神奈川県教員採用試験 一般教養・教職の勉強法|【過去問あり】

神奈川県教員採用試験 教養試験の合格点

神奈川県の教員を目指している方、どうも福永( @kyosai365)です。

今回は、「神奈川県教員採用試験の教養(一般教養・教職専門)」をテーマに話していきます。

福永

この記事を書いている僕は、大学などで教採指導歴11年目。月間平均アクセス数15万の総合サイト「教採ギルド」の運営をしています。

ここで解説する勉強方法は、正直、誰にでもおすすめできる内容ではないかもしれません。

なぜなら、勉強ができる人からすれば、当たり前のことが書いてあるからです。

ただ、この方法を把握すれば少なくとも、勉強時間を半分以下に減らすことができます。

なので、知らない理由はないんですよね。

  • 何から勉強したらいいんだろう・・・。
  • どこを勉強すれば点が取れるの?

こういった悩みを抱えている、あなたは十分読む価値があると思います。

ぜひ、参考にしてみてください。

さっそく、見ていきましょう!

関連記事神奈川県教員採用試験 倍率の低下が止まらない|合格ロードマップ

神奈川県教員採用試験 一般教養・教職専門の傾向

神奈川県教員採用試験 勉強法

一般教養・教職専門は、一次試験に実施されます。

これから勉強を始める方向けに、試験科目などの詳細をまとめています。

サクッと把握して、準備を始めましょう。

  • 試験科目
  • 出題形式
  • 合格点

順番に解説します。

傾向①:試験科目

  • 教職分野
  • 一般分野

この2分野から出題がありますよ。

「科目数」も「出題範囲」も半端ないくらい出題されます。

なので、計画をしっかりたてないと攻略できません。

傾向②:出題形式

問題数のわりに試験時間が短いため注意が必要です。

  • 正誤問題
  • 組合せ

これらを中心に出題されています。

選択肢は4~5つで、マークシート形式。

福永

2020年(令和3年度)から50問→39問に変更!新型ウイルスの影響かも。

傾向③:合格点(ボーダーライン)

60点を目安に取りましょう!

2020年(令和3年度)の結果を見ると、一部の科目を除き、6割以上あれば合格できています。

科目ごとの点数がこちら。

校種 科目 教養試験の
最低点
専門試験含めた合格ライン
小学校 36 84
中学校 国語 32 62
社会 60 123
数学 44 99
理科 47 98
音楽 44 94
美術 34 91
保健体育 49 130
技術 35 78
家庭 36 74
英語 47 97
高校 国語 43 90
公民 55 125
日本史 66 146
世界史 54 122
地理 54 115
数学 45 111
情報 49 130
物理 54 114
化学 48 88
生物 50 115
音楽 51 108
美術 55 115
保健体育 55 125
家庭 41 94
英語 39 89
建設 51 114
機械 33 85
電気 40 83
化学 49 109
商業 51 125
農業 57 117
水産 31 81
特別支援 39 101
養護教諭 71 137

例)小学校

一次試験の合格ラインは84/200点。

そのうち、教養試験の最低点数は36点という結果でした。

ほとんどの科目で、専門7割取れれば、教養は5〜6割でも合格できていますね。

教養はサクッと傾向を踏まえて勉強しましょう。

神奈川県教員採用試験 一般教養・教職専門の過去問

神奈川県教員採用試験 勉強法-2

過去問を見る前に1つ質問です。

過去問はいつ、どんな目的で使うと思いますか?

教員を目指している人

勉強の最後かな。だって、知識がないのにやっても解けないじゃん。

なるほど。

これは、勉強できない人がやりがちな間違いなので注意!

結論をいうと、過去問は勉強を始める前に使いましょう。

なぜなら、過去問をみることで、出題傾向が把握できるからです。

確かに、知識がない状態でやっても解けないかもしれません。

でも、解く必要はなくて、情報収集のために使うのです。

  • 出題科目数の把握
  • 頻出分野の把握

勉強をするうえで必要な情報が詰まっているんですね。

なので、最初に過去問を見ることが大切!

 

過去3年分の出題をまとめています。

レベルの把握や出題形式の確認に使ってみましょう!

