広島県・広島市教員採用試験 グループワークの過去問|流れを解説!

hiroshima-groupwork

どうも福永( @kyosai365)です。

この記事を書いている僕は、大学などで教採指導歴11年目。月間平均アクセス数15万の総合サイト「教採ギルド」の運営をしています。

福永

今回は、「広島県・広島市教員採用試験のグループワーク」をテーマに話をしていきます。

出題されたテーマや流れの確認をしましょう!

さっそく、まとめていきます。

関連記事広島県・広島市教員採用試験 倍率の推移|合格ロードマップ

広島県・広島市教員採用試験 グループワークとは

hiroshima-groupwork (2)

グループワークはテーマについて、グループで協議し、発表(実演)する人物試験です。

試験時間は20分で、時間内にまとめられるように工夫する必要があります。

時間をオーバーすると評価は厳しくなるので注意しましょう。

試験の流れ

STEP1
協議

与えられた【課題】を踏まえて、グループ内で協議します。

STEP2
練習

与えられた【課題】を踏まえて、グループ内で役割を決めて、発表する練習をします。

STEP3
実演

決まった内容を2分間で実演(発表)します。※全員が何かを演じる。

STEP4
片付け

発表が終わったら、全員で後片付けをして退室します。

広島県・広島市教員採用試験 グループワークの過去問

hiroshima-groupwork (1)

  • 2019年(令和2年度)
  • 2018年(平成31年度)
  • 2017年(平成30年度)

実際のテーマを見て、イメージをつかみましょう。

※2020年(令和3年度)は中止となっています。

2019年(令和2年度)

グループワークのテーマ(PDF)を見る。

※ホームページより引用しておきます。

2018年(平成31年度)

グループワークのテーマ(PDF)を見る。

※ホームページより引用しておきます。

2017年(平成30年度)

グループワークのテーマ(PDF)を見る。

※ホームページより引用しておきます。

広島県・広島市教員採用試験 グループワークまとめ

本記事では、広島県・広島市教員採用試験のグループワークをまとめていました。

面接とは違い、協力して作業が必要な試験です。

一人だけ目立っても、出来なくても合格することは厳しいですよ。

日頃から、周りと協力する姿勢を大切に行動しておきましょう。