【全国】教員採用試験 中学校・高校「数学」の倍率一覧

教員採用試験 数学の倍率 (2)

どうも福永( @kyosai365)です。

今回は、「中学・高校数学の倍率」を全国一覧にしています。

2020年(令和3年度)の※全国平均は次のとおり。

  • 中学校数学:3.7倍
  • 高校数学:6.2倍
    ※数値を公表していない自治体もあるため参考値。

自治体によっても、かなりの差があることがわかりました。

例えば、中学校数学で1番倍率が低かったのは、どこだと思いますか(2020年)?

正解は、岐阜県1.7倍でした。

逆に高い自治体は高知県15.3倍。

こんな感じで自治体によって差があるんですね。

全国の倍率をまとめています。

併願などを考えるときの参考にどうぞ!

関連記事【教科別】教員採用試験 倍率一覧【全国まとめ】

【都道府県別】教員採用試験 中学校「数学」の倍率一覧【全国】

教員採用試験 数学の倍率 (1)

  • 2020年(令和3年度)
  • 2019年(令和2年度)
  • 2018年(平成31年度)

ここでは、中学校「数学」の倍率を※全国一覧にしてまとめています。

 

※自治体によっては、数値を公表していないこともあります。

2020年(令和3年度)

自治体 受験者 合格者 倍率
北海道 111 31 3.6
札幌市 69 17 4.1
青森県 48 6 8.0
岩手県 29 10 2.9
宮城県 66 24 2.8
仙台市 92 25 3.7
秋田県 51 12 4.3
山形県 46 11 4.2
福島県 90 24 3.8
茨城県 74 42 1.8
栃木県 84 30 2.8
群馬県 66 22 3.0
埼玉県 273 62 4.4
さいたま市 68 14 4.9
千葉県 366 119 3.1
東京都 591 213 2.8
神奈川県 156 26 6.0
横浜市 172 41 4.2
川崎市 65 5 13.0
相模原市 28 10 2.8
新潟県 56 25 2.2
新潟市 24 3 8.0
富山県
石川県 105 20 5.3
福井県 48 10 4.8
山梨県 38 9 4.2
長野県
岐阜県 58 34 1.7
静岡県 73 23 3.2
静岡市 17 5 3.4
浜松市 33 7 4.7
愛知県 57
名古屋市 101 25 4.0
三重県 108 19 5.7
滋賀県 99 14 7.1
京都府 66 22 3.0
京都市 65 12 5.4
大阪府 223 62 3.6
豊能地区 39 5 7.8
大阪市 103 49 2.1
堺市 29 7 4.1
兵庫県 213 37 5.8
神戸市 77 11 7.0
奈良県 57 13 4.4
和歌山県 68 19 3.6
鳥取県 43 9 4.8
島根県 49 12 4.1
岡山県 96 16 6.0
岡山市 64 10 6.4
広島県 129 41 3.1
山口県 57 14 4.1
徳島県 46 6 7.7
香川県
愛媛県 51 11 4.6
高知県 122 8 15.3
福岡県 154 48 3.2
福岡市 71 24 3.0
北九州市 67 14 4.8
佐賀県 42 17 2.5
長崎県 51 13 3.9
熊本県 23 11 2.1
熊本市 28 8 3.5
大分県 66 20 3.3
宮崎県 71 12 5.9
鹿児島県 69 14 4.9
沖縄県 124 10 12.4

関連記事【全国】教員採用試験 倍率一覧|ついに4倍を下回る【2021年】

2019年(令和2年度)

自治体 受験者 合格者 倍率
北海道 / 札幌市 198 56 3.5
青森県 45 5 9.0
岩手県 35 9 3.9
宮城県 87 22 4.0
仙台市 98 15 6.5
秋田県 65 8 8.1
山形県 49 11 4.5
福島県 107 25 4.3
茨城県 102 47 2.2
栃木県 80 30 2.7
群馬県 82 34 2.4
埼玉県 280 47 6.0
さいたま市 86 15 5.7
千葉県 / 千葉市 398 116 3.4
東京都 682 201 3.4
神奈川県 178 35 5.1
横浜市 178 40 4.5
川崎市 62 7 8.9
相模原市 29 7 4.1
新潟県 63 16 3.9
新潟市 29 5 5.8
富山県 不明
石川県 89 16 5.6
福井県 59 11 5.4
山梨県 53 12 4.4
長野県 不明
岐阜県 78 31 2.5
静岡県 86 26 3.3
静岡市 22 5 4.4
浜松市 25 10 2.5
愛知県 188 46 4.1
名古屋市 127 26 4.9
三重県 108 18 6.0
滋賀県 不明
京都府 65 19 3.4
京都市 70 13 5.4
大阪府 227 43 5.3
豊能地区 31 7 4.4
大阪市 75 21 3.6
堺市 30 8 3.8
兵庫県 212 38 5.6
神戸市 90 16 5.6
奈良県 55 16 3.4
和歌山県 65 16 4.1
鳥取県 43 11 3.9
島根県 58 10 5.8
岡山県 111 16 6.9
岡山市 46 12 3.8
広島県 / 広島市 不明 42
山口県 63 12 5.3
徳島県 58 10 5.8
香川県 不明
愛媛県 69 22 3.1
高知県 130 10 13.0
福岡県 168 50 3.4
福岡市 80 5 16.0
北九州市 35 12 2.9
佐賀県 37 9 4.1
長崎県 58 11 5.3
熊本県 31 10 3.1
熊本市 28 7 4.0
大分県 87 20 4.4
宮崎県 71 8 8.9
鹿児島県 57 9 6.3
沖縄県 136 13 10.5

