【都道府県別】教員採用試験の難易度は?簡単・難しい自治体を紹介

teacherrecruit-level

  • 教員採用試験の難易度はどれくらいなの?
  • 簡単な県や難しい県はどこ?
  • どうやって対策すればいいの?

このような疑問を解決します。

結論からいうと、教員採用試験の試験自体は難しくありません。

合格者の出身大学を見ても東大卒の人もいれば、偏差値40台の私大や短大卒など幅広い学歴の人がいますからね。

筆記試験のレベルを見ても大学共通テスト(旧:センター試験)より簡単なので、勉強をしっかりすれば全く歯が立たないなんてことはありません。

とはいえ、「勉強ができるだけでは合格できない」ってところが教員採用試験が難しいと言われる理由かもしれません。

そこで今回は教員採用試験が難しいと言われる理由を深堀して解説していきます。

すぐに対策をはじめられるように都道府県ごとの情報もまとめているので参考にしてみてください。

さっそく、見ていきましょう。

タップできる「もくじ」

教員採用試験が難しい3つの理由

teachersaiyo-nanido-takai

教員採用試験が難しいと思う理由は次の3つ。

  • 資格試験みたいな基準がない
  • 勉強する科目が多い
  • 試験内容の幅が広い

それぞれ解説していきます。

理由①:合格基準がない

1つ目の理由は、合格基準が決まっていないからです。

というのも、教員採用試験は英語検定や漢字検定のような絶対評価の試験ではなく、成績順に合格者が決まる相対評価の試験なんですよね。

kyouinsaiyousikenngamuzukasiiriyuu

自動車の運転免許は9割取れれば全員合格できます。でも、教員採用試験は全員が9割を取ったとしても合格できる人数は決まっているので、全員は合格できないようになっています。

