【倍率推移】群馬県教員採用試験は筆記重視?内容と対策法を徹底解説!

教員採用試験の対策

大学生

中学社会を志望しているけど倍率はどれくらいなの?難しいって聞くけど本当なのかな・・・。どうやったら合格できるか教えてほしいです。

知らない人も多いのですが、教員採用試験の倍率は下がり続けています。

それに伴って難易度も低くなっているんですよね。

 

福永

この記事を書いている僕は、大学などで教採指導歴12年目。月間平均アクセス数15万の総合サイト「教採ギルド」の運営をしています。

 

今回は群馬県教員採用試験を受験する方向けに、「倍率の推移から対策方法まで」を解説していきます。

この記事を読めば、どの対策をすれば効率よく合格できるのかわかりますよ!

結論からいうと、群馬県は筆記試験が重要です!

さっそく、みていきましょう。

【群馬県教員採用試験】倍率の推移を教科別に解説!

群馬県教員採用試験 倍率 (3)

令和3年度(2021年度)の最終倍率は4.4倍でした。

2016年から連続して下がっていて、今後も続くと予想ができます。

 

福永

ちなみに4.4倍は、過去10年間で1番低いんですね。

 

とはいえ、全国平均(3.6倍)よりは高いので、簡単に合格することはできません。

まずは現状を確認して、準備をはじめましょう。

教科ごとの詳細は次のとおりです。

令和3年度(2021年度)の実施結果

小学校 / 特別支援学校 / 養護教諭

校種 受験者 合格者 倍率
小学校 445 130 3.4
特別支援学校 191 51 3.7
養護教諭 122 20 6.1

中学校

科目 受験者 合格者 倍率
国語 81 24 3.4
社会 119 26 4.6
数学 66 22 3.0
理科 72 27 2.7
音楽 39 15 2.6
美術 30 6 5.0
保健体育 241 33 7.3
技術 18 8 2.3
家庭 21 7 3.0
英語 87 32 2.7

高等学校

科目 受験者 合格者 倍率
国語 35 5 7.0
日本史 30 2 15.0
世界史 20 2 10.0
地理 7 2 3.5
公民 28 1 28.0
数学 50 7 7.1
物理 13 2 6.5
化学 22 2 11.0
生物 28 1 28.0
音楽 12 1 12.0
保健体育 91 5 18.2
家庭 10 2 5.0
英語 40 8 5.0
農業 19 2 9.5
商業 37 2 18.5
工業 29 5 5.8
福祉 3 1 3.0

令和2年・平成32年度(2020年度)の実施結果

小学校 / 特別支援学校 / 養護教諭

校種 受験者 合格者 倍率
小学校 427 105 4.1
特別支援学校 197 50 3.9
養護教諭 123 20 6.2

中学校

科目 受験者 合格者 倍率
国語 87 33 2.6
社会 121 24 5.0
数学 82 34 2.4
理科 82 33 2.5
音楽 42 13 3.2
美術 27 4 6.8
保健体育 246 35 7.0
技術 17 8 2.1
家庭 19 7 2.7
英語 89 39 2.3

高等学校

科目 受験者 合格者 倍率
国語 49 4 12.3
日本史 36 1 36.0
世界史 18 2 9.0
地理 9 1 9.0
公民 34 2 17.0
数学 46 4 11.5
物理 11 1 11.0
化学 22 2 11.0
生物 26 2 13.0
保健体育 89 2 44.5
英語 41 4 10.3
農業 20 1 20.0
商業 38 2 19.0
工業 33 6 5.5
福祉 6 1 6.0

平成31年度(2019年度)の実施結果

小学校 / 特別支援学校 / 養護教諭

校種 受験者 合格者 倍率
小学校 432 82 5.3
特別支援学校 217 50 4.3
養護教諭 127 21 6.0

中学校

科目 受験者 合格者 倍率
国語 102 31 3.3
社会 134 30 4.5
数学 78 35 2.2
理科 86 34 2.5
音楽 55 20 2.8
美術 26 9 2.9
保健体育 229 40 5.7
技術 22 9 2.4
家庭 27 9 3.0
英語 102 47 2.2

