千葉県教員採用試験 教職教養の勉強法|過去問で知る出題範囲の重要性

千葉県教員採用試験 合格点

どうも福永( @kyosai365)です。

今回は「千葉県教員採用試験の教職教養」をテーマに話していきます。

この記事を読むことで、

悩む人

参考書を一通りやっているけど、このままで点数が取れるのか不安だな・・・。

といった悩みを解決できます!

しっかりと出題傾向を把握して勉強していますか?

実は戦略を立てて対策をしている人はマジで少ないです。

これを知らずに勉強を続けてしまえば、今やっていることが時間の無駄になりますよ。

そこでこの記事では「何をすれば点数が取れるのか」を解説していきます。

なお、この内容は初めて勉強する人は少し難しいかもです。

この記事を書いている僕は、大学などで教採指導歴11年目。月間平均アクセス数15万の総合サイト「教採ギルド」の運営をしています。

福永

さっそく、見ていきましょう。

関連記事千葉県・千葉市教員採用試験 倍率から考える合格ストラテジー

千葉県・千葉市教員採用 教職教養試験の傾向

千葉県・千葉市教員採用試験 教養の傾向

教職教養試験は一次選考で行われます。

出題の90%が「教職科目」という特徴があります。

基礎的な情報を確認しましょう。

試験科目

科目 主な内容
教育原理 ・学習指導要領
・特別支援教育
教育法規 ・教育基本法
・学校教育法
教育心理 ・人格と適応
教育時事 ・文部科学省の資料
ローカル ・教育立県ちばプラン
一般教養 ・国語
・英語

出題はバランスがいい

科目ごとの出題数はバランスがいいです。

過去3年分の出題数がこちら。

科目 2020年 2019年 2018年
教育原理 4 9 9
教育法規 4 2 4
教育心理 1 2
国語 1 2
英語 1 1
教育時事 6 8 5
地域問題 4 7 6

出題数の多い科目から勉強をはじめるといいですよ。

出題形式

  • 試験時間:30分
  • 問題数:20問

問題数のわりに、時間が短いので配分に注意しましょう。

「空欄補充」や「正誤問題」を中心に出題され、解答方法は五肢択一式です。

配点は60点。

合格点(ボーダーライン)

目安は5~6割です。

合格者の多くが専門教養で6~7割あれば合格できています。

福永

配点が高い専門教養で高得点が取れると、教養の負担が減りますね。

千葉県・千葉市教員採用 教職教養試験の過去問

千葉県・千葉市教員採用試験 教養の過去問

過去問は最初に使いましょう。

なぜなら、出題傾向が分かるからです。

とくに出題数の多い科目はどこがででいるのか知った方がいいですね。

これを聞くと「ふーん」と思う人は多いけど、やる人はマジで少ないんですよ。

出題頻度が高いってのはある意味答えなんですよ。

例えば、対策がしにくいローカル問題。

過去の出題を見れば、対策ができます。

次のデータをご覧ください。

 

過去6年間の出題範囲をデータにしています。

見てのとおり、「千葉県教育振興基本計画(教育立県ちばプラン)」が頻出ですね。

もちろん他の箇所もでるかもだけど、これを活用しない理由がないんですよね。

他の科目に関しても「千葉県・千葉市教員採用 教職教養マニュアル」で公開しています。

併せてご覧ください。

過去3年分の問題をまとめています。

令和3年度(2020年実施)

教職教養の問題を見る(PDF:344KB)

令和2年度(2019年実施)

教職教養の問題を見る(PDF:296KB)

平成31年度(2018年実施)

教職教養の問題を見る(PDF:325KB)

 

千葉県・千葉市教員採用試験 教職教養の対策法

千葉県・千葉市教員採用試験 教養の対策法

合格点(ボーダー)はどのくらいだと思っていますか?

結論をいうと、「5割〜6割」が目標です。合格者の多くが自己採点でこの程度を取っているからです。

なので、科目ごとの重要度や時間配分を意識した勉強が必要なんですね。

ここを無視してオーバーワークすると、時間をたくさん使った割りに点数が取れない罠に陥るため注意が必要です。

必要なのは全体の2割を意識する

悩む人

「参考書をたくさん勉強したのに点数が伸びない」

「全科目・範囲を勉強しないとダメ」みたいなの人が陥る悩みです。

でも、参考書は問題に出るところと出ないところがあり、全部を覚える必要はありません。

出題されることの8割は全体の2割の部分から」というパレートの法則があります。

その2割を意識することが重要です。

頻出分野の攻略

例えば、千葉県の教育施策(ローカル)は30%の出題があるため、対策は必須です。

過去6年間で出題されたテーマは21個もあります。

これを全部勉強できますか?

「できる!」って人もいるだろうけど、効率が悪いのでやめましょう。

先ほどの話を思い出してください。「出題されることの8割は全体の2割の部分から」でしたね。

次のデータをご覧ください。

 

これは2020年~2015年の過去6年間に出題された分野を一覧にしたものです。

  • 規律ある明るい学校環境づくり
  • 千葉県教育振興基本計画

この資料はよく出ていることが分かりますね。

合格目標は「5割〜6割」です。

全科目を隅々まで勉強したい気持ちは一旦抑えて、現実的な方法で対策をしてくださいね。

科目ごとの出題範囲を「千葉県・千葉市教員採用 教職教養マニュアル」で公開しています。

使える時間はみんな同じです。でも、どう使うのかは違いますよ。

無駄な時間を使わないためにも、勉強の方向性は見極めてくださいね。

千葉県・千葉市教員採用 教職教養試験まとめ

本記事では、千葉県・千葉市教員採用試験の勉強法をまとめていました。

もう一度、重要事項の確認です。

  • 出題は教職教養がメイン
  • 試験時間は短め
  • 目標は60点以上
  • 出題数の多い科目から攻略
  • 出る分野を重点的にする

これを知っておくだけで、勉強がしやすくなったと思います。

まずは、過去の出題傾向を把握して、勉強できる環境を整えていきましょう!