【全国】教員採用試験 中学校・高等学校「社会」の倍率一覧

教員採用試験「中学社会」の倍率

どうも福永( @kyosai365)です。

今回は「中学校 / 高等学校社会の倍率」を全国一覧にしてまとめています。

福永

この記事を書いている僕は、大学などで教採指導歴11年目。月間平均アクセス数15万の総合サイト「教採ギルド」の運営をしています。

社会科は全国的に高倍率の傾向が高いです。

平均倍率は次のとおり。

  • 中学校社会:5.5倍
  • 高校地歴:10倍~
  • 高校公民:10倍~

しかし、探せば合格しやすい自治体はありますよ!

例えば、2020年(令和3年度)の中学校社会。

1番倍率が低かったのは、新潟県3.0倍でした。

 

反対に高かったのが、川崎市17.5倍。

こんな感じで、差がありますよ。

全国の倍率をまとめています。参考にしてみてください。

関連記事【3分で理解】教員採用試験 専門科目の勉強法を4ステップで解説

【都道府県別】教員採用試験 中学校「社会」の倍率一覧【全国】

教員採用試験「中学社会」の倍率 (2)

ここでは、中学校社会の倍率を一覧にしています。

※一部、非公表の自治体もあります。

2020年(令和3年度)

自治体 受験者 合格者 倍率
北海道 176 23 7.7
札幌市 92 19 4.8
青森県 77 10 7.7
岩手県 55 17 3.2
宮城県 125 23 5.4
仙台市 91 13 7.0
秋田県 59 11 5.4
山形県 48 13 3.7
福島県 102 25 4.1
茨城県 166 44 3.8
栃木県 103 23 4.5
群馬県 119 26 4.6
埼玉県 378 59 6.4
さいたま市 77 10 7.7
千葉県 / 千葉市 497 107 4.6
東京都 624 117 5.3
神奈川県 222 32 6.9
横浜市 192 28 6.9
川崎市 70 4 17.5
相模原市 42 6 7.0
新潟県 66 22 3.0
新潟市 39 8 4.9
富山県 詳細非公表
石川県 103 17 6.1
福井県 62 11 5.6
山梨県 61 8 7.6
長野県 詳細非公表
岐阜県 90 17 5.3
静岡県 108 24 4.5
静岡市 27 8 3.4
浜松市 56 7 8.0
愛知県 42
名古屋市 96 20 4.8
三重県 141 16 8.8
滋賀県 113 18 6.3
京都府 127 15 8.5
京都市 121 16 7.6
大阪府 272 42 6.5
豊能地区 42 7 6.0
大阪市 127 22 5.8
堺市 52 5 10.4
兵庫県 224 35 6.4
神戸市 101 10 10.1
奈良県 80 13 6.2
和歌山県 76 8 9.5
鳥取県 52 8 6.5
島根県 57 11 5.2
岡山県 77 13 5.9
岡山市 31 9 3.4
広島県 139 44 3.2
山口県 57 15 3.8
徳島県 42 6 7.0
香川県 詳細非公表
愛媛県 76 15 5.1
高知県 135 11 12.3
福岡県 175 49 3.6
福岡市 91 27 3.4
北九州市 103 11 9.4
佐賀県 46 13 3.5
長崎県 61 10 6.1
熊本県 54 8 6.8
熊本市 47 9 5.2
大分県 58 12 4.8
宮崎県 61 11 5.5
鹿児島県 70 18 3.9
沖縄県 142 9 15.8

2019年(令和2年度)

