【指導案とテーマ】神奈川県教員採用試験の模擬授業を徹底解説

かなこ
かなこ

神奈川県教員採用試験の二次試験で模擬授業があります。どんな試験なのでしょうか?指導案のことや過去問が知りたいです。

このような悩みに回答します。

本記事の内容
  • 模擬授業の傾向
  • 指導案について
  • 過去のテーマ

なお、模擬授業の攻略ポイントなどは別記事で解説しています。

関連記事教員採用試験 模擬授業で評価を上げる4つのコツ

【神奈川県教員採用試験】模擬授業はどんな試験?

kanagawaken-kyousai-mogizyugyou-naiyou
  • 児童が主体的に課題解決を図るよう工夫された授業。
  • 教科における学習と社会とのつながりを踏まえた授業。
  • 自分や他者の「いのち」を大切にする豊かな心や健やかな体を育む授業。

こういったテーマを使い面接官の前で授業を行なう試験です。テーマは事前にHPで発表。

試験までに指導案を作成して、導入から展開までを授業します。試験時間は10分ですが、準備・片付けも含むので実際は7~8分ほど。

福永
福永

テーマは一次試験の10日前くらいから公開されているので、余裕を持って指導案を作成しましょう。

模擬授業の評価基準

  • 指導力・表現力
  • 姿勢・態度

この2観点から評価します。

観点①:指導力・表現力

・板書・指示は的確か
・教材作成に創意工夫はあるか
・柔軟な対応ができているか
・子どもの意欲を引き出す構成か

神奈川県ホームページ (pref.kanagawa.jp)

観点②:姿勢・態度

・活気や熱意があるか

・児童・生徒と向き合っているか

・安心感があるか

・誠実に取り組んでいるか

神奈川県ホームページ (pref.kanagawa.jp)

模擬授業の配点

配点(最近は公開されていない)は60/260点でした。参考までに。

福永
福永

集団協議がなくなっているので、実際の配点は変わっているかもです。

【神奈川県教員採用試験】模擬授業の指導案について

模擬授業は自分が作成した指導案をもとに行います。

神奈川県版 学習指導案集

こんな感じのやつですね。

参考神奈川県 学習指導案(例)集(PDF)

テーマに沿って1単元50分(小学校は45分)の内容をA4サイズ片面1枚にまとめ、試験当日に提出しますよ。

題材や内容は自由に自分で考えることになります。なので創造力を働かせて作ってくださいね。

どこからかパクってきた内容だとクオリティも低いと思います。

福永
福永

作成した指導案は学校の先生に見てもらうなどしてください。

【神奈川県教員採用試験】模擬授業のテーマ

kanagawaken-kyousai-mogizyugyou-kakomon

ここでは模擬授業のテーマをまとめています。

数年分あるので参考にしてください。

令和4年度(2022年度)

校種 内容
小学校 確かな学力を育成するために、児童が主体的に課題解決を図るよう工夫された授業
中学校 確かな学力を育成するために、生徒が主体的に課題解決を図るよう工夫された授業
高等学校 教科における学習と社会とのつながりを踏まえた、単元計画(題材計画)に基づき、学習の見通しを立てたり、学習したことを振り返ったりする活動を取り入れた授業
特別支援学校 発達の段階等に応じて、児童・生徒が基礎的・基本的な知識及び技能を習得し、他の学習や生活の場面で活用できるようにするための「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けた授業
養護教諭 児童・生徒の現状と課題を養護教諭の視点でとらえ、自分や他者の「いのち」を大切にする豊かな心や健やかな体を育む授業

令和3年度(2021年度)

新型コロナの影響で中止

令和2年度(2020年度)

校種 内容
小学校 ねらいを明確にし、児童が主体的に課題解決を図るよう工夫された授業
中学校 ねらいを明確にし、生徒が主体的に課題解決を図るよう工夫された授業
高等学校 目標を明確に示し、「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けた工夫のある授業
特別支援学校 発達の段階等をふまえ、児童・生徒の具体的な活動を通して、自ら取組む意欲をもって行動する力を育てる授業
養護教諭 自分や他者の「いのち」を大切にする豊かな心や健やかな体を育むため、児童・生徒が「いのち」の捉えを広げたり深めたりするよう工夫された授業

2019年度より前のテーマは別記事でまとめています。多くの内容に取り組みたい方は参考にしてください。

関連記事神奈川県教員採用試験 模擬授業の出題テーマ公開

【神奈川県教員採用試験】模擬授業まとめ

kanagawaken-kyousai-mogizyugyou-まとめ

先日、下記ツイートをしました。

模擬授業は指導案の作成も大切ですが、どれだけ楽しい授業をできるかどうかがポイントです。

子どもたちに人気のある先生はどんな人でしょうか?楽しい、面白い先生ですよね。

ぜひ、楽しい・面白いと思われる授業をやってみてください。あくまで試験ですから、ただ授業を淡々とやれば評価が上がるわけではありません。

✓本記事まとめ
  • 模擬授業の試験時間は10分、導入から展開を行う。
  • 模擬授業のテーマは事前に発表される。
  • 模擬授業の評価観点は「指導力・表現力」と「姿勢・態度」の2つ。
  • 模擬授業の指導案は事前に作成する。
  • 模擬授業の指導案は1単元50分(小学校は45分)を想定。

一次試験の合格発表後に指導案を作成しても十分に対策ができません。なるべく早めに作成して準備をしておきましょう。

kanagawaken-kyouinsaiyou-taisaku 【難易度は?】神奈川県教員採用試験に独学で合格する対策法5ステップ