2018年(平成31年度)

自治体 受験者 合格者 倍率
北海道 / 札幌市 196 57 3.4
青森県 49 6 8.2
岩手県 56 10 5.6
宮城県 99 9 11.0
仙台市 100 24 4.2
秋田県 76 7 10.9
山形県 45 17 2.6
福島県 106 18 5.9
茨城県 117 41 2.9
栃木県 88 20 4.4
群馬県 78 35 2.2
埼玉県 292 43 6.8
さいたま市 74 15 4.9
千葉県 / 千葉市 503 104 4.8
東京都 715 193 3.7
神奈川県 168 27 6.2
横浜市 195 23 8.5
川崎市 66 15 4.4
相模原市 36 7 5.1
新潟県 61 22 2.8
新潟市 19 2 9.5
富山県 不明
石川県 107 20 5.4
福井県 71 11 6.5
山梨県 50 10 5.0
長野県 不明
岐阜県 76 30 2.5
静岡県 78 23 3.4
静岡市 19 7 2.7
浜松市 36 8 4.5
愛知県 205 41 5.0
名古屋市 96 20 4.8
三重県 108 11 9.8
滋賀県 不明
京都府 76 11 6.9
京都市 84 7 12.0
大阪府 234 44 5.3
豊能地区 23 4 5.8
大阪市 94 11 8.5
堺市 25 6 4.2
兵庫県 227 35 6.5
神戸市 84 5 16.8
奈良県 61 15 4.1
和歌山県 80 10 8.0
鳥取県 44 8 5.5
島根県 53 7 7.6
岡山県 92 21 4.4
岡山市 39 11 3.5
広島県 / 広島市 不明
山口県 68 13 5.2
徳島県 39 8 4.9
香川県 不明
愛媛県 70 23 3.0
高知県 95 7 13.6
福岡県 168 32 5.3
福岡市 120 5 24.0
北九州市 36 9 4.0
佐賀県 42 8 5.3
長崎県 68 7 9.7
熊本県 32 8 4.0
熊本市 33 5 6.6
大分県 61 9 6.8
宮崎県 79 10 7.9
鹿児島県 72 9 8.0
沖縄県 132 9 14.7

【都道府県別】教員採用試験 高等学校「数学」の倍率一覧【全国】

教員採用試験 数学の倍率

  • 2020年(令和3年度)
  • 2019年(令和2年度)
  • 2018年(平成31年度)

ここでは、高校数学の倍率を※全国一覧にしてまとめています。

※自治体によっては、数値を非公表にしています。
※自治体によっては、中高一括採用もあります。
※自治体によっては、募集がないこともあります。

2020年(令和3年度)

自治体 受験者 合格者 倍率
北海道 / 札幌市 126 13 9.7
青森県 39 5 7.8
岩手県 42 6 7.0
宮城県 70 14 5.0
仙台市
秋田県 22 1 22.0
山形県 35 7 5.0
福島県 69 2 34.5
茨城県 87 17 5.1
栃木県 79 10 7.9
群馬県 50 7 7.1
埼玉県 186 16 11.6
さいたま市
千葉県 / 千葉市
東京都
神奈川県 281 56 5.0
横浜市
川崎市
相模原市
新潟県 48 1 48.0
新潟市
富山県
石川県
福井県
山梨県 28 2 14.0
長野県
岐阜県 96 13 7.4
静岡県
静岡市
浜松市
愛知県 22
名古屋市
三重県 83 7 11.9
滋賀県 76 15 5.1
京都府 83 18 4.6
京都市 28 4 7.0
大阪府 223 29 7.7
豊能地区
大阪市 39 5 7.8
堺市
兵庫県 203 32 6.3
神戸市
奈良県 38 4 9.5
和歌山県 31 3 10.3
鳥取県 42 2 21.0
島根県 59 2 29.5
岡山県 99 9 11.0
岡山市
広島県 / 広島市 133 20 6.7
山口県 69 11 6.3
徳島県 47 5 9.4
香川県
愛媛県 53 6 8.8
高知県 67 6 11.2
福岡県 193 7 27.6
福岡市
北九州市
佐賀県 44 4 11.0
長崎県 46 8 5.8
熊本県 58 2 29.0
熊本市
大分県 75 9 8.3
宮崎県 53 2 26.5
鹿児島県 57 3 19.0
沖縄県 134 8 16.8

