茨城県教員採用試験の倍率はどれくらい?過去の推移を教科別に紹介!

pref-ibaraki-kyouinsaiyo-bairitsu-suii

大学生
大学生

茨城県教員採用試験の倍率はどれくらいですか?筆記と面接の倍率も知りたいです。

このような悩み・疑問を解決します。

福永
福永

茨城県教員採用試験の平均倍率は3倍を切っており、全国的に低いですよ!

この記事は茨城県教員採用試験の倍率について情報をまとめています。

まずは自分の志望する校種・科目の実施状況を把握しましょう。一次試験、二次試験ごとの倍率もまとめているので、どの試験に重点を置いて対策すべきか把握できるはずです。

本記事を参考に、合格に向けた準備をはじめてください。

関連記事茨城県教員採用試験が難しい理由は3つ!合格率や受かる対策方法を解説!

【茨城県教員採用試験】過去10年間の倍率推移

結論からいえば、茨城県教員採用試験の倍率は低いです。

文部科学省のデータによれば、過去10年間の平均倍率は3.7倍で、全国平均4.3倍より低いです。

年度受験者合格者倍率
令和4年度
(2021年実施)
3,3861,0543.2
令和3年度
(2020年実施)
2,7931,0302.7
令和2年度
(2019年実施)
2,7979852.8
平成31年度
(2018年実施)
2,7618773.1
平成30年度
(2017年実施)
2,9209083.2
平成29年度
(2016年実施)
3,0027953.8
平成28年度
(2015年実施)
3,1988034.0
平成27年度
(2014年実施)
3,3108064.1
平成26年度
(2013年実施)
3,1146304.9
平成25年度
(2012年実施)
3,1875975.3
平成24年度
(2011年実施)
3,2126095.3

直近3年間の倍率も3倍を切っていることからも、決して倍率が高いとはいえません。

しかし、令和4年度から試験日程を変更した影響から今後は倍率が上昇する可能性があるので、気を引き締めて対策しましょう。

関連記事【都道府県別】教員採用試験の倍率推移一覧【全国で低下傾向】

茨城県教員採用試験(小学校)の倍率一覧

ここでは、茨城県教員採用試験の小学校教諭を志望する方向けに以下のデータをまとめています。

  • 過去の倍率推移
  • 一次試験の倍率
  • 二次試験の倍率

これまでの実施状況から、各試験(一次、二次)の倍率まで把握できます。

筆記重視なのか、面接重視なのか把握したうえで、効率よく対策しましょう。

詳細は次のとおり。

過去の倍率推移

年度受験者合格者倍率
20229064262.1
20218034191.9
20208304122.0
20197873482.3
20187773442.3

一次試験の倍率データ

年度受験者合格者倍率
20229067601.2
20218036011.3
20208306031.4
20197874901.6
20187774881.6

一次合格者の決定方法

「教職専門」「専門教科・科目」の総合点で合否を決めます。ただし、各試験のうち一つでも一定の基準に達しない方は、不合格とします。

令和4年度採用 茨城県公立学校教員選考試験実施要項

配点は、教職専門150点に対して、専門教科・科目が440点あります。

専門教科を優先して勉強しつつ、教職教養は出題傾向を把握して効率よく勉強することがポイントです。

下記記事で、詳しい傾向を紹介しているので参考にしてください。

関連記事茨城県教員採用試験 一般教養・教職専門の勉強法|難易度は高め?