高等学校

科目 受験者 合格者 倍率
国語 61 5 12.2
日本史 37 1 37.0
世界史 22 2 11.0
地理 8 2 4.0
公民 33 2 16.5
数学 57 3 19.0
物理 12 1 12.0
化学 29 3 9.7
生物 28 1 28.0
保健体育 126 3 42.0
家庭 15 3 5.0
英語 57 4 14.3
農業 23 1 23.0
商業 40 1 40.0
工業 39 8 4.9

平成30年度(2018年度)の実施結果

校種・教科ごとにまとめています。

小学校 / 特別支援学校 / 養護教諭

校種 受験者 合格者 倍率
小学校 390 63 6.2
特別支援学校 194 50 3.9
養護教諭 125 16 7.8

中学校

科目 受験者 合格者 倍率
国語 88 23 3.8
社会 167 24 7.0
数学 81 37 2.2
理科 84 27 3.1
音楽 69 21 3.3
美術 31 6 5.2
保健体育 252 29 8.7
技術 19 6 3.2
家庭 35 10 3.5
英語 115 45 2.6

高等学校

科目 受験者 合格者 倍率
国語 63 11 5.7
日本史 34 3 11.3
世界史 20 2 10.0
地理 11 1 11.0
公民 41 5 8.2
数学 69 9 7.7
物理 16 2 8.0
化学 30 3 10.0
生物 32 4 8.0
保健体育 124 9 13.8
家庭 15 4 3.8
英語 58 5 11.6
農業 22 1 22.0
商業 51 2 25.5
工業 47 6 7.8

平成29年度(2017年度)の実施結果

校種・教科ごとにまとめています。

小学校 / 特別支援学校 / 養護教諭

校種 受験者 合格者 倍率
小学校 201 40 5.0
特別支援学校 153 31 4.9
養護教諭 141 15 9.4

中学校

科目 受験者 合格者 倍率
国語 126 32 3.9
社会 226 27 8.4
数学 94 35 2.7
理科 102 33 3.1
音楽 64 20 3.2
美術 40 10 4.0
保健体育 275 35 7.9
技術 21 6 3.5
家庭 35 11 3.2
英語 151 46 3.3

高等学校

科目 受験者 合格者 倍率
国語 76 9 8.4
日本史 37 3 12.3
世界史 19 4 4.8
公民 39 3 13.0
数学 80 6 13.3
物理 15 3 5.0
化学 26 3 8.7
生物 30 2 15.0
音楽 27 2 13.5
保健体育 141 12 11.8
家庭 13 3 4.3
英語 56 14 4.0
農業 24 1 24.0
商業 60 2 30.0
工業 44 5 8.8

平成28年度(2016年度)の実施結果

校種・教科ごとにまとめています。

小学校 / 特別支援学校 / 養護教諭

校種 受験者 合格者 倍率
小学校 198 30 6.6
特別支援学校 138 34 4.1
養護教諭 158 10 15.8

中学校

科目 受験者 合格者 倍率
国語 140 34 4.1
社会 208 28 7.4
数学 111 48 2.3
理科 102 42 2.4
音楽 76 26 2.9
美術 42 10 4.2
保健体育 249 32 7.8
技術 22 8 2.8
家庭 37 9 4.1
英語 163 59 2.8

高等学校

科目 受験者 合格者 倍率
国語 60 11 5.5
日本史 45 1 45.0
世界史 19 1 19.0
地理 8 1 8.0
公民 51 3 17.0
数学 64 14 4.6
物理 13 2 6.5
化学 32 2 16.0
生物 40 2 20.0
音楽 24 1 24.0
美術 13 2 6.5
保健体育 143 8 17.9
家庭 14 4 3.5
英語 58 14 4.1
農業 30 1 30.0
商業 57 4 14.3
工業 46 6 7.7
福祉 8 1 8.0