関連記事【全国】教員採用試験 倍率一覧|ついに4倍を下回る【2021年】

2019年(令和2年度)

自治体 受験者 合格者 倍率
北海道 / 札幌市 110 14 7.9
青森県 37 9 4.1
岩手県 48 6 8.0
宮城県 85 5 17.0
仙台市 中高共通
秋田県 24 1 24.0
山形県 27 8 3.4
福島県 50 2 25.0
茨城県 86 15 5.7
栃木県 76 14 5.4
群馬県 46 4 11.5
埼玉県 203 37 5.5
さいたま市 中高共通
千葉県 / 千葉市 中高共通
東京都 中高共通
神奈川県 312 60 5.2
横浜市 中高共通
川崎市 中高共通
相模原市 募集なし
新潟県 49 1 49.0
新潟市 募集なし
富山県 中高共通
石川県 中高共通
福井県 中高共通
山梨県 25 2 12.5
長野県 不明
岐阜県 77 22 3.5
静岡県 148 15 9.9
静岡市 募集なし
浜松市 募集なし
愛知県 242 32 7.6
名古屋市 中高共通
三重県 87 8 10.9
滋賀県 不明
京都府 80 11 7.3
京都市 28 3 9.3
大阪府 240 21 11.4
豊能地区 募集なし
大阪市 54 5 10.8
堺市 募集なし
兵庫県 205 13 15.8
神戸市 中高共通
奈良県 49 7 7.0
和歌山県 36 9 4.0
鳥取県 34 4 8.5
島根県 51 2 25.5
岡山県 74 9 8.2
岡山市 募集なし
広島県 / 広島市 不明 10
山口県 54 8 6.8
徳島県 52 5 10.4
香川県 不明
愛媛県 51 6 8.5
高知県 79 6 13.2
福岡県 221 31 7.1
福岡市 募集なし
北九州市 募集なし
佐賀県 43 5 8.6
長崎県 51 8 6.4
熊本県 60 1 60.0
熊本市 募集なし
大分県 98 7 14.0
宮崎県 49 6 8.2
鹿児島県 76 6 12.7
沖縄県 138 8 17.3

2018年(平成31年度)

自治体 受験者 合格者 倍率
北海道 / 札幌市 120 47 2.6
青森県 65 8 8.1
岩手県 92 8 11.5
宮城県 33 1 33.0
仙台市 32 4 8.0
秋田県 70 1 70.0
山形県 32 4 8.0
福島県 70 1 70.0
茨城県 86 17 5.1
栃木県 83 11 7.5
群馬県 57 3 19.0
埼玉県 237 34 7.0
さいたま市 中高共通
千葉県 / 千葉市 中高共通
東京都 715 193 3.7
神奈川県 351 54 6.5
横浜市 中高共通
川崎市 中高共通
相模原市 募集なし
新潟県 59 2 29.5
新潟市 中高共通
富山県 不明
石川県 中高共通
福井県 中高共通
山梨県 29 2 14.5
長野県 不明
岐阜県 71 17 4.2
静岡県 114 19 6.0
静岡市 募集なし
浜松市 募集なし
愛知県 292 46 6.3
名古屋市 中高共通
三重県 86 11 7.8
滋賀県 不明
京都府 102 15 6.8
京都市 29 1 29.0
大阪府 292 32 9.1
豊能地区 募集なし
大阪市 47 5 9.4
堺市 3 2 1.5
兵庫県 244 16 15.3
神戸市 中高共通
奈良県 50 7 7.1
和歌山県 51 6 8.5
鳥取県 20 3 6.7
島根県 70 4 17.5
岡山県 93 11 8.5
岡山市 募集なし
広島県 / 広島市 不明 18
山口県 65 5 13.0
徳島県 56 6 9.3
香川県 不明
愛媛県 69 4 17.3
高知県 79 6 13.2
福岡県 230 21 11.0
福岡市 20 2 10.0
北九州市 募集なし
佐賀県 53 5 10.6
長崎県 56 5 11.2
熊本県 77 3 25.7
熊本市 募集なし
大分県 66 10 6.6
宮崎県 65 3 21.7
鹿児島県 77 4 19.3
沖縄県 136 7 19.4

【都道府県別】教員採用試験 中学校・高等学校「数学」の倍率まとめ

中学・高校数学の倍率を全国まとめていました。

地方では20倍を超える自治体も目立ちつつありますね。

決して簡単な試験ではないことを再認識しましょう!

関連記事【おすすめ】教員採用試験 専門教養で使うべき4つの参考書