【過去問あり】千葉県教員採用試験の面接対策5ステップ【質問内容】

chiba-kyosai-mensetsu-kakomon

ふなはし
ふなはし

こんど千葉県の二次試験があります。個人面接なのですが、どんなことを質問されるのでしょうか。また、どうやって対策すればいいか、何が評価されるのか教えてください。

このような悩みを解決できる記事を書きました。

✓本記事の内容
  • 個人面接はどんな試験なの?
  • 過去の質問内容を公開
  • 面接対策5ステップ

今回は千葉県教員採用試験の個人面接で過去に質問された内容や対策方法を紹介していきます。

面接対策が遅れている方や苦手な方は参考にしてみてください。

さっそく、見ていきましょう!

関連記事【対策】教員採用試験 個人面接を攻略する簡単3ステップ

千葉県・千葉市教員採用試験の面接はこんな傾向です!

chibaken-kyouinsaiyousiken-mensetsu-naiyou

面接対策をはじめるまえにどんな試験なのかサクッと紹介します。

項目内容
実施二次試験
内容個人面接
試験時間30分
面接官3人
面接カードあり
配点100点

千葉県の面接は二次試験に実施されます。

試験時間は1人30分程度あるので、一般的な面接(15分)に比べると長い傾向があります。

質問は事前に提出する面接カードなどを参考に聞かれるのでしっかり作成することが大切です。

面接カードの内容

  • 氏名
  • 住所
  • 学歴
  • 職歴
  • ボランティア活動経験(60字程度)
  • 現在の健康状況
  • 研究事項・卒論など
  • 参加した部活動・コンクール等の活動記録(中学~)
  • 指導可能な部活動又は指導実績(100字程度)
  • 自己アピール(教員として生かせること)300字程度
  • 志願の理由(500字程度)

けっこう書かないといけません。

事前に内容を考えて余裕を持っておくことが大切です。

参考千葉県教員採用試験 面接カード(PDF)

関連記事教員採用試験 面接カードの書き方|自己分析が重要【添削方法あり】

面接の配点(評価)

令和4年度の選考方針

この3観点に沿って評価されます。

なかでも重要なのは人間性です。短時間でもわかる項目なので印象よくすることが大切です。

配点は100点

関連記事【悲報】教員採用試験 面接の評価はなんとなくです【印象を磨け】

【千葉県・千葉市教員採用試験】面接の質問内容を紹介

chiba-kyouinsaiyousiken-mensetsu-sitsumon

面接で重要なことは、過去の傾向(質問内容)を知ることです。

なぜなら、聞かれる内容がわからないと何をどう準備すればいいかわからないからです。

例えば、一般的に自己PRや志望動機はよく聞かれる項目です。でも、自治体によってはまったく質問されておらず、生徒指導や教育問題に関する質問ばかりってこともあるんですよね。

後述していますが、質問内容を把握しているかどうかで面接対策の効率が違ってきます。実際に聞かれた質問を抜粋してまとめているので、活用してください。

  • 1分間で自己紹介してください。
  • あなたの長所と短所を教えてください。
  • どのようなときにストレスを感じますか。
  • 部活動歴を教えてください。
  • あなたは友人から、どんな人だと言われていますか。
  • 千葉県の教員を志望した理由は何ですか。
  • どんな学校で働きたいですか。
  • 教師になってやりたいことを教えてください。
  • 県外から千葉県を受験した理由は何ですか。
  • 千葉県の求める教員像を教えてください。
  • 今年度千葉県で起きた不祥事にはどのようなものがありますか。
  • 働き方改革について、現在の勤務校で行っていることはありますか。
  • たまごプロジェクトを知っていますか。
  • 不登校がいる場合、どんな対応をしますか。
  • 体験活動の具体例を教えてください。
  • 読書はどのくらいしていますか。
  • 面接練習はどれくらいしましたか。
  • 最後に言いたいことはありますか。
  • 勉強は1人でしていましたか。
  • 今回の試験は自己採点すると何点ですか。

こういった質問に箇条書きでもいいので、自分の考えを書いてみてください。

質問内容を知らずに志望動機ばかり考えていても直接的な対策にはなりません。効率よく対策するためにも過去問を把握しておくことが大切です。

なお、質問内容は別記事でも公開しているので参考にしてください。

関連記事【過去問】千葉県・千葉市教員採用試験 個人面接で聞かれた234個の質問集

【千葉県・千葉市教員採用試験】面接対策5ステップ

tibakenkyouinsaiyousiken-mensetsu-taisakuhouhou

面接で落ちないためには事前準備が大切です。

とはいえ、どんな準備をすればいいのか悩んでいる人もいるかもしれません。

最低限やっておくべきことは次の5つ。

  • 求める教員像の把握
  • 自己分析
  • 自治体・仕事の研究
  • 想定質問への対策
  • 実践練習

順番に解説していきます。

その①:求める教員像の把握

最初にすることは「どんな人物を求めているのか」を把握することです。

福永
福永

簡単にいえば、採用基準のことですね。

採用側が一番気にすることは「採用後にすぐ辞められないかどうか」なので、質問を通して「本当に横浜市の教員に合っているかどうか」を確認しているんですね。

それなのに千葉県が「どんな人間を求めているのか」、「どんな教育方針なのか」知らないまま面接対策をやってもマッチングしない可能性が高くなるため注意が必要です。

採用後のミスマッチを防ぐためにも最初に求める教員像を知っておくことが大切です。

求める教員像

  • 人間性豊かで、教育愛と使命感に満ちた教員
  • 高い倫理観をもち、心身ともに健康で、明朗、快活な教員
  • 幅広い教養と学習指導の専門性を身に付けた教員
  • 幼児児童生徒の成長と発達を理解し、悩みや思いを受け止め、支援できる教員
  • 組織の一員としての責任感と協調性をもち、互いに高め合う教員

