【都道府県別】教員採用試験の倍率推移一覧【全国で低下傾向】

kyouinsaiyoushiken-bairitsu-suui

  • 教員採用試験の倍率はどれくらいなの?
  • 全国の倍率が知りたい。
  • 過去10年くらいの推移が知りたい。

今回はこのような疑問に回答していきます。

本記事の内容
  • 過去10年間の倍率推移
  • 都道府県ごとの倍率一覧

教員採用試験の倍率は低下傾向にあります。

令和3年度(2020年実施)の全体倍率は3.6倍で、過去1番の低倍率となりました。

年度受験者合格者倍率
令和3年度133,68436,8333.6
令和2年度138,04235,0583.9
平成31年度148,46534,9524.2
平成30年度160,66732,9864.9
平成29年度166,06831,9615.2
平成28年度170,45532,4725.2
平成27年度174,97632,2445.4
平成26年度177,82031,2595.7
平成25年度180,90231,1075.8
平成24年度180,23830,9305.8

受験者の減りがハンパないので今後も減る可能性が高いです。とはいえ、自治体によっては逆に上がっている場合もあるので注意が必要。

本記事は全自治体の倍率推移(過去10年分)をまとめています。必ず志望先の状況は把握しておいてくださいね。

なお、下記の記事では校種別に全自治体をランキング形式にしてまとめています。興味のある方はご覧ください。

関連記事【倍率が低い県は?】教員採用試験の受かりやすい自治体ランキング

【北海道~東北地区】教員採用試験の倍率推移

ここでは、北海道・東北地区に属する自治体の倍率推移(過去10年分)をまとめています。

受験者と合格者の推移もわかるので参考にしてください。

北海道・札幌市 / 青森県 / 岩手県 / 宮城県

年度受験者合格者倍率
令和4年度3,9581,5272.6
令和3年度3,0891,0752.9
令和2年度4,6071,0084.6
平成31年度5,0391,4583.5
平成30年度5,2129765.3
平成29年度5,5759326.0
平成28年度5,7568966.4
平成27年度5,9037487.9
平成26年度5,7216738.5
平成25年度5,8847677.7
平成24年度5,8207837.4

校種・科目ごとの倍率を知りたい場合は下記の記事をご覧ください。

北海道:北海道教員採用試験の倍率推移を校種・教科別に解説!対策法も紹介!

札幌市:【対策法あり】札幌市教員採用試験の倍率は?過去の推移を教科別に解説!

年度受験者合格者倍率
令和4年度1,2052664.5
令和3年度1,2713464.5
令和2年度1,2982834.6
平成31年度1,4432865.0
平成30年度1,5972416.6
平成29年度1,7032457.0
平成28年度1,8982776.9
平成27年度1,8782447.7
平成26年度1,9061999.6
平成25年度2,01116012.6
平成24年度2,03018111.2

校種・科目ごとの倍率を知りたい場合は下記の記事をご覧ください。

【難しい】青森県教員採用試験の難易度は高い?倍率推移を解説!

年度受験者合格者倍率
令和3年度1,0643233.3
令和2年度1,2163263.7
平成31年度1,3733404.0
平成30年度1,5463324.7
平成29年度1,6853095.5
平成28年度1,7972616.9
平成27年度1,6452008.2
平成26年度1,7211899.1
平成25年度1,7552008.8
平成24年度1,7762008.9

校種・科目ごとの倍率を知りたい場合は下記の記事をご覧ください。

【倍率は低い?】岩手県教員採用試験の合格に必要な内容と対策法を解説

年度受験者合格者倍率
令和4年度1,6435403.0
令和3年度1,6455582.9
令和2年度1,7744863.7
平成31年度1,8613205.8
平成30年度2,4493866.3
平成29年度3,0623508.7
平成28年度3,3454148.1
平成27年度3,4925216.7
平成26年度3,4553869.0
平成25年度3,72125814.4
平成24年度4,76532814.5

校種・科目ごとの倍率を知りたい場合は下記の記事をご覧ください。

【実施結果】宮城県教員採用試験の倍率推移を教科別に解説【一次、二次】

仙台市 / 秋田県 / 山形県 / 福島県

年度受験者合格者倍率
令和4年度1,0913663.0
令和3年度1,0183103.3
令和2年度1,1152514.4
平成31年度1,2573693.4
平成30年度8472034.2
平成29年度宮城県と合同

校種・科目ごとの倍率を知りたい場合は下記の記事をご覧ください。

【傾向と対策】仙台市教員採用試験 倍率の推移|合格ガイドマップ

年度受験者合格者倍率
令和4年度8363082.7
令和3年度9402913.2
令和2年度1,0152114.8
平成31年度1,0962175.1
平成30年度1,0561885.6
平成29年度1,1111577.1
平成28年度1,1381447.9
平成27年度1,1401269.0
平成26年度1,0701357.9
平成25年度1,1171338.4
平成24年度1,0601089.8

校種別・教科別の倍率は以下の記事でまとめています。

【倍率の推移】秋田県教員採用試験は二次が重要?教科別に解説!

