【全国】教員採用試験 中学校・高校「理科」の倍率一覧

教員採用試験 理科の倍率 (6)

どうも福永( @kyosai365)です。

今回は、「中学・高校理科の倍率」を全国一覧にしています。

2020年(令和3年度)の※全国平均は次のとおり。

  • 中学校理科:2.9倍
  • 高校理科:5.9倍
    ※自治体によっては、数値を公表していないので参考値。

高校理科は、倍率が高めです。

中学理科は、自治体によっては2倍を切っていますよ。

2倍を切っている自治体ランキング
  • 佐賀県 1.3
  • 広島県 1.3
  • 茨城県 1.5
  • 山形県 1.6
  • 宮城県 1.6
  • 岐阜県 1.7
  • 新潟県 1.7

どこの自治体が受かりやすいのか、倍率をみながら比較してみましょう。

関連記事【教科別】教員採用試験 倍率一覧【全国まとめ】

【都道府県別】教員採用試験 中学校「理科」の倍率一覧【全国】

教員採用試験 理科の倍率 (5)

 

  • 2020年(令和3年度)
  • 2019年(令和2年度)
  • 2018年(平成31年度)

中学校「理科」の実施状況を※全国一覧にしてまとめています。

※自治体によっては、数値を公表していません。

2020年(令和3年度)

自治体 受験者 合格者 倍率
北海道 113 30 3.8
札幌市 64 18 3.6
青森県 35 12 2.9
岩手県 25 8 3.1
宮城県 36 23 1.6
仙台市 45 15 3.0
秋田県 26 12 2.2
山形県 14 9 1.6
福島県 66 14 4.7
茨城県 70 46 1.5
栃木県 49 25 2.0
群馬県 72 27 2.7
埼玉県 196 58 3.4
さいたま市 38 10 3.8
千葉県 / 千葉市 257 121 2.1
東京都
神奈川県 122 33 3.7
横浜市 122 28 4.4
川崎市 41 4 10.3
相模原市 19 6 3.2
新潟県 44 26 1.7
新潟市 29 5 5.8
富山県
石川県 60 19 3.2
福井県 30 13 2.3
山梨県 23 7 3.3
長野県
岐阜県 47 28 1.7
静岡県 88 19 4.6
静岡市 24 6 4.0
浜松市 24 9 2.7
愛知県 50
名古屋市 78 22 3.5
三重県 72 19 3.8
滋賀県 49 15 3.3
京都府 34 15 2.3
京都市 49 17 2.9
大阪府 135 45 3.0
豊能地区 27 6 4.5
大阪市 81 38 2.1
堺市 29 4 7.3
兵庫県 124 38 3.3
神戸市 64 10 6.4
奈良県 46 16 2.9
和歌山県 52 18 2.9
鳥取県 37 6 6.2
島根県 42 11 3.8
岡山県 56 17 3.3
岡山市 46 11 4.2
広島県 / 広島市 66 49 1.3
山口県 39 10 3.9
徳島県 25 8 3.1
香川県
愛媛県 43 12 3.6
高知県 52 6 8.7
福岡県 105 40 2.6
福岡市 54 22 2.5
北九州市 55 17 3.2
佐賀県 13 10 1.3
長崎県 40 13 3.1
熊本県 32 9 3.6
熊本市 29 7 4.1
大分県 33 15 2.2
宮崎県 45 11 4.1
鹿児島県 34 11 3.1
沖縄県 71 9 7.9

関連記事【全国】教員採用試験 倍率一覧|ついに4倍を下回る【2021年】

2019年(令和2年度)

