【何が聞かれる?】福岡市教員採用試験の面接質問集と対策法を解説!

福岡市教員採用試験 個人面接の過去問

ふくこ
ふくこ

福岡市の教員を目指しています。昔から人前に立つと緊張して上手く話せなくなります・・・。事前に回答を作って対策したいのですがどんな質問が聞かれていますか?また対策方法も教えてほしいです。

知らない人も多いのですが、面接では上手に話せても評価が高いわけではありません。

緊張してカミカミの方が評価されることもあります。

理由は簡単で、話す内容よりも伝え方とか表情などの人間性を評価するからです。

今回は福岡市教員採用試験を受験する方向けに面接で聞かれた質問を解説していきます

この記事を読めば、具体的な対策方法にも触れているので合格に向けた準備をすることができますよ。

結論を言っておくと、面接では最初に事前回答を準備することがポイントです

さっそく、見ていきましょう!

関連記事【過去問】教員採用試験の面接で聞かれることは?質問内容を解説!

【福岡市教員採用試験】面接試験とは|傾向や特徴を解説!

fukuokacity-kyousai-mensetsu-keikou


福岡市教員採用試験の面接は二次試験で実施されます。

質問に回答させることで受験者の

  • 人間性
  • 教員としての資質
  • コミュニケーション能力

といった部分を評価し合否を決めるんですね。

二次試験の合格率(令和3年度)は58.7%で、一次試験(74.2%)よりも難易度は高いです。

面接の形式

受験者1人と面接官3~4人による個人面接を行います。

個人面接は集団面接と違って、1つの項目を深堀して聞かれる傾向があります。

自己分析をしっかりしておくことが重要です。

試験時間は20分

一人あたりの平均時間です。

人によって時間が少し違うこともありますが、合否に影響はありません。

福永
福永

長いから合格フラグとか、短いから落ちるといったことはないですよ!

評価基準は4段階

  • 教育的愛情,
  • 向上心
  • 社会性
  • コミュニケーション力

これらの観点をもとにA~Dの4段階で評価します。

D評価がつくと、他の試験が満点でも落ちるので注意が必要

【福岡市教員採用試験】面接で聞かれる質問を公開

fukuokacity-mensetsu-kakomon

質問内容は自己PRや志望動機をはじめ様々です。

ここでは実際に質問された内容を、

  • 自己PR
  • 志望動機
  • 日常生活

の3つに分けて紹介していきます。

自分の言葉で回答できるか確認してみてください。

自分自身に関する質問

  • あなたが教員に向いていると思う長所はありますか。
  • あなたには、教育公務員としての資質は備わっていますか。
  • あなたの強みが活かされた経験を教えてください。
  • あなたの弱みを教えてください。
  • 今までの人生で、一番大変だったことは何ですか。

長所や短所などについて質問されています。

今までの経験から感じたことや学んだことを中心に考えてみましょう。

志望動機に関する質問

  • 教師は忙しいですが、大丈夫ですか。
  • 教師を志望した理由は何ですか。
  • 教師を目指したきっかけを教えてください。
  • 志望する校種を選んだ理由は何ですか。
  • 地元を離れて福岡市で働きたい理由は何ですか。

福岡市を目指した理由や教員を志望するきっかけなどを聞かれます。

自己PRと同じように今までの経験をもとに「なぜ福岡市なのか」具体的に考えておきましょう

日常生活に関する質問

  • あなたはどんな人だと思われていますか。
  • イライラして、機嫌が悪くなることはないですか。
  • 学校に対する不満はありますか。
  • コミュニケーションで困った経験はありますか。
  • 自己啓発で何かしていますか。

ストレス耐性や人間関係についても質問されています。

学校ではチームプレイが必須ですし、保護者や地域住民との連携も必要ですからね

まずは自己分析をして、自分がどんな人間なのか理解することからはじめましょう。別記事でも質問内容を公開しています。

関連記事面接の過去問】福岡市教員採用試験 質問された139個を公開

【福岡市教員採用試験】面接で高評価をもらう対策法を解説!

fukuokacity-mensetsu-taisaku

質問内容がわかっただけで面接対策はできません。

面接対策を効率よく進めていくには、

  • 求める教員像の把握
  • 自己PRシートの作成
  • 誰かと協力しての練習

といったポイントを知ることが大切です。

それぞれ解説していきます。

求める教師像の確認

あなたは福岡市がどんな人物を採用したいか知っていますか?

これを知らずに対策するのはNGです。

なぜなら、求められている人物像にマッチしていないと評価されないから。

例えば「集団の中でリーダーシップを発揮できる人物」が求められていれば、自己PRや志望動機は求められている人物像に合った話をした方がいいですよね

それなのに、単独行動や受け身の話をしたらどうでしょうか?

「この人は福岡市でやっていけるのかな?」って思われるかもしれません。そう思われたら評価は低いですよ。

最初に求める教師像を把握し、それに沿った内容を考えることが大切です。

福岡市が求める教員像

  • 向上心を持ち、子どもの学ぶ意欲と学力を高める学習指導ができる教員
  • 人権感覚にあふれ、子ども理解に基づいたあたたかい生徒指導ができる教員
  • 危機管理意識を持ち、子どもの生命や身体の安全を確保できる教員
  • 協調性を持ち、同僚や保護者・地域等と協働しながら教育活動を推進できる教員
  • 社会性を備え、法令を遵守しながら体罰や飲酒運転等の不祥事を根絶できる教員
福永
福永

面接で内容を聞かれることもあるので、しっかり把握してください。

自己PRシートを丁寧に仕上げる

福岡市では出願のときに自己PRシートを作成し提出する必要があります。

この自己PRシートは時間をかけて丁寧に書きましょう。

なぜなら、面接の資料になるからです。

面接官は自己PRシートを見ながら、内容とあなたが一致する人物かどうかを判断します。なので、内容がよくわからなかったり、汚かったりすると質問できません。

何も聞かれないということは、あなたに興味がない=合格は厳しいですよね。面接官に興味を持ってもらえるように、自己PRシートは丁寧に書くことが大切です。

自己PRシートのサンプルを置いておくので、はやめに仕上げてみてください。

参考資料福岡市教員採用試験 自己PRシートをダウンロードする(PDF)

第三者と練習をする

面接は1人で対策することが難しいです。

なぜなら、他人の評価がすべてだから。

聞かれた質問に対して返答したとしても、人によって

  • 表情
  • 話し方
  • 内容

などは様々ですよね。

面接はこういった客観的な要素が面接では重要なので、一人だけで対策を終わらせることができません。必ず第三者(友人・親・大学の先生など)に見てもらって評価を受けてください。

福永
福永

最終的にはこの反復練習をどれだけ行ったかで出来は変わってきますよ。

面接でやってはいけないNG行動を下記記事で解説しています。参考にしてください。

関連記事【要注意!】教員採用試験 面接で落ちる人に共通する5つの特徴

【福岡市教員採用試験】面接対策は試験日3か月前からは始めよう

fukuokacity-kyousai-mensetsu-itsukara

面接の対策はあなたが思っている以上に時間と体力が必要です。

しかし、どれだけ解説しても「ふむふむ、面接は重要なんだな!」と理解するだけで行動に移す受験者は多くありません。

とくに面接に苦手意識を持っている受験者に見られる傾向です。

苦手なものを後回しにして合格できるでしょうか?なかなか難しいと思いますよ。

まずは自分が聞かれたことに返答できるか回答を準備していきましょう

過去に聞かれた質問を下記記事でまとめています。

関連記事【面接の過去問】福岡市教員採用試験 質問された139個を公開

上手く活用してみてください。

今回は以上です。