令和4年度8653572.4
令和3年度8613872.2
令和2年度8913742.4
平成31年度1,0103283.1
平成30年度1,0742753.9
平成29年度1,2062614.6
平成28年度1,1412125.4
平成27年度1,2391996.2
平成26年度1,2871946.6
平成25年度1,3211837.2
平成24年度1,4511658.8

校種・科目ごとの倍率を知りたい場合は下記の記事をご覧ください。

【傾向は筆記重視?】山形県教員採用試験の倍率推移【教科別】

年度受験者合格者倍率
令和4年度1,8884903.9
令和3年度1,9455353.6
令和2年度1,9815873.4
平成31年度2,2794624.9
平成30年度2,2843277.0
平成29年度2,4532988.2
平成28年度2,5753916.6
平成27年度2,6493687.2
平成26年度2,8403418.3
平成25年度2,54923211.0
平成24年度3,6304208.6

校種別・教科別の詳細は下記記事をご覧ください。

福島県教員採用試験の合格ラインは?倍率推移を教科別に解説!

【関東地方】教員採用試験の倍率推移

ここでは、関東地区に属する自治体の倍率推移(過去10年分)をまとめています。

受験者と合格者の推移もわかるので参考にしてください。

茨城県 / 栃木県 / 群馬県 / 埼玉県

年度受験者合格者倍率
令和4年度3,3861,0543.2
令和3年度2,79310302.7
令和2年度2,7979852.8
平成31年度2,7618773.1
平成30年度2,9209083.2
平成29年度3,0027953.8
平成28年度3,1988034.0
平成27年度3,3108064.1
平成26年度3,1146304.9
平成25年度3,1875975.3
平成24年度3,2126095.3

校種・科目ごとの倍率を知りたい場合は下記の記事をご覧ください。

【倍率推移】茨城県教員採用試験の難易度は低い?内容や対策法を解説!

年度受験者合格者倍率
令和4年度1,9265283.6
令和3年度2,0865853.6
令和2年度2,0926033.5
平成31年度2,2725384.2
平成30年度2,4105474.4
平成29年度2,5545294.8
平成28年度2,5084825.2
平成27年度2,6074735.5
平成26年度2,5484805.3
平成25年度2,3934375.5
平成24年度2,3213925.9

校種・科目ごとの倍率を知りたい場合は下記の記事をご覧ください。

【合格率27.5%】栃木県教員採用試験 倍率の推移|対策ロードマップ

年度受験者合格者倍率
令和3年度2,0064514.4
令和2年度2,0484364.7
平成31年度2,2414505.0
平成30年度2,2894225.4
平成29年度2,3164025.8
平成28年度2,3694335.5
平成27年度2,0964334.8
平成26年度2,2254195.3
平成25年度2,2534574.9
平成24年度2,3274675.0

校種・科目ごとの倍率を知りたい場合は下記の記事をご覧ください。

【倍率推移】群馬県教員採用試験は筆記重視?内容と対策法を徹底解説!

年度受験者合格者倍率
令和4年度5,8601,9243.0
令和3年度6,1071,6293.7
令和2年度6,5121,6064.1
平成31年度7,0611,5724.5
平成30年度7,7011,7104.5
平成29年度8,1821,7814.6
平成28年度8,7531,7265.1
平成27年度9,0361,6995.3
平成26年度9,2541,8125.1
平成25年度8,6371,7994.8
平成24年度7,9081,5195.2

校種・科目ごとの倍率を知りたい場合は下記の記事をご覧ください。

埼玉県教員採用試験の難易度は?独学で受かるためのプロセスを徹底解説!

さいたま市 / 千葉県 / 東京都

年度受験者合格者倍率
令和4年度1,0303343.1
令和3年度1,0032973.4
令和2年度1,1383273.5
平成31年度1,1692874.1
平成30年度1,1022374.6
平成29年度1,1362414.7
平成28年度11092145.2
平成27年度1,1172634.2
平成26年度1,1432744.2
平成25年度1,1652704.3
平成24年度1,1662564.6

校種・科目ごとの倍率を知りたい場合は下記の記事をご覧ください。

【傾向まとめ】埼玉県教員採用試験 倍率の推移|対策ロードマップ

年度受験者合格者倍率
令和4年度5,2711,7193.1
令和3年度5,2171,5343.4
令和2年度5,5621,6893.3
平成31年度6,1811,4954.1
平成30年度6,9081,4744.7
平成29年度6,9931,4544.8
平成28年度7,0901,4225.0
平成27年度7,2111,4654.9
平成26年度7,3171,4575.0
平成25年度7,2291,4605.0
平成24年度7,0511,4095.0

校種・科目ごとの倍率を知りたい場合は下記の記事をご覧ください。

千葉県教員採用試験の倍率は?一次、二次ごとの難易度を教科別に紹介!