自治体 受験者 合格者 倍率
北海道 / 札幌市 158 62 2.5
青森県 36 8 4.5
岩手県 24 10 2.4
宮城県 44 14 3.1
仙台市 40 9 4.4
秋田県 32 7 4.6
山形県 24 11 2.2
福島県 65 24 2.7
茨城県 80 44 1.8
栃木県 51 23 2.2
群馬県 82 33 2.5
埼玉県 232 54 4.3
さいたま市 53 19 2.8
千葉県 / 千葉市 304 94 3.2
東京都 中高共通
神奈川県 119 26 4.6
横浜市 119 43 2.8
川崎市 46 17 2.7
相模原市 17 5 3.4
新潟県 54 19 2.8
新潟市 34 8 4.3
富山県 不明
石川県 59 19 3.1
福井県 27 12 2.3
山梨県 26 12 2.2
長野県 不明
岐阜県 43 29 1.5
静岡県 88 22 4.0
静岡市 24 7 3.4
浜松市 17 7 2.4
愛知県 133 35 3.8
名古屋市 77 19 4.1
三重県 68 17 4.0
滋賀県 不明
京都府 46 13 3.5
京都市 50 16 3.1
大阪府 142 38 3.7
豊能地区 31 6 5.2
大阪市 55 13 4.2
堺市 23 6 3.8
兵庫県 122 28 4.4
神戸市 57 7 8.1
奈良県 41 14 2.9
和歌山県 49 16 3.1
鳥取県 55 9 6.1
島根県 41 9 4.6
岡山県 51 17 3.0
岡山市 41 11 3.7
広島県 / 広島市 不明 38
山口県 42 7 6.0
徳島県 27 6 4.5
香川県 不明
愛媛県 52 15 3.5
高知県 62 9 6.9
福岡県 122 36 3.4
福岡市 51 6 8.5
北九州市 29 12 2.4
佐賀県 22 10 2.2
長崎県 34 10 3.4
熊本県 35 8 4.4
熊本市 32 6 5.3
大分県 33 15 2.2
宮崎県 41 14 2.9
鹿児島県 34 10 3.4
沖縄県 77 19 4.1

2018年(平成31年度)

自治体 受験者 合格者 倍率
北海道 / 札幌市 166 51 3.3
青森県 38 6 6.3
岩手県 34 9 3.8
宮城県 47 7 6.7
仙台市 67 21 3.2
秋田県 40 9 4.4
山形県 31 7 4.4
福島県 65 10 6.5
茨城県 77 41 1.9
栃木県 52 21 2.5
群馬県 86 34 2.5
埼玉県 248 42 5.9
さいたま市 44 15 2.9
千葉県 / 千葉市 336 97 3.5
東京都 中高共通
神奈川県 120 27 4.4
横浜市 149 24 6.2
川崎市 58 16 3.6
相模原市 19 4 4.8
新潟県 48 26 1.8
新潟市 16 4 4.0
富山県 不明
石川県 68 17 4.0
福井県 45 13 3.5
山梨県 32 10 3.2
長野県 不明
岐阜県 57 28 2.0
静岡県 72 19 3.8
静岡市 29 6 4.8
浜松市 22 7 3.1
愛知県 156 42 3.7
名古屋市 58 16 3.6
三重県 70 15 4.7
滋賀県 不明
京都府 57 10 5.7
京都市 57 9 6.3
大阪府 162 42 3.9
豊能地区 34 3 11.3
大阪市 47 11 4.3
堺市 22 5 4.4
兵庫県 137 29 4.7
神戸市 87 11 7.9
奈良県 44 11 4.0
和歌山県 63 12 5.3
鳥取県 40 5 8.0
島根県 38 8 4.8
岡山県 66 15 4.4
岡山市 45 12 3.8
広島県 / 広島市 不明 23
山口県 42 13 3.2
徳島県 26 6 4.3
香川県 不明
愛媛県 32 17 1.9
高知県 63 7 9.0
福岡県 116 30 3.9
福岡市 74 6 12.3
北九州市 38 12 3.2
佐賀県 25 7 3.6
長崎県 39 8 4.9
熊本県 38 8 4.8
熊本市 28 6 4.7
大分県 41 14 2.9
宮崎県 53 14 3.8
鹿児島県 54 9 6.0
沖縄県 84 18 4.7