自治体 受験者 合格者 倍率
北海道 / 札幌市 288 57 5.1
青森県 83 9 9.2
岩手県 57 18 3.2
宮城県 116 23 5.0
仙台市 103 14 7.4
秋田県 69 8 8.6
山形県 55 16 3.4
福島県 111 20 5.6
茨城県 150 37 4.1
栃木県 102 25 4.1
群馬県 121 24 5.0
埼玉県 356 43 8.3
さいたま市 98 18 5.4
千葉県 / 千葉市 547 103 5.3
東京都 703 119 5.9
神奈川県 247 23 10.7
横浜市 230 31 7.4
川崎市 81 15 5.4
相模原市 55 7 7.9
新潟県 106 21 5.0
新潟市 37 6 6.2
富山県 詳細非公表
石川県 117 17 6.9
福井県 63 12 5.3
山梨県 61 14 4.4
長野県 詳細非公表
岐阜県 118 27 4.4
静岡県 126 24 5.3
静岡市 30 7 4.3
浜松市 35 7 5.0
愛知県 259 34 7.6
名古屋市 114 21 5.4
三重県 145 17 8.5
滋賀県 詳細非公表
京都府 100 16 6.3
京都市 102 12 8.5
大阪府 301 48 6.3
豊能地区 50 5 10.0
大阪市 111 32 3.5
堺市 58 10 5.8
兵庫県 238 34 7.0
神戸市 113 3 37.7
奈良県 93 13 7.2
和歌山県 95 12 7.9
鳥取県 58 9 6.4
島根県 46 11 4.2
岡山県 64 18 3.6
岡山市 34 8 4.3
広島県 45
山口県 63 18 3.5
徳島県 61 10 6.1
香川県 詳細非公表
愛媛県 72 16 4.5
高知県 133 12 11.1
福岡県 194 43 4.5
福岡市 121 27 4.5
北九州市 45 12 3.8
佐賀県 43 11 3.9
長崎県 69 11 6.3
熊本県 68 8 8.5
熊本市 47 6 7.8
大分県 58 12 4.8
宮崎県 61 12 5.1
鹿児島県 75 10 7.5
沖縄県 153 13 11.8

2018年(平成31年度)

自治体 受験者 合格者 倍率
北海道 / 札幌市 281 55 5.1
青森県 84 5 16.8
岩手県 74 18 4.1
宮城県 130 16 8.1
仙台市 123 22 5.6
秋田県 72 6 12.0
山形県 60 14 4.3
福島県 119 8 14.9
茨城県 160 29 5.5
栃木県 121 15 8.1
群馬県 134 30 4.5
埼玉県 370 42 8.8
さいたま市 94 17 5.5
千葉県 / 千葉市 579 84 6.9
東京都 725 99 7.3
神奈川県 261 25 10.4
横浜市 276 24 11.5
川崎市 87 12 7.3
相模原市 48 5 9.6
新潟県 68 23 3.0
新潟市 20 7 2.9
富山県 詳細非公表
石川県 108 15 7.2
福井県 83 12 6.9
山梨県 60 10 6.0
長野県 詳細非公表
岐阜県 126 16 7.9
静岡県 98 23 4.3
静岡市 28 5 5.6
浜松市 49 9 5.4
愛知県 271 29 9.3
名古屋市 108 18 6.0
三重県 163 8 20.4
滋賀県 詳細非公表
京都府 115 12 9.6
京都市 114 9 12.7
大阪府 344 55 6.3
豊能地区 66 4 16.5
大阪市 98 13 7.5
堺市 67 9 7.4
兵庫県 270 22 12.3
神戸市 129 15 8.6
奈良県 101 11 9.2
和歌山県 105 14 7.5
鳥取県 51 8 6.4
島根県 61 10 6.1
岡山県 85 18 4.7
岡山市 42 9 4.7
広島県 25
山口県 69 12 5.8
徳島県 60 9 6.7
香川県 詳細非公表
愛媛県 80 15 5.3
高知県 147 11 13.4
福岡県 206 43 4.8
福岡市 141 7 20.1
北九州市 58 9 6.4
佐賀県 47 12 3.9
長崎県 80 9 8.9
熊本県 70 8 8.8
熊本市 48 6 8.0
大分県 60 9 6.7
宮崎県 70 11 6.4
鹿児島県 66 4 16.5
沖縄県 180 14 12.9

【都道府県別】教員採用試験 高等学校「地理歴史」の倍率一覧

教員採用試験「日本史」の倍率

高校社会は、自治体によって採用方法が異なります。

ここでは、地理歴史(公民)一括採用の倍率をまとめています。

2020年(令和3年度)