年度受験者合格者倍率
令和4年度8,6072,6503.2
令和3年度9,1453,3002.8
令和2年度10,4763,0743.4
平成31年度11,4283,6033.2
平成30年度13,3352,7984.8
平成29年度14,4322,8375.1
平成28年度15,1682,8055.4
平成27年度15,5962,9725.2
平成26年度16,2842,3566.9
平成25年度17,9122,8156.4
平成24年度18,7733,7365.0

校種・科目ごとの倍率を知りたい場合は下記の記事をご覧ください。

【過去の推移】東京都教員採用試験の倍率を校種・教科別に徹底解説!

神奈川県 / 横浜市 / 川崎市 / 相模原市

年度受験者合格者倍率
令和4年度4,5171,2063.7
令和3年度4,9121,2104.1
令和2年度5,2731,1114.7
平成31年度5,7801,0925.3
平成30年度6,3751,0735.9
平成29年度6,1711,0925.7
平成28年度6,3701,1675.5
平成27年度6,4151,0686.0
平成26年度6,4021,2845.0
平成25年度6,6361,1016.0
平成24年度7,5591,1736.4

校種・科目ごとの倍率を知りたい場合は下記の記事をご覧ください。

【過去がヒント】神奈川県教員採用試験の倍率推移を校種・教科別に解説!

年度受験者合格者倍率
令和4年度2,9821,0252.9
令和3年度2,8381,0012.8
令和2年度3,0829403.3
平成31年度3,4456635.2
平成30年度3,8037525.1
平成29年度4,0345797.0
平成28年度4,5377146.4
平成27年度4,7386647.1
平成26年度4,9528815.6
平成25年度5,0317736.5
平成24年度4,6748575.5

校種・科目ごとの倍率を知りたい場合は下記の記事をご覧ください。

【今後も下がる?】横浜市教員採用試験の倍率推移を教科別に解説!

年度受験者合格者倍率
令和4年度9453252.9
令和3年度1,0542504.2
令和2年度1,1933203.7
平成31年度1,4463284.4
平成30年度1,3823314.2
平成29年度1,3683414.0
平成28年度1,3692615.2
平成27年度1,5352845.4
平成26年度1,4232715.3
平成25年度1,5262655.8
平成24年度1,5512615.9

校種・科目ごとの倍率を知りたい場合は下記の記事をご覧ください。

【今後は下がる?】川崎市教員採用試験の倍率推移を教科別に解説!

年度受験者合格者倍率
令和4年度4811413.4
令和3年度4631333.5
令和2年度5071403.6
平成31年度553896.2
平成30年度7111275.6
平成29年度7341704.3
平成28年度7531525.0
平成27年度9931397.1
平成26年度8871715.2
平成25年度9921357.3
平成24年度神奈川と同時

校種・科目ごとの倍率を知りたい場合は下記の記事をご覧ください。

▶︎ 【二次が重要?】相模原市教員採用試験の倍率推移を教科別に徹底解説!

【北信越地方】教員採用試験の倍率推移

ここでは、北信越地区に属する自治体の倍率推移(過去10年分)をまとめています。

新潟県 / 新潟市 / 長野県 / 山梨県

受験者と合格者の推移もわかるので参考にしてください。

年度受験者合格者倍率
令和4年度1,423484※2.9
令和3年度1,0103952.6
令和2年度1,5044233.6
平成31年度1,2065682.1
平成30年度1,4324213.4
平成29年度1,5502645.9
平成28年度2,2143815.8
平成27年度2,3683706.4
平成26年度2,3393337.0
平成25年度2,1094135.1
平成24年度2,06719910.4

校種・科目ごとの倍率を知りたい場合は下記の記事をご覧ください。

【過去の倍率推移】新潟県教員採用試験の難易度が高い理由と対策法を紹介

年度受験者合格者倍率
令和4年度501181※2.8
令和3年度4891403.5
令和2年度4941373.6
平成31年度3451382.5
平成30年度3711113.3
平成29年度362864.2
平成28年度377715.3
平成27年度361953.8
平成26年度411864.8
平成25年度353854.2
平成24年度277397.1

校種・科目ごとの倍率を知りたい場合は下記の記事をご覧ください。

新潟市教員採用試験の難易度は?過去の倍率推移と対策法を紹介

年度受験者合格者倍率
令和4年度※1,949515※3.8
令和3年度2,0975194.0
令和2年度2,0705293.9
平成31年度2,2015254.2
平成30年度2,3714515.3
平成29年度2,4144065.9
平成28年度2,4574335.7
平成27年度2,4844665.3
平成26年度2,4254255.7
平成25年度2,5204066.2
平成24年度2,6003936.6
※志望倍率(志望者÷合格者)

校種ごとの倍率を知りたい場合は下記の記事をご覧ください。

【難易度は低下中?】長野県教員採用試験 倍率の推移|今後は上がる理由を解説!