【都道府県別】教員採用試験 高等学校「理科」の倍率一覧【全国】

教員採用試験 理科の倍率 (4)

高校理科は、自治体によって採用形態が異なります。

  • 理科として一括採用
  • 物理や化学などの科目採用

それぞれの倍率をまとめています。

※自治体によっては、数値を公表していません。

2020年(令和3年度)

自治体 受験者 合格者 倍率
北海道
札幌市
青森県
岩手県
宮城県 76 49 4
仙台市 17 2 8.5
秋田県 25 2 12.5
山形県
福島県
茨城県
栃木県
群馬県
埼玉県 182 27 6.7
さいたま市
千葉県 / 千葉市
東京都
神奈川県 257 43 6
横浜市
川崎市
相模原市
新潟県
新潟市
富山県
石川県
福井県
山梨県
長野県
岐阜県
静岡県
静岡市
浜松市
愛知県 30
名古屋市
三重県 59 4 14.8
滋賀県
京都府 77 12 6.4
京都市 34 3 11.3
大阪府
豊能地区
大阪市
堺市
兵庫県
神戸市
奈良県 28 7 4
和歌山県 40 5 8
鳥取県
島根県
岡山県
岡山市
広島県 / 広島市
山口県
徳島県
香川県
愛媛県 55 5 11
高知県 51 5 10.3
福岡県
福岡市
北九州市
佐賀県
長崎県
熊本県
熊本市
大分県
宮崎県
鹿児島県 49 4 12.3
沖縄県

関連記事【全国】教員採用試験 倍率一覧|ついに4倍を下回る【2021年】

2019年(令和2年度)

自治体 受験者 合格者 倍率
北海道
札幌市
青森県
岩手県
宮城県 86 10 8.6
仙台市 16 2 8.0
秋田県 25 2 12.5
山形県
福島県
茨城県
栃木県
群馬県
埼玉県 162 23 7
さいたま市
千葉県 / 千葉市
東京都
神奈川県 299 47 6.4
横浜市
川崎市
相模原市
新潟県
新潟市
富山県
石川県
福井県
山梨県
長野県
岐阜県
静岡県
静岡市
浜松市
愛知県 197 34 5.8
名古屋市
三重県 63 5 12.6
滋賀県
京都府 79 11 7.2
京都市 34 4 8.5
大阪府
豊能地区
大阪市
堺市
兵庫県
神戸市
奈良県 40 7 5.7
和歌山県 41 7 5.9
鳥取県
島根県
岡山県
岡山市
広島県 / 広島市
山口県
徳島県
香川県
愛媛県 60 3 20.0
高知県 62 5 12.4
福岡県
福岡市
北九州市
佐賀県
長崎県
熊本県
熊本市
大分県
宮崎県
鹿児島県 44 4 11.0
沖縄県

【都道府県別】教員採用試験 高等学校「物理」の倍率一覧【全国】

教員採用試験 理科の倍率 (3)

高校理科は、自治体によって採用形態が異なります。

ここでは、高校物理の倍率一覧をまとめています。

※自治体によっては、数値を公表していません。

2020年(令和3年度)

自治体 受験者 合格者 倍率
北海道 / 札幌市 22 7 3.1
青森県 9 2 4.5
岩手県 12 1 12.0
宮城県
仙台市
秋田県
山形県 5 1 5.0
福島県 12 1 12.0
茨城県 25 5 5.0
栃木県 19 3 6.3
群馬県 13 2 6.5
埼玉県
さいたま市
千葉県 / 千葉市
東京都 142 62 2.3
神奈川県
横浜市
川崎市
相模原市
新潟県
新潟市
富山県
石川県
福井県
山梨県 7 1 7.0
長野県
岐阜県 24 4 6.0
静岡県 24 4 6.0
静岡市
浜松市
愛知県
名古屋市
三重県
滋賀県 22 1 22.0
京都府
京都市
大阪府 54 8 6.8
豊能地区
大阪市 12 1 12.0
堺市
兵庫県 40 3 13.3
神戸市
奈良県
和歌山県
鳥取県 5 1 5.0
島根県 11 2 5.5
岡山県 22 2 11.0
岡山市
広島県 / 広島市 25 2 12.5
山口県 6 1 6.0
徳島県 9 2 4.5
香川県
愛媛県
高知県
福岡県 41 4 10.3
福岡市
北九州市
佐賀県 11 1 11.0
長崎県 6 2 3.0
熊本県 13 1 13.0
熊本市
大分県 22 2 11.0
宮崎県
鹿児島県
沖縄県 34 1 34.0