千葉県・千葉市から「こういう人を採用したい」というメッセージです。面接で内容を問われているため、覚えてくださいね。

その②:自己分析

続いて自己分析を行い、「自分はどんな人間なのか」を知ることが大切です。

面接は短い時間の中で、「自分の強み」や「教員としての適性」などを伝えることが求められます。事前に自己分析をやって話す内容を整理しておかないと緊迫した面接で自分を表現することは難しいです。

例えば、長所を聞かれたときに「明るいところ」とすぐに答えることは誰でもできると思います。でも、それが長所である理由をすぐに言えるでしょうか?

理由を答えるには、今までの経験から感じたことや大切にしていることなどを考える必要がありますよね。面接官が知りたい部分がまさにここなんです。

なので、自分がどんな人間なのかを具体的に考えることが重要なのです。

詳しい自己分析の手順は別記事で解説しています。

関連記事教員採用試験 面接カードの書き方|自己分析が重要【添削方法あり】

その③:自治体・仕事内容の把握

教員の仕事内容をしっかり把握できていますか?また、千葉県の教育施策はどれくらい知っていますか?

志望先の状況を調べておかないと、「なぜ千葉県を志望するのか」という質問に回答することは難しいです。

最低でも、千葉県の教育方針や学校数、いじめや不登校の件数などは理解しておく必要がありますよ。どの情報も横浜市のホームページを検索すれば出てくる情報です。

情報が集まれば志望動機を固めることもできますし、より勉強にも熱が入るはず。けっこう面倒な作業もあるので、対策を始める初期段階にやっておくようにしましょう。

参考新 みんなで取り組む「教育立県ちば」プラン/千葉県 (chiba.lg.jp)

参考「学校教育指導の指針」/千葉県 (chiba.lg.jp)

福永
福永

いじめの件数も知らずに、いじめをなくしたいです!といっても説得力なんてないですよね。

その④:想定質問への対策

面接では「面接カードの内容」と「面接官が気になったこと」について質問されます

質問は受験者によって大きく異なると思うかもしれませんが、ある程度聞かれやすい質問は決まっています

福永
福永

基本的に質問マニュアルがありますからね・・・。

聞かれやすい=それだけ重要視している質問ともいえるので、こういった質問に回答できるように準備しておくことが大切です。

過去の面接で良く聞かれている質問をいくつかピックアップしているので、考えてみてください。

関連記事【過去問】千葉県・千葉市教員採用試験 個人面接で聞かれた234個の質問集

その⑤:実践練習

最後は実践練習を通して、しっかり話せるかを見てもらってください。

  • 表情は明るい?
  • 声の大きさはどう?
  • 話す内容はわかりやすい?

面接ではこういった部分がとても重要です。どれだけ笑顔で話したり、わかりやすく話したりしても、相手に伝わらなかったら意味がありません。

実践練習をしないってことは、答えがない問題を解き続けている状況と同じです。

福永
福永

正解か不正解かわからないのに、何を修正できるの?って話ですよ!

あとはマナーやNG行動に気をつけていれば面接で落ちることは限りなくなくなると思うので、後回しにせず早めに対策してください。

関連記事【要注意!】教員採用試験 面接で落ちる人に共通する5つの特徴

面接では結果よりも経験をアピールしよう!

chibaken-kyouinsaiyousiken-mensetsu-goukaku

コンピテンシー型面接って聞いたことありますか?

コンピテンシー型面接とは

ある出来事に対して、どう考え、行動し、改善してきたのかを話させることでその人の行動特性を引き出す面接試験のこと。

わかりやすく言えば、あなたの発言や面接カードの内容に深くツッコミを入れて、どんな行動をしてきたのかが知りたいってことです。

例えば、「ゼミリーダーをやった」という出来事に対して、

  • ゼミーリーダーになった理由は?
  • ゼミリーダーには自薦でなったの他薦?
  • ゼミリーダーの経験を教員にどう活かせる?

といった感じで深掘りしていき、受験者の思考力や行動パターンを探るんですね。

コンピテンシー型面接では、どの受験者にも同じような質問をされます。同じ質問でも経験してきた内容は違うので、幅広く受験者を評価できるんですね。

逆に考えれば、聞いて欲しい内容は自分で作るわけですから、しっかり自演準備をして臨めば攻略は可能。準備不足だと深く突っ込まれたときに回答できませんからね。

福永
福永

体験談を話そうと思っても、すぐには話せないですからね。練習していつでも引き出せるようにしておくといいですよ。

関連記事【過去問】千葉県・千葉市教員採用試験 個人面接で聞かれた234個の質問集

関連記事【過去問】教員採用試験の面接で聞かれることは?質問内容を解説!