関連記事【3分で理解】教員採用試験 専門科目の勉強法を4ステップで解説

二次試験の倍率データ

年度受験者合格者倍率
20227604261.8
20216014191.4
20206034121.5
20194903481.4
20184883441.4

最終合格者の決定方法

総合得点の上位から、順次合格者を選ぶことを原則とします。ただし、「個人面接」「集団討論」「小論文」のうち一つでも一定の基準に達しない方は不合格とします。

令和4年度採用 茨城県公立学校教員選考試験実施要項

二次試験は、個人面接や集団討論、小論文など幅広い試験が実施されます。

一次試験が終わってから対策を始めても間に合わないので、早い段階から準備するようにしましょう。

詳しくは下記記事で紹介しています。

関連記事【これで対策できる!】茨城県教員採用試験の論文テーマ(過去問)を紹介

関連記事茨城県教員採用試験 集団討論の過去問|流れを把握して対策しよう。

関連記事【面接対策で重要なこと】茨城県教員採用試験で聞かれた質問とコツを解説

【科目別】茨城県教員採用試験(中学校)の倍率一覧

ここでは、茨城県教員採用試験の中学校教諭を志望する方向けに以下のデータを教科別にまとめています。

  • 過去の倍率推移
  • 一次試験の倍率
  • 二次試験の倍率

これまでの実施状況から、各試験(一次、二次)の倍率まで把握できます。

筆記重視なのか、面接重視なのか把握したうえで、効率よく対策しましょう。

詳細は次のとおり。

過去の倍率推移

科目20222021202020192018
国語2.01.92.02.33.1
社会4.43.64.15.25.2
数学2.61.72.22.82.6
理科1.91.41.81.82.2
音楽3.02.52.22.62.2
美術1.31.51.61.51.5
保健体育6.34.84.56.16.4
技術1.61.31.62.21.7
家庭1.31.32.01.51.9
英語2.72.12.52.22.9

一次試験の倍率データ

科目受験者合格者倍率
国語82681.2
社会2091191.8
数学1311061.2
理科97741.3
音楽48351.4
美術21191.1
保体3111132.8
技術1815
家庭20191.1
英語1391121.2
科目受験者合格者倍率
国語66581.1
社会157821.9
数学70631.1
理科65601.1
音楽35241.5
美術16151.1
保体211972.2
技術15141.1
家庭14131.1
英語98841.2
科目受験者合格者倍率
国語77631.2
社会148732.0
数学99901.1
理科75651.2
音楽29241.2
美術16131.2
保体202962.1
技術19171.1
家庭22181.2
英語100871.1

一次合格者の決定方法

「教職専門」「専門教科・科目」の総合点で合否を決めます。ただし、各試験のうち一つでも一定の基準に達しない方は、不合格とします。

令和4年度採用 茨城県公立学校教員選考試験実施要項

配点は、教職専門150点に対して、専門教科・科目が400点(実技試験がある科目は200点)あります。

専門教科を優先して勉強しつつ、教職教養は出題傾向を把握して効率よく勉強することがポイントです。

下記記事で、詳しい傾向を紹介しているので参考にしてください。

関連記事茨城県教員採用試験 一般教養・教職専門の勉強法|難易度は高め?

関連記事【3分で理解】教員採用試験 専門科目の勉強法を4ステップで解説

二次試験の倍率データ

科目受験者合格者倍率
国語68411.7
社会119482.5
数学106512.1
理科74511.5
音楽35162.2
美術19161.2
保体113492.3
技術1511
家庭19151.3
英語112512.2
科目受験者合格者倍率
国語56351.6
社会81441.8
数学61421.5
理科58461.3
音楽24141.7
美術15111.4
保体96442.2
技術14121.2
家庭13111.2
英語80461.7
科目受験者合格者倍率
国語62391.6
社会73372.0
数学89471.9
理科63441.4
音楽24141.7
美術13101.3
保体95462.1
技術17131.3
家庭18121.5
英語86451.9

最終合格者の決定方法

総合得点の上位から、順次合格者を選ぶことを原則とします。ただし、「個人面接」「集団討論」「小論文」「実技試験」「口述試験」のうち一つでも一定の基準に達しない方は不合格とします。