関連記事【全国】教員採用試験 倍率一覧|ついに4倍を下回る【2021年】

2019年(令和2年度)

自治体 受験者 合格者 倍率
北海道 / 札幌市 22 7 3.1
青森県 10 1 10.0
岩手県 15 0
宮城県
仙台市
秋田県 12 1 12.0
山形県 6 3 2.0
福島県 13 0
茨城県 22 5 4.4
栃木県 17 2 8.5
群馬県 11 1 11.0
埼玉県
さいたま市
千葉県 / 千葉市
東京都 172 40 4.3
神奈川県
横浜市
川崎市
相模原市
新潟県
新潟市
富山県
石川県
福井県
山梨県 9 2 4.5
長野県
岐阜県 30 2 15.0
静岡県 3
静岡市
浜松市
愛知県
名古屋市
三重県
滋賀県
京都府
京都市
大阪府 67 7 9.6
豊能地区
大阪市 20 2 10.0
堺市
兵庫県 43 1 43.0
神戸市
奈良県
和歌山県
鳥取県 9 1 9.0
島根県 13 2 6.5
岡山県 17 2 8.5
岡山市
広島県 / 広島市 3
山口県 11 4 2.8
徳島県 12 1 12.0
香川県
愛媛県
高知県
福岡県 49 5 9.8
福岡市
北九州市
佐賀県 13 1 13.0
長崎県 12 2 6.0
熊本県 12 1 12.0
熊本市
大分県 22 1 22.0
宮崎県
鹿児島県
沖縄県 34 1 34.0

【都道府県別】教員採用試験 高等学校「化学」の倍率一覧【全国】

教員採用試験 理科の倍率 (2)

高校理科は、自治体によって採用形態が異なります。

ここでは、高校化学の倍率一覧をまとめています。

※自治体によっては、数値を公表していません。

2020年(令和3年度)

自治体 受験者 合格者 倍率
北海道 / 札幌市 35 9 3.9
青森県 13 2 6.5
岩手県 17 2 8.5
宮城県
仙台市
秋田県 12 1 12.0
山形県
福島県 18 0
茨城県 27 5 5.4
栃木県 18 5 3.6
群馬県 22 2 11.0
埼玉県
さいたま市
千葉県 / 千葉市
東京都 172 70 2.5
神奈川県
横浜市
川崎市
相模原市
新潟県
新潟市
富山県
石川県
福井県
山梨県
長野県
岐阜県 30 3 10.0
静岡県 30 5 6.0
静岡市
浜松市
愛知県
名古屋市
三重県
滋賀県
京都府
京都市
大阪府 78 8 9.8
豊能地区
大阪市
堺市
兵庫県 67 11 6.1
神戸市
奈良県
和歌山県
鳥取県 10 2 5.0
島根県 16 1 16.0
岡山県 28 2 14.0
岡山市
広島県 / 広島市 44 5 8.8
山口県 15 6 2.5
徳島県 14 1 14.0
香川県
愛媛県
高知県
福岡県 75 6 12.5
福岡市
北九州市
佐賀県 17 1 17.0
長崎県 13 2 6.5
熊本県 24 1 24.0
熊本市
大分県 15 2 7.5
宮崎県 20 1 20.0
鹿児島県
沖縄県 37 1 37.0

