【これで面接対策は大丈夫!】熊本県教員採用試験の質問と傾向まとめ

kumamotopref-kyouinsaiyoushiken-mensetsu-kakomon

くまお
くまお

熊本県の教員を目指しています。はじめて面接を受けるのですが、どんなことが質問されますか?また、これだけはやっておいた方がいい対策方法も教えてもらえるとうれしいです。

こういった悩みを解決できる記事を書きました!

✔︎本記事の内容
  • 面接試験の内容や特徴
  • 過去問(質問)を公開
  • 独学でもできる面接対策

今回は、熊本県教員採用試験の個人面接をテーマに話していきます。

過去に聞かれた質問内容から、今すぐはじめられる対策方法まで解説しているので参考にしてください。

関連記事【過去問】教員採用試験の面接で聞かれることは?質問内容を解説!

熊本県教員採用試験の面接はどんな内容なの?

kumamotoken-kyouinsaiyousiken-mensetsu-naiyou

最初に軽く面接試験の概要をまとめています。

項目内容
実施二次試験
内容個人面接
回数2回
試験時間各20分
面接官3人
面接カードあり
配点240点
その他小中は模擬授業あり

面接試験は二次試験に全校種・教科で実施されます。内容は個人面接。

面接は1人2回

  • 1回目:あなたに関する質問
  • 2回目:教職に関する質問

これらをメインに質問されています。

試験時間は1回20分程度です。合計40分あるのでかなり長いですね。

配点

kumamotoken-kyouinsaiyousiken-haiten
令和4年度の配点
福永
福永

ちなみに一次試験の結果は最終合否に反映されません。なので面接勝負です!

面接カード(調査票)

  • 熊本県の教員を志望するきっかけや理由
  • 日常生活において心がけていること
  • 今までに最も苦労した経験

こういった項目を具体的に記入するシートのことです。

合格通知に同封されています。提出期間は約1週間後なので期日が短いです。

参考令和4年度熊本県教員採用試験 面接カード(PDF)

福永
福永

この資料をもとに面接が行われます。しっかり書けるように準備しておいてください。

小・中は最初に模擬授業

2回目の冒頭で模擬授業があります。

模擬授業の課題は、一次試験合格発表のときに公表されます。試験時間は10分で、授業の核となる部分を授業。

模擬授業が終わると、そのまま面接です。

模擬授業の過去問テーマや詳細は下記を参考にしてください。

参考令和4年度熊本県教員採用試験 模擬授業の課題等(PDF)

福永
福永

面接では模擬授業に関する質問もありますよ!

【熊本県教員採用試験】面接の質問内容は?

kumamotoken-kyosai-mensetsu-sitsumon

面接で重要なことは、過去の傾向(質問内容)を知ることです。

なぜなら、聞かれる内容がわからないと何をどう準備すればいいかわからないからです。

例えば、一般的に自己PRや志望動機はよく聞かれる項目です。でも、自治体によってはまったく質問されておらず、生徒指導や教育問題に関する質問ばかりってこともあるんですよね。

後述していますが、質問内容を把握しているかどうかで面接対策の効率が違ってきます。実際に聞かれた質問を抜粋してまとめているので、活用してください。

  • あなたの長所は学校の中でどのように発揮していきますか。
  • あなたの強みと弱みを教育現場でどのように活かしますか。
  • 一番悔しかった経験は何ですか。
  • 過去に後悔したことを今にどう活かしていますか。
  • あなたが目指す学級像を教えてください。
  • 教師としてやってみたいことは何ですか。
  • 熊本県を受験した理由を述べてください。
  • 志望校種の理由を述べてください。
  • 志望理由を述べてください。
  • なぜ熊本市ではなく熊本県を志望したのですか。
  • 6年担任としてどのような大人になってほしいですか。
  • ICTをどのような場面で使いますか。
  • あなたの指導がなかなか児童に対して上手くいかない時、どうしますか。
  • あなたの授業に対して、保護者が苦情を言ってきたらどうしますか。
  • いじめについて保護者から相談を受けたときの対応はどうしますか。