令和4年度採用 茨城県公立学校教員選考試験実施要項

二次試験は、個人面接や集団討論、小論文など幅広い試験が実施されます。

一次試験が終わってから対策を始めても間に合わないので、早い段階から準備するようにしましょう。

詳しくは下記記事で紹介しています。

関連記事【これで対策できる!】茨城県教員採用試験の論文テーマ(過去問)を紹介

関連記事茨城県教員採用試験 集団討論の過去問|流れを把握して対策しよう。

関連記事【面接対策で重要なこと】茨城県教員採用試験で聞かれた質問とコツを解説

【科目別】茨城県教員採用試験(高等学校)の倍率一覧

ここでは、茨城県教員採用試験の高校教諭を志望する方向けに以下のデータを教科別にまとめています。

  • 過去の倍率推移
  • 一次試験の倍率
  • 二次試験の倍率

これまでの実施状況から、各試験(一次、二次)の倍率まで把握できます。

筆記重視なのか、面接重視なのか把握したうえで、効率よく対策しましょう。

詳細は次のとおり。

過去の倍率推移

科目20222021202020192018
国語3.72.02.43.02.6
世界史10.54.85.23.74.2
日本史12.26.811.815.35.1
地理5.32.85.43.32.4
公民14.34.66.49.07.3
数学5.44.75.74.95.8
物理5.44.84.41.73.0
化学6.04.45.44.25.6
生物8.06.27.48.55.4
地学5.09.02.0
保体28.412.612.010.413.2
音楽6.04.76.04.33.7
美術4.36.08.38.09.3
書道7.09.010.07.09.0
英語2.41.92.52.13.0
家庭3.42.63.01.93.0
農業13.03.52.43.32.8
工業3.02.52.63.03.8
商業16.54.46.65.74.9
水産4.01.0
福祉2.01.01.53.5
情報4.52.02.02.0
看護1.0

一次試験の倍率データ

科目受験者合格者倍率
国語82441.9
世界史4294.7
日本史61125.1
地理2182.6
公民4394.8
数学119442.7
物理27122.3
化学30132.3
生物48124.0
地学522.5
保体1421310.9
音楽1872.6
美術1762.8
書道1434.7
英語53351.5
家庭1791.9
農業1343.3
工業21181.2
商業3365.5
水産422.0
福祉221.0
情報951.8
科目受験者合格者倍率
国語72551.3
世界史24112.2
日本史41113.7
地理14101.4
公民23102.3
数学80342.4
物理24102.4
化学22102.2
生物37113.4
地学522.5
保体113176.6
音楽1462.3
美術1872.6
書道924.5
英語50371.4
家庭13101.3
農業1481.8
工業25201.3
商業35162.2
福祉111.0
情報221.0
科目受験者合格者倍率
国語82621.3
世界史22121.8
日本史58115.3
地理25102.5
公民27122.3
数学82302.7
物理22102.2
化学25102.5
生物33113.0
地学832.7
保体125264.8
音楽1863.0
美術2063.3
書道924.5
英語45401.1
家庭14111.3
農業12101.2
工業25201.3
商業33103.3
福祉331.0
情報212.0

一次合格者の決定方法

「教職専門」「専門教科・科目」の総合点で合否を決めます。ただし、各試験のうち一つでも一定の基準に達しない方は、不合格とします。

令和4年度採用 茨城県公立学校教員選考試験実施要項

配点は、教職専門150点に対して、専門教科・科目が400点(実技試験がある科目は200点)あります。

専門教科を優先して勉強しつつ、教職教養は出題傾向を把握して効率よく勉強することがポイントです。

下記記事で、詳しい傾向を紹介しているので参考にしてください。

関連記事茨城県教員採用試験 一般教養・教職専門の勉強法|難易度は高め?

関連記事【3分で理解】教員採用試験 専門科目の勉強法を4ステップで解説

二次試験の倍率データ

科目受験者合格者倍率
国語44222.0
世界史942.3
日本史1252.4
地理842.0
公民933.0
数学44222.0
物理1252.4
化学1352.6
生物1262.0
地学20
保体1352.6
音楽732.3
美術641.5
書道321.5
英語35221.6
家庭951.8
農業414.0
工業1872.6
商業623.0
水産212.0
福祉212.0
情報522.5
科目受験者合格者倍率
国語54361.5
世界史1152.2
日本史1161.8
地理1052.0
公民1052.0
数学34172.0
物理951.8
化学951.8
生物1061.7
地学212.0
保体1791.9
音楽632.0
美術732.3
書道212.0
英語37261.4
家庭1052.0
農業842.0
工業20102.0
商業1682.0
福祉111.0
情報212.0
科目受験者合格者倍率
国語61371.6
世界史1052.0
日本史1152.2
地理1052.0
公民1252.4
数学29151.9
物理951.8
化学1052.0
生物951.8
地学313.0
保体26122.2
音楽632.0
美術632.0
書道212.0
英語39211.9
家庭1152.2
農業951.8
工業19101.9
商業1052.0
福祉321.5
情報111.0