自治体 受験者 合格者 倍率
北海道 科目ごとに募集
札幌市 北海道と同募集
青森県 27 2 13.5
岩手県 科目ごとに募集
宮城県 66 9 7.3
仙台市 中高一括採用
秋田県 29 2 14.5
山形県 19 4 4.8
福島県 科目ごとに募集
茨城県 科目ごとに募集
栃木県 39 6 6.5
群馬県 科目ごとに募集
埼玉県 156 19 8.2
さいたま市 中高一括採用
千葉県 中高一括採用
東京都
神奈川県 374 55 6.8
横浜市 中高一括採用
川崎市 中高一括採用
相模原市  募集なし
新潟県  募集なし
新潟市 中高一括採用
富山県 詳細非公表
石川県 中高一括採用
福井県 中高一括採用
山梨県  科目ごとに募集
長野県 詳細非公表
岐阜県 56 10 5.6
静岡県 106 9 11.8
静岡市 募集なし
浜松市 募集なし
愛知県※ 20
名古屋市 中高一括採用
三重県 63 5 12.6
滋賀県 科目ごとに募集
京都府 98 11 8.9
京都市 42 2 21
大阪府 科目ごとに募集
豊能地区 募集なし
大阪市 科目ごとに募集
堺市 募集なし
兵庫県※ 202 21 9.6
神戸市 中高一括採用
奈良県 54 8 6.8
和歌山県 62 7 8.9
鳥取県 科目ごとに募集
島根県※ 40 3 13.3
岡山県 科目ごとに募集
岡山市 中高一括採用
広島県 科目ごとに募集
山口県 科目ごとに募集
徳島県 28 2 14
香川県 詳細非公表
愛媛県 55 4 13.8
高知県 39 2 19.5
福岡県 134 10 13.4
福岡市 科目ごとに募集
北九州市 中高一括採用
佐賀県 科目ごとに募集
長崎県 科目ごとに募集
熊本県 科目ごとに募集
熊本市 中高一括採用
大分県 科目ごとに募集
宮崎県 科目ごとに募集
鹿児島県 31 2 15.5
沖縄県 89 4 22.3

2019年(令和2年度)

自治体 受験者 合格者 倍率
北海道 科目ごとに募集
札幌市 北海道と同募集
青森県 28 5 5.6
岩手県 科目ごとに募集
宮城県 60 13 4.6
仙台市 19 3 6.3
秋田県 30 2 15.0
山形県 18 2 9.0
福島県 科目ごとに募集
茨城県 科目ごとに募集
栃木県 41 6 6.8
群馬県 科目ごとに募集
埼玉県 188 19 9.9
さいたま市 中高一括採用
千葉県 中高一括採用
東京都 中高一括採用
神奈川県 376 67 5.6
横浜市 中高一括採用
川崎市 中高一括採用
相模原市  募集なし
新潟県 46 1 46.0
新潟市 中高一括採用
富山県 詳細非公表
石川県 中高一括採用
福井県 中高一括採用
山梨県  科目ごとに募集
長野県 詳細非公表
岐阜県 65 14 4.6
静岡県 140 16 8.8
静岡市 募集なし
浜松市 募集なし
愛知県 201 34 5.9
名古屋市 28 1 28.0
三重県 64 5 12.8
滋賀県 科目ごとに募集
京都府 119 14 8.5
京都市 科目ごとに募集
大阪府 科目ごとに募集
豊能地区 募集なし
大阪市 62 7 8.9
堺市 募集なし
兵庫県※ 202 22 9.2
神戸市 中高一括採用
奈良県 51 3 17.0
和歌山県 46 7 6.6
鳥取県 科目ごとに募集
島根県 35 5 7.0
岡山県 科目ごとに募集
岡山市 中高一括採用
広島県 科目ごとに募集
山口県 科目ごとに募集
徳島県 32 2 16.0
香川県 詳細非公表
愛媛県 64 5 12.8
高知県 41 5 8.2
福岡県 132 14 9.4
福岡市 科目ごとに募集
北九州市 中高一括採用
佐賀県 17 2 8.5
長崎県 科目ごとに募集
熊本県 科目ごとに募集
熊本市 中高一括採用
大分県 科目ごとに募集
宮崎県 科目ごとに募集
鹿児島県 35 4 8.8
沖縄県 89 4 22.3