福永
福永

極端な話、6割の成績で合格できる年度もあれば、8割あっても不合格ってこともあるわけです

受験者や採用数によって合格基準(ボーダーライン)が変動するため難しいと言えるでしょう。

理由②:試験科目が多い

二つ目の理由は、試験科目が多いことです。

志望する教科の専門試験にくわえて、教職教養や一般教養など多くの科目を勉強しなくてはいけません

kyouinnsayiyousikengamuzukasiiriyuu

例えば、全国で試験科目が一番多い自治体は兵庫県で、その数なんと20科目以上

2021年、2020年に出題のあった一般・教職教養の科目。

これにくわえて、一般常識や専門試験の勉強もしなくてはいけません。

冒頭でも言ったように、試験レベル自体は中学~高校までに習った範囲なので大したことはありません。

しかし、教員採用試験は「とにかく勉強する科目も範囲も広い」ため、効率よく対策できるかどうかがポイントとなります。

理由③:面接重視

そして3つ目の理由が、面接重視であることです。

どの都道府県も一次試験で筆記試験を行い、二次試験の面接や論文で最終的に合格者を決定します。

最近は面接重視の傾向が強く、どれだけ筆記で高得点を取ったとしても、面接がダメだったら即不合格です。

福永
福永

都道府県によっては一次試験の結果を反映させないリセット方式を採用していることも・・・。

理由①でも触れましたが、面接は筆記試験以上に基準が不透明(人が人を評価する)なので、対策に苦労する人がとても多いです。

試験勉強=筆記対策となりがちですが、面接や論文にこそ時間を割くべきと言えるでしょう。

繰り返しになりますが、教員採用試験の試験自体はそこまで難しくありません。

しかし、合格基準がないことや試験科目の多さ、筆記以外の部分(面接や論文)が最終合否を分けるという点から簡単に合格することはできません

適当に対策をはじめるのではなく、傾向をしっかり理解することが重要です。

次の章では、この3つの要素を踏まえて比較的、簡単な県と難しい県を個人的な見解で紹介したいと思います。

教員採用試験で難しい・簡単な県を紹介

kyouinnsaiyousikenngamuzukasiikenntokanntannnakenn

基本的に大都市(人口が多い)は倍率も高くなく簡単である場合が多いです。

試験内容、倍率、試験レベルを基準に個人的なランキングを作成しました!あくまでも僕の感想なので、参考程度に見てもらえればと思います。

難しい自治体

  1. 沖縄県
  2. 石川県
  3. 兵庫県

それぞれ紹介します。

沖縄県

僕が思う最も難しい自治体は沖縄県です。

倍率は全国で1番高く、どの科目も平均より上なんですよね。

福永
福永

保健体育などは100倍を超えることもよくあるので、多分、東大に合格するより難しいです・・・。

2020年から問題数は減ったものの、一般教養の試験科目は15科目ほどで対策が難しく、二次試験では、個人面接にくわえて模擬授業もあります。

筆記試験の合格率が25%くらいしかないため、高得点が必要な部分からも難しいといえるでしょう。

石川県

2番目は石川県です。

倍率自体は全国平均よりやや下なので、そこまで高くはありません。

しかし、試験内容というか選考方法が少し変なんですよね・・・。

というのも、一次試験と二次試験の概念がなく、すべての受験者が筆記、面接、模擬授業を受けて合否を決定します。

なので、普通であれば、一次試験に受かってから、面接練習に本気を出すって場合が多いですけど、それができません。

全員がすべての試験を受けるため、バランスよく対策が求められるため2位としました。

福永
福永

筆記試験の内容も一般常識や一般・教職教養にくわえて論文などが総合的に出題されるので対策が大変なんですよね・・・。

兵庫県

そして3番目は兵庫県です。

倍率の高さは全国トップ10に入りますし、試験内容も筆記にくわえて、面接、模擬授業、グループワークなど幅広い。

そして極めつけは、先ほどの例でもお見せしましたが試験科目が全国1位の多さです。

詳しくは兵庫県のページを見てもらえればと思いますが、国語、数学、英語、情報の出題数が異常。

どれだけ傾向を把握して、効率よく対策できるかが重要となるでしょう。

福永
福永

参考書を使って独学で対策することが困難なので、人によっては神戸市に受験先を変えることもあるんですよね・・・。(神戸市も難しい)

簡単な自治体

  1. 新潟県・新潟市
  2. 愛知県
  3. 広島県・広島市

それぞれ解説します。

新潟県・新潟市

僕が思う最も受かりやすい自治体は新潟県・新潟市です。

倍率は低い、試験内容も筆記と個人面接だけというシンプルさなので対策がしやすいです。

配点比率は筆記試験(専門試験)が最も高く、負担のかかる教養が最も低い点もありがたいですね。

養護教諭など一部は10倍を超えることもありますが、総じて簡単な自治体といえるでしょう。

愛知県

2番目は愛知県です。

以外かもしれませんが、倍率は全国平均と同じくらいで、採用数も多い。

そのうえ、令和4年度からは筆記試験と小論文、個人面接、(一部実技)といった試験になり、対策がしやすくなりました。

福永
福永

以前は集団討論・面接があったり、専門教養が2回(マーク、記述)あったりとレベルが高かったんですよね・・。

特別選考での一次免除がなくなり(加点に変更)全受験者が一次試験から受ける必要があるため、一般選考でも受かりやすくなっています。

教養試験の科目数は多いですが、出題傾向はつかみやすいので、あまり苦労することはないでしょう。

広島県・広島市

3番目は広島県・広島市です。

倍率は平均より圧倒的に下ですし、試験内容も簡素化されて筆記と面接、模擬授業だけになりました。

受験者を悩ませていた教職教養は記述式から簡単なマークシート形式になったこともありがたいですね。

次の章では、都道府県ごとの試験傾向を紹介していきます。志望先や気になる自治体があれば確認してみてくださいね。

教員採用試験の難易度は?都道府県ごとの傾向記事を紹介

kyouinsaiyousikennnonannidowozititaibetunisyoukai

現在、情報配信中の都道府県・政令市一覧です。

教員採用試験の難易度は都道府県によって様々です。

受験先が決まっていない、併願先を考えている人は全部確認してみると、簡単な都道府県、難易度が高い都道府県がわかるかもしれませんよ。

北海道教員採用試験

北海道教員採用試験の難易度や倍率、試験内容と対策方法などを下記記事で解説しています。

関連記事北海道教員採用試験の倍率推移を校種・教科別に解説!対策法も紹介!

札幌市教員採用試験

札幌市教員採用試験の難易度や倍率、試験内容と対策方法などを下記記事で解説しています。

関連記事【対策法あり】札幌市教員採用試験の倍率は?過去の推移を教科別に解説!

青森県教員採用試験

青森県教員採用試験の難易度や倍率、試験内容と対策方法などを下記記事で解説しています。

関連記事【難しい】青森県教員採用試験の難易度は高い?倍率推移を解説!

岩手県教員採用試験

岩手県教員採用試験の難易度や倍率、試験内容と対策方法などを下記記事で解説しています。

関連記事【倍率は低い?】岩手県教員採用試験の合格に必要な内容と対策法を解説

宮城県教員採用試験

宮城県教員採用試験の難易度や倍率、試験内容と対策方法などを下記記事で解説しています。

関連記事宮城県教員採用試験の難易度は?過去の倍率推移と対策法を教科別に解説!

