兵庫県教員採用試験 模擬授業の過去問|流れを知って対策をしよう!

兵庫県教員採用試験 模擬授業の過去問

どうも福永( @kyosai365)です。

今回は「兵庫県教員採用試験の模擬授業」をテーマに話していきます。

この記事を読めば、「試験の流れ」や「テーマ」を知れますよ。

福永

この記事を書いている僕は、大学などで教採指導歴11年目。月間平均アクセス数15万の総合サイト「教採ギルド」の運営をしています。

参考にしてください。

関連記事【合格率18%】兵庫県教員採用試験 倍率の推移|対策ロードマップ

兵庫県教員採用試験 模擬授業の傾向

兵庫県教員採用試験 模擬授業の傾向

模擬授業は二次選考で実施されます。

個人面接の前に行い、模擬授業に関する質問もありますよ。

まずは流れを確認しましょう。

流れ1
テーマの発表

模擬授業のテーマは事前にホームページで公開されます。

 

必ず確認しましょう。

流れ2
使用教材の配布

試験日に教材が配布され、試験時間5分前になったら内容を見ることができます。

 

流れ3
構想

5分間で授業の構想を行います。

流れ4
模擬授業

最初に本時の狙いと内容を1分で説明してから模擬授業を行ないます。

 

試験時間は10分。

流れ5
質問

模擬授業が終わると、数問聞かれてから個人面接に移ります。

 

兵庫県教員採用試験 模擬授業のテーマ

兵庫県教員採用試験 模擬授業の過去問 (1)

過去に出題された模擬授業のテーマをまとめています。

2020年(令和3年度)

2019年(令和2年度)

2018年(平成31年度)

模擬授業のあとに聞かれる内容

  • 模擬授業の出来はどうでしたか。
  • 今の授業に点数をつけてみてください。また、理由もお願いします。
  • 模擬授業の良かった点を言ってください。
  • 工夫した点はどこですか。
  • 失敗した、改善が必要だと思った点はありますか。
  • もう一度挑戦できるならどうしますか。
  • この後の展開はどうなりますか。

兵庫県教員採用試験 模擬授業まとめ

本記事は兵庫県教員採用試験の模擬授業をまとめていました。

模擬授業は試験です。

面接と同じで、「話し方」や「表情」などが重要なんですね。

普段と同じように授業をしても合格点は取れません。

  • 「普段より身振り手振りを大きくする」
  • 「大きい声、笑顔で授業をする」

といったテクニックを駆使して対策をしましょう!

関連記事教員採用試験 模擬授業で評価を上げる4つのコツ