最終合格者の決定方法

総合得点の上位から、順次合格者を選ぶことを原則とします。ただし、「個人面接」「集団討論」「小論文」「実技試験」「口述試験」のうち一つでも一定の基準に達しない方は不合格とします。

令和4年度採用 茨城県公立学校教員選考試験実施要項

二次試験は、個人面接や集団討論、小論文など幅広い試験が実施されます。

一次試験が終わってから対策を始めても間に合わないので、早い段階から準備するようにしましょう。

詳しくは下記記事で紹介しています。

関連記事【これで対策できる!】茨城県教員採用試験の論文テーマ(過去問)を紹介

関連記事茨城県教員採用試験 集団討論の過去問|流れを把握して対策しよう。

関連記事【面接対策で重要なこと】茨城県教員採用試験で聞かれた質問とコツを解説

茨城県教員採用試験(特別支援学校)の倍率一覧

ここでは、茨城県教員採用試験の特別支援教諭を志望する方向けに以下のデータをまとめています。

  • 過去の倍率推移
  • 一次試験の倍率
  • 二次試験の倍率

これまでの実施状況から、各試験(一次、二次)の倍率まで把握できます。

筆記重視なのか、面接重視なのか把握したうえで、効率よく対策しましょう。

詳細は次のとおり。

過去の倍率推移

年度受験者合格者倍率
2022267992.7
2021245922.7
2020231932.5
2019204782.6
2018222812.7

一次試験の倍率データ

年度受験者合格者倍率
20222671771.5
20212451681.5
20202311621.4
20192041291.6
20182221341.7

一次合格者の決定方法

「教職専門」「専門教科・科目」の総合点で合否を決めます。ただし、各試験のうち一つでも一定の基準に達しない方は、不合格とします。

令和4年度採用 茨城県公立学校教員選考試験実施要項

配点は、教職専門150点に対して、専門教科・科目が400点あります。

専門教科を優先して勉強しつつ、教職教養は出題傾向を把握して効率よく勉強することがポイントです。

下記記事で、詳しい傾向を紹介しているので参考にしてください。

関連記事茨城県教員採用試験 一般教養・教職専門の勉強法|難易度は高め?

