岐阜県教員採用試験の【論述】試験って何?過去問や書き方を徹底解説!

gihukenkyouinsaiyousiken-ronzyutu-kakomon

ぎふこ
ぎふこ

岐阜県の小学校教諭を目指しています。二次試験に「論述」試験があるのですが、どんな試験なのでしょうか。過去の出題テーマや書き方を教えてほしいです。

本記事はこういった悩みを解決していきます。

✓本記事の内容
  • 論述試験とは?内容を解説
  • 論述試験の過去問テーマを紹介
  • 論述の書き方3ステップ

論述試験は論文と違い起承転結を意識する必要はなく、設問に対する知識をわかりやすく説明する試験です。

岐阜県の場合は「教職教養」や「岐阜県の教育施策」について論述させる傾向が続いています。

まずは出題されていたテーマを確認しながらイメージをつけていきましょう。

さっそく、まとめていきます。

岐阜県教員採用試験の論述試験とは?傾向や内容を解説

gihuken-kyouinsaiyousiken-ronzyutsu-keikou

平成27年7月に学校教育法の一部が改正され、新たな学校の種類として「義務教育学校」が加わりました。「義務教育学校」が加えられた背景と趣旨について説明しなさい。

こういったテーマに沿って160字~200字で説明させることで「教育に必要な知識力」や「学校教育の課題認識」を評価する試験です。

項目内容
実施二次試験
対象小学校、中学校、養護教諭、栄養教諭
試験時間30分
問題数2問
文字数160字~200字
配点100点

他にも論文試験があるので、そちらを知りたい場合は「岐阜県教員採用試験 論文の過去問|対策法3ステップ」をご覧ください。

論述試験は小学校、中学校、養護教諭、栄養教諭の志望者を対象として二次試験に実施されます。

福永
福永

2016年度から導入された新しい試験です。

校種に関係なく同じテーマが2問出るので、30分間で解く必要があります。

配点は全体の10%(100/1000点)しかありませんが、まったく書けないと落ちるため注意が必要です。

教職教養の知識に加えて、文章をまとめる力も必要なので論文対策と一緒に鍛えておきましょう。

【岐阜県教員採用試験】過去にでた論述テーマを紹介

gihuken-kyouinsaiyousiken-ronzyutsu-kakomon

ここでは実際に出題された論述テーマをまとめています。

確認して書けるか書いてみましょう。

福永
福永

書いた答案は先生に見てもらうなどして必ず評価をもらうことが大切ですよ!

令和3年度(2021年度)

岐阜県教員採用試験 論述試験の過去問をダウンロードする(PDF)

令和2年度(2020年度)

岐阜県教員採用試験 論述試験の過去問をダウンロードする(PDF)

平成31年度(2019年度)

岐阜県教員採用試験 論述試験の過去問をダウンロードする(PDF)

平成30年度より前のデータも別記事でまとめているので参考にしてください。

関連記事【最新】岐阜県教員採用試験 論述テーマまとめ

【岐阜県教員採用試験】論述の書き方3ステップ

gihuken-kyouinsaiyousiken-ronzyutsu-keikoukakikata

実際に論述を書くときは次の3点を意識すればOKです。

  1. 課題をしっかり理解する
  2. 文章構成を練る
  3. 内容を考えて書く

なお、いきなり書き上げることはNGです。論点がズレていたり、文字数が過不足したりするからです。

ステップ①:課題の理解

まずはサクッとテーマを読んで論点(求められていること)を把握しましょう。

点数が取れない理由の多くは指示に従えていないからです。

例えば、「コミュニティスクールとは何か、法的位置づけ、役割、期待される効果に触れながら説明しなさい」と聞かれた場合。

  • 法的位置づけ
  • 役割
  • 期待される効果

この3点についてと指示がありますよね。1つでも外すと全体的に論点がズレてしまうわけです。

いきなり書き始めるのではなく「何について書くのか」理解することが大切です。

ステップ②:文章構成を練る

続いて、どの順番で書くかを考えましょう

文字数が決まっているため、構成が悪いと書けないからです。また、読みにくい印象を与える場合もあるから。

例えば、「コミュニティスクールとは何か、法的位置づけ、役割、期待される効果に触れながら説明しなさい」と聞かれた場合。

  1. コミュニティスクールを軽く説明し、
  2. 期待される効果や役割を解説し、
  3. 補足として法的位置づけを添える

みたいに書けば構成がしっかりした文章になりそうですね。

いきなり期待される効果から書いたとしたら、「そもそもコミュニティスクールって何?」ってなりますよね。

構成がしっかりできれば、それに従って書くだけなので少し時間を使って考えることが大切です。

ステップ③:内容を考える

構成が決まったら、自分の持っている知識を簡潔に書いていきましょう

先ほどの例で考えると「コミュニティスクール」がわかっていないと何も書けないんですけどね・・・。

論述試験の対策は、知識の習得が必要です。

  • 教職教養
  • 教育時事
  • 岐阜県の教育施策

幅広い分野から出題があります。

また、部分的な知識よりも背景をもとにインプットしておくといいですね。

そこで、おすすめなのが「オープンセサミシリーズ」です。

普段の勉強では無駄が多く、使いづらいテキストですが、背景知識を含めて理解するなら最適な1冊。

  • 学習指導要領
  • 地方公務員法

このあたりは良く出題があるので、よく読んで理解しておくといいですね。

あとは時間内に字数を守って書けばOKです。

福永
福永

文字数は160字~200字なので、190字くらいでまとめられるといいですね。

教職免除の人は注意!

gihuken-kyouinsaiyousiken-ronzyutsu-keikou-naiyou

本記事では、岐阜県教員採用試験の論述をまとめていました。

論文とは違い、正確な知識が必要です。教職教養の知識があり、それを文章で書けるようにしておくようにしましょう。

とくに講師経験があり一次試験で教職教養が免除になると勉強しませんよね。そういう人が論述が書けずに涙するシーンを見てきました。

なので、教育原理や法規くらいは少しでもいいのでやっておくようにしましょう。

関連記事【最新】岐阜県教員採用試験 論述テーマまとめ