,267人

関連記事教員採用試験で最も合格しやすい自治体「北海道・札幌市」の情報を公開!

6位以下はこうなっています!

6位 横浜市 2.60
7位 長崎県 2.69
8位 佐賀県 2.70
9位 愛媛県 2.78
10位 茨城県 2.87
11位 山口県 2.89
12位 福岡県 2.93
13位 千葉県 2.94
14位 山梨県 2.99
15位 東京都 3.08
16位 岐阜県 3.09
17位 川崎市 3.22
18位 栃木県 3.26
19位 札幌市 3.27
20位 福島県 3.31
21位 浜松市 3.33
22位 新潟市 3.38
23位 大阪市 3.41
24位 さいたま市 3.43
25位 静岡市 3.45
26位 宮城県 3.46
27位 岡山市 3.48
28位 岩手県 3.53
29位 新潟県 3.54
30位 大分県 3.57
31位 和歌山県 3.59
32位 石川県 3.59
33位 島根県 3.60
34位 相模原市 3.61
35位 宮崎県 3.73
36位 福岡市 3.74
37位 鹿児島県 3.95
38位 埼玉県 3.97
39位 福井県 4.01
40位 熊本市 4.07
41位 長野県 4.10
42位 香川県 4.16
43位 静岡県 4.21
44位 仙台市 4.23
45位 愛知県 4.24
46位 神奈川県 4.29
47位 京都府 4.30
48位 青森県 4.33
49位 名古屋市 4.47
50位 熊本県 4.48
51位 豊能地区 4.54
52位 岡山県 4.55
53位 群馬県 4.63
54位 鳥取県 4.74
55位 秋田県 4.76
56位 堺市 4.93
57位 徳島県 4.94
58位 京都市 5.03
59位 奈良県 5.08
60位 滋賀県 5.33
61位 三重県 5.64
62位 大阪府 5.67
63位 兵庫県 5.78
64位 神戸市 6.90
65位 高知県 7.29
66位 沖縄県 7.90

関連記事【教科別】教員採用試験 倍率一覧【全国まとめ】

【2020年度】教員採用試験 倍率が低い都道府県ランキングTOP5【一次試験】

教員採用試験 倍率 低い県はどこ【一次試験】

全自治体の一次倍率を低い順に発表しています!

一次試験は筆記試験がメインです。

倍率が低いほど、面接重視といえそうですね。

1位 横浜市

一次倍率:1.28倍

  • 受験者数:3,082人
  • 合格者数:2,415人

関連記事【データ有】横浜市教員採用試験 一般教養は5科目の勉強で合格できます

2位 川崎市

一次倍率:1.39倍

  • 受験者数:1,193人
  • 合格者数:860人

関連記事【勉強法】川崎市教員採用試験 一般教養で点を取る2つのテクニック

3位 福岡市

一次倍率:1.41倍人

  • 受験者数:1,423人
  • 合格者数:1,011人

4位 大阪府

一次倍率:1.45倍

  • 受験者数:6,741人
  • 合格者数:4,646人

関連記事【勉強法】大阪府教員採用 簡単3ステップ!教養試験で合格点をとるコツ

5位 富山県

一次倍率:1.47倍

  • 受験者数:782人
  • 合格者数:533人

6位以下はこうなっています!

