【傾向と対策】兵庫県教員採用試験の内容を徹底解説!【過去問あり】

兵庫県教員採用試験 過去問

  • どんな試験があるの?
  • 傾向や対策法が知りたいな。
  • 過去問を見てみたいんだけど。

 

教員採用試験の内容は、幅広いので「結局、何からやればいいんだろう・・・」と挫折してしまう人はとても多いです。

令和4年度(2022年度)の試験内容は、次のとおり。

 

試験 内容
一次試験 一般教養
教科専門
集団面接
二次試験 個人面接
模擬授業
実技試験

 

筆記試験から面接まで、多いですよね。

とはいえ、内容や傾向を知らないで対策をしてしまうと、「こんなに時間を使ったのに、まったく結果がでない」という状況になってしまうことがよくあります。

 

福永

特に真面目な方は、全部やらなくちゃいけないと思って失敗するケースが多いです。

 

そこでこの記事では、

  • 試験ごとの内容や特徴
  • 傾向や対策方法
  • 過去問

といった、対策を始めるときに必要な情報を、これから始めて勉強する人でもわかるように解説していきます。

 

福永

この記事を書いている僕は、大学などで教採指導歴12年目。月間平均アクセス数15万の総合サイト「教採ギルド」の運営をしています。

 

この記事を参考にして対策を始めれば、無駄なことをやって失敗することはないはずです。

なお、試験日程が知りたい場合は、こちらの「【令和4年度】兵庫県教員採用試験の日程まとめ|おすすめの併願先も解説!」をご覧ください。

兵庫県教員採用試験 一般教養の内容と過去問

兵庫県教員採用試験 合格に必要な情報

教職教養科目一般教養科目から構成される筆記試験です。

 

科目 内容
教職教養 生徒指導や法律など、教師として必要な知識を問う。
一般教養 国語や数学など、高校までに学んだ知識を問う。

 

特徴は、一般教養科目の占有率が圧倒的で、科目数は全国1番の多さなんですね。

科目や出題形式を確認しましょう。

一般教養の試験科目

分野 科目
教職教養 教育原理 / 教育法規 / 教育心理 / 教育史 / 教育時事
人文科学 国語 / 英語 / 音楽 / 美術 / 保健体育 / 家庭
社会科学 日本史 / 世界史 / 地理 / 政治
自然科学 数学 / 物理 / 化学 / 生物 / 地学
その他 コンピュータ / 一般常識 / ローカル

※過去3年間で出題のあった科目をまとめています。

やばい科目数ですよね・・・。

 

福永

日本史に世界史なんて・・・。保健体育まであるし・・・。

 

焦って全部に手をつけていたら、試験までに終わらないので、出題傾向を把握して勉強することがポイント

一般教養の出題形式

  • 試験時間:60分
  • 問題数:50問

試験時間のわりに、問題数が多いんですよね。

なので、1問に時間を使いすぎると、時間切れになってしまいます。

 

福永

数学や理科など、計算が必要な問題もあるので、時間配分が大切!

 

解答方法は、すべて4つの選択肢から選ぶ択一式(マークシート)です。

一般教養の過去問

ここでは、兵庫県で出題された一般教養の問題をまとめています。

「出題形式」や「内容」の確認をしてみましょう。

2020年(令和3年度)

一般教養の問題を確認する(PDF:393KB)

2019年(令和2年度)

一般教養の問題を確認する(PDF:489KB)

 

なお、ボーダーラインや出題傾向を知りたい場合は、こちらの「【勉強法】兵庫県教員採用試験 一般教養の合格ライン|出題傾向を徹底解説!」で詳しく解説しているので参考にしてください。

 

【勉強法】兵庫県教員採用試験 一般教養の合格ライン|出題傾向を徹底解説!

 

兵庫県教員採用試験 教科専門の内容と勉強法

兵庫県教員採用試験 採用人数

志望する教科の専門知識から構成される筆記試験です。

専門教科の出題レベル

一般教養・教職試験に比べると、科目数は多くないけど、出題レベルが高いので、難しく感じるかも。

 

福永

大学入試レベル(共通テスト)の出題を想定しよう!

 

また、知識のほかに、学習指導要領からも出題があるので、「目標」や「内容」は押さえておきましょう。

出題は「記述式」。

専門教科の配点は2倍

一般教養に比べて、配点が2倍あります。

なので、専門教科で高得点をとることが第1目標になりますよ!

専門教科の勉強法と参考書

次の記事でまとめているので、参考にしてみてください。

勉強法

 

教員採用試験 専門教養の勉強方法を解説!【3分で理解】教員採用試験 専門科目の勉強法を4ステップで解説

 

参考書

 

【2022年度】教員採用試験のおすすめ参考書と選び方を解説【独学者必見】

 

兵庫県教員採用試験 集団面接(討論)の内容

集団面接は内容に気を付けましょう!

