【傾向】群馬県教員採用試験 小論文の過去問|対策ロードマップ

群馬県教員採用試験 論文の過去問 (1)

どうも福永( @kyosai365)です。

今回は、「群馬県教員採用試験の小論文」をテーマに話していきます。

主な内容
  • 小論文の傾向が変更
  • 過去の出題テーマまとめ

小論文は対策に時間がかかります

何からやっていいのか」、「どうすればいいのか」分からないからです。

そのため後回しにしがちです。しかし、添削などを考えると遅くとも3か月前くらいからは取り掛かったほうがいいですよ。

福永

この記事を書いている僕は、大学などで教採指導歴11年目。月間平均アクセス数15万の総合サイト「教採ギルド」の運営をしています。

まずは傾向を確認しつつ、対策をはじめていきましょう。

関連記事【合格率22%】群馬県教員採用試験 倍率の推移|対策ロードマップ

群馬県教員採用試験 小論文の傾向

群馬県教員採用試験 論文の過去問 (2)

小論文は二次試験で実施されます。

2020年(令和3年度)から傾向が変わっているため注意が必要です。

以前:「詩」や「文章」を読んで、考えを述べる。

今後:「教育問題」に関する考えを述べる

また、文字数も「最大400字から600字」に変わっています。

出題テーマを後述しているので、読み進めて確認しましょう。

群馬県教員採用試験 小論文の過去問

群馬県教員採用試験 論文の過去問

ここでは、過去に出題されたテーマをまとめています。

2020年(令和3年度)

小論文のテーマを確認する(PDF:218KB)

2019年(令和2年度)

小論文のテーマを確認する(PDF:176KB)

2018年(平成31年度)

小論文のテーマを確認する(PDF:215KB)

なお、2017年より前のテーマを「群馬県教員採用試験 小論文マニュアル」でまとめています。

また、対策法を「教員採用試験 論文の添削を安く受ける方法【質もOK】」で解説しているので、併せてご覧ください。

群馬県教員採用試験 小論文まとめ

本記事は、群馬県教員採用試験の小論文をまとめていました。

小論文は1人では「出来ているのか」を判断することが難しいです。

そのため、添削をしてもらう環境を探しましょう。

大学生の方は就職課などを活用するのも一つの手です。

最近は添削サービスをしてくれるサービスも探せば増えていますよ!「教員採用試験 論文の添削を安く受ける方法【質もOK】」でも解説しているので、よかったら見てみてくださいね。

本記事は以上です。