2020年(令和3年度)

一般教養・教職専門の過去問をダウンロードする(PDF)

2019年(令和2年度)

一般教養・教職専門の過去問をダウンロードする(PDF)

2018年(平成31年度)

一般教養・教職専門の過去問をダウンロードする(PDF)

なお、過去6年間の出題範囲を「神奈川県教員採用試験 一般教養マニュアル」でまとめています。

「何を勉強すれば点数が取れるのか」を把握できるデータです。

うまく活用してくださいね。

CHECK NOW

神奈川県の出題範囲データをみる。

神奈川県教員採用試験 一般教養・教職専門の対策法3ステップ

神奈川県教員採用試験 勉強法-3

さっそく、本題ですが、勉強時間を極端に減らすには、次の3ステップを実践することがポイントです。

 

  • 科目ごとの出題数
  • 頻出分野の把握
  • 覚えられる暗記法

順番に解説します。

ステップ①:科目別出題数を知ろう

結論からいえば、出題数の多い科目から手をつけましょう!

1問しかでない問題に時間をかけても効率が悪いからです。

教員を目指している人

それでも、勉強しない科目があるって不安だな・・・。

確かに、全部を勉強しないと不安になりますよね。

でも、先ほど言ったように、点数目標は60点ほど。

1、2問捨てたところで問題はありません。

むしろ、その1問を取る勉強時間がもったいないです。

なので、出題数の多い科目を優先して勉強していきましょう。

過去3年間の出題データをまとめたので、参考にしてください。

2020 2019 2018
教育原理 7 8 8
教育法規 6 7 7
教育心理 2 6 5
教育史 1 1 1
教育時事 1 1
国語 4 5 5
英語 2 3 3
音楽 1 1 1
美術 1 1 1
日本史 1 3 3
世界史 1
地理 2 3 3
政治 3 2 3
公民 2
数学 4 4 4
物理 1 1 1
化学 1 1 1
生物 1 1 1
地学 1 1 1

教職科目や国語、数学で点数が取れないと総合点を上げることはできません。

逆に物理や化学を捨てたところで支障はないですよね。

「何から手をつけていいか分からない」という方は、出題数の多い科目から勉強することで、無駄なく勉強ができます。

ステップ②:頻出分野の把握

神奈川の大学生

勉強する科目は分かったけど、どこからやればいい?

過去の出題範囲を知れば、やるべき分野まで知ることができますよ。

例えば、教育原理の出題範囲をまとめたデータがこちら。

kanagawa_kakomon

見ての通り、出ている分野は決まっていますよね。

  • 「学習指導要領」
  • 「特別支援教育」

この2分野です。

出題範囲を知っていれば、無駄な勉強をせずに点数をとる勉強ができます。

また、科目によっては、「出題範囲が絞れない」ことも。

そういった科目は得意じゃなければ、「捨て科目」にする選択もできますよ。

なお、「神奈川県教員採用試験 一般教養の出題範囲6年分を公開!」で全科目の出題範囲をまとめています。

何から勉強すべきか」悩んでいる、あなたには特におすすめのデータです。

うまく活用して、一般教養・教職専門を攻略しましょう。

CHECK NOW

神奈川県の出題範囲を見る

ステップ③:効果的な暗記術

神奈川の大学生

暗記が苦手です。何度やっても覚えられない・・・

教養試験は基本的に暗記です。なので覚えれば点数は取れます。

しかし、科目数が多く、効果的な勉強をしないと覚えることはできません。

詳しくは「【勉強法】教員採用試験 覚え方を解説|復習が重要です!」をご覧ください。

神奈川県教員採用試験 一般教養・教職専門まとめ

本記事では、神奈川県教員採用試験の一般教養・教職専門をまとめていました。

苦手な勉強を攻略するには、次の3ステップが必要です。

  • 科目ごとの出題数
  • 出る分野の把握
  • 忘れない覚え方

そして、過去の出題範囲を分析することは、けっこう難しいです。

神奈川県教員採用試験 一般教養の出題範囲6年分を公開!」で出題範囲を公開しています。

悩む時間がもったいないので、早めに入手して勉強を楽にしていきましょうね。

CHECK NOW

神奈川県の出題範囲を見る