年度受験者合格者倍率
令和4年度8992863.1
令和3年度9152923.1
令和2年度9143023.0
平成31年度9622334.1
平成30年度9902613.8
平成29年度1,0352204.7
平成28年度1,0901786.1
平成27年度1,0551776.0
平成26年度1,0111725.9
平成25年度9841228.1
平成24年度1,0061119.1
※令和4年度は志望者÷合格者で算出。

校種・科目ごとの倍率を知りたい場合は下記の記事をご覧ください。

山梨県教員採用試験の倍率は低いの?過去の推移を校種・教科別に紹介

富山県 / 石川県 / 福井県

年度受験者合格者倍率
令和4年度7173352.1
令和3年度7773432.3
令和2年度7823242.4
平成31年度8883003.0
平成30年度1,0062963.4
平成29年度1,0433053.4
平成28年度1,0313133.3
平成27年度1,0953273.3
平成26年度1,0823153.4
平成25年度1,1282814.0
平成24年度1,1232774.1
※令和4年度(2022年度)=2021年実施
年度受験者合格者倍率
令和4年度1,0733153.4
令和3年度1,1073163.5
令和2年度1,1343163.6
平成31年度1,2453084.0
平成30年度1,3353074.3
平成29年度1,3653194.3
平成28年度1,4333064.7
平成27年度1,3923204.4
平成26年度1,4253484.1
平成25年度1,5183474.4
平成24年度1,5153504.3

校種・科目ごとの倍率を知りたい場合は下記の記事をご覧ください。

石川県教員採用試験の難易度が高い?過去の倍率推移を教科別に紹介

年度受験者合格者倍率
令和4年度※925228※4.1
令和3年度1,0122204.6
令和2年度7972143.7
平成31年度8892184.1
平成30年度9842573.8
平成29年度1,0492554.1
平成28年度1,0572354.5
平成27年度1,1012045.4
平成26年度1,1692025.8
平成25年度1,2811926.7
平成24年度1,1971886.4
※志望倍率(志望者÷最終合格者)

校種・科目ごとの倍率を知りたい場合は下記の記事をご覧ください。

福井県教員採用試験 倍率は全国上位クラス|合格ロードマップ

【東海地方】教員採用試験の倍率推移

ここでは、東海地方に属する自治体の倍率推移(過去10年分)をまとめています。

受験者と合格者の推移もわかるので参考にしてください。

静岡県 / 静岡市 / 浜松市

年度受験者合格者倍率
令和4年度※2,673603※4.4
令和3年度2,8046314.4
令和2年度2,7496694.1
平成31年度2,7397103.9
平成30年度2,8366774.2
平成29年度2,9336504.5
平成28年度2,9967014.3
平成27年度3,0166904.4
平成26年度3,1186804.6
平成25年度3,2296055.3
平成24年度3,2855985.5
※志望倍率(志望者÷合格者)

校種・科目ごとの倍率を知りたい場合は下記の記事をご覧ください。

【難易度高い】静岡県教員採用試験 倍率の推移|一次、二次を教科別に解説!

年度受験者合格者倍率
令和4年度※447112※4.0
令和3年度3951183.3
令和2年度3431163.0
平成31年度3701203.1
平成30年度3801053.6
平成29年度382983.9
平成28年度394954.1
平成27年度4131044.0
平成26年度3951033.8
平成25年度391954.1
平成24年度374864.3
※志望倍率(志望者÷合格者)

校種・科目ごとの倍率を知りたい場合は下記の記事をご覧ください。

【合格率50%】静岡市教員採用試験の倍率推移を校種・教科別に解説!

年度受験者合格者倍率
令和4年度※612159※3.8
令和3年度6291504.2
令和2年度4901573.1
平成31年度5171543.4
平成30年度5401523.6
平成29年度5801254.6
平成28年度5781174.9
平成27年度5771145.1
平成26年度5621115.1
平成25年度5421214.5
平成24年度5151294.0
※志望倍率(志望者÷合格者)

校種・科目ごとの倍率を知りたい場合は下記の記事をご覧ください。

【重要なのは一次試験】浜松市教員採用試験の倍率推移を教科別に解説

岐阜県 / 愛知県 / 名古屋市 / 三重県

年度受験者合格者倍率
令和4年度1,9317002.8
令和3年度2,1387352.9
令和2年度2,1426493.3
平成31年度2,2846233.7
平成30年度2,3496413.7
平成29年度2,4716054.1
平成28年度2,5266104.1
平成27年度2,6106264.2
平成26年度2,6126434.1
平成25年度2,5676064.2
平成24年度2,5675424.7

校種・科目ごとの倍率を知りたい場合は下記の記事をご覧ください。

岐阜県教員採用試験の倍率はどれくらい?過去の推移を校種・教科別に徹底解説!