6位 豊能地区 1.47
7位 札幌市 1.48
8位 相模原市 1.51
9位 島根県 1.53
10位 北九州市 1.55
11位 千葉県 1.55
12位 新潟県 1.55
13位 鳥取県 1.58
14位 長野県 1.60
15位 北海道 1.63
16位 山口県 1.66
17位 岡山市 1.66
18位 浜松市 1.69
19位 茨城県 1.71
20位 長崎県 1.73
21位 広島県 1.73
22位 愛知県 1.73
23位 山形県 1.75
24位 大阪市 1.75
25位 新潟市 1.76
26位 神奈川県 1.77
27位 堺市 1.78
28位 山梨県 1.79
29位 静岡市 1.81
30位 東京都 1.82
31位 さいたま市 1.83
32位 熊本市 1.85
33位 岩手県 1.87
34位 仙台市 1.87
35位 宮城県 1.89
36位 福井県 1.90
37位 佐賀県 1.92
38位 福岡県 1.92
39位 大分県 1.93
40位 岐阜県 1.93
41位 栃木県 1.93
42位 秋田県 1.98
43位 埼玉県 2.00
44位 香川県 2.08
45位 和歌山県 2.11
46位 岡山県 2.13
47位 鹿児島県 2.13
48位 熊本県 2.17
49位 愛媛県 2.17
50位 奈良県 2.18
51位 青森県 2.19
52位 三重県 2.24
53位 宮崎県 2.26
54位 高知県 2.31
55位 徳島県 2.36
56位 静岡県 2.38
57位 名古屋市 2.43
58位 京都府 2.48
59位 群馬県 2.51
60位 福島県 2.72
61位 神戸市 2.78
62位 兵庫県 2.86
63位 滋賀県 3.27
64位 石川県 3.59
65位 京都市 3.72
66位 沖縄県 4.90

関連記事【教科別】教員採用試験 倍率一覧【全国まとめ】

【2020年度】教員採用試験 倍率が低い都道府県ランキングTOP5【二次試験】

教員採用試験 倍率 低い県はどこ?

全自治体の二次倍率を低い順に発表しています!

二次試験は面接がメインです。

倍率が低いほど、筆記試験重視といえそうですね。

1位 福島県

二次倍率:1.22倍

  • 受験者数:728人
  • 合格者数:598人

関連記事【情報まとめ】福島県教員採用試験 合格ロードマップ【試験結果あり】

2位 愛媛県

二次倍率:1.28倍

  • 受験者数:609人
  • 合格者数:475人

3位 山形県

二次倍率:1.30倍

  • 受験者数:509人
  • 合格者数:392人

4位 北九州市

二次倍率:1.33倍

  • 受験者数:415人
  • 合格者数:312人

関連記事北九州市教員採用試験 個人面接を得意にする3つのコツ【質問あり】

5位 京都市

二次倍率:1.35倍

  • 受験者数:436人
  • 合格者数:322人

6位以下はこうなっています!

6位 佐賀県 1.40
7位 広島県 1.46
8位 福岡県 1.52
9位 長崎県 1.56
10位 北海道 1.56
11位 岐阜県 1.60
12位 沖縄県 1.61
13位 滋賀県 1.63
14位 富山県 1.64
15位 宮崎県 1.65
16位 山梨県 1.67
17位 茨城県 1.68
18位 栃木県 1.69
19位 東京都 1.70
20位 和歌山県 1.70
21位 京都府 1.73
22位 山口県 1.74
23位 静岡県 1.77
24位 宮城県 1.83
25位 名古屋市 1.84
26位 群馬県 1.84
27位 大分県 1.85
28位 鹿児島県 1.85
29位 さいたま市 1.87
30位 岩手県 1.89
31位 千葉県 1.90
32位 静岡市 1.90
33位 新潟市 1.92
34位 大阪市 1.95
35位 青森県 1.97
36位 浜松市 1.97
37位 埼玉県 1.99
38位 香川県 2.00
39位 兵庫県 2.02
40位 横浜市 2.04
41位 熊本県 2.07
42位 岡山市 2.09
43位 徳島県 2.09
44位 福井県 2.12
45位 岡山県 2.14
46位 熊本市 2.21
47位 札幌市 2.21
48位 仙台市 2.26
49位 新潟県 2.28
50位 川崎市 2.32
51位 奈良県 2.33
52位 島根県 2.35
53位 相模原市 2.39
54位 秋田県 2.40
55位 神奈川県 2.43
56位 愛知県 2.44
57位 神戸市 2.49
58位 三重県 2.52
59位 長野県 2.56
60位 福岡市 2.66
61位 堺市 2.78
62位 鳥取県 3.00
63位 豊能地区 3.08
64位 高知県 3.16
65位 大阪府 3.91

関連記事【教科別】教員採用試験 倍率一覧【全国まとめ】