北九州市教員採用試験 教職教養の勉強法|最新情報で合格点を取る

北九州市教員採用試験 勉強方法

どうも福永(@kyosai365)です。

今回は、「北九州市教員採用試験の教職教養」をテーマに話していきます。

この記事を書いている僕は、大学などで教採指導歴11年目。月間平均アクセス数15万の総合サイト「教採ギルド」の運営をしています。

福永

悩む人

勉強をしたいけど、科目が多くて・・・どこから手を付けたらいいの?

こんな悩みを解決します。

教職教養は、試験科目が多いので、闇雲に手を付けると大変なことになりますよ。

本記事を読むことで、そんなリスクを回避することができるはず。

勉強に不安のある方は、「何から勉強すれば、点数が取れるのか」分かりますよ。

さっそく、見ていきましょう!

関連記事北九州市教員採用試験 倍率の上昇がヤバい?合格ロードマップ

北九州市教員採用試験 教職教養の傾向

kitakyusyu-study2

教職教養試験は一次選考で行われています。

試験科目は「教職科目」と「一般教養」から出題されており、教職科目の比重が大きいです。

MEMO

内容は福岡県と同じです。

出題科目が多いので、傾向を踏まえた勉強が必要です。

試験科目

分野 科目 主な内容



教育原理 ・学習指導要領
・生徒指導
教育法規 ・学校教育法
・教育基本法
教育心理 ・人体と適応
教育時事 ・キャリア教育
・情報教育



人文科学 ・国語
・英語
社会科学 ・政治
・経済
自然科学 ・数学
・理科

見てのとおり試験科目が多いです。

科目の特徴を知りたい方は、下記の記事を参考にどうぞ。

教職科目の特徴【まとめ】教員採用試験 教職教養を対策せよ|特徴や勉強方法を解説!

一般教養の特徴【勉強法】教員採用試験 一般教養を攻略する簡単5ステップ

出題形式

  • 試験時間:50分
  • 問題数:30問
  • 解答数:25問

北九州市の問題は、共通問題+選択問題に分かれています。

選択問題は、受験校種ごとに問題が異なっており、合計25問に解答。

全問マークシート(OCR)形式で、選択肢は5つほど。

合格点(ボーダーライン)

合格点は公表されていません。

受験者から教えてもらったデータをまとめると、次のとおり。

  • 教職教養:50%~60%
  • 専門試験:60%~

このあたりの点数を取れていると、通過している傾向にありますよ。

6割を目標として勉強をしましょう。

北九州市教員採用試験 教職教養の過去問|分析の重要性

kitakyusyu-study1

過去問を使って出題傾向を把握しましょう!

なぜなら、科目ごとに頻出事項があるからです。

例えば、国語。

 

オープンセサミ参考書だと約100ページあります。

 

頻出事項が分かればたった8ページだけ勉強すれば点数が取れるんですね。

 

その根拠がこちらです。

hukuoka

 

見てのとおり「四字熟語」から出ていますね。

無駄な部分が多いため、頻出事項を把握してから勉強しましょう!

なお、過去10年分の出題範囲を「北九州市教員採用試験 教職教養マニュアル」で公開しています。

併せてご覧ください。

2020年(令和3年度)

※中止となっていますが、福岡県と同じ問題を使うので参考に掲載しておきます。

北九州市教員採用試験の過去問を閲覧する(PDF:1.6MB)

2019年(令和2年度)

北九州市教員採用試験の過去問を閲覧する(PDF:1.6MB)

北九州市教員採用試験 教職教養の対策法

kitakyusyu-study3

勉強を始めるにあたって、次の2つを把握しましょう!

  • 科目ごとの出題数
  • 頻出分野

これを知ること=勉強すべき科目の決定」になりますよ。

対策①:科目ごとの出題数一覧

過去3年分の科目別出題数を一覧にしています。

ポイントは、次の4つ。

  1. 出題数が多く、苦手
  2. 出題数が多く、得意
  3. 出題数が少なく、得意
  4. 出題数が少なく、苦手

まずは、この4つをもとに、どの科目から勉強するのか決めていきましょう!

科目 2020 2019 2018
教育原理 16 14 14
教育法規 2 2 3
教育心理 1 1 1
教育時事 2 4 3
国語 2 2 2
英語 1 1 1
政治 2 1 2
経済 1 2 1
環境 1 1 1
数学 1 1 1
物理 1
地学 1 1

なお、僕ならこんな感じに分類します。

kyosai-kitakyusyu

注意としては、④に科目を入れすぎないこと。

入れすぎると、目標点数がどんどん下がってしまうからです。

捨て科目を除いて8割くらいが目安です。

対策②:頻出分野

頻出分野を知って、無駄な勉強を省きましょう。

例えば、教育原理は出題数が多いです。

そのため勉強は必須。

頻出事項を把握すれば、何をすればいいか理解できます。

 

※◎=複数出題、◉=単独出題

出題数の多い、「生徒指導」や「人権教育」「学習指導要領」を中心に攻略すればOKです。

北九州市教員採用試験 教職教養マニュアル」で科目ごとのデータをまとめています。

参考にしてくださいね。

対策③:テキスト選び

勉強することが分かったら、次にテキストを選んでいきましょう。

  • 参考書
  • 問題集
  • 過去問題集

実はこれだけ種類があります。

そして、それぞれ用途があるので、使い分けることがポイントです。

【2022年度版】教員採用試験 おすすめの参考書【教職・一般・専門】」で使えるテキストを紹介しています。

テキスト選びに悩んでいる人は参考になるかと。

北九州市教員採用試験 教職教養まとめ

本記事では、北九州市教員採用試験の教職教養をまとめていました。

「何から手を付けるのか」という悩みを解決するには、次の2つを知ることです。

  • 科目ごとの出題数
  • 頻出分野

これが分かるだけで、無駄な勉強をせずに点数を取れる勉強ができるようになります。

参考書を買いそろえる前に、出題傾向の確認をして準備をはじめていきましょう!