年度受験者合格者倍率
令和4年度6,0171,5703.8
令和3年度6,2481,5304.1
令和2年度6,3181,4904.2
平成31年度6,9261,4754.7
平成30年度7,2151,4804.9
平成29年度7,5241,4705.1
平成28年度7,6531,4995.1
平成27年度8,1101,5415.3
平成26年度8,6321,5695.5
平成25年度8,8031,6705.3
平成24年度9,0911,6705.4

校種・科目ごとの倍率を知りたい場合は下記の記事をご覧ください。

【過去の推移】全国平均より高い愛知県教員採用試験の倍率を教科別に解説

年度受験者合格者倍率
令和4年度1,7384543.8
令和3年度1,8494464.1
令和2年度1,8604114.5
平成31年度1,7794124.3
平成30年度1,8574064.6
平成29年度1,9804374.5
平成28年度1,9963815.2
平成27年度1,9913675.4
平成26年度2,1324514.7
平成25年度2,1334404.8
平成24年度2,1933616.1

校種・科目ごとの倍率を知りたい場合は下記の記事をご覧ください。

【倍率の推移】難易度は高い!名古屋市教員採用試験の対策法を徹底解説!

年度受験者合格者倍率
令和4年度2,4575184.7
令和3年度2,6614376.1
令和2年度2,6224455.9
平成31年度2,6563457.7
平成30年度2,8514686.1
平成29年度2,9004606.3
平成28年度2,9274816.1
平成27年度2,9844726.3
平成26年度3,0925665.5
平成25年度3,0504816.3
平成24年度2,9034466.5

校種・科目ごとの倍率を知りたい場合は下記の記事をご覧ください。

【倍率の推移】三重県教員採用試験の難易度は高い?|教科別に徹底解説!

【関西地方】教員採用試験の倍率推移

ここでは、関西(近畿)に属する自治体の倍率推移(過去10年分)をまとめています。

受験者と合格者の推移もわかるので参考にしてください。

滋賀県 / 京都府 / 京都市

年度受験者合格者倍率
令和4年度2,2375274.2
令和3年度2,3294734.9
令和2年度1,8114044.5
平成31年度2,3274894.8
平成30年度2,4204885.0
平成29年度2,4434855.0
平成28年度1,9295023.8
平成27年度1,8654903.8
平成26年度1,8234514.0
平成25年度1,8524544.1
平成24年度1,7574483.9

校種ごとの倍率を知りたい場合は下記の記事をご覧ください。

【難易度は高い?】滋賀県教員採用試験の倍率推移!内容や傾向を解説!

年度受験者合格者倍率
令和4年度1,8574594.0
令和3年度1,8784504.2
令和2年度1,9094204.5
平成31年度2,0973725.6
平成30年度2,2623127.3
平成29年度2,3503686.4
平成28年度2,3604085.8
平成27年度2,4273916.2
平成26年度2,8164536.2
平成25年度2,9374846.1
平成24年度2,9325295.5

校種・科目ごとの倍率を知りたい場合は下記の記事をご覧ください。

【難易度は高い?】京都府教員採用試験 倍率の推移|今後は下がる理由も解説!

年度受験者合格者倍率
令和3年度1,7643624.9
令和2年度1,6213115.2
平成31年度1,7422706.5
平成30年度1,8022796.5
平成29年度1,8702856.6
平成28年度1,7943095.8
平成27年度1,9133026.3
平成26年度1,9752557.7
平成25年度2,1133695.7
平成24年度2,0843855.4

校種・科目ごとの倍率を知りたい場合は下記の記事をご覧ください。

【難易度は高い?】京都市教員採用試験 倍率の推移|今後は上がる理由も解説!

大阪府 / 大阪市 / 堺市 / 豊能地区

年度受験者合格者倍率
令和4年度6,0081,4674.1
令和3年度6,3721,2685.0
令和2年度6,7411,1276.0
平成31年度7,3731,2196.0
平成30年度8,5331,2556.8
平成29年度9,3521,7875.2
平成28年度9,3491,9924.7
平成27年度9,1591,9104.8
平成26年度9,3281,9374.8
平成25年度9,3281,9134.9
平成24年度10,0491,9765.1

校種・科目ごとの倍率を知りたい場合は下記の記事をご覧ください。

【対策前に必読】大阪府教員採用試験の倍率推移を教科別に解説!

年度受験者合格者倍率
令和4年度2,5496553.9
令和3年度2,9628813.4
令和2年度2,5846993.7
平成31年度2,7047063.8
平成30年度2,4705204.8
平成29年度2,4023766.4
平成28年度2,7396004.6
平成27年度2,8108013.5
平成26年度2,7215405.0
平成25年度2,5704805.4
平成24年度2,5875814.5

校種・科目ごとの倍率を知りたい場合は下記の記事をご覧ください。

大阪市教員採用試験の難易度は高い?過去の倍率推移を教科別に解説!