関連記事【3分で理解】教員採用試験 専門科目の勉強法を4ステップで解説

二次試験の倍率データ

年度受験者合格者倍率
2022177991.8
2021168921.8
2020162931.7
2019129781.7
2018134811.7

最終合格者の決定方法

総合得点の上位から、順次合格者を選ぶことを原則とします。ただし、「個人面接」「集団討論」「小論文」のうち一つでも一定の基準に達しない方は不合格とします。

令和4年度採用 茨城県公立学校教員選考試験実施要項

二次試験は、個人面接や集団討論、小論文など幅広い試験が実施されます。

一次試験が終わってから対策を始めても間に合わないので、早い段階から準備するようにしましょう。

詳しくは下記記事で紹介しています。

関連記事【これで対策できる!】茨城県教員採用試験の論文テーマ(過去問)を紹介

関連記事茨城県教員採用試験 集団討論の過去問|流れを把握して対策しよう。

関連記事【面接対策で重要なこと】茨城県教員採用試験で聞かれた質問とコツを解説

茨城県教員採用試験(養護教諭)の倍率一覧

ここでは、茨城県教員採用試験の養護教諭を志望する方向けに以下のデータをまとめています。

  • 過去の倍率推移
  • 一次試験の倍率
  • 二次試験の倍率

これまでの実施状況から、各試験(一次、二次)の倍率まで把握できます。

筆記重視なのか、面接重視なのか把握したうえで、効率よく対策しましょう。

詳細は次のとおり。

過去の倍率推移

年度受験者合格者倍率
2022258445.9
2021220454.9
2020228395.8
2019211316.8
2018232317.5

一次試験の倍率データ

年度受験者合格者倍率
20222581042.5
2021220752.9
2020228743.1
2019211623.4
2018232593.9

一次合格者の決定方法

「教職専門」「専門教科・科目」の総合点で合否を決めます。ただし、各試験のうち一つでも一定の基準に達しない方は、不合格とします。

令和4年度採用 茨城県公立学校教員選考試験実施要項

配点は、教職専門150点に対して、専門教科・科目が400点あります。

専門教科を優先して勉強しつつ、教職教養は出題傾向を把握して効率よく勉強することがポイントです。

下記記事で、詳しい傾向を紹介しているので参考にしてください。

関連記事茨城県教員採用試験 一般教養・教職専門の勉強法|難易度は高め?

関連記事【3分で理解】教員採用試験 専門科目の勉強法を4ステップで解説

二次試験の倍率データ

年度受験者合格者倍率
2022104442.4
202175451.7
202074391.9
201962312.0
201859311.9

最終合格者の決定方法

総合得点の上位から、順次合格者を選ぶことを原則とします。ただし、「個人面接」「集団討論」「小論文」のうち一つでも一定の基準に達しない方は不合格とします。

令和4年度採用 茨城県公立学校教員選考試験実施要項

二次試験は、個人面接や集団討論、小論文など幅広い試験が実施されます。

一次試験が終わってから対策を始めても間に合わないので、早い段階から準備するようにしましょう。

詳しくは下記記事で紹介しています。

関連記事【これで対策できる!】茨城県教員採用試験の論文テーマ(過去問)を紹介

関連記事茨城県教員採用試験 集団討論の過去問|流れを把握して対策しよう。

関連記事【面接対策で重要なこと】茨城県教員採用試験で聞かれた質問とコツを解説

茨城県教員採用試験(栄養教諭)の倍率一覧

ここでは、茨城県教員採用試験の栄養教諭を志望する方向けに以下のデータをまとめています。

  • 過去の倍率推移
  • 一次試験の倍率
  • 二次試験の倍率

これまでの実施状況から、各試験(一次、二次)の倍率まで把握できます。

筆記重視なのか、面接重視なのか把握したうえで、効率よく対策しましょう。

詳細は次のとおり。

過去の倍率推移

年度受験者合格者倍率
202258511.6
20214075.7
20205386.6
201954105.4
201851114.6

一次試験の倍率データ

年度受験者合格者倍率
202258144.1
202140113.6
202053114.8
201954183.0
201851182.8

一次合格者の決定方法

「教職専門」「専門教科・科目」の総合点で合否を決めます。ただし、各試験のうち一つでも一定の基準に達しない方は、不合格とします。

令和4年度採用 茨城県公立学校教員選考試験実施要項

配点は、教職専門150点に対して、専門教科・科目が400点あります。

専門教科を優先して勉強しつつ、教職教養は出題傾向を把握して効率よく勉強することがポイントです。

下記記事で、詳しい傾向を紹介しているので参考にしてください。

関連記事茨城県教員採用試験 一般教養・教職専門の勉強法|難易度は高め?

関連記事【3分で理解】教員採用試験 専門科目の勉強法を4ステップで解説

二次試験の倍率データ

年度受験者合格者倍率
20221452.8
20211171.6
20201181.4
201918101.8
201818111.6

最終合格者の決定方法

総合得点の上位から、順次合格者を選ぶことを原則とします。ただし、「個人面接」「集団討論」「小論文」のうち一つでも一定の基準に達しない方は不合格とします。

令和4年度採用 茨城県公立学校教員選考試験実施要項

二次試験は、個人面接や集団討論、小論文など幅広い試験が実施されます。

一次試験が終わってから対策を始めても間に合わないので、早い段階から準備するようにしましょう。

詳しくは下記記事で紹介しています。

関連記事【これで対策できる!】茨城県教員採用試験の論文テーマ(過去問)を紹介

関連記事茨城県教員採用試験 集団討論の過去問|流れを把握して対策しよう。

関連記事【面接対策で重要なこと】茨城県教員採用試験で聞かれた質問とコツを解説