なぜなら、受験者間で話し合う(討論)試験だからです。

面接官からの質問に回答する試験じゃないんですね。

集団面接の形式

  • 試験時間:20分
  • 受験者:8人

1グループ8人程度で実施します。

面接官は2人。

集団面接の流れ

STEP1
説明

試験会場に入ると、集団面接についての説明が行われます。

 

説明後、教室へ移動します。

STEP2
テーマの発表

事前にHPで3つのテーマが発表されており、当日に話し合う内容が発表されます。

STEP3
討論

討論がスタート。

 

発言は挙手制で、結論を出す必要はありません。

 

しかし、時間内に終われるようにしないと途中で打ち切られます。

集団面接の評価観点

  • 健康度
  • 積極性
  • 共感性
  • 社会性

この4つの観点に沿って、評価されます。

評価は3段階。

健康度

困難を克服する精神力や健康性に関する評価

積極性

仕事に対する意欲や情熱に関する評価

共感性

児童生徒に対する共感性に関する評価

社会性

周囲とのコミュニケーション能力に関する評価

それぞれ意識しましょう。

なお、出題されたテーマなどを知りたい場合は、こちらの「兵庫県教員採用試験 集団面接の過去問|内容は討論、協力が必要!」をご覧ください。

 

【兵庫県教員採用試験】集団面接ではない?討論だ!内容とテーマを解説

 

兵庫県教員採用試験 模擬授業の内容と過去問

兵庫県教員採用試験 模擬授業の過去問

個人面接の前に行い、模擬授業に関する質問もありますよ。

模擬授業の流れ

流れ1
テーマの発表

模擬授業のテーマは事前にホームページで公開されます。

 

必ず確認しましょう。

流れ2
使用教材の配布

試験日に教材が配布され、試験時間5分前になったら内容を見ることができます。

 

流れ3
構想

5分間で授業の構想を行います。

流れ4
模擬授業

最初に本時の狙いと内容を1分で説明してから模擬授業を行ないます。

 

試験時間は10分。

流れ5
質問

模擬授業が終わると、数問聞かれてから個人面接に移ります。

模擬授業の過去問(テーマ)

過去に出題された模擬授業のテーマをまとめています。

令和3年度(2021年度)

令和2・平成32年度(2020年度)

平成31年度(2019年度)

模擬授業に関する質問

  • 模擬授業の出来はどうでしたか。
  • 今の授業に点数をつけてみてください。また、理由もお願いします。
  • 模擬授業の良かった点を言ってください。
  • 工夫した点はどこですか。
  • 失敗した、改善が必要だと思った点はありますか。
  • もう一度挑戦できるならどうしますか。
  • この後の展開はどうなりますか。

兵庫県教員採用試験 個人面接の内容と過去の質問

兵庫県教員採用試験 模擬授業の傾向

面接は次の4項目に関する質問を通して、受験者の人間性を評価する試験です。

  • 自己啓発
  • 志望・熱意
  • 職業・教育観
  • その他

とくに、「職業・教育観」の質問が多いですね。

求める教員像

自治体ごとに、求める教員像があります。

志望動機などを考える際に、ミスマッチがないか確認するようにしましょう。

次のとおりです。

  • 知・徳・体の調和がとれ、自立して生涯にわたって自らの夢や志の実現に努力する人
  • ふるさとを愛し、互いに支え合い協力しながら、明日の兵庫を切り拓き、日本の未来を担う人
  • 我が国の伝統と文化を基盤として、創造性やチャレンジ精神をもって国際社会に貢献できる人

面接でも、内容を聞かれていますよ。

個人面接の試験時間

試験時間は20分程度です。

一人あたり7~9個くらいの質問をされていますよ。

時間を指定された質問もあるので、時間配分を意識しましょう。

個人面接の質問内容

過去に聞かれた質問内容をまとめています。

自分なりの回答を準備していきましょう。

質問①:自己啓発

  • 長所を活かして、どんな指導ができますか。
  • 今、努力していることはありますか。
  • あなたの、どこが教員に向いていると思いますか。
  • 1分間で自己PRをしてください。

質問②:志望・熱意

  • 教員を志望する理由は何ですか。
  • 教員を目指したきっかけは何ですか。
  • 兵庫県の教員を志望する理由は何ですか。
  • 志望する校種の理由は何ですか。

質問③:職業・教育観

  • 担任を持ちたいと思いますか。また、何年生がいいですか。
  • 部活動経験から生徒に教えたいことは何ですか。
  • 教員の義務を言ってください。
  • 兵庫県のいじめの定義を知っていますか。

質問④:その他

  • 持っている資格を教えてください。
  • 最近気になるニュースはありますか。
  • 休日はどのように過ごしていますか。
  • PC操作はどのくらいできますか。

 

こういった質問集を使って、自分の回答を準備していきましょう。

面接が苦手なあなたに、超有効な対策法ですよ!

なお、「【過去問】兵庫県教員採用試験の個人面接で聞かれた211個の質問集」でも211個の過去問を公開しています。

有益な情報なので、上手く活用してください!

兵庫県教員採用試験 配点

試験ごとに配点が決まっています。

配点が高いほど、優先して攻略したい試験ですよ!

一次試験の内容と配点

試験 点数
一般教養 100点
教科専門 200点
集団面接 100点

二次試験の内容と配点

試験 点数
模擬授業 120点
個人面接 180点
実技試験 ※100点

※中学校・高等学校の音楽、美術、書道、保健体育は150点。

専門教科と面接をメインに対策していきましょう!

兵庫県教員採用試験 内容まとめ

今回は、兵庫県教員採用試験の内容をテーマに話していました。

MEMO
  1. 一次試験の内容は「一般教養 / 専門教科 / 集団面接」
  2. 二次試験の内容は「個人面接 / 模擬授業 / 実技試験」
  3. 一般教養は科目数が多いので、出題傾向を把握。
  4. 専門教科は配点が高いので、優先して勉強。
  5. 集団面接は、討論なので注意。
  6. 模擬授業は、内容に関する質問がある。
  7. 個人面接は、事前回答を多く準備しておく。

試験内容は幅広いので、適当にやっても時間がもったいないです。

1年間ダラダラ勉強するよりも、半年間、傾向に沿って勉強した方が受かります。

頭の良い・悪いよりも、効率よく勉強できる人が受かる試験です。