【これで対策できる!】茨城県教員採用試験の論文テーマ(過去問)を紹介

ibarakiken-kyousai-ronbun-kakomon

みとくん
みとくん

茨城県教員採用試験の二次試験に論文があります。どんなテーマが出るのか教えてください。

今回は茨城県教員採用試験の論文について出題傾向(過去問)をまとめていきます。

令和3年度~平成31年度の内容とテーマを紹介しているので参考にしてください。

なお、論文の書き方は別記事で解説しています。

関連記事【対策は過去問から】教員採用試験の論文は書き方と添削がすべての理由

茨城県教員採用試験の論文試験とは?文字数や時間を解説!

ibaraki-kyouinsaiyousiken-ronbun-keikou

茨城県の論文は二次試験に全校種・教科を対象として実施されます。

項目内容
試験時間・小学校 / 中学校 / 養護教諭 / 栄養教諭:60分
・高等学校 / 特別支援学校:90分
文字数・小学校 / 中学校 / 養護教諭 / 栄養教諭:600字~800字
・高等学校:800字以内
・特別支援学校:1,200字以内
論文用紙横書き
配点160~200点

テーマは校種によって違いますが、「教育的課題を挙げて、教員としてどう対応するか」といった内容です。

試験時間や字数制限、配点は受験区分によって異なるため、傾向を把握したうえで対策するようにしましょう。

試験時間

  • 小学校 / 中学校 / 養護教諭 / 栄養教諭:60分
  • 高等学校 / 特別支援学校:90分

校種によって試験時間が違うので確認してくださいね。

また、時間配分を意識することがポイントです。

  • テーマの把握:5分
  • 書く:50分~80分
  • 見直し:5分

何度か書いてみて感覚を掴んでください。

文字数

  • 小学校 / 中学校 / 養護教諭 / 栄養教諭:600字~800字
  • 高等学校:800字以内
  • 特別支援学校:1,200字以内

校種によって文字数が違うので確認してくださいね。最低でも8割以上は書けるようにしましょう。

文字数が少ないと減点されるからです。

これも書いているうちに分かってくると思うので、たくさん練習しましょう。

論文試験の評価(配点)

  • テーマの理解
  • 教育に関する自分の意見
  • 文章構成や表現力

こういった観点から採点されます。

ibarakiken-kyousai-haiten-ronbun

特に重要なのがテーマの理解です。ここがズレるとすべてが台無しなので注意してください。

福永
福永

テーマを読み取れているかどうかは1人では判断できません。必ず得意な人に見てもらってくださいね。

関連記事教員採用試験 論文の添削を安く受ける方法【質もOK】

【茨城県教員採用試験】論文のテーマ・過去問|令和3年度(2021年度)

ibaraki-kyouinsaiyousiken-ronbun-kakomon-2021

小学校 / 中学校

児童生徒の豊かな人間性や社会性を育成するためには、体験的な活動を重視した指導の重質を図ることが重要です。あなたは、学級担任として、このことをどのように考え、どのように取り組んでいきますか。600字以上800字以内で、あなたの考えを具体的に述べなさい。

高校

【文章1(出典:「デモクラシーの宿命―歴史に何を学ぶのか」(猪木武徳))】の内容を踏まえて、【文章2(出典:「国研ライブラリー資質・能力[理論編]」(国立教育政策研究所編))で述べられている「未来を創る実力者」としての資質や能力を生徒に身につけさせるために、教師として自らがどのようなことを実践していきたいか、具体的に述べなさい。

特別支援学校

令和2年度学校教育指導方針では、学校教育推進の柱の一つとして、自立と社会参加に向けた特別支援教育の推進が掲げられています。障害のある幼児児童生徒が自己のもつ能力や可能性を最大限に伸ばし、自立と社会参加ができるように、一人一人の「生きる力」を培う教育の充実を図ることが重要です。あなたは、特別支援学校の教員として、どのように自分の専門性を発揮し、子どもの教育的ニーズに基づいた指導を行いたいか、あなたの考えを述べなさい。

養護教諭

児童生徒の現代的な健康課題に対応するためには、養護教諭が窓口となり、関係教職員や外部機関等との連携を図ることが大切です。あなたは、養護教諭として、このことをどのように考え、どのように取り組んでいきますか。600字以上800字以内で、あなたの考えを具体的に述べなさい。

