福井県教員採用試験 小論文の過去問公開【徹底対策】

福井県教員採用試験 小論文のテーマ

福井県民

二次試験で論文があるけど、どんなテーマがでているのか知りたいです。

このような悩みを解決できる記事を書きました。

今回は、「福井県の論文テーマ7選」というテーマで話していきます。

この記事を書いている僕は、大学などで教採指導歴11年目。月間平均アクセス数15万の総合サイト「教採ギルド」の運営をしています。

福永

福井県の論文は「文部科学省」や「中央教育審議会」が出す答申や通知などの資料から出題されます。

その資料をもとにして、論点や自分の特性などを総じて書き上げる試験。

傾向をはじめ、出題されたテーマをまとめています。

さっそく見ていきましょう!

関連記事福井県教員採用試験 倍率は高め|合格ロードマップ

福井県教員採用試験 小論文の内容

福井県教員採用試験 小論文の内容

  • 試験時間
  • 文字数
  • 評価の観点

順に解説します。

試験時間

試験時間は60分です。

時間配分を意識して、練習しましょう。

  • テーマの把握:10分
  • 執筆:45分
  • 見直し:5分

こういった配分をおすすめしますよ。

文字数

文字数は「800字程度」です。

700文字くらいを目安に書けるようにしましょう。

8割以上の文字数がないと、減点されるからです。

評価の観点

  • 趣旨の把握
  • 説得力があるか
  • 誤字・脱字
  • 表現力
  • 段落校正

こういった部分を評価されますよ。

内容が書けていても、乱雑に書かれていると評価されません。

丁寧に書くようにしましょう。

福井県教員採用試験 小論文のテーマ

福井県教員採用試験 小論文の過去問

  • 2019年(令和2年度)
  • 2018年(平成31年度)

それぞれまとめています。

2019年(令和2年度)

平成29年3月に小学校及び中学校、4月に特別支援学校(小学部・中学部)、平成30年3月に高等学校及び特別支援学校(高等部)の新しい学習指導要領が公示された。次の文は、今回改訂された学習指導要領の主な改訂点である。

〇教育基本法、学校教育法などを踏まえ、これまでの我が国の学校教育の実践や蓄積を活かし、子供たちが未来社会を切り拓くための資質・能力を一層確実に育成する。その際、子供たちに求められる資質・能力とは何かを社会と共有し、連携する「社会に開かれた教育課程」を重視する。

 

 

〇知識及び技能の習得と思考力、判断力、表現力等の育成のバランスを重視する現行学習指導要領の枠組みや教育内容を維持した上で、知識の理解の質をさらに高め、確かな学力を育成する。

 

 

〇道徳教育の充実や体験活動の重視、体育・健康に関する指導の充実により、豊かな心や健やかな体を育成する。

あなたは、「確かな学力」を育成するためにどのような授業を行いますか。

 

また、そのような授業を行うために、あなた自身の資質・能力をどのように高めようと考えますか。

 

次の3つの点に留意し、論じなさい。なお、あなたの受験校種・教科を明記し、それに適した内容とすること。

 

①「確かな学力」とはどのような学力かを明らかにして論じること。

 

②「確かな学力」を育成するための授業とは、どのような授業かを具体的に説明すること。

 

③上記②の授業を実践するために、どのような自己研鑽をするか具体的に論じること。

2018年(平成31年度)

次の文章は、平成27年12月21日の中央教育審議会の答申「これからの学校教育を担う教員の資質能力の向上について~学び合い、高め合う教員育成コミュニティの構築に向けて~」からの抜粋です。

【新たな知識や技術の活用により社会の進歩や変化のスピードが速まる中、教員の資質能力向上は我が国の最重要課題であり、世界の潮流でもある。】

あなたは、自分自身の教員としての資質能力をどのように向上させていきますか。

 

次の3つの点に留意し、論じなさい。

 

なお、あなたの受験校種・教科(併願受験で2つとも1次試験を通過している場合は第1希望)を明記し、それに適した内容とすること。

 

① あなたが向上させたい資質能力を具体的に説明すること。

 

② 上記の資質能力を向上させる必要性を、具体的に論じること。

 

③ 上記の資質能力を向上させるために、どのような努力や実践を行うのか、具体的に論じること。

実際に時間を計って、書いてみましょう。

なお、2017年~2013年のテーマは「【過去問】福井県教員採用試験 小論文のテーマ」で公開しています。

CHECK NOW

福井県の小論文テーマを見る。

小論文の対策

福井県教員採用試験 小論文の対策

小論文を対策するうえで、おすすめの記事を紹介します。

  • 攻略3ステップ
  • 添削を受ける方法

攻略3ステップ

  • 模範解答の読み込み
  • 書く
  • 第三者に見てもらう

この3ステップで論文の書き方を身に付けることができますよ。

詳しくは「【対策】教員採用試験 論文を攻略する3ステップ【書き方解説】」をご覧ください。

添削を受ける方法

結論からいうと、「ココナラ 」がおすすめです。

  • 安い
  • 質が高い
  • 添削者のレベルが高い

予備校に負けず劣らずのサービスを受けることができますよ!

特徴とデメリットを「教員採用試験 論文の添削を安く受ける方法【質もOK】」で解説しています。

福井県教員採用試験 論文まとめ

この記事は「福井県教員採用 論文試験」の内容をまとめていました。

論文試験は一人では対策することができません。

プロにお願いして添削指導を受けるようにすることが攻略への近道です。

そのためにも、まずは出題テーマの把握をしましょう。

そして書いてみる。

やれることはたくさんありますよ。

CHECK NOW

福井県の小論文テーマを見る。