仙台市教員採用試験

仙台市教員採用試験の難易度や倍率、試験内容と対策方法などを下記記事で解説しています。

関連記事【傾向と対策】仙台市教員採用試験 倍率の推移|合格ガイドマップ

秋田県教員採用試験

秋田県教員採用試験の難易度や倍率、試験内容と対策方法などを下記記事で解説しています。

関連記事【倍率の推移】秋田県教員採用試験は二次が重要?教科別に解説!

山形県教員採用試験

山形県教員採用試験の難易度や倍率、試験内容と対策方法などを下記記事で解説しています。

関連記事【傾向は筆記重視?】山形県教員採用試験の倍率推移【教科別】

福島県教員採用試験

福島県教員採用試験の難易度や倍率、試験内容と対策方法などを下記記事で解説しています。

関連記事福島県教員採用試験の合格ラインは?倍率推移を教科別に解説!

茨城県教員採用試験

茨城県教員採用試験の難易度や倍率、試験内容と対策方法などを下記記事で解説しています。

関連記事【面接対策で重要なこと】茨城県教員採用試験で聞かれた質問とコツを解説

群馬県教員採用試験

群馬県教員採用試験の難易度や倍率、試験内容と対策方法などを下記記事で解説しています。

関連記事【倍率推移】群馬県教員採用試験は筆記重視?内容と対策法を徹底解説!

栃木県教員採用試験

栃木県教員採用試験の難易度や倍率、試験内容と対策方法などを下記記事で解説しています。

関連記事栃木県教員採用試験の倍率推移を教科別に解説!効果的な対策法も紹介

埼玉県教員採用試験

埼玉県教員採用試験の難易度や倍率、試験内容と対策方法などを下記記事で解説しています。

関連記事埼玉県教員採用試験の難易度は?独学で受かるためのプロセスを徹底解説!

さいたま市教員採用試験

さいたま市教員採用試験の難易度や倍率、試験内容と対策方法などを下記記事で解説しています。

関連記事さいたま市教員採用試験の難易度は高い?倍率推移を教科別に解説!

千葉県・千葉市教員採用試験

千葉県・千葉市教員採用試験の難易度や倍率、試験内容と対策方法などを下記記事で解説しています。

関連記事千葉県教員採用試験の倍率は?一次、二次ごとの難易度を教科別に紹介!

東京都教員採用試験

東京都教員採用試験の難易度や倍率、試験内容と対策方法などを下記記事で解説しています。

関連記事【難易度は?】東京都教員採用試験の内容と独学で受かる対策のコツ

神奈川県教員採用試験

神奈川県教員採用試験の難易度や倍率、試験内容と対策方法などを下記記事で解説しています。

関連記事神奈川県教員採用試験の倍率は高い?校種・教科別に過去の推移を解説

横浜市教員採用試験

横浜市教員採用試験の難易度や倍率、試験内容と対策方法などを下記記事で解説しています。

関連記事【対策ロードマップ】横浜市教員採用試験の難易度は?独学で受かるために必要なこと

川崎市教員採用試験

川崎市教員採用試験の難易度や倍率、試験内容と対策方法などを下記記事で解説しています。

関連記事【難易度高め】川崎市教員採用試験に独学で受かる対策ロードマップ

相模原市教員採用試験

相模原市教員採用試験の難易度や倍率、試験内容と対策方法などを下記記事で解説しています。

関連記事【二次が重要?】相模原市教員採用試験の倍率推移を教科別に徹底解説!

新潟県教員採用試験

新潟県教員採用試験の難易度や倍率、試験内容と対策方法などを下記記事で解説しています。

関連記事【過去の倍率推移】新潟県教員採用試験の難易度が高い理由と対策法を紹介

新潟市教員採用試験

新潟市教員採用試験の難易度や倍率、試験内容と対策方法などを下記記事で解説しています。

関連記事新潟市教員採用試験の難易度は?過去の倍率推移と対策法を紹介

山梨県教員採用試験

山梨県教員採用試験の難易度や倍率、試験内容と対策方法などを下記記事で解説しています。

関連記事山梨県教員採用試験の倍率は低いの?過去の推移を校種・教科別に紹介

長野県教員採用試験

長野県教員採用試験の難易度や倍率、試験内容と対策方法などを下記記事で解説しています。

関連記事【難易度は低下中?】長野県教員採用試験 倍率の推移|今後は上がる理由を解説!

