京都市教員採用試験の難易度が高い理由!過去の倍率推移を教科別に解説。

京都市教員採用試験 難易度は難しい

  • 京都市教員採用試験の難易度は高いの?
  • 京都市教員採用試験の倍率はどれくらい?
  • 京都市教員採用試験に合格するには?

この記事は、上記の悩みを解決する内容となっています。

本記事を読めば、京都市教員採用試験の現状から試験傾向までサクッと理解できますよ

はじめて受験する向けに試験概要も紹介しているので、ぜひ読んでみてください。

結論を最初に言うと、京都市教員採用試験の難易度は高いです。

それでは、よろしくお願いします。

京都市教員採用試験の難易度が高い3つの理由

city-kyoto-recruit-teacher-level

京都市教員採用試験が難しいと思う理由は次の3つです。

  • 面接重視
  • 試験科目が多い
  • 3割が一次免除

それぞれ解説します。

理由①:面接重視

一つ目の理由は、圧倒的に面接重視なことです

一次試験では個人面接があり、二次試験には集団面接、模擬授業が控えています。

しかも、一次試験(筆記試験)は最終合否には反映されないため満点を取っても意味がないんですね。

他の自治体では、筆記と面接の合計点で合否判定をする場合が多いため、最終的に面接だけで評価される京都市は難度が高いと言えますね。

理由②:試験科目が多い

2つ目の理由は、試験科目が多いことです。

京都市の筆記試験は「教職・一般教養」と「専門試験」の2種類。

専門試験は自分が指導する教科なので、そこまで問題ないと思いますが、教職・一般教養は中学~高校までに学んだ知識から出題があります。

中学~高校で勉強した内容を思い出すとわかりますが、国語や英語、数学などありましたね。

理科は物理、化学、生物、地学それぞれから出題があるなど、10科目を超えるラインアップです。

これらの科目にくわえて、面接や論文対策をすると考えれば・・・。難しいと思うのも仕方がないでしょう。

詳しくは下記記事で解説しています。

関連記事【過去問】京都市教員採用試験 一般・教職教養で合格点をとる効率勉強法を解説!

理由③:3割が一次免除

最後の理由は、特別選考(一次免除者)が全体の3割程度いることです。

簡単にいうと、トーナメントのシードみたいなもので、二次試験から受験する人のことです。

令和4年度(2022年度)の一次合格者は774人。そのうち275人が一次免除として二次試験から受験する人たちです。

一次試験を突破できる人数は限られているため、一次免除者が増えれば増えるほど狭き門になると言えますね。

以上の理由から、京都市の難度は高いと思いますよ。

しっかりと現状を把握して、効率よく対策をはじめてください。

京都市教員採用試験の傾向

city-kyoto-recruit-teacher-keikou

最初に京都市教員採用試験の傾向(概要)を簡単に紹介します。

  • 求める教員像
  • 年齢制限
  • 試験日程

なお、試験内容は対策方法と一緒に後述しているので、それを参考にしてください。

求める教員像

city-kyoto-motomeru-kyouinzou

自治体によって学校の規模や教育方針が違います。

そのため、求めらる人物像もその方針に見合っていないと合格することはできません

面接でも内容を問う質問があったりします

必ず内容を把握しておきましょう。また、下記資料も読んでおいてください。

参考資料京都市の教育振興基本計画について (kyoto.lg.jp)

受験資格(年齢制限)

京都市では、優秀な人材を確保をするため受験資格(年齢制限)を緩和しています。

令和4年度は、「昭和37年4月2日~に生まれた人」が受験できます。

全国的にも年齢制限を緩和(59歳未満)する傾向にありますよ。詳しくは下記記事をご覧ください。

関連記事【都道府県一覧】教員採用試験の年齢制限は撤廃傾向?【40代でもOK】

試験日程

city-kyoto-kyouinsaiyo-schedule

このような流れで試験が実施されています。

なお、教員採用試験は日程がかさなっていなければ、複数の自治体を受験することができます。

他県の日程を下記記事で紹介しているので、参考にしてください。

関連記事【都道府県別】2022年度教員採用試験の日程を徹底解説【全国一覧】

【京都市教員採用試験】小学校の倍率一覧

city-kyoto-recruit-teacher-magnification-primary-school

ここでは京都市教員採用試験の小学校教諭を志望する方向けに、以下の倍率データをまとめています。

  • 過去5年間の実施結果
  • 一次試験の倍率
  • 二次試験の倍率

※掲載年度:令和4年度(2022年度)、令和3年度(2021年度)、令和2年度(2020年度)、平成31年度(2019年度)、平成30年度(2018年度)