栄養教諭

学校給食における児童生徒の食物アレルギーに対応するためには、学校全体で組織的に取り組む必要があります。あなたは、栄養教諭として、このことをどのように考え、どのように取り組みますか。600字以上800字以内で、あなたの考えを具体的に述べなさい。

【茨城県教員採用試験】論文のテーマ・過去問|令和2年度(2020年度)

ibaraki-kyouinsaiyousiken-ronbun-kakomon-2020

小学校 / 中学校

児童生徒が安心・安全に過ごせる学級にしていくためには,教師が一人一人の小さな変化やサインを見逃さず,適切に対応することが必要です。あなたはこのことをどのように考え,学級担任としてどのように取り組んでいきますか。

高校

【文章1(出典:「北海道三笠市、高校生レストランの奇跡」(葉上太郎))】【文章2(出典:「キャリア教育―生涯にわたる生き方教育の理解と実践」)】の内容を踏まえて、生徒に身につけさせたい資質や能力について示し、その育成のために自らがどのような実践をしていきたいか具体的に述べなさい。

特別支援学校

小学校学習指導要領解説〜特別の教科道徳編〜」によると,道徳の教科化について「発達の段階に応じ,答えが一つではない道徳的な課題を一人一人の児童が自分自身の問題として捉え向き合う『考える道徳』『議論する道徳』へと転換を図るものである。」とあります。知的障害のある児童生徒においても社会で生活する上で,特別の教科道徳は大切であると考えますが,知的障害のある児童生徒に道徳科の指導をする時に,どのようなことに留意して取り組んでいきますか。具体的に述べて下さい。

養護教諭

養護教諭は,児童生徒の身体的不調の背景に,いじめや不登校・虐待などの問題が関わっていること等のサインにいち早く気付くことができる立場です。あなたは養護教諭として,このことをどのように考え,どのように取り組んでいきますか。

栄養教諭

栄養教諭の職務において、職に関する指導と学校給食の管理を一体のものとして行うことは大切なことです。あなたは栄養教諭として、このことをどのように考え、どのように取り組みますか。

【茨城県教員採用試験】論文のテーマ・過去問|平成30年度(2019年度)

ibaraki-kyouinsaiyousiken-ronbun-kakomon-2019

小学校 / 中学校

確かな学力を育むためには,互いのよさを認め合い,自分のよさを発揮できる学級づくりが大切です。あなたは,このことをどのように考え,学級担任としてどのように取り組んでいきますか。600字以上800字以内で、あなたの考えを具体的に述べなさい。

高校

【文章1(出典:「学びのイノベーションー21世紀型学習の創発モデル」(OECD教育研究革新センター))】【文章2(出典:「学びとは何か」(今井むつみ))】を読んで二つの文章に共通した論点を指摘した上で、それらを踏まえて授業や特別活動等において教育が果たすべき役割について論じ、自らがどのような実践をしていきたいか、考えを具体的に述べなさい。

特別支援学校

「特別支援教育」とは,障害のある幼児児童生徒の自立や社会参加に向けた主体的な取組を支援するという視点に立ち,幼児児童生徒一人一人の教育的ニーズを把握し,その持てる力を高め,生活や学習上の困難を改善又は克服するため,適切な指導及び必要な支援を行うものです。そのためには,保護者との連携は児童生徒の教育を行う上で重要です。特別支援学校において,保護者との連携を図る上で大切にしなくてはならないことは何か,具体例を用いながらあなたの考えを述べなさい。

養護教諭

特別な配慮を必要とする児童生徒一人一人が,楽しく充実した学校生活を送れるようにするためには,適切な対応が大切です。あなたは,養護教諭として,このことをどのように考え,どのように取り組んでいきますか。あなたの考えを具体的に述べなさい。

栄養教諭

食の自己管理能力を育む学校給食の充実について,あなたはどのように考え,栄養教諭として,どのように取り組んでいきますか。あなたの考えを具体的に述べなさい。

なお、2017年~2011年までのデータも別記事でまとめています。勉強するときの参考にしてください。

関連記事茨城県教員採用試験 論文の出題テーマまとめ

教員採用試験 小論文試験の勉強法 【対策は過去問から】教員採用試験の論文は書き方と添削がすべての理由