【北海道・札幌市教員採用の面接対策】過去の質問と効率的な対策法!

hokkaido-kyouinsaiyoiusiken-mensetsu-situmon

しろこ
しろこ

北海道教員採用試験の一次に受かりました!これから対策をはじめるけど正直間に合いますかね?何が質問されるのか知りたいです。

このような悩みを解決できる記事を書きました。

結論からいえば、やり方次第で間に合わせることは可能です!しかし、僕的にははやめの対策をおすすめしていますよ!

今回は北海道・札幌市教員採用試験の個人面接で聞かれた質問内容と使い方(対策法)を紹介していきます。

前半では、傾向にも触れておくので、初めて受験する人は参考になるかと。

さっそく、見ていきましょう!

関連記事【3分で理解】北海道・札幌市教員採用試験の概要を徹底解説! 

【北海道・札幌市教員採用試験】面接はどんな試験なの?傾向を解説!

hokkaido-kyouinsaiyou-mensetsu-naiyou

まずは、面接試験の傾向を抑えておきましょう。

項目内容
実施二次試験
内容個人面接
回数2回
試験時間1回20分
面接官3人
面接カードあり

北海道・札幌市教員採用試験の面接は二次試験に全校種・教科を対象に実施されます。

内容は受験者1人と面接官3人による個人面接です。

福永
福永

特徴は1人2回あることですね!

より、人間性が問われる選考になっています。試験時間は1回20分程度です。

面接官の役割

面接官は3名で、それぞれ役割を持っていることが多いです。

  • A:表情や態度を見る
  • B:話の一貫性を見る
  • C:悪役

質問している面接官の方を向いて返答するようにしましょう。

関連記事教員採用試験 圧迫面接の対処法3つを解説!

面接カード(自己推薦書)

面接は事前に提出する「自己推薦書」の内容から多く質問されます。

  • 教員を志望する理由(併願者は、第2希望の受験区分を志望する理由も併せて記載すること)
  • 北海道(札幌市)で勤務を希望する動機、理由(できる限り詳細に、具体的に記載すること)
  • 教科指導、食に関する指導、生徒指導、教育相談、教育実習、各種体験学習等重要的に履修した分野又は専門の教科や領域に関して努力していること。
  • 教育実習等において生徒指導を進める上で努力したことや、生徒指導に関する考え方
  • クラブ活動、ボランティア活動、介護体験での活動等の内容や実績
  • 資格や特技
  • 性格の長所、短所

適当に書けば、損するので気をつけましょうね。

しっかり書くためにも、自己分析に時間を多く使ってくださいね。

関連記事教員採用試験 面接カードの書き方|自己分析が重要【添削方法あり】

面接の評価は5段階

個人面接は、次の5項目について評価されますよ!

  • 態度
  • 表現力
  • 判断力
  • 意欲
  • 指導力

特徴を解説していきますね。

基準①:態度・誠実さ・倫理性

とても重要な評価項目です。

  • 動作
  • 礼儀
  • 身だしなみ
  • 応答

こういった「印象」に関する評価部分です。

面接試験では「印象」で評価が一気に変わります。

そのため、誰からも良い印象を受け取ってもらえるように振る舞う必要がありますよ。

基準②:表現力

自分が発言するときに評価される部分です

  • 正確
  • 論理的
  • 分かりやすく

ただ話せても、これらが含まれていないと評価は上がりません。

自分のことばで、経験してきたことを話せるように練習しましょう

基準③:判断力

質問された内容を理解して、返答できているかを評価されます。

評価があがらない人は、見当違いな発言をしている場合が多いです。

聞かれたことの意味を理解してから、発言するようにしましょう。

基準④:意欲・情熱

  • 志望動機が明確
  • 教職に対する情熱

こういった部分を評価されます。

とくに大学生は、教職に関する経験が少ないため、いかに「やる気・情熱」をアピールできるかが重要ですよ。

基準⑤:指導力

  • 専門知識
  • 実践的指導力

これを、指導法を通して適性があるかを評価されます。「授業のねらいに応じた指導」、「児童生徒が興味・関心をもてる」授業を行うことがポイント。

関連記事【悲報】教員採用試験 面接の評価はなんとなくです【印象を磨け】

【北海道・札幌市教員採用試験】面接で質問された内容

hokkaido-kyousai-mensetsu-situsmon

面接で重要なことは、過去の傾向(質問内容)を知ることです。

なぜなら、聞かれる内容がわからないと何をどう準備すればいいかわからないからです。

例えば、一般的に自己PRや志望動機はよく聞かれる項目です。でも、自治体によってはまったく質問されておらず、生徒指導や教育問題に関する質問ばかりってこともあるんですよね。