まずは全体の実施結果を確認して現状を把握してみてください。

そのあとで、試験ごとの結果を把握し効率よく対策をはじめましょう

試験内容と対策方法も紹介しているので参考にしてください。

過去の倍率推移(令和4年度~)

年度受験者合格者倍率
20226621544.3
20216351623.9
20205851533.8
20196401524.2
20186721524.4

一次試験の倍率データ

年度※1受験者※2合格者倍率
20226622003.3
20216351833.5
20205851643.6
20196401783.6
20186721524.4

※1 受験者数には、一次免除者を含む。
※2 合格者数には、一次免除者は含まず。

一次合格者の決定方法

一次試験の合格者(一般選考の場合)は、筆記試験(教養、専門と個人面接の結果で決定します。

city-kyoto-kyouinsaiyo-shikennaiyo-first

配点が高い専門試験(100点)と個人面接(70点)を中心に対策することがポイントです。

教職・一般教養は、配点は低い(30点)ですが、試験科目・範囲が膨大。出題範囲を把握して効率よく対策するようにしましょう。

傾向を下記記事で解説しているので参考にしてください。

関連記事【過去問】京都市教員採用試験 一般・教職教養で合格点をとる効率勉強法を解説!

関連記事京都市教員採用試験 個人面接の過去問|傾向と質問内容を公開

二次試験の倍率データ

年度※受験者合格者倍率
20222001541.3
20211831621.1
20201641531.1
20191781521.2
20181521521.0

※受験者数には、一次免除者を含まず。

二次合格者の決定方法

二次試験(最終合格)は、論文、集団面接、模擬授業の総合点で決定します。

city-kyoto-kyouinsaiyo-shikennaiyo-second

一次試験の結果は反映されないので、筆記試験の勉強だけに時間を使うことはNGです。

どの試験も独学で対策するには限界がある(第三者の評価が必要なので)ため、早い段階から準備をはじめられるといいでしょう。

詳しい傾向は下記記事をご覧ください。

関連記事京都市教員採用試験 論文の過去問|傾向と対策まとめ

関連記事京都市教員採用試験 集団面接の過去問|流れや傾向を解説!

関連記事京都市教員採用試験 模擬授業の過去問|傾向と流れまとめ

【京都市教員採用試験】中学校の倍率一覧(教科別)

city-kyoto-recruit-teacher-magnification-junior-highschool

ここでは京都市教員採用試験の中学校教諭を志望する方向けに、以下の倍率データを科目別にまとめています。

  • 過去5年間の実施結果
  • 一次試験の倍率
  • 二次試験の倍率

※掲載年度:令和4年度(2022年度)、令和3年度(2021年度)、令和2年度(2020年度)、平成31年度(2019年度)、平成30年度(2018年度)

まずは全体の実施結果を確認して現状を把握してみてください。

そのあとで、試験ごとの結果を把握し効率よく対策をはじめましょう

試験内容と対策方法も紹介しているので参考にしてください。

過去の倍率推移(令和4年度~)

科目20222021202020192018
国語6.45.65.55.56.3
社会5.77.68.512.717.4
数学13.35.45.412.011.3
理科6.02.93.16.36.3
音楽7.59.518.519.532.0
美術7.06.39.07.722.0
保健体育21.514.114.721.712.1
技術2.02.01.86.02.0
家庭1.41.86.06.06.0
英語4.95.56.97.910.6

一次試験の倍率データ

科目※1受験者※2合格者倍率
国語64193.4
社会91194.8
数学53153.5
理科3694.0
音楽3056.0
美術2883.5
保健体育129206.5
技術623.0
家庭1081.3
英語68312.2

※1 受験者数には、一次免除者を含む。
※2 合格者数には、一次免除者は含まず。

科目※1受験者※2合格者倍率
国語62252.5
社会121245.0
数学65223.0
理科49311.6
音楽3875.4
美術2555.0
保健体育155188.6
技術651.2
家庭961.5
英語82223.7