令和4年度6981315.3
令和3年度7851166.8
令和2年度7691485.2
平成31年度8721525.7
平成30年度9911695.9
平成29年度1,1401836.2
平成28年度1,1502604.4
平成27年度1,1332933.9
平成26年度1,2162724.5
平成25年度1,2152385.1
平成24年度1,2642714.7

校種・科目ごとの倍率を知りたい場合は下記の記事をご覧ください。

【合格率14.6%】堺市教員採用試験 倍率の推移|対策ロードマップ

年度受験者合格者倍率
令和4年度6461344.8
令和3年度7051684.2
令和2年度7941714.6
平成31年度8101276.4
平成30年度8071485.5
平成29年度7461325.7
平成28年度7171176.1
平成27年度8031097.4
平成26年度大阪府と実施

兵庫県 / 神戸市 / 奈良県 / 和歌山県

年度受験者合格者倍率
令和4年度4,7401,0294.6
令和3年度5,2419715.4
令和2年度5,2378795.8
平成31年度5,7268027.1
平成30年度6,1729336.6
平成29年度6,3859946.4
平成28年度7,0511,1176.3
平成27年度7,0591,2245.8
平成26年度7,4501,2925.8
平成25年度7,4991,3195.7
平成24年度7,6731,2816.0

校種・科目ごとの倍率を知りたい場合は下記の記事をご覧ください。

兵庫県教員採用試験の倍率推移を校種・教科別に解説!

令和4年度1,7462467.1
令和3年度1,8572477.5
令和2年度1,9182727.1
平成31年度2,0043525.7
平成30年度1,9443196.1
平成29年度1,6963155.4
平成28年度1,7562736.4
平成27年度1,8273395.4
平成26年度1,8043385.3
平成25年度1,8313525.2
平成24年度2,3133696.3

校種・科目ごとの倍率を知りたい場合は下記の記事をご覧ください。

神戸市教員採用試験 倍率は全国上位、88倍も?対策ロードマップ

年度受験者合格者倍率
令和4年度1,5933065.2
令和3年度1,6463285.0
令和2年度1,6823175.3
平成31年度1,8253335.5
平成30年度2,0523495.9
平成29年度2,3873596.6
平成28年度2,5303786.7
平成27年度2,4314145.9
平成26年度2,6004475.8
平成25年度2,8924975.8
平成24年度2,4945144.9
※実習助手除く

校種・科目ごとの倍率を知りたい場合は下記の記事をご覧ください。

【倍率の推移】奈良県教員採用試験 難易度は高い|一次も二次も重要です。

年度受験者合格者倍率
令和4年度1,3263773.5
令和3年度1,4153883.6
令和2年度1,4273793.8
平成31年度1,5793834.1
平成30年度1,5493095.0
平成29年度1,7013834.4
平成28年度1,6973494.9
平成27年度1,8493834.8
平成26年度1,8533605.1
平成25年度1,8633245.8
平成24年度1,8273066.0

校種・科目ごとの倍率を知りたい場合は下記の記事をご覧ください。

和歌山県教員採用試験の倍率推移(最新~過去)を校種・教科別に解説!

【中四国地方】教員採用試験の倍率推移

ここでは、中国・四国地方に属する自治体の倍率推移(過去10年分)をまとめています。

受験者と合格者の推移もわかるので参考にしてください。

鳥取県 / 島根県 / 広島県・広島市

年度受験者合格者倍率
令和4年度1,091310※3.5
令和3年度1,0572494.2
令和2年度1,1142085.4
平成31年度7422243.3
平成30年度7141804.0
平成29年度7721604.8
平成28年度8181635.0
平成27年度8591685.1
平成26年度9921626.1
平成25年度1,0361775.9
平成24年度9141476.2

校種別・教科別の詳細は下記記事をご覧ください。

鳥取県教員採用試験の難易度は高い?過去の倍率推移を教科別に解説!

年度受験者合格者倍率
令和4年度9063023.0
令和3年度1,0422873.7
令和2年度9982643.8
平成31年度1,1432454.7
平成30年度1,1841976.0
平成29年度1,2042075.8
平成28年度1,2522265.5
平成27年度1,1812265.2
平成26年度1,1521637.1
平成25年度1,2181587.7
平成24年度1,2211587.7

校種・教科ごとの詳細は下記記事でまとめています。

【重要なのは二次!】島根県教員採用試験の倍率推移|校種・教科別まとめ

年度受験者合格者倍率
令和4年度2,5789722.7
令和3年度2,7861,0462.7
令和2年度2,7636934.0
平成31年度3,0626424.8
平成30年度3,2035705.6
平成29年度3,5066465.4
平成28年度3,3996245.4
平成27年度3,5195666.2
平成26年度3,6005057.1
平成25年度3,5775746.2
平成24年度3,5144767.4

校種・科目ごとの倍率を知りたい場合は下記の記事をご覧ください。

【合格率35.5%】広島県・広島市教員採用試験 倍率の推移|対策ロードマップ

岡山県 / 岡山市 / 山口県

年度受験者合格者倍率
令和4年度2,0434604.4
令和3年度2,2104075.4
令和2年度1,9633895.0
平成31年度2,0124794.2
平成30年度2,3504635.1
平成29年度2,5344535.6
平成28年度3,4974378.0
平成27年度3,8104837.9
平成26年度3,7534678.0
平成25年度3,4604358.0
平成24年度3,1564736.7

校種・科目ごとの倍率を知りたい場合は下記の記事をご覧ください。

【岡山県教員採用試験は筆記重視?】教科別の倍率推移を徹底解説!