後述していますが、質問内容を把握しているかどうかで面接対策の効率が違ってきます。実際に聞かれた質問を抜粋してまとめているので、活用してください。

  • 5年後、10年後に、どのような人になっていたいですか。
  • あなたが気になる教育問題は何ですか。
  • 「わかる」「できる」「楽しい」のうち、どれを一番にしますか。
  • 「主体的で深い学び」を実践していますか。また、それはどのような授業ですか。
  • 「いじめられている。」と訴えてきた生徒にはどのように対応しますか。
  • 「優しい先生」、「厳しい先生」のどちらになりたいですか。
  • ICT機器を生徒にどのように活用すべきと考えていますか。
  • アクティブ・ラーニングとは何ですか、あなたの言葉で述べてください。
  • 「生きる力」を3つ言えますか。
  • 「開かれた学校」とはどのような学校ですか。
  • 「嫌い」には他の意味が含まれていると思いますが、どのようなことだと考えますか。
  • 「まほうのかいわ」を知っていますか。
  • ICT、プログラミング、読書等の中で、具体的に効果があり、活用したいと感じたものはありますか。
  • ICT機器を活用したことはありますか。
  • LGBTについてどう考えていますか。

こういった内容を知らずに志望動機ばかり考えていても直接的な対策にはなりません。効率よく対策するためにも過去問を把握しておくことが大切です。

別記事でも質問を公開しているので参考にしてください。

関連記事北海道・札幌市教員採用 個人面接の質問集295選

【北海道・札幌市教員採用試験】おすすめの面接対策法を解説!

hokkaido-kyosai-mensetsu-otinaitameni

では、具体的にどうやって対策をしていくか解説していきます。

結論からいうと、自分の考えた回答に対して「なぜ?」と問いかけて深堀していく方法がおすすめです。

理由は簡単で、評価はコンピテンシーで行われるからです。

コンピテンシー型ってなに?

コンピテンシー型面接って聞いたことありますか?

コンピテンシー型面接とは

ある出来事に対して、どう考え、行動し、改善してきたのかを話させることでその人の行動特性を引き出す面接試験のこと。

わかりやすく言えば、あなたの発言や面接カードの内容に深くツッコミを入れて、どんな行動をしてきたのかが知りたいってことです。

例えば、「サークル活動で部長をやった」という出来事に対して、

  • 部長になった理由は?
  • 部長をやってつらかったことは?それをどう乗り越えたの?
  • 部長経験を教員にどう活かせる?

といった感じで深掘りしていき、受験者の思考力や行動パターンを探るんですね。

コンピテンシー型面接では、どの受験者にも同じような質問をされます。同じ質問でも経験してきた内容は違うので、幅広く受験者を評価できるんですね。

逆に考えれば、聞いて欲しい内容は自分で作るわけですから、しっかり自演準備をして臨めば攻略は可能。準備不足だと深く突っ込まれたときに回答できませんからね。

福永
福永

体験談を話そうと思っても、すぐには話せないですからね。練習していつでも引き出せるようにしておくといいですよ。

面接官を説得できれば合格

では、どうやって回答を準備していくか具体的に解説します。

先日、下記ツイートをしました。

面接対策を後回しにしてしまい、合否がわかってから焦っている人は最低限これだけはやりましょう!

過去の質問内容や提出する(した)面接カードに対して回答を深掘りする

面接は試験官の「なぜ?」に対して理由を論理的に述べる場です。徹底して自分の回答を追求!あとは印象よくすればOK。

@kyosai365

例えば、「部活動は何をやっていましたか」という質問に、あなたが「中学〜高校まではテニス部で、大学ではフットサルサークルに所属していました」と答えたら面接官はどう感じるかをイメージしてみます。

  • 部活動で苦労したことは?
  • 役職には就いていた?
  • 大学で部活を変えた理由は?

といった疑問をおそらくもつはずなので、それぞれについて再度回答を考えることが大切です。

こんな感じで自分の回答から想定される質問を先読みして準備すれば下準備OKです。あとは模擬面接を数回繰り返して受け答えができているか、印象は大丈夫かの確認をしてください

福永
福永

過去の質問内容は「北海道・札幌市教員採用 個人面接の質問集295選」で紹介しているので参考にしてください。

面接は一人2回!重要に決まっている

hokkaido-kyosai-mensetu-taisaku

本記事では、北海道・札幌市教員採用試験の個別面接をまとめていました。

個別面接は1人2回あるため、重要です!

面接では、事前に提出する自己推薦書の中から質問されていますよ。

自己分析がポイントとなるので、時間をかけて行いましょう!

質問される内容は主に3種類。

  • 自己PR
  • 教職・志望動機
  • その他

どんな質問をされても、自己分析をしておけば、返答できるはず。

質問された内容295個を公開しています。

有効活用して、練習してくださいね。

関連記事【過去問】教員採用試験の面接で聞かれることは?質問内容を解説!