 

なお、全自治体の倍率を知りたい場合は下記記事を参考にしてください。

【群馬県教員採用試験】受かるには一次試験の対策が重要|内容を解説

群馬県教員採用試験 倍率 (1)

群馬県教員採用試験で課される内容は次のとおり。

実施 内容
一次試験 一般教養・教職に関する試験
専門科目
小論文
二次試験 実技試験
個人面接
集団面接

とても幅広いですね。

これをバランスよく対策していくわけですが、結論からいうと一次試験の対策に力を入れましょう!

なぜなら、多くの受験者が落ちるからです。

試験ごとの合格率(令和3年度)を見ると、

  • 一次試験:37%
  • 二次試験:59%

となっており、一次試験の難易度が高いですね。

試験内容をしっかり理解して対策することが重要です。

試験ごとの特徴や傾向を解説します。

 

一般教養・教職科目(教養試験)の内容

教職教養科目」と「一般教養科目」から出題される筆記試験です。

分野 科目
教職教養 教育原理 / 教育法規など
一般教養 国語 / 数学 / 英語など

これらの科目から、37問(2021年度)の出題があります。

 

福永

割合は、一般教養が少し多い(20問ほど)。

 

出題形式は、すべてマークシート(選択肢から選ぶ)なので、勘でも正解できますよ。

科目が多いので、効率よく勉強しましょう。

出題傾向や過去問などを知りたい場合は、下記記事を参考にしてください。

教科に関する科目(専門試験)の内容

志望する教科に必要な専門的知識を測る、筆記試験です。

例えば、小学校であれば、

国語 / 算数 / 理科 / 社会 / 音楽 / 家庭・・・

などの、出題がありますよ。

出題形式は「記述式」です。

正確な知識が必要なので、マーク式より難易度は高いです。

 

福永

漢字なんか、書けないと✕ですもんね・・・。

 

専門知識の他に、学習指導要領の出題もあるため、教員採用試験用の参考書もあるといいですよ。

なお、おすすめの参考書を知りたい場合は、こちらの「【2022年度版】教員採用試験 おすすめの参考書【教職・一般・専門】」で解説しています。

小論文の内容

テーマを読み取って、社会的背景や根拠をもとに論じる試験です。

 

福永

令和4年度から一次試験に実施されますよ!

 

教養や専門試験と違い、正解がない(他者が評価するため)ので、なかなか実力がついたのか判断しにくいです。

なので、後回しにせず対策が必要です。

テーマや書き方などを知りたい場合は、下記記事を参考にしてください。

実技試験の内容

※一部の校種・科目を対象にあります。

志望する教科について、実践的な実力があるかを評価する試験です。

参考までに、昨年度の実施内容をご覧ください。

実技試験の内容(PDF:333KB)

個人面接の内容

  • 自己PRや志望動機
  • 採用後の心構え、生活面

主にこの2つについて質問されています。

試験時間は20分ほど。

過去に聞かれた質問などを知りたい場合は、下記記事を参考にしてください。

集団面接の内容

集団面接は、面接官2人と受験者5~7人で行う試験です。

個人面接と違い、発言内容が周りと比べられる特徴がありますよ。

簡潔、端的に述べられるように準備をしましょう。

過去のテーマなどを知りたい場合は、下記記事を参考にしてください。

【群馬県教員採用試験】傾向を理解して対策をしましょう!

群馬県教員採用試験 倍率

本記事では、群馬県教員採用試験の概要をまとめていました。

倍率は過去最低を記録しています。

採用数も微減していますが、大きな変化は見られず安定していますよ。

試験内容が幅広いため、傾向を把握して準備をはじめることがポイントです。

今回は以上です。

教採ギルドでは、群馬県教員採用試験の合格に有益な情報を発信しています。

時間があるときに確認してみてくださいね。