関連記事【全国】教員採用試験 倍率一覧|ついに4倍を下回る【2021年】

2019年(令和2年度)

自治体 受験者 合格者 倍率
北海道 / 札幌市 35 6 5.8
青森県 18 1 18.0
岩手県 15 2 7.5
宮城県
仙台市
秋田県 11 1 11.0
山形県 9 2 4.5
福島県 15 1 15.0
茨城県 27 5 5.4
栃木県 12 3 4.0
群馬県 22 2 11.0
埼玉県
さいたま市
千葉県 / 千葉市
東京都 197 52 3.8
神奈川県
横浜市
川崎市
相模原市
新潟県
新潟市
富山県
石川県
福井県
山梨県
長野県
岐阜県 29 4 7.3
静岡県 3
静岡市
浜松市
愛知県
名古屋市
三重県
滋賀県
京都府
京都市
大阪府 71 8 8.9
豊能地区
大阪市
堺市
兵庫県 77 3 25.7
神戸市
奈良県
和歌山県
鳥取県 7 1 7.0
島根県 15 2 7.5
岡山県 25 2 12.5
岡山市
広島県 / 広島市 3
山口県 18 5 3.6
徳島県 13 1 13.0
香川県
愛媛県
高知県
福岡県 79 6 13.2
福岡市
北九州市
佐賀県 12 3 4.0
長崎県 15 3 5.0
熊本県 25 1 25.0
熊本市
大分県 23 2 11.5
宮崎県 19 1 19.0
鹿児島県
沖縄県 39 1 39.0

【都道府県別】教員採用試験 高等学校「生物」の倍率一覧【全国】

教員採用試験 理科の倍率 (1)

高校理科は、自治体によって採用形態が異なります。

ここでは、高校生物の倍率一覧をまとめています。

※自治体によっては、数値を公表していません。

2020年(令和3年度)

自治体 受験者 合格者 倍率
北海道 / 札幌市 41 6 6.8
青森県 15 1 15.0
岩手県 10 2 5.0
宮城県
仙台市
秋田県
山形県 17 2 8.5
福島県 13 2 6.5
茨城県 41 6 6.8
栃木県 21 2 10.5
群馬県 28 1 28.0
埼玉県
さいたま市
千葉県 / 千葉市
東京都 159 50 3.2
神奈川県
横浜市
川崎市
相模原市
新潟県
新潟市
富山県
石川県
福井県
山梨県
長野県
岐阜県 21 5 4.2
静岡県 33 4 8.3
静岡市
浜松市
愛知県
名古屋市
三重県
滋賀県 18 2 9.0
京都府
京都市
大阪府 59 8 7.4
豊能地区
大阪市 21 1 21.0
堺市
兵庫県 63 4 15.8
神戸市
奈良県
和歌山県
鳥取県 14 2 7.0
島根県 7 1 7.0
岡山県 27 2 13.5
岡山市
広島県 / 広島市 30 3 10.0
山口県 14 3 4.7
徳島県 15 1 15.0
香川県
愛媛県
高知県
福岡県 52 5 10.4
福岡市
北九州市
佐賀県 8 1 8.0
長崎県 15 1 15.0
熊本県 22 2 11.0
熊本市
大分県 13 2 6.5
宮崎県 15 1 15.0
鹿児島県
沖縄県 38 2 19.0

関連記事【全国】教員採用試験 倍率一覧|ついに4倍を下回る【2021年】

2019年(令和2年度)