【都道府県別】教員採用試験 高等学校「日本史」の倍率一覧

教員採用試験「中学社会」の倍率 (1)

 

高校「日本史」の倍率をまとめています。

※自治体によっては、歴史、地理歴史といった全体ので採用もあります。

2020年(令和3年度)

自治体 受験者 合格者 倍率
北海道 63 2 31.5
札幌市
青森県
岩手県 14 1 14
宮城県
仙台市
秋田県
山形県
福島県 25 3 8.3
茨城県 49 6 8.2
栃木県
群馬県 30 2 15
埼玉県
さいたま市
千葉県
東京都
神奈川県
横浜市
川崎市
相模原市
新潟県
新潟市
富山県
石川県
福井県
山梨県
長野県
岐阜県
静岡県
静岡市
浜松市
愛知県※
名古屋市
三重県
滋賀県 48 5 9.6
京都府
京都市
大阪府 113 9 12.6
豊能地区
大阪市
堺市
兵庫県※
神戸市
奈良県
和歌山県
鳥取県 16 1 16.0
島根県
岡山県 33 2 16.5
岡山市
広島県 38 3 12.7
山口県 27 4 6.8
徳島県
香川県
愛媛県
高知県
福岡県
福岡市
北九州市
佐賀県 12 1 12.0
長崎県 22 4 5.5
熊本県
熊本市
大分県 11 2 5.5
宮崎県 14 2 7.0
鹿児島県
沖縄県

2019年(令和2年度)

自治体 受験者 合格者 倍率
北海道 81 7 11.6
札幌市
青森県
岩手県 15 0
宮城県
仙台市
秋田県
山形県
福島県 22 3 7.3
茨城県 59 5 11.8
栃木県
群馬県 36 1 36
埼玉県
さいたま市
千葉県
東京都
神奈川県
横浜市
川崎市
相模原市
新潟県
新潟市
富山県
石川県
福井県
山梨県
長野県
岐阜県
静岡県
静岡市
浜松市
愛知県※
名古屋市
三重県
滋賀県
京都府
京都市
大阪府 118 8 14.8
豊能地区
大阪市
堺市
兵庫県※
神戸市
奈良県
和歌山県
鳥取県 12 2 6.0
島根県
岡山県 31 2 15.5
岡山市
広島県
山口県 27 3 9.0
徳島県
香川県
愛媛県
高知県
福岡県
福岡市
北九州市
佐賀県
長崎県 21 1 21
熊本県
熊本市
大分県 14 2 7
宮崎県 22 2 11.0
鹿児島県
沖縄県

【都道府県別】教員採用試験 高等学校「世界史」の倍率一覧

教員採用試験「世界史」の倍率

高校「世界史」の倍率をまとめています。

※自治体によっては、歴史、地理歴史といった全体ので採用もあります。

2020年(令和3年度)

自治体 受験者 合格者 倍率
北海道 34 1 34
札幌市
青森県
岩手県 8 1 8
宮城県
仙台市
秋田県
山形県
福島県 16 1 16.0
茨城県 26 5 5.2
栃木県
群馬県 20 2 10.0
埼玉県
さいたま市
千葉県
東京都
神奈川県
横浜市
川崎市
相模原市
新潟県
新潟市
富山県
石川県
福井県
山梨県
長野県
岐阜県
静岡県
静岡市
浜松市
愛知県※
名古屋市
三重県
滋賀県 19 2 9.5
京都府
京都市
大阪府 63 8 7.9
豊能地区
大阪市
堺市
兵庫県※
神戸市
奈良県
和歌山県
鳥取県 9 0
島根県
岡山県 21 2 10.5
岡山市
広島県 20 4 5.0
山口県 14 2 7.0
徳島県
香川県
愛媛県
高知県
福岡県
福岡市
北九州市
佐賀県 8 1 8.0
長崎県 12 2 6.0
熊本県
熊本市
大分県 13 1 13.0
宮崎県 12 2 6.0
鹿児島県
沖縄県