※1 受験者数には、一次免除者を含む。
※2 合格者数には、一次免除者は含まず。

科目※1受験者※2合格者倍率
国語60232.6
社会102214.9
数学70174.1
理科50153.3
音楽3749.3
美術1836.0
保健体育132196.9
技術732.3
家庭1844.5
英語76292.6

※1 受験者数には、一次免除者を含む。
※2 合格者数には、一次免除者は含まず。

科目※1受験者※2合格者倍率
国語72184.0
社会114205.7
数学84165.3
理科57173.4
音楽3957.8
美術2345.8
保健体育1301111.8
技術623.0
家庭1243.0
英語87214.1

※1 受験者数には、一次免除者を含む。
※2 合格者数には、一次免除者は含まず。

科目※1受験者※2合格者倍率
国語75203.8
社会122139.4
数学79117.2
理科57124.8
音楽32216.0
美術2237.3
保健体育157217.5
技術422.0
家庭1234.0
英語106205.3

※1 受験者数には、一次免除者を含む。
※2 合格者数には、一次免除者は含まず。

一次合格者の決定方法

一次試験の合格者(一般選考の場合)は、筆記試験(教養、専門)と個人面接、※実技試験の結果で決定します。

※実技は英語のみ。

city-kyoto-kyouinsaiyo-shikennaiyo-first

配点が高い専門試験(100点)と個人面接(70点)を中心に対策することがポイントです。

教職・一般教養は、配点は低い(30点)ですが、試験科目・範囲が膨大。出題範囲を把握して効率よく対策するようにしましょう。

傾向を下記記事で解説しているので参考にしてください。

関連記事【過去問】京都市教員採用試験 一般・教職教養で合格点をとる効率勉強法を解説!

関連記事京都市教員採用試験 個人面接の過去問|傾向と質問内容を公開

二次試験の倍率データ

科目※受験者合格者倍率
国語19101.9
社会19161.2
数学1543.8
理科961.5
音楽541.3
美術842.0
保健体育2063.3
技術230.7
家庭871.1
英語31142.2

※受験者数には、一次免除者を含まず。

科目※受験者合格者倍率
国語25112.3
社会24161.5
数学22121.8
理科31171.8
音楽741.8
美術541.3
保健体育18111.6
技術531.7
家庭651.2
英語22151.5

※受験者数には、一次免除者を含まず。

科目※受験者合格者倍率
国語23112.1
社会21121.8
数学17131.3
理科15160.9
音楽422.0
美術321.5
保健体育1992.1
技術340.8
家庭431.3
英語29112.6

※受験者数には、一次免除者を含まず。

科目※受験者合格者倍率
国語18131.4
社会2092.2
数学1672.3
理科1791.9
音楽522.5
美術431.3
保健体育1161.8
技術212.0
家庭422.0
英語21111.9

※受験者数には、一次免除者を含まず。

科目※受験者合格者倍率
国語20121.7
社会1371.9
数学1171.6
理科1291.3
音楽212.0
美術313.0
保健体育21131.6
技術221.0
家庭321.5
英語20102.0

※受験者数には、一次免除者を含まず。

二次合格者の決定方法

二次試験(最終合格)は、論文、集団面接、模擬授業、※実技試験の総合点で決定します。

※美術、保健体育、音楽、英語が対象。

city-kyoto-kyouinsaiyo-shikennaiyo-second

一次試験の結果は反映されないので、筆記試験の勉強だけに時間を使うことはNGです。

どの試験も独学で対策するには限界がある(第三者の評価が必要なので)ため、早い段階から準備をはじめられるといいでしょう。

詳しい傾向は下記記事をご覧ください。

関連記事京都市教員採用試験 論文の過去問|傾向と対策まとめ

関連記事京都市教員採用試験 集団面接の過去問|流れや傾向を解説!