年度受験者合格者倍率
令和4年度6131653.7
令和3年度6731614.2
令和2年度5561433.9
平成31年度5831493.9
平成30年度6411484.3
平成29年度6361534.2
平成28年度岡山県と合同

校種・科目ごとの倍率を知りたい場合は下記の記事をご覧ください。

【筆記より面接】岡山市教員採用試験の倍率推移を教科別に解説!

年度受験者合格者倍率
令和4年度1,1153583.1
令和3年度1,1584182.8
令和2年度1,2154063.0
平成31年度1,3293793.5
平成30年度1,4683863.8
平成29年度1,5563864.0
平成28年度1,4753963.7
平成27年度1,4993734.0
平成26年度1,5753564.4
平成25年度1,4573094.7
平成24年度1,5662745.7

校種・科目ごとの倍率を知りたい場合は下記の記事をご覧ください。

【難易度が高いのは?】山口県教員採用試験の倍率を教科別に解説!

香川県 / 徳島県 / 愛媛県 / 高知県

年度受験者合格者倍率
令和4年度1,1202564.6
令和3年度1,1542684.3
令和2年度1,2072724.4
平成31年度1,3562605.2
平成30年度1,4332795.1
平成29年度1,5742965.3
平成28年度1,5953065.2
平成27年度1,5423105.0
平成26年度1,2873134.1
平成25年度1,3393344.0
平成24年度1,4563234.5

校種・科目ごとの倍率を知りたい場合は下記の記事をご覧ください。

香川県教員採用試験の難易度は?過去の倍率推移を校種・教科別に解説!

年度受験者合格者倍率
令和4年度1,2262066.1
令和3年度1,0692065.2
令和2年度1,1662355.0
平成31年度1,1452305.0
平成30年度1,2182135.7
平成29年度1,2032105.7
平成28年度1,3002146.1
平成27年度1,4092017.0
平成26年度1,4231927.4
平成25年度1,5592187.2
平成24年度1,4591967.4

校種・科目ごとの倍率を知りたい場合は下記の記事をご覧ください。

【二次重視?】徳島県教員採用試験の倍率推移を教科別に解説!

年度受験者合格者倍率
令和4年度
令和3年度1,2494133.0
令和2年度1,3224113.2
平成31年度1,3284243.1
平成30年度1,3063883.4
平成29年度1,3573414.0
平成28年度1,4032635.3
平成27年度1,5122007.6
平成26年度1,5091539.9
平成25年度1,5871739.2
平成24年度1,6122127.6

校種・科目ごとの倍率を知りたい場合は下記の記事をご覧ください。

【最新】愛媛県教員採用試験の倍率推移(一次・二次)を解説【教科別】

年度受験者合格者倍率
令和4年度2,3973067.8
令和3年度2,3103057.6
令和2年度2,2993127.4
平成31年度2,1283086.9
平成30年度1,7693115.7
平成29年度1,1742704.3
平成28年度1,0842604.2
平成27年度1,1342095.4
平成26年度1,0981726.4
平成25年度1,1061407.9
平成24年度1,1191686.7

校種・科目ごとの倍率を知りたい場合は下記の記事をご覧ください。

【倍率は全国2位】ボーダーが高い高知県教員採用に合格する方法を解説!

【九州・沖縄地方】教員採用試験の倍率推移

ここでは、九州・沖縄に属する自治体の倍率推移(過去10年分)をまとめています。

受験者と合格者の推移もわかるので参考にしてください。

福岡県 / 北九州市 / 福岡市

年度受験者合格者倍率
令和4年度3,3141,2162.7
令和3年度3,6791,2682.9
令和2年度3,9601,2273.2
平成31年度3,9391,3103.0
平成30年度4,8061,2913.7
平成29年度4,5719574.8
平成28年度4,3618605.1
平成27年度4,4248295.3
平成26年度4,2907305.9
平成25年度4,4196756.5
平成24年度4,0746336.4

校種・科目ごとの倍率を知りたい場合は下記の記事をご覧ください。

【難易度は教科次第】福岡県教員採用試験 倍率の推移を解説!【最新~過去】

※年度受験者合格者倍率
令和4年度7582483.1
令和3年度1,1103772.9
令和2年度6823322.1
平成31年度8553632.4
平成30年度7732073.7
平成29年度7621754.4
平成28年度8181814.5
平成27年度8292103.9
平成26年度8742293.8
平成25年度8572164.0
平成24年度8562114.1
※令和4年度=2021年実施

校種・科目ごとの倍率を知りたい場合は下記の記事をご覧ください。

【傾向まとめ】北九州市教員採用試験 倍率の推移|対策ロードマップ

年度受験者合格者倍率
令和4年度1,6166152.6
令和3年度1,3585912.3
令和2年度1,4343653.9
平成31年度1,8182796.5
平成30年度3,1546804.6
平成29年度2,6414086.5
平成28年度1,6923105.5
平成27年度1,7883175.6
平成26年度2,0152956.8
平成25年度2,1073366.3
平成24年度2,0933256.4