石川県教員採用試験

石川県教員採用試験の難易度や倍率、試験内容と対策方法などを下記記事で解説しています。

関連記事石川県教員採用試験の難易度が高い?過去の倍率推移を教科別に紹介

福井県教員採用試験

福井県教員採用試験の難易度や倍率、試験内容と対策方法などを下記記事で解説しています。

関連記事福井県教員採用試験の難易度は?過去の倍率推移を科目別に解説!

岐阜県教員採用試験

岐阜県教員採用試験の難易度や倍率、試験内容と対策方法などを下記記事で解説しています。

関連記事岐阜県教員採用試験の倍率はどれくらい?過去の推移を校種・教科別に徹底解説!

静岡県教員採用試験

静岡県教員採用試験の難易度や倍率、試験内容と対策方法などを下記記事で解説しています。

関連記事静岡県教員採用試験の難易度は?過去の倍率推移を教科別に解説!

浜松市教員採用試験

浜松市教員採用試験の難易度や倍率、試験内容と対策方法などを下記記事で解説しています。

関連記事【重要なのは一次試験】浜松市教員採用試験の倍率推移を教科別に解説

静岡市教員採用試験

静岡市教員採用試験の難易度や倍率、試験内容と対策方法などを下記記事で解説しています。

関連記事静岡市教員採用試験の難易度は?過去の倍率推移を校種・科目別に解説!

愛知県教員採用試験

愛知県教員採用試験の難易度や倍率、試験内容と対策方法などを下記記事で解説しています。

関連記事愛知県教員採用試験の対策はいつからすべき?内容や独学で受かる手順を解説!

名古屋市教員採用試験

名古屋市教員採用試験の難易度や倍率、試験内容と対策方法などを下記記事で解説しています。

関連記事名古屋市教員採用試験の倍率推移を教科別に解説!試験内容と対策法も紹介

三重県教員採用試験

三重県教員採用試験の難易度や倍率、試験内容と対策方法などを下記記事で解説しています。

関連記事三重県教員採用試験の難易度は高い?倍率推移を教科別に解説!

滋賀県教員採用試験

滋賀県教員採用試験の難易度や倍率、試験内容と対策方法などを下記記事で解説しています。

関連記事滋賀県教員採用試験の倍率推移は?過去の実施結果や対策法を解説!

京都府教員採用試験

京都府教員採用試験の難易度や倍率、試験内容と対策方法などを下記記事で解説しています。

関連記事京都府教員採用試験の倍率は?最新から過去の推移を校種・教科別に解説

京都市教員採用試験

京都市教員採用試験の難易度や倍率、試験内容と対策方法などを下記記事で解説しています。

関連記事京都市教員採用試験の難易度が高い理由!過去の倍率推移を教科別に解説。

大阪府教員採用試験

大阪府教員採用試験の難易度や倍率、試験内容と対策方法などを下記記事で解説しています。

関連記事【独学で受かる方法】大阪府教員採用試験は高難度?内容や対策の仕方

大阪市教員採用試験

大阪市教員採用試験の難易度や倍率、試験内容と対策方法などを下記記事で解説しています。

関連記事大阪市教員採用試験の難易度は高い?過去の倍率推移を教科別に解説!

堺市教員採用試験

堺市教員採用試験の難易度や倍率、試験内容と対策方法などを下記記事で解説しています。

関連記事【二次が重要って本当?】堺市教員採用試験の倍率推移を解説!【教科別】

兵庫県教員採用試験

兵庫県教員採用試験の難易度や倍率、試験内容と対策方法などを下記記事で解説しています。

関連記事兵庫県教員採用試験の難易度はどれくらい?傾向や対策法を徹底解説!

神戸市教員採用試験

神戸市教員採用試験の難易度や倍率、試験内容と対策方法などを下記記事で解説しています。

関連記事神戸市教員採用試験の難易度は?過去の倍率推移を校種・教科別に紹介!

奈良県教員採用試験

奈良県教員採用試験の難易度や倍率、試験内容と対策方法などを下記記事で解説しています。

関連記事奈良県教員採用試験の難易度は高い?過去の倍率推移を教科別に解説!

和歌山県教員採用試験

教員採用試験の難易度や倍率、試験内容と対策方法などを下記記事で解説しています。

関連記事和歌山県教員採用試験の倍率推移(最新~過去)を校種・教科別に解説!

鳥取県教員採用試験

鳥取県教員採用試験の難易度や倍率、試験内容と対策方法などを下記記事で解説しています。

関連記事鳥取県教員採用試験の難易度は高い?過去の倍率推移を教科別に解説!

島根県教員採用試験

島根県教員採用試験の難易度や倍率、試験内容と対策方法などを下記記事で解説しています。

関連記事【重要なのは二次!】島根県教員採用試験の倍率推移|校種・教科別まとめ

広島県・広島市教員採用試験

教員採用試験の難易度や倍率、試験内容と対策方法などを下記記事で解説しています。

関連記事広島県教員採用試験の難易度は?過去の倍率推移を科目別に解説!