関連記事京都市教員採用試験 模擬授業の過去問|傾向と流れまとめ

【京都市教員採用試験】高校の倍率一覧(教科別)

city-kyoto-recruit-teacher-magnification-highschool

ここでは京都市教員採用試験の高校教諭を志望する方向けに、以下の倍率データを科目別にまとめています。

  • 過去5年間の実施結果
  • 一次試験の倍率
  • 二次試験の倍率

※掲載年度:令和4年度(2022年度)、令和3年度(2021年度)、令和2年度(2020年度)、平成31年度(2019年度)、平成30年度(2018年度)

まずは全体の実施結果を確認して現状を把握してみてください。

そのあとで、試験ごとの結果を把握し効率よく対策をはじめましょう

試験内容と対策方法も紹介しているので参考にしてください。

過去の倍率推移(令和4年度~)

科目20222021202020192018
国語14.019.011.712.716.0
地理歴史7.521.019.012.736.0
公民12.014.0
数学9.57.09.329.027.0
理科11.011.38.510.09.0
音楽3.0
書道10.0
英語8.88.39.06.413.5
情報8.016.0
工業9.03.37.02.0

一次試験の倍率データ

科目※1受験者※2合格者倍率
国語2874.0
地理歴史3074.3
数学1953.8
理科33103.3
音楽321.5
英語3565.8
情報824.0
工業933.0

※1 受験者数には、一次免除者を含む。
※2 合格者数には、一次免除者は含まず。

科目※1受験者※2合格者倍率
国語3849.5
地理歴史4276.0
数学2847.0
理科3456.8
英語3374.7
情報1662.7
工業1326.5

※1 受験者数には、一次免除者を含む。
※2 合格者数には、一次免除者は含まず。

科目※1受験者※2合格者倍率
国語3593.9
地理歴史1944.8
公民1262.0
数学2874.0
理科3465.7
書道1042.5
英語2793.0
工業732.3

※1 受験者数には、一次免除者を含む。
※2 合格者数には、一次免除者は含まず。

科目※1受験者※2合格者倍率
国語3866.3
地理歴史3849.5
数学29129.0
理科3056.0
英語3265.3

※1 受験者数には、一次免除者を含む。
※2 合格者数には、一次免除者は含まず。

科目※1受験者※2合格者倍率
国語3256.4
地理歴史3666.0
公民1427.0
数学2739.0
理科1844.5
英語2764.5
工業221.0

※1 受験者数には、一次免除者を含む。
※2 合格者数には、一次免除者は含まず。

一次合格者の決定方法

一次試験の合格者(一般選考の場合)は、筆記試験(教養、専門)と個人面接、※実技試験の結果で決定します。

※実技は英語のみ。

city-kyoto-kyouinsaiyo-shikennaiyo-first

配点が高い専門試験(100点)と個人面接(70点)を中心に対策することがポイントです。

教職・一般教養は、配点は低い(30点)ですが、試験科目・範囲が膨大。出題範囲を把握して効率よく対策するようにしましょう。

傾向を下記記事で解説しているので参考にしてください。

関連記事【過去問】京都市教員採用試験 一般・教職教養で合格点をとる効率勉強法を解説!

関連記事京都市教員採用試験 個人面接の過去問|傾向と質問内容を公開

二次試験の倍率データ

科目※受験者合格者倍率
国語723.5
地理歴史741.8
数学522.5
理科1033.3
音楽212.0
英語641.5
情報212.0
工業313.0

※受験者数には、一次免除者を含まず。

科目※受験者合格者倍率
国語422.0
地理歴史723.5
数学441.0
理科531.7
英語741.8
情報616.0
工業240.5

※受験者数には、一次免除者を含まず。

科目※受験者合格者倍率
国語933.0
地理歴史414.0
公民616.0
数学732.3
理科641.5
書道414.0
英語933.0
工業313.0

※受験者数には、一次免除者を含まず。

科目※受験者合格者倍率
国語632.0
地理歴史431.3
数学111.0
理科531.7
英語651.2

※受験者数には、一次免除者を含まず。

科目※受験者合格者倍率
国語522.5
地理歴史616.0
公民212.0
数学313.0
理科422.0
英語623.0
工業212.0

※受験者数には、一次免除者を含まず。

二次合格者の決定方法

二次試験(最終合格)は、論文、集団面接、模擬授業、※実技試験の総合点で決定します。

※音楽、英語が対象。

city-kyoto-kyouinsaiyo-shikennaiyo-second

一次試験の結果は反映されないので、筆記試験の勉強だけに時間を使うことはNGです。

どの試験も独学で対策するには限界がある(第三者の評価が必要なので)ため、早い段階から準備をはじめられるといいでしょう。

詳しい傾向は下記記事をご覧ください。

関連記事京都市教員採用試験 論文の過去問|傾向と対策まとめ

関連記事京都市教員採用試験 集団面接の過去問|流れや傾向を解説!