2019年(令和2年度)

自治体 受験者 合格者 倍率
北海道 29 12 2.4
札幌市
青森県
岩手県 7 1 7.0
宮城県
仙台市
秋田県
山形県
福島県 17 3 5.7
茨城県 26 5 5.2
栃木県
群馬県 18 2 9.0
埼玉県
さいたま市
千葉県
東京都
神奈川県
横浜市
川崎市
相模原市
新潟県
新潟市
富山県
石川県
福井県
山梨県 18 1 18.0
長野県
岐阜県
静岡県
静岡市
浜松市
愛知県※
名古屋市
三重県
滋賀県
京都府
京都市
大阪府 78 8 9.8
豊能地区
大阪市
堺市
兵庫県※
神戸市
奈良県
和歌山県
鳥取県 9 2 4.5
島根県
岡山県 12 2 6.0
岡山市
広島県
山口県 13 2 6.5
徳島県
香川県
愛媛県
高知県
福岡県
福岡市
北九州市
佐賀県
長崎県 8 1 8.0
熊本県
熊本市
大分県 17 1 17.0
宮崎県 8 1 8.0
鹿児島県
沖縄県

【都道府県別】教員採用試験 高等学校「地理」の倍率一覧

教員採用試験「地理」の倍率

高校「地理」の倍率をまとめています。

※自治体によっては、地理歴史といった全体ので採用もあります。

2020年(令和3年度)

自治体 受験者 合格者 倍率
北海道 29 3 9.7
札幌市
青森県
岩手県 8 2 4.0
宮城県
仙台市
秋田県
山形県
福島県 7 2 3.5
茨城県 16 5 3.2
栃木県 6 1 6.0
群馬県 7 2 3.5
埼玉県
さいたま市
千葉県
東京都
神奈川県
横浜市
川崎市
相模原市
新潟県
新潟市
富山県
石川県
福井県
山梨県
長野県
岐阜県 18 5 4.0
静岡県 13 2 7.0
静岡市
浜松市
愛知県※
名古屋市
三重県
滋賀県
京都府
京都市
大阪府 41 6 6.8
豊能地区
大阪市 50 4 12.5
堺市
兵庫県※
神戸市
奈良県
和歌山県
鳥取県 12 3 4.0
島根県
岡山県 12 2 6.0
岡山市
広島県 16 1 16.0
山口県 9 1 9.0
徳島県
香川県
愛媛県
高知県
福岡県 28 7 4.0
福岡市 16 1 16.0
北九州市
佐賀県 5 1 5.0
長崎県 12 2 6.0
熊本県 18 2 9.0
熊本市
大分県 8 2 4.0
宮崎県 7 1 7.0
鹿児島県
沖縄県

2019年(令和2年度)

自治体 受験者 合格者 倍率
北海道 22 4 5.5
札幌市
青森県
岩手県 7 1 7.0
宮城県
仙台市
秋田県
山形県
福島県 8 1 8.0
茨城県 27 5 5.4
栃木県 6 1 6.0
群馬県 9 1 9.0
埼玉県
さいたま市
千葉県
東京都
神奈川県
横浜市
川崎市
相模原市
新潟県
新潟市
富山県
石川県
福井県
山梨県 7 1 7.0
長野県
岐阜県 19 4 4.8
静岡県
静岡市
浜松市
愛知県※
名古屋市
三重県
滋賀県
京都府
京都市
大阪府 27 4 6.8
豊能地区
大阪市
堺市
兵庫県※
神戸市
奈良県
和歌山県
鳥取県 12 1 12.0
島根県
岡山県 5 2 2.5
岡山市
広島県
山口県 11 2 5.5
徳島県
香川県
愛媛県
高知県
福岡県 38 6 6.3
福岡市 13 2 6.5
北九州市
佐賀県 5 1 5.0
長崎県 12 2 6.0
熊本県 16 1 16.0
熊本市
大分県 15 2 7.5
宮崎県 5 1 5.0
鹿児島県
沖縄県