校種・科目ごとの倍率を知りたい場合は下記の記事をご覧ください。

【教員採用の倍率】福岡市と福岡県はどっちが簡単?傾向と対策を解説

佐賀県 / 長崎県 / 熊本県 / 熊本市

年度受験者合格者倍率
令和4年度8923752.4
令和3年度9803792.6
令和2年度1,0113682.7
平成31年度1,1103563.1
平成30年度1,1492794.1
平成29年度1,1702584.5
平成28年度1,1342544.5
平成27年度1,2302385.2
平成26年度1,2892086.2
平成25年度1,2721906.7
平成24年度1,2451558.0
※令和4年度(2022年度)=2021年実施

校種・科目ごとの倍率を知りたい場合は下記の記事をご覧ください。

【面接より筆記重視?】佐賀県教員採用試験の倍率推移を教科別に分析!

年度受験者合格者倍率
令和4年度1,0664632.3
令和3年度1,1264382.6
令和2年度1,1584312.7
平成31年度1,3124113.2
平成30年度1,4494173.5
平成29年度1,5733524.5
平成28年度1,6163434.7
平成27年度1,6973075.5
平成26年度1,7542068.5
平成25年度1,76115811.1
平成24年度1,81814013.0

校種・科目ごとの倍率を知りたい場合は下記の記事をご覧ください。

【教科別】倍率からわかる長崎県教員採用試験が筆記重視の理由

年度受験者合格者倍率
令和4年度※1,216366※3.3
令和3年度1,3883903.6
令和2年度1,4953304.5
平成31年度1,5993155.1
平成30年度1,7793185.6
平成29年度1,8182646.9
平成28年度1,7222666.5
平成27年度2,0132926.9
平成26年度2,1483156.8
平成25年度2,3673476.8
平成24年度2,90123612.3
※志望倍率(志望者÷合格者)

校種・科目ごとの倍率を知りたい場合は下記の記事をご覧ください。

熊本県教員採用試験の倍率推移を教科別に徹底解説【内容と対策法あり】

年度受験者合格者倍率
令和4年度6642272.9
令和3年度6681953.4
令和2年度6871634.2
平成31年度7041564.5
平成30年度8001067.5
平成29年度8341286.5
平成28年度9541695.6
平成27年度818958.6
平成26年度7331076.9
平成25年度6025610.8
平成24年度熊本県と合同

校種・科目ごとの倍率を知りたい場合は下記の記事をご覧ください。

【二次が重要】熊本市教員採用試験の倍率推移を校種・教科別に解説!

大分県 / 宮崎県 / 鹿児島県 / 沖縄県

年度受験者合格者倍率
令和4年度1,3814532.9
令和3年度1.4134583.1
令和2年度1,2894073.2
平成31年度1,4133783.7
平成30年度1,4213164.5
平成29年度1,3593184.3
平成28年度1,4062874.9
平成27年度1,5482875.4
平成26年度1,6902855.9
平成25年度1,6892626.4
平成24年度1,8052108.6

校種・科目ごとの倍率を知りたい場合は下記の記事をご覧ください。

【筆記ができないと落ちる?】大分県教員採用試験の倍率推移を解説!

年度受験者合格者倍率
令和4年度1,3334093.3
令和3年度1,4173574.0
令和2年度1,3343533.8
平成31年度1,4773853.8
平成30年度1,5353274.7
平成29年度1,6412716.1
平成28年度1,6092227.2
平成27年度1,6261649.9
平成26年度1,65115110.9
平成25年度1,65214211.6
平成24年度1,70111814.4

教科別・校種別の詳細は下記記事で解説しています。

宮崎県教員採用試験が難しい3つの理由|倍率推移と対策法を教科別に解説

年度受験者合格者倍率
令和4年度1,5095162.9
令和3年度1,6394773.4
令和2年度1,7054323.9
平成31年度1,9383216.0
平成30年度2,1512548.5
平成29年度2,20622110.0
平成28年度2,24120610.9
平成27年度2,46220711.9
平成26年度2,64823011.5
平成25年度2,79523611.8
平成24年度3,00526811.2

校種・科目ごとの倍率を知りたい場合は下記の記事をご覧ください。

【難易度は低下傾向】鹿児島県教員採用試験 倍率の推移|今後も解説!

年度受験者合格者倍率
令和4年度3,0223887.8
令和3年度3,3753808.9
令和2年度3,3954198.1
平成31年度3,6944178.9
平成30年度3,8444249.1
平成29年度4,2004349.7
平成28年度4,4044569.7
平成27年度4,64345510.2
平成26年度4,79941811.5
平成25年度5,01546610.8
平成24年度5,22349010.7

校種・科目ごとの倍率を知りたい場合は下記の記事をご覧ください。

【難易度高すぎ!】沖縄県教員採用試験 倍率153倍はヤバい|合格ロードマップ