【最新】教員採用試験 中学校/高校「保健体育」の倍率一覧【全国】

どうも福永( @kyosai365)です。

今回は、「中学校 / 高等学校 保健体育」の倍率をテーマに話をしていきます。

福永

この記事を書いている僕は、大学などで教採指導歴11年目。月間平均アクセス数15万の総合サイト「教採ギルド」の運営をしています。

結論からいうと、保健体育の倍率は全国的に高めです。

例えば、2020年(令和3年度)中学校保健体育の全国倍率は7.2倍でした。

小学校の平均が2.5倍なので、かなり高いことがわかりますね。

しかし、全国を探せば低い倍率の自治体もありまして、低い順に3つあげると。

  • 福岡市:2.8倍
  • 仙台市:3.0倍
  • 新潟県:3.1倍

合格しやすいところもあります。

まずは、あなたの志望する自治体の現状を確認してください。

その後、併願などを考えてみましょう。

関連記事【教科別】教員採用試験 倍率一覧【全国まとめ】

【都道府県別】教員採用試験 中学校「保健体育」の倍率一覧

保健体育の倍率

中学校「保健体育」の実施結果を一覧にしています。

※自治体によっては、中高一括採用や数値を公表していない自治体もあります。

2020年(令和3年度)

自治体 受験者 合格者 倍率
北海道 / 札幌市 323 35 9.2
青森県 87 10 8.7
岩手県 55 14 3.9
宮城県 242 36 6.7
仙台市 65 22 3.0
秋田県 52 13 4.0
山形県 54 11 4.9
福島県 149 13 11.5
茨城県 216 44 4.9
栃木県 192 26 7.4
群馬県 241 33 7.3
埼玉県 449 55 8.2
さいたま市 107 21 5.1
千葉県 674 99 6.8
東京都 1,023 207 4.9
神奈川県 255 34 7.5
横浜市 219 27 8.1
川崎市 109 10 10.9
相模原市 43 7 6.1
新潟県 90 29 3.1
新潟市 41 1 41.0
富山県
石川県 154 14 11.0
福井県 59 3 19.7
山梨県 84 8 10.5
長野県
岐阜県 108 19 5.7
静岡県 146 8 18.3
静岡市 41 11 3.7
浜松市 70 7 10.0
愛知県 55
名古屋市 171 20 8.6
三重県 212 23 9.2
滋賀県 129 11 11.7
京都府 132 14 9.4
京都市 155 11 14.1
大阪府 511 49 10.4
豊能地区 69 5 13.8
大阪市 233 33 7.1
堺市 93 8 11.6
兵庫県 285 26 11.0
神戸市 154 9 17.1
奈良県 100 7 14.3
和歌山県 89 11 8.1
鳥取県 48 7 6.9
島根県 57 9 6.3
岡山県 137 9 15.2
岡山市 45 4 11.3
広島県 162 38 4.3
山口県 68 16 4.3
徳島県 58 8 7.3
香川県
愛媛県 90 19 4.7
高知県 104 7 14.9
福岡県 227 45 5.0
福岡市 94 34 2.8
北九州市 137 10 13.7
佐賀県 53 8 6.6
長崎県 65 15 4.3
熊本県 92 12 7.7
熊本市 70 7 10.0
大分県 94 11 8.5
宮崎県 70 9 7.8
鹿児島県 83 10 8.3
沖縄県 265 14 18.9

2019年(令和2年度)

自治体 受験者 合格者 倍率
北海道 / 札幌市 314 54 5.8
青森県 84 9 9.3
岩手県 64 15 4.3
宮城県 246 40 6.2
仙台市 85 14 6.1
秋田県 54 9 6.0
山形県 56 15 3.7
福島県 138 12 11.5
茨城県 208 46 4.5
栃木県 181 25 7.2
群馬県 246 35 7.0
埼玉県 447 51 8.8
さいたま市 105 20 5.3
千葉県 676 77 8.8
東京都 1137 166 6.8
神奈川県 270 23 11.7
横浜市 234 20 11.7
川崎市 98 13 7.5
相模原市 57 8 7.1
新潟県 124 8 15.5
新潟市 36 5 7.2
富山県 不明
石川県 157 16 9.8
福井県 56 2 28.0
山梨県 70 8 8.8
長野県 不明
岐阜県 113 16 7.1
静岡県 154 23 6.7
静岡市 36 9 4.0
浜松市 65 10 6.5
愛知県 413 42 9.8
名古屋市 172 17 10.1
三重県 186 15 12.4
滋賀県 不明
京都府 133 17 7.8
京都市 132 9 14.7
大阪府 494 36 13.7
豊能地区 69 8 8.6
大阪市 176 31 5.7
堺市 86 3 28.7
兵庫県 279 35 8.0
神戸市 152 10 15.2
奈良県 124 12 10.3
和歌山県 88 5 17.6
鳥取県 39 4 9.8
島根県 58 10 5.8
岡山県 126 15 8.4
岡山市 39 4 9.8
広島県 不明 39
山口県 90 18 5.0
徳島県 68 9 7.6
香川県 不明
愛媛県 48 24 2.0
高知県 111 8 13.9
福岡県 208 41 5.1
福岡市 100 14 7.1
北九州市 92 31 3.0
佐賀県 54 12 4.5
長崎県 58 15 3.9
熊本県 94 9 10.4
熊本市 62 6 10.3
大分県 86 12 7.2
宮崎県 65 9 7.2
鹿児島県 71 11 6.5
沖縄県 248 11 22.5

