兵庫県教員採用試験 一般教養の勉強法|無駄を省く2つのポイント

大学三年生

これから勉強を始めたいけど、どんな科目が出るの?勉強は苦手だけど、どうやって進めたらいいですか。

このような悩みを解決できる記事を書きました。

  • 一般教養の傾向
  • 過去問で出題形式を知ろう
  • 勉強を楽にする2つの情報

こういった話をしていきます。

この記事を書いている僕は、大学などで教採指導歴11年目。月間平均アクセス数15万の総合サイト「教採ギルド」の運営をしています。

福永

結論からいうと、勉強を始める前に過去の出題傾向を知りましょう!

一般教養には、次の特徴があるからです。

  • 試験科目が多い
  • 範囲が膨大

そのため、全科目・範囲を勉強することは非効率なんですね。

だからこそ、出題範囲を知って、勉強することがポイントです。

具体的なデータを見ながら、解説していきますね。

さっそく、見ていきましょう!

関連記事兵庫県教員採用試験 倍率は全国4位で難易度高め|合格ロードマップ

兵庫県教員採用試験 一般教養の傾向

兵庫県教員採用試験 一般教養の傾向

まずは、一般教養の基礎的な情報を知っておきましょう。

  • 試験科目
  • 試験時間
  • 合格点

順に見ていきましょう。

傾向①:試験科目

  • 教職科目
  • 一般科目

兵庫県は、この2科目から出題があります。

中でも「一般科目」の出題比重が多いといった傾向がありますよ。

教職科目

  • 教育原理
  • 教育法規
  • 教育心理
  • 教育史
  • 教育時事

主に、「教員として必要な知識」に関する科目です。

科目の特徴を「【まとめ】教員採用試験 教職教養を対策せよ|特徴や勉強方法を解説!」で解説しています。

一般科目

  • 人文科学
  • 社会科学
  • 自然科学

主に、「中学~高校まで」に勉強した科目から出題があります。

その他にも、一般常識やコンピュータに関する問題もあり、全国で1番出題科目数が多いですよ!

科目の特徴を「【勉強法】教員採用試験 一般教養を攻略する簡単5ステップ」で解説しています。

傾向②:試験時間

試験時間は60分です。

問題数は50問なので、時間のかけすぎに注意しましょう。

  • 計算問題
  • 読解問題

こういった問題に時間をかけないことがポイントです。

出題形式は、主に2つ。

  • 正誤問題
  • 空欄補充

選択肢4つで、全問マークシート方式です。

過去問例を後述しているので、形式の確認をしてくださいね。

傾向③:合格点(ボーダーライン)

一般教養の目安は60点前後です。

専門教養の配点が2倍あるため、そっちで高得点を取れれば負担を減らすことができますよ。

安定して合格するためにも、60点を取れるように学習計画を組み立てましょう。

兵庫県教員採用試験 一般教養の過去問

兵庫県教員採用試験 一般教養の過去問

教員を目指している人

過去問は実力がついてからやる!

こう思っていませんか?

結論からいうと、間違いです。

あなたは、これから勉強をするわけですが、「どの科目」から勉強を始めますか?

教員を目指している人

「・・・。」

恐らく、こうなったはず。

なぜなら、「何を勉強すれば点数が取れるのか」を知らないからです。

これを解決するヒントが「過去問」なんですね。

だからこそ、過去問は最初に見るべきなのです。

  • 2020年(令和3年度)
  • 2019年(令和2年度)

参考にしてみてください。

2020年(令和3年度)

過去の出題例をダウンロードする(PDF)

2019年(令和2年度)

過去の出題例をダウンロードする(PDF)

なお、過去6年分の出題範囲を「【過去問】兵庫県教員採用試験 一般教養の出題範囲を公開」でまとめています。

CHECK NOW

兵庫県の出題範囲を知る

兵庫県教員採用試験 一般教養の対策を楽にする情報公開

兵庫県教員採用試験 一般教養の勉強法

  • 科目ごとの出題数一覧
  • 頻出分野一覧

この2つの情報を公開していきます。

過去問のとこでも触れましたが、これを知っているだけで、勉強の半分は終わったようなものですよ。

簡単にいえば、ゲームの攻略本みたいなものです。

闇雲にプレイするより、圧倒的に早くクリアできますよね。

一人で過去問を5~6年分くらい分析すれば、できるけど、初めて勉強する人には難易度が高いかと。

そういった無駄を省いて、すぐに行動できますよ!

対策①:科目ごとの出題数

過去3年間の科目別出題数は次のとおり。

科目 2020 2019 2018



教育原理 4 3 4
教育法規 2 1 4
教育心理 1 2
教育史 1
教育時事 1



国語 8 8 10
英語 8 8 12
音楽 1 1 1
美術 1 1 1
保健体育 1 1 2
家庭 1 1 2



日本史 3 2 3
世界史 1 2 2
地理 1 2 2
政治 1 2



数学 4 4 6
物理 1 1 2
化学 1 1 2
生物 1 1 1
地学 1 1 1


コンピュータ 6 6 8
一般常識 1 1 3
ローカル 2 2 1
合計 50 50 70

とにかく出題科目が多いため、科目ごとに勉強の優先順位を決めておくことが大切です。

  • 国語
  • 英語
  • コンピュータ
  • 数学

これらの科目は対策が必須といえますね。

対策②:頻出分野一覧

教員を目指している人

数学は苦手・・・。でも、出題数多いし、どうすればいい?

苦手な人は、次の3分野だけでいいので勉強しましょう!

  • 二次関数
  • 図形
  • 確率

理由は、出題される可能性が高いからです。

データをお見せしますね。

hyogo-kakomon

これは、過去6年間の出題分野を一覧にしたものです。

見てのとおり、「出る分野」「出ない分野」が分かりますね。

勉強が苦手な人は、「全部をしなくてはいけない!」と思いがち。

しかし、本当に必要な部分は、あんまりないですよ。

こういったデータを知って対策するだけでも、効果的に勉強できると思います。

他の科目についても「【過去問】兵庫県教員採用試験 一般教養の出題範囲を公開」でまとめています。

勉強が苦手な、あなたにおすすめなデータです。

上手く活用してみましょう!

CHECK NOW

兵庫県の出題範囲を知る

兵庫県教員採用試験 一般教養の攻略

兵庫県教員採用試験 一般教養の対策法

最後に、一般教養を攻略するうえで、役に立つ記事を2つ紹介しています。

  • 参考書
  • 覚え方

勉強を効率よくするうえで、知っておくと得ですよ。

使えるテキストを選ぶ

【キャリア11年目の僕が選ぶ】教員採用試験 おすすめの参考書3選

効果的な覚え方

【勉強法】教員採用試験 覚え方を解説|復習が重要です!

兵庫県教員採用試験 一般教養まとめ

本記事では、兵庫県教員採用試験の一般教養をまとめていました。

  • 試験科目が多い
  • 範囲が膨大

一般教養は、こんな特徴があるので対策が難しいです。

しかし、出題傾向を把握して勉強することで、難しさを軽減することは可能。

この記事を何度も読み込めば、必要なことは分かるかと。

あとは、情報をもとに勉強を始めていきましょう。

この積み重ねが、合格を確実にしますよ。

CHECK NOW

兵庫県の出題範囲を知る