岡山県教員採用試験

岡山県教員採用試験の難易度や倍率、試験内容と対策方法などを下記記事で解説しています。

関連記事【岡山県教員採用試験は筆記重視?】教科別の倍率推移を徹底解説!

岡山市教員採用試験

岡山市教員採用試験の難易度や倍率、試験内容と対策方法などを下記記事で解説しています。

関連記事【筆記より面接】岡山市教員採用試験の倍率推移を教科別に解説!

山口県教員採用試験

山口県教員採用試験の難易度や倍率、試験内容と対策方法などを下記記事で解説しています。

関連記事【難易度が高いのは?】山口県教員採用試験の倍率を教科別に解説!

香川県教員採用試験

香川県教員採用試験の難易度や倍率、試験内容と対策方法などを下記記事で解説しています。

関連記事香川県教員採用試験の難易度は?過去の倍率推移を校種・教科別に解説!

徳島県教員採用試験

徳島県教員採用試験の難易度や倍率、試験内容と対策方法などを下記記事で解説しています。

関連記事【二次重視?】徳島県教員採用試験の倍率推移を教科別に解説!

愛媛県教員採用試験

愛媛県教員採用試験の難易度や倍率、試験内容と対策方法などを下記記事で解説しています。

関連記事【最新】愛媛県教員採用試験の倍率推移(一次・二次)を解説【教科別】

高知県教員採用試験

高知県教員採用試験の難易度や倍率、試験内容と対策方法などを下記記事で解説しています。

関連記事【倍率は全国2位】ボーダーが高い高知県教員採用に合格する方法を解説!

福岡県教員採用試験

福岡県教員採用試験の難易度や倍率、試験内容と対策方法などを下記記事で解説しています。

関連記事福岡県教員採用試験の難易度は低い?過去の倍率推移を教科別に解説!

北九州市教員採用試験

北九州市教員採用試験の難易度や倍率、試験内容と対策方法などを下記記事で解説しています。

関連記事北九州市教員採用試験は難しい?過去の倍率推移を校種・科目別に解説!

福岡市教員採用試験

福岡市教員採用試験の難易度や倍率、試験内容と対策方法などを下記記事で解説しています。

関連記事福岡市教員採用試験の難易度はどれくらい?倍率推移を教科別に解説

佐賀県教員採用試験

佐賀県教員採用試験の難易度や倍率、試験内容と対策方法などを下記記事で解説しています。

関連記事佐賀県教員採用試験は面接より筆記重視?倍率推移を教科別に分析!

長崎県教員採用試験

長崎県教員採用試験の難易度や倍率、試験内容と対策方法などを下記記事で解説しています。

関連記事【面接は何を聞かれる?】長崎県教員採用試験の質問と課題を公開

熊本県教員採用試験

熊本県教員採用試験の難易度や倍率、試験内容と対策方法などを下記記事で解説しています。

関連記事【対策法あり】熊本県教員採用試験の難易度と倍率推移を教科別に解説!

熊本市教員採用試験

熊本市教員採用試験の難易度や倍率、試験内容と対策方法などを下記記事で解説しています。

関連記事熊本市教員採用試験は面接の難易度が高い?倍率推移を教科別に解説!

大分県教員採用試験

大分県教員採用試験の難易度や倍率、試験内容と対策方法などを下記記事で解説しています。

関連記事【筆記ができないと落ちる?】大分県教員採用試験の倍率推移を解説!

宮崎県教員採用試験

宮崎県教員採用試験の難易度や倍率、試験内容と対策方法などを下記記事で解説しています。

関連記事宮崎県教員採用試験が難しい3つの理由|倍率推移と対策法を教科別に解説

鹿児島県教員採用試験

鹿児島県教員採用試験の難易度や倍率、試験内容と対策方法などを下記記事で解説しています。

関連記事【難易度は低下傾向】鹿児島県教員採用試験 倍率の推移|今後も解説!

沖縄県教員採用試験

沖縄県教員採用試験の難易度や倍率、試験内容と対策方法などを下記記事で解説しています。

関連記事沖縄県教員採用試験の難易度は全国1位?過去の倍率推移を教科別に解説!

終わりに

効率よく勉強するには、情報を早めに入手することが大切です。

ネット上には多くの情報があふれていますが、必ず最新のものを信じましょう。

検索上位にでてきたからといって、情報が新しいとは限りません。

情報を取捨選択する力もこれからは必要です。