熊本県教員採用試験 個人面接の質問は3パターン|傾向を解説!

熊本県民

初めて、個人面接を受験します。どんな傾向があるのでしょうか。また、聞かれた質問も知りたいです。

こういった悩みを解決できる記事を書きました!

今回は、熊本県教員採用試験の個人面接をテーマに話していきます。

この記事を書いている僕は、大学などで教採指導歴11年目。月間平均アクセス数15万の総合サイト「教採ギルド」の運営をしています。

福永

個人面接は2回ありますよ!

配点も試験で1番高いため、攻略は必須です。

記事を読むことで、次のことを理解できますよ。

  • 面接の傾向
  • 聞かれた質問内容
  • 対策法

すべて重要な内容なので、参考にしてくださいね。

それでは、見ていきましょう!

関連記事【概要】熊本県教員採用試験 合格ロードマップ|対策を始めよう!

熊本県教員採用試験 個人面接の傾向

熊本県教員採用試験 個人面接の傾向

個人面接は、二次試験に実施されます。

  • 2回ある
  • 面接カードがポイント
  • 模擬授業がある

順番に傾向を解説していきます。

傾向①:2回ある

個人面接は、全受験者2回ありますよ!

  • 1回目:あなたに関する質問
  • 2回目:教職に関する質問

これらをメインに質問されています。

試験時間は、20分程度で、8~10個くらい質問されています。

質問された内容は後述しているので、このまま読み進めてくださいね。

傾向②:面接カード

質問は、事前に提出する面接カード(調査票)に沿って聞かれていますよ!

  • 受験勉強・就職活動を含む日常生活において,日ごろ心掛けていることなどについて,そのきっかけとなった事柄を含めて具体的に記入してください。
  • あなたは,どのような分野でどのようなことに力を入れてきましたか。その結果として得られた成果とともに記入してください。
  • 今までに最も後悔している失敗は何ですか。そして,その原因はどこにありましたか。また,その失敗を現在どう活かしているか記入してください。
  • これまでの人生の中で,あなた自身の行動に最も大きな影響を与えた事柄について記入してください。
  • あなた自身の性格・人柄について具体的な事柄を交えながら記入してください。
  • 趣味・特技・資格等について記入してください。
  • これまでの人生の中で,一番嬉しかったことを,その理由を含めて記入してください。

しっかり仕上げるには、時間がかかりますよ!

できるだけ早めに取り掛かることがポイントです。

傾向③:小・中は模擬授業あり

  • 小学校
  • 中学校

これらの区分で受験する人は、2回目の面接冒頭で模擬授業がありますよ!

模擬授業の課題は、一次試験合格発表のときに公表されます。

試験時間は10分で、授業の核となる部分を授業。

時間内に終わるように注意しましょう!

模擬授業が終わると、そのまま質問されますよ。

もちろん、模擬授業に関する質問もあるので、覚えておきましょう!

熊本県教員採用試験 個人面接の質問内容

熊本県教員採用試験 個人面接の質問

質問されている内容は、次の3つに分類することができます。

  • 自己PR
  • 志望動機
  • 教職に関すること

受験者に提供してもらったデータを公開しているので、参考にどうぞ!

質問①:自己PRに関すること

  • あなたの長所は学校の中でどのように発揮していきますか。
  • あなたの強みと弱みを教育現場でどのように活かしますか。
  • 一番悔しかった経験は何ですか。
  • 過去に後悔したことを今にどう活かしていますか。
  • あなたが目指す学級像を教えてください。

質問②:志望動機に関すること

  • 教師としてやってみたいことは何ですか。
  • 熊本県を受験した理由を述べてください。
  • 志望校種の理由を述べてください。
  • 志望理由を述べてください。
  • なぜ熊本市ではなく熊本県を志望したのですか。

質問③:教職に関すること

  • 6年担任としてどのような大人になってほしいですか。
  • ICTをどのような場面で使いますか。
  • あなたの指導がなかなか児童に対して上手くいかない時、どうしますか。
  • あなたの授業に対して、保護者が苦情を言ってきたらどうしますか。
  • いじめについて保護者から相談を受けたときの対応はどうしますか。

こういった質問に、自分の考えを具体的に話せるように準備しましょう。

なお、「もっと質問内容が知りたい」という方は、「【過去問】熊本県教員採用試験の面接で聞かれた177個の質問」をご覧ください。

とても有益なデータなので、活用してくださいね。

タップで確認しよう!

熊本県の面接で聞かれた内容を見る。

熊本県教員採用試験 個人面接の対策

熊本県教員採用試験 個人面接の対策

面接対策で役立つ記事を3つ紹介します。

  • 自己分析の仕方
  • 面接対策の進め方
  • 模擬授業のコツ

順番に紹介しますね。

対策①:自己分析

  • 自己PR
  • 志望動機

面接では、この2つを真剣に考える必要がありますよ。

そのために、過去を振り返っていきましょう。

詳しくは「教員採用試験 面接カードの書き方|自己分析が重要【添削方法あり】」で解説しています。

対策②:簡単3ステップ

  • 自己分析
  • 自己練習
  • 実践練習

面接は、この3ステップで攻略することが可能!

逆にいえば、一つでも欠けてしまうと満足に対策はできませんよ。

必ず実践は必要です。

詳しくは「【対策】教員採用試験 個人面接を攻略する簡単3ステップ」をご覧ください。

対策③:模擬授業

模擬授業のポイントやコツを「教員採用試験 模擬授業で評価を上げる4つのコツ」で解説しています。

  • 小学校
  • 中学校

これらを受験する人は、見ておくと役に立つはず。

ぜひ、参考にしてくださいね。

熊本県教員採用試験 個人面接まとめ

本記事では、熊本県教員採用試験の個人面接をまとめていました。

試験の中で配点が1番高いため、対策は必須です。

筆記試験で点数が取れていても、合格はできませんよ。

再度、重要ポイントのおさらいです。

  • 面接は2回
  • 小・中は模擬授業あり
  • 面接カード(調査票)が大切

確認しましょうね。

聞かれている質問内容は分かっているので、それを使って自分の回答をたくさん準備しましょう。

そうすれば、何を聞かれても自信を持って回答できるはずですよ。

タップで確認しよう!

熊本県の面接で聞かれた内容を見る。