関連記事京都市教員採用試験 模擬授業の過去問|傾向と流れまとめ

【京都市教員採用試験】特別支援学校の倍率一覧

city-kyoto-recruit-teacher-magnification-specialeducationschool

ここでは京都市教員採用試験の特別支援教諭を志望する方向けに、以下の倍率データをまとめています。

  • 過去5年間の実施結果
  • 一次試験の倍率
  • 二次試験の倍率

※掲載年度:令和4年度(2022年度)、令和3年度(2021年度)、令和2年度(2020年度)、平成31年度(2019年度)、平成30年度(2018年度)

まずは全体の実施結果を確認して現状を把握してみてください。

そのあとで、試験ごとの結果を把握し効率よく対策をはじめましょう

試験内容と対策方法も紹介しているので参考にしてください。

過去の倍率推移(令和4年度~)

年度受験者合格者倍率
2022148582.6
2021177652.7
2020178513.5
2019172394.4
2018178404.5

一次試験の倍率データ

年度※1受験者※2合格者倍率
2022148662.2
2021177802.2
2020178523.4
2019172583.0
2018178404.5

※1 受験者数には、一次免除者を含む。
※2 合格者数には、一次免除者は含まず。

一次合格者の決定方法

一次試験の合格者(一般選考の場合)は、筆記試験(教養、専門と個人面接の結果で決定します。

city-kyoto-kyouinsaiyo-shikennaiyo-first

配点が高い専門試験(100点)と個人面接(70点)を中心に対策することがポイントです。

教職・一般教養は、配点は低い(30点)ですが、試験科目・範囲が膨大。出題範囲を把握して効率よく対策するようにしましょう。

傾向を下記記事で解説しているので参考にしてください。

関連記事【過去問】京都市教員採用試験 一般・教職教養で合格点をとる効率勉強法を解説!

関連記事京都市教員採用試験 個人面接の過去問|傾向と質問内容を公開

二次試験の倍率データ

年度※受験者合格者倍率
202266581.1
202180651.2
202052511.0
201958391.5
201840401.0

※受験者数には、一次免除者を含まず。

二次合格者の決定方法

二次試験(最終合格)は、論文、集団面接、模擬授業の総合点で決定します。

city-kyoto-kyouinsaiyo-shikennaiyo-second

一次試験の結果は反映されないので、筆記試験の勉強だけに時間を使うことはNGです。

どの試験も独学で対策するには限界がある(第三者の評価が必要なので)ため、早い段階から準備をはじめられるといいでしょう。

詳しい傾向は下記記事をご覧ください。

関連記事京都市教員採用試験 論文の過去問|傾向と対策まとめ

関連記事京都市教員採用試験 集団面接の過去問|流れや傾向を解説!

関連記事京都市教員採用試験 模擬授業の過去問|傾向と流れまとめ

【京都市教員採用試験】養護教諭の倍率一覧

city-kyoto-recruit-teacher-magnification-nursing

ここでは京都市教員採用試験の養護教諭を志望する方向けに、以下の倍率データをまとめています。

  • 過去5年間の実施結果
  • 一次試験の倍率
  • 二次試験の倍率

※掲載年度:令和4年度(2022年度)、令和3年度(2021年度)、令和2年度(2020年度)、平成31年度(2019年度)、平成30年度(2018年度)

まずは全体の実施結果を確認して現状を把握してみてください。

そのあとで、試験ごとの結果を把握し効率よく対策をはじめましょう

試験内容と対策方法も紹介しているので参考にしてください。

過去の倍率推移(令和4年度~)

年度受験者合格者倍率
202292109.2
2021101119.2
202084108.4
20198299.1
201887810.9

一次試験の倍率データ

年度※1受験者※2合格者倍率
202292165.8
2021101166.3
202084204.2
201982145.9
201887155.8

※1 受験者数には、一次免除者を含む。
※2 合格者数には、一次免除者は含まず。

一次合格者の決定方法

一次試験の合格者(一般選考の場合)は、筆記試験(教養、専門と個人面接の結果で決定します。

city-kyoto-kyouinsaiyo-shikennaiyo-first

配点が高い専門試験(100点)と個人面接(70点)を中心に対策することがポイントです。

教職・一般教養は、配点は低い(30点)ですが、試験科目・範囲が膨大。出題範囲を把握して効率よく対策するようにしましょう。

傾向を下記記事で解説しているので参考にしてください。

関連記事【過去問】京都市教員採用試験 一般・教職教養で合格点をとる効率勉強法を解説!