2018年(平成31年度)

自治体 受験者 合格者 倍率
北海道 / 札幌市 280 64 4.4
青森県 80 6 13.3
岩手県 80 17 4.7
宮城県 258 20 12.9
仙台市 95 13 7.3
秋田県 58 8 7.3
山形県 53 16 3.3
福島県 131 15 8.7
茨城県 229 36 6.4
栃木県 190 26 7.3
群馬県 229 40 5.7
埼玉県 490 51 9.6
さいたま市 112 19 5.9
千葉県 825 80 10.3
東京都 1174 150 7.8
神奈川県 13 6 2.2
横浜市 12 5 2.4
川崎市 12 3 4.0
相模原市 8 3 2.7
新潟県 67 26 2.6
新潟市 31 5 6.2
富山県 不明
石川県 170 15 11.3
福井県 64 2 32.0
山梨県 68 10 6.8
長野県 不明
岐阜県 125 7 17.9
静岡県 129 22 5.9
静岡市 26 7 3.7
浜松市 68 10 6.8
愛知県 433 39 11.1
名古屋市 177 21 8.4
三重県 181 13 13.9
滋賀県 不明
京都府 131 12 10.9
京都市 130 6 21.7
大阪府 528 50 10.6
豊能地区 77 5 15.4
大阪市 166 11 15.1
堺市 108 10 10.8
兵庫県 319 23 13.9
神戸市 158 10 15.8
奈良県 128 12 10.7
和歌山県 122 14 8.7
鳥取県 34 6 5.7
島根県 49 9 5.4
岡山県 133 13 10.2
岡山市 38 3 12.7
広島県 不明 28
山口県 102 18 5.7
徳島県 65 8 8.1
香川県 不明
愛媛県 55 13 4.2
高知県 96 10 9.6
福岡県 219 25 8.8
福岡市 147 8 18.4
北九州市 102 30 3.4
佐賀県 59 11 5.4
長崎県 48 10 4.8
熊本県 96 9 10.7
熊本市 57 5 11.4
大分県 59 6 9.8
宮崎県 66 9 7.3
鹿児島県 71 8 8.9
沖縄県 263 12 21.9

【都道府県別】教員採用試験 高等学校「保健体育」の倍率一覧

保健体育の倍率 (1)

高校「保健体育」の実施結果を一覧にしています。

※自治体によっては、中高一括採用や数値を公表していない自治体もあります。

2020年(令和3年度)

自治体 受験者 合格者 倍率
北海道 166 12 13.8
札幌市 北海道と共同
青森県 116 7 16.6
岩手県 74 5 14.8
宮城県 中高共通
仙台市 中高共通
秋田県 70 2 35.0
山形県 38 5 7.6
福島県 105 3 35.0
茨城県 125 9 13.9
栃木県 100 9 11.1
群馬県 91 5 18.2
埼玉県 269 15 17.9
さいたま市 中高共通
千葉県 中高共通
東京都 中高共通
神奈川県 431 49 8.8
横浜市 中高共通
川崎市 中高共通
相模原市 募集なし
新潟県 募集なし
新潟市 中高共通
富山県 不明
石川県 中高共通
福井県 中高共通
山梨県 54 2 27
長野県 不明
岐阜県 142 11 12.9
静岡県 168 10 16.8
静岡市 募集なし
浜松市 募集なし
愛知県 20
名古屋市 中高共通
三重県 112 3 37.3
滋賀県 不明
京都府 140 12 11.7
京都市 募集なし
大阪府 373 10 37.3
豊能地区 募集なし
大阪市 71 3 23.7
堺市 募集なし
兵庫県 320 14 22.9
神戸市 中高共通
奈良県 81 6 13.5
和歌山県 52 2 26.0
鳥取県 48 4 12.0
島根県 53 4 13.3
岡山県 100 3 33.3
岡山市 募集なし
広島県 134 13 10.3
山口県 56 4 14.0
徳島県 62 4 15.5
香川県 不明
愛媛県 73 3 24.3
高知県 93 7 13.3
福岡県 270 20 13.5
福岡市 募集なし
北九州市 募集なし
佐賀県 71 5 14.2
長崎県 51 4 12.8
熊本県 76 3 25.3
熊本市 募集なし
大分県 96 3 32.0
宮崎県 87 7 12.4
鹿児島県 59 4 14.8
沖縄県 153 1 153.0