こういった内容を知らずに志望動機ばかり考えていても直接的な対策にはなりません。効率よく対策するためにも過去問を把握しておくことが大切です。

別記事でも質問を公開しているので参考にしてください。

関連記事【過去問】熊本県教員採用試験の面接で聞かれた177個の質問

【熊本県教員採用試験】面接対策を独学でやる方法

kumamoto-kyosai-menstsu-taisaku

では、具体的にどうやって対策をしていくか解説していきます。

結論からいうと、自分の考えた回答に対して「なぜ?」と問いかけて深堀していく方法がおすすめです。

理由は簡単で、評価はコンピテンシーで行われるからです。

行動特性が重要

コンピテンシー型面接って聞いたことありますか?

コンピテンシー型面接とは

ある出来事に対して、どう考え、行動し、改善してきたのかを話させることでその人の行動特性を引き出す面接試験のこと。

わかりやすく言えば、あなたの発言や面接カードの内容に深くツッコミを入れて、どんな行動をしてきたのかが知りたいってことです。

例えば、「サークル活動で部長をやった」という出来事に対して、

  • 部長になった理由は?
  • 部長をやってつらかったことは?それをどう乗り越えたの?
  • 部長経験を教員にどう活かせる?

といった感じで深掘りしていき、受験者の思考力や行動パターンを探るんですね。

コンピテンシー型面接では、どの受験者にも同じような質問をされます。同じ質問でも経験してきた内容は違うので、幅広く受験者を評価できるんですね。

逆に考えれば、聞いて欲しい内容は自分で作るわけですから、しっかり自演準備をして臨めば攻略は可能。準備不足だと深く突っ込まれたときに回答できませんからね。

福永
福永

体験談を話そうと思っても、すぐには話せないですからね。練習していつでも引き出せるようにしておくといいですよ。

理由をスラスラ言えれば合格

では、どうやって回答を準備していくか具体的に解説します。

先日、下記ツイートをしました。

面接対策を後回しにしてしまい、合否がわかってから焦っている人は最低限これだけはやりましょう!

過去の質問内容や提出する(した)面接カードに対して回答を深掘りする

面接は試験官の「なぜ?」に対して理由を論理的に述べる場です。徹底して自分の回答を追求!あとは印象よくすればOK。

@kyosai365

例えば、「部活動は何をやっていましたか」という質問に、あなたが「中学〜高校まではテニス部で、大学ではフットサルサークルに所属していました」と答えたら面接官はどう感じるかをイメージしてみます。

  • 部活動で苦労したことは?
  • 役職には就いていた?
  • 大学で部活を変えた理由は?

といった疑問をおそらくもつはずなので、それぞれについて再度回答を考えることが大切です。

こんな感じで自分の回答から想定される質問を先読みして準備すれば下準備OKです。あとは模擬面接を数回繰り返して受け答えができているか、印象は大丈夫かの確認をしてください

福永
福永

面接の質問は「【過去問】熊本県教員採用試験の面接で聞かれた177個の質問」を参考にしてください。

面接が合否を分ける!

kumamotoken-kyouinsaiyousiken-mensetsu-kakomon

本記事では、熊本県教員採用試験の個人面接をまとめていました。

試験の中で配点が1番高いため、対策は必須です。筆記試験で点数が取れていても、合格はできませんよ。

再度、重要ポイントのおさらいです。

  • 面接は2回
  • 小・中は模擬授業あり
  • 面接カード(調査票)が大切
  • 過去問から回答を準備
  • なぜ?と問いかけて回答を深掘りする

自分の考えた内容です。自信をもって理由を言えるようにしていきましょう!

関連記事【過去問】熊本県教員採用試験の面接で聞かれた177個の質問

関連記事【講師経験は関係ない】教員採用試験の模擬授業で評価を上げるコツ【テーマあり】

関連記事【悲報】教員採用試験 面接の評価はなんとなくです【印象を磨け】