【都道府県別】教員採用試験 高等学校「公民(政治経済・倫理)」の倍率一覧

教員採用試験「政治経済」の倍率

高校「公民(政治経済・倫理)」の倍率をまとめています。

※自治体によっては、地理歴史と一括採用や、政治経済、倫理に分けて募集していることがあります。

2020年(令和3年度)

自治体 受験者 合格者 倍率
北海道 84 4 21.0
札幌市
青森県 27 2 13.5
岩手県  –
宮城県 36 3 12.0
仙台市
秋田県
山形県 11 1 11.0
福島県 18 1 18.0
茨城県 25 5 5.0
栃木県 18 2 9.0
群馬県 28 1 28.0
埼玉県 64 3 21.3
さいたま市
千葉県
東京都 241 39 6.2
神奈川県
横浜市
川崎市
相模原市
新潟県
新潟市
富山県
石川県
福井県
山梨県
長野県
岐阜県
静岡県
静岡市
浜松市
愛知県※ 5
名古屋市
三重県 32 2 16.0
滋賀県
京都府
京都市
大阪府 50 7 7.1
豊能地区
大阪市
堺市
兵庫県※
神戸市
奈良県
和歌山県
鳥取県
島根県
岡山県 7 1 7.0
岡山市
広島県 24 4 6.0
山口県 12 2 6.0
徳島県 16 1 16.0
香川県
愛媛県 18 2 9.0
高知県 25 3 8.3
福岡県 48 4 12.0
福岡市
北九州市
佐賀県
長崎県
熊本県 21 2 10.5
熊本市
大分県 9 1 9.0
宮崎県 14 1 14.0
鹿児島県 12 1 12.0
沖縄県 66 2 33.0

2019年(令和2年度)

自治体 受験者 合格者 倍率
北海道 88 14 6.3
札幌市
青森県 21 1 21.0
岩手県 12 3 4.0
宮城県 32 6 5.3
仙台市
秋田県
山形県
福島県 17 1 17.0
茨城県 32 5 6.4
栃木県 15 2 7.5
群馬県 34 2 17.0
埼玉県 97 5 19.4
さいたま市
千葉県
東京都
神奈川県
横浜市
川崎市
相模原市
新潟県
新潟市
富山県
石川県
福井県
山梨県 21 1 21.0
長野県
岐阜県
静岡県 52 5 10.4
静岡市
浜松市
愛知県※ 49 3 16.3
名古屋市
三重県 17 2 8.5
滋賀県
京都府
京都市 12 1 12.0
大阪府 47 6 7.8
豊能地区
大阪市
堺市
兵庫県※
神戸市
奈良県
和歌山県
鳥取県
島根県
岡山県
岡山市
広島県
山口県 10 1 10.0
徳島県 15 1 15.0
香川県
愛媛県 20 3 6.7
高知県 22 2 11.0
福岡県 42 3 14.0
福岡市
北九州市
佐賀県 10 1 10.0
長崎県
熊本県 25 2 12.5
熊本市
大分県 14 1 14.0
宮崎県
鹿児島県 14 1 14.0
沖縄県 60 2 30.0

教員採用試験 中学校・高校「社会」の倍率一覧まとめ

「中学校社会」「高校地歴」「高校公民」の倍率をまとめていました。

社会科は免許保持者も多く、採用数も少ないため激ムズです!

とくに高校は、真剣に対策をしないと合格は厳しいですよ!

しかし、探せば合格しやすい自治体はあります。

併願などを駆使して合格を目指していきましょう!

関連記事【おすすめ】教員採用試験 専門教養で使うべき4つの参考書