教員採用試験の難易度|難しい・簡単な県はどこ?情報配信一覧

教員採用試験 難易度

どうも福永( @kyosai365)です。

今回は、「教員採用試験で難しい・簡単な自治体」というテーマで話をしていきます。

福永

この記事を書いている僕は、大学などで教採指導歴11年目。月間平均アクセス数15万の総合サイト「教採ギルド」の運営をしています。

結論からいうと、教員採用試験の難易度を表すことは難しいです。

なぜなら、試験内容や合格点などが違うからです。

しかし、客観的な事実として倍率なら、難易度をイメージできそうですね。

そこで、倍率をもとにした難易度ランキングを作ってみました!

また、全30自治体の情報記事も公開しているので、併せて確認してくださいね。

さっそく、見ていきましょう。

関連記事【まとめ】教員採用試験の内容を解説【筆記と面接】

教員採用試験 難しい県

教員採用試験 難しい県

何を基準に難しいとするかは人それぞれです。

客観的なデータとしてお届けするなら倍率でしょうか。

倍率(2020年試験)から判断する難しい都道府県ベスト3は次のとおり。

  • 1位 沖縄県 8.9倍
  • 2位 高知県 7.6倍
  • 3位 神戸市 7.5倍

沖縄県は、毎年1番倍率が高い自治体で有名です。

ちなみに、高校保健体育の最終倍率は153倍でした。

東京大学に合格するより難しいと言えそうです。

教員採用試験 かんたんな県

教員採用試験 簡単な県

逆に簡単(合格しやすかった)都道府県はどこだったのでしょうか。

これも倍率で見ると、次のとおり。

  • 1位 山形県 2.2倍
  • 2位 富山県 2.3倍
  • 3位 福岡市 2.3倍

また、どの自治体も小学校であれば平均2倍台なので合格はしやすいですよ。

ちなみに1.5倍を切っている自治体も増えています。

教員採用試験 情報配信中の都道府県

教員採用試験 自治体別情報

現在、情報配信中の都道府県・政令市一覧です。

教員採用試験の難易度は都道府県によって様々です。

受験先が決まっていない、併願先を考えている人は全部確認してみると、簡単な都道府県、難易度が高い都道府県がわかるかもしれませんよ。

北海道・東北ブロック

関東甲信越ブロック

東海北陸ブロック

近畿ブロック

中国四国ブロック

九州沖縄ブロック

終わりに

効率よく勉強するには、情報を早めに入手することが大切です。

ネット上には多くの情報があふれていますが、必ず最新のものを信じましょう。

検索上位にでてきたからといって、情報が新しいとは限りません。

情報を取捨選択する力もこれからは必要ですよ。