兵庫県教員採用試験 一般教養の勉強法|無駄を省く2つのポイント

どうも福永( @kyosai365)です。

今回は「兵庫県教員採用試験の一般教養」をテーマに話していきます。

主な内容
  • 【出題傾向】出題科目の多さは全国1番です。
  • 【過去問】出題形式や内容を確認しよう。
  • 【勉強法】全科目・範囲を勉強すると落ちます。

ここで解説する内容は、少し勉強した人向けに「点数を上げるために必要なこと」をまとめています。勉強の仕方が知りたい人は「【初学者向け】教員採用試験 勉強方法を徹底解説!」が参考になると思いますよ。

これから対策をする人には難しいかもですが、「傾向を理解できる」ためスムーズに勉強ができるはずです。

福永

この記事を書いている僕は、大学などで教採指導歴11年目。月間平均アクセス数15万の総合サイト「教採ギルド」の運営をしています。

具体的なデータを見ながら、解説していきますね。

さっそく、見ていきましょう!

関連記事兵庫県教員採用試験 倍率は全国4位で難易度高め|合格ロードマップ

兵庫県教員採用試験 一般教養の概要

兵庫県教員採用試験 一般教養の傾向

一般教養試験は、一次選考で実施されます。

一次選考は「一般教養」のほか「専門教科」と「集団面接」の合計点で合否が決まります。

一般教養の配点は「100/400点」と高くありません。しかし、出題科目・範囲が膨大のため対策に時間がかかってしまうんですね。

ですので、出題範囲を踏まえて効率よく勉強するようにしましょう。

解答形式は、「全問マークシート式」で、4つの選択肢から1つを選んで解答する形式です。

出題は20科目以上

出題科目は下記の2分野で構成されます。

  • 教職教養
  • 一般教養

出題科目数は20科目を超えており、全国1番の多さなんですね。

試験科目一覧(過去3年分) / 試験時間 / 問題数

分野 / 教科 科目
教職教養 「教育原理」「教育法規」
「教育心理」「教育史」
「教育時事」



人文科学 「国語」「英語」
「音楽」「美術」
「保体」「家庭」
社会科学 「日本史」「世界史」「地理」
「政治」「経済」
自然科学 「数学」「物理」「化学」
「生物」「地学」
その他 「コンピュータ」「一般常識」「ローカル」

試験時間は60分です。

問題数が50問なので、1問につき約1分で解かないと間に合いません。

福永

理系科目は計算が必要な問題もあるため、時間のかけすぎに注意!

出題数は科目ごとに違う

科目ごとに出題数が異なります。

過去3年間の科目別出題数がこちらです。

科目 2020 2019 2018



教育原理 4 3 4
教育法規 2 1 4
教育心理 1 2
教育史 1
教育時事 1



国語 8 8 10
英語 8 8 12
音楽 1 1 1
美術 1 1 1
保健体育 1 1 2
家庭 1 1 2



日本史 3 2 3
世界史 1 2 2
地理 1 2 2
政治 1 2



数学 4 4 6
物理 1 1 2
化学 1 1 2
生物 1 1 1
地学 1 1 1


コンピュータ 6 6 8
一般常識 1 1 3
ローカル 2 2 1
合計 50 50 70

とにかく試験科目が多いため、科目ごとに勉強の優先順位を決めておくことが大切です。

合格点(ボーダーライン)

一般教養の目安は60点前後です。

合格者の多くが自己採点で、このくらいを取っています。

試験科目が多いため、細部にこだわるよりも、頻出科目・範囲に絞って幅広く対策しましょう。

福永

専門教養の配点が2倍あるため、そっちで高得点を取れれば負担を減らすことができますよ。

兵庫県教員採用試験 一般教養の過去問

兵庫県教員採用試験 一般教養の過去問

ここでは、兵庫県で出題された一般教養の問題をまとめています。

「出題形式」や「内容」の確認をしてみましょう。

2020年(令和3年度)

一般教養の問題を確認する(PDF:393KB)

2019年(令和2年度)

一般教養の問題を確認する(PDF:489KB)

 

なお、過去6年間の出題範囲をまとめたデータを「兵庫県教員採用試験 一般教養マニュアル」で公開しています。

どこから勉強すればいいの?」と悩んでいる人は必見です!

すぐに勉強を始めることができますよ。

兵庫県教員採用試験 一般教養の対策法

兵庫県教員採用試験 一般教養の勉強法

悩む人

参考書を買って一通り勉強したけど、やっている内容が正しいのか不安です。

勉強をはじめると、出題範囲の広さに悩むことがあります。

勉強が進んでいる証なんですけど、そのまま続けると時間の無駄になるかもです。

必要なのは全体の2割

パレートの法則」を知っていますか?

重要な部分の8割は全体の2割」という法則で、聞いたことがあるかもしれません。

しかし、頭では分かっているのに全部を勉強してしまう人ばかりなんですね。

これに気づかず勉強を続けると、時間をかけたのに点数が伸びない最悪のパターンに陥ります。

なので、重要な2割を意識していく必要があります。

過去の出題範囲で勉強は完結する。

重要な2割を勉強するには、過去の出題範囲を知ることが必須です。

例えば、数学は4問出るので多くの人が対策をします。

下記の出題範囲データを見ると、必要な分野は4つしかありません。

基本は「頻出度の高い分野のみ」を勉強することです。

試験科目が多いため、全科目・範囲に手を付けるのは理想論にすぎません。

合格点を取るには現実的に考えることがポイントです。

一通り勉強が進んだ人は一度立ち止まって、「重要な2割を踏まえているか」を確認してください。

なお、過去の出題範囲を「兵庫県教員採用試験 一般教養マニュアル」で公開しています。

時間があるときにでも、確認してください。

兵庫県教員採用試験 一般教養まとめ

本記事では、兵庫県教員採用試験の一般教養をまとめていました。

出題科目は20を超えており、全国1番の多さです。出題数を把握して、優先順位をつけるようにしましょう。

また、点数をとるには「パレートの法則(重要な2割)」の理解が必要です。

全科目・範囲を勉強するのは、非現実的で無駄が多すぎます。

過去の出題範囲をもとに、勉強する部分を見極めるようにしましょう。

本記事は以上です。