自治体 受験者 合格者 倍率
北海道 / 札幌市 48 14 3.4
青森県 14 2 7.0
岩手県 12 2 6.0
宮城県
仙台市
秋田県 8 0
山形県
福島県 13 1 13.0
茨城県 37 5 7.4
栃木県 20 3 6.7
群馬県 26 2 13.0
埼玉県
さいたま市
千葉県 / 千葉市
東京都 200 46 4.3
神奈川県
横浜市
川崎市
相模原市
新潟県 29 1 29.0
新潟市
富山県
石川県
福井県
山梨県 5 1 5.0
長野県
岐阜県 26 6 4.3
静岡県 6
静岡市
浜松市
愛知県
名古屋市
三重県
滋賀県
京都府
京都市
大阪府 72 8 9.0
豊能地区
大阪市 22 3 7.3
堺市
兵庫県 58 8 7.3
神戸市
奈良県
和歌山県
鳥取県 11 2 5.5
島根県 9 2 4.5
岡山県 21 2 10.5
岡山市
広島県 / 広島市 5
山口県 13 4 3.3
徳島県 16 1 16.0
香川県
愛媛県
高知県
福岡県 53 8 6.6
福岡市
北九州市
佐賀県
長崎県 16 4 4.0
熊本県 20 2 10.0
熊本市
大分県 17 3 5.7
宮崎県 25 1 25.0
鹿児島県
沖縄県 42 2 21.0

【都道府県別】教員採用試験 高等学校「地学」の倍率一覧【全国】

教員採用試験 理科の倍率

高校理科は、自治体によって採用形態が異なります。

ここでは、高校地学の倍率一覧をまとめています。

※自治体によっては、数値を公表していません。

2020年(令和3年度)

自治体 受験者 合格者 倍率
北海道 / 札幌市 3 2 1.5
青森県
岩手県
宮城県
仙台市
秋田県
山形県 1 1 1.0
福島県 2 0
茨城県 5 1 5.0
栃木県
群馬県
埼玉県
さいたま市
千葉県 / 千葉市
東京都
神奈川県
横浜市
川崎市
相模原市
新潟県
新潟市
富山県
石川県
福井県
山梨県
長野県
岐阜県
静岡県 1 0
静岡市
浜松市
愛知県
名古屋市
三重県
滋賀県
京都府
京都市
大阪府 12 3 4.0
豊能地区
大阪市
堺市
兵庫県
神戸市
奈良県
和歌山県
鳥取県
島根県
岡山県
岡山市
広島県 / 広島市 2 0
山口県
徳島県 1 0
香川県
愛媛県
高知県
福岡県
福岡市
北九州市
佐賀県
長崎県
熊本県
熊本市
大分県
宮崎県
鹿児島県
沖縄県

関連記事【全国】教員採用試験 倍率一覧|ついに4倍を下回る【2021年】

2019年(令和2年度)

自治体 受験者 合格者 倍率
北海道 / 札幌市 5 3 1.7
青森県 2 1 1.5
岩手県 1 0
宮城県
仙台市
秋田県
山形県
福島県 2 0
茨城県 9 1 9.0
栃木県
群馬県
埼玉県
さいたま市
千葉県 / 千葉市
東京都
神奈川県
横浜市
川崎市
相模原市
新潟県
新潟市
富山県
石川県
福井県
山梨県
長野県
岐阜県
静岡県
静岡市
浜松市
愛知県
名古屋市
三重県
滋賀県
京都府
京都市
大阪府 7 2 3.5
豊能地区
大阪市
堺市
兵庫県
神戸市
奈良県
和歌山県
鳥取県 9 1 9
島根県
岡山県
岡山市
広島県 / 広島市 3
山口県
徳島県 2 1 2.0
香川県
愛媛県
高知県
福岡県
福岡市
北九州市
佐賀県
長崎県
熊本県
熊本市
大分県
宮崎県
鹿児島県
沖縄県

【都道府県別】教員採用試験 中学・高校「理科」の倍率まとめ

「中学理科」「高校物理・化学・生物・地学」の倍率をまとめていました。

2倍を切る自治体から30倍超えなど、難易度の差が激しい科目です。

合格に向けて早めに準備をはじめましょう!

関連記事【おすすめ】教員採用試験 専門教養で使うべき4つの参考書