関連記事京都市教員採用試験 個人面接の過去問|傾向と質問内容を公開

二次試験の倍率データ

年度※受験者合格者倍率
202216101.6
202116111.5
202020102.0
20191491.6
20181581.9

※受験者数には、一次免除者を含まず。

二次合格者の決定方法

二次試験(最終合格)は、論文、集団面接、模擬授業、実技(救命処置)の総合点で決定します。

city-kyoto-kyouinsaiyo-shikennaiyo-second

一次試験の結果は反映されないので、筆記試験の勉強だけに時間を使うことはNGです。

どの試験も独学で対策するには限界がある(第三者の評価が必要なので)ため、早い段階から準備をはじめられるといいでしょう。

詳しい傾向は下記記事をご覧ください。

関連記事京都市教員採用試験 論文の過去問|傾向と対策まとめ

関連記事京都市教員採用試験 集団面接の過去問|流れや傾向を解説!

関連記事京都市教員採用試験 模擬授業の過去問|傾向と流れまとめ

【京都市教員採用試験】栄養教諭の倍率一覧

city-kyoto-recruit-teacher-magnification-nutririon

ここでは京都市教員採用試験の栄養教諭を志望する方向けに、以下の倍率データをまとめています。

  • 過去5年間の実施結果
  • 一次試験の倍率
  • 二次試験の倍率

※掲載年度:令和4年度(2022年度)、令和3年度(2021年度)、令和2年度(2020年度)、平成31年度(2019年度)、平成30年度(2018年度)

まずは全体の実施結果を確認して現状を把握してみてください。

そのあとで、試験ごとの結果を把握し効率よく対策をはじめましょう

試験内容と対策方法も紹介しているので参考にしてください。

過去の倍率推移(令和4年度~)

年度受験者合格者倍率
202230310.0
20213557.0
20203265.3
201957511.4
20184358.6

一次試験の倍率データ

年度※1受験者※2合格者倍率
20223056.0
20213593.9
20203293.6
201957124.8
20184385.4

※1 受験者数には、一次免除者を含む。
※2 合格者数には、一次免除者は含まず。

一次合格者の決定方法

一次試験の合格者(一般選考の場合)は、筆記試験(教養、専門と個人面接の結果で決定します。

city-kyoto-kyouinsaiyo-shikennaiyo-first

配点が高い専門試験(100点)と個人面接(70点)を中心に対策することがポイントです。

教職・一般教養は、配点は低い(30点)ですが、試験科目・範囲が膨大。出題範囲を把握して効率よく対策するようにしましょう。

傾向を下記記事で解説しているので参考にしてください。

関連記事【過去問】京都市教員採用試験 一般・教職教養で合格点をとる効率勉強法を解説!

関連記事京都市教員採用試験 個人面接の過去問|傾向と質問内容を公開

二次試験の倍率データ

年度※受験者合格者倍率
2022531.7
2021951.8
2020961.5
20191252.4
2018851.6

※受験者数には、一次免除者を含まず。

二次合格者の決定方法

二次試験(最終合格)は、論文、集団面接、模擬授業の総合点で決定します。

city-kyoto-kyouinsaiyo-shikennaiyo-second

一次試験の結果は反映されないので、筆記試験の勉強だけに時間を使うことはNGです。

どの試験も独学で対策するには限界がある(第三者の評価が必要なので)ため、早い段階から準備をはじめられるといいでしょう。

詳しい傾向は下記記事をご覧ください。

関連記事京都市教員採用試験 論文の過去問|傾向と対策まとめ

関連記事京都市教員採用試験 集団面接の過去問|流れや傾向を解説!

関連記事京都市教員採用試験 模擬授業の過去問|傾向と流れまとめ