2019年(令和2年度)

自治体 受験者 合格者 倍率
北海道 不明 6
札幌市 北海道と共同
青森県 129 7 18.4
岩手県 71 3 23.7
宮城県 中高共通
仙台市 中高共通
秋田県 66 3 22.0
山形県 38 4 9.5
福島県 118 2 59.0
茨城県 144 12 12.0
栃木県 89 15 5.9
群馬県 89 2 44.5
埼玉県 313 19 16.5
さいたま市 中高共通
千葉県 中高共通
東京都 中高共通
神奈川県 453 47 9.6
横浜市 中高共通
川崎市 中高共通
相模原市 募集なし
新潟県 募集なし
新潟市 中高共通
富山県 不明
石川県 中高共通
福井県 中高共通
山梨県 51 3 17.0
長野県 不明
岐阜県 124 18 6.9
静岡県 191 8 23.9
静岡市 募集なし
浜松市 募集なし
愛知県 308 25 12.3
名古屋市 中高共通
三重県 134 6 22.3
滋賀県 不明
京都府 120 5 24.0
京都市 募集なし
大阪府 363 14 25.9
豊能地区 募集なし
大阪市 86 6 14.3
堺市 募集なし
兵庫県 316 22 14.4
神戸市 中高共通
奈良県 70 4 17.5
和歌山県 57 4 14.3
鳥取県 34 4 8.5
島根県 47 3 15.7
岡山県 90 3 30.0
岡山市 募集なし
広島県 不明 19
山口県 48 2 24.0
徳島県 66 4 16.5
香川県 不明
愛媛県 54 4 13.5
高知県 64 7 9.1
福岡県 240 21 11.4
福岡市 募集なし
北九州市 募集なし
佐賀県 80 7 11.4
長崎県 45 4 11.3
熊本県 76 2 38.0
熊本市 募集なし
大分県 93 3 31.0
宮崎県 90 5 18.0
鹿児島県 69 3 23.0
沖縄県 139 3 46.3

2018年(平成31年度)

自治体 受験者 合格者 倍率
北海道 213 14 15.2
札幌市 北海道と共同
青森県 141 9 15.7
岩手県 74 2 37.0
宮城県 中高共通
仙台市 中高共通
秋田県 68 3 22.7
山形県 48 4 12.0
福島県 152 3 50.7
茨城県 142 13 10.9
栃木県 118 11 10.7
群馬県 126 3 42.0
埼玉県 358 64 5.6
さいたま市 中高共通
千葉県 中高共通
東京都 中高共通
神奈川県 499 43 11.6
横浜市 中高共通
川崎市 中高共通
相模原市 募集なし
新潟県 29 1 29.0
新潟市 中高共通
富山県 不明
石川県 中高共通
福井県 中高共通
山梨県 51 1 51.0
長野県 不明
岐阜県 151 14 10.8
静岡県 175 10 17.5
静岡市 募集なし
浜松市 募集なし
愛知県 317 30 10.6
名古屋市 中高共通
三重県 146 7 20.9
滋賀県 不明
京都府 150 9 16.7
京都市 募集なし
大阪府 531 8 66.4
豊能地区 募集なし
大阪市 68 5 13.6
堺市 募集なし
兵庫県 368 15 24.5
神戸市 募集なし
奈良県 81 4 20.3
和歌山県 48 4 12.0
鳥取県 34 3 11.3
島根県 50 2 25.0
岡山県 93 3 31.0
岡山市 募集なし
広島県 不明 19
山口県 44 2 22.0
徳島県 58 3 19.3
香川県 67 3 22.3
愛媛県 60 5 12.0
高知県 62 1 62.0
福岡県 273 20 13.7
福岡市 募集なし
北九州市 募集なし
佐賀県 84 7 12.0
長崎県 60 5 12.0
熊本県 92 3 30.7
熊本市 募集なし
大分県 56 2 28.0
宮崎県 93 5 18.6
鹿児島県 77 4 19.3
沖縄県 164 2 82.0

【都道府県別】教員採用試験 中学 / 高校保健体育の倍率まとめ

中学・高校「保健体育」の倍率をまとめていました。

全国的に、高倍率ですね。

講師をやっていると、必ず部活などで勉強時間が削られて大変ですよね。

空いている時間をつかって、効率よく対策することがポイントですよ!

関連記事【3分で理解】教員採用試験 専門科目の勉強法を4ステップで解説