三重県教員採用試験 論述の過去問|「論文」との違いを解説

どうも福永(@kyosai365)です。

この記事を書いている僕は、大学などで教採指導歴11年目。月間平均アクセス数15万の総合サイト「教採ギルド」の運営をしています。

福永

今回は、「三重県教員採用試験の論述」をテーマに話していきます。

論述は、論文と違い、知識がないと書けません。

なので、「文章が得意=書ける」にはならないので注意しましょう。

まずは、傾向を把握し、過去問を見て内容をつかんでください。

さっそく、まとめていきます。

関連記事三重県教員採用試験 倍率は全国トップ?合格ロードマップ

三重県教員採用試験 論述の傾向

三重県教員採用試験 論述の傾向

論述試験は、二次試験に実施されます。

一般的な論文とは違い、「専門的な知識・技能による課題解決能力」を図る記述式の試験です。

  • 出題形式
  • 出題内容
  • 評価の観点

基礎的な傾向を解説していきます。

傾向①:出題形式

  • 試験時間:60分
  • 問題数:3問

文字数は250字~300字となっています。

傾向②:内容

出題内容は幅広いです。

  • 教職に関する知識(いじめ、特別支援教育など)
  • 三重県の教育施策
  • 文部科学省などの資料

文部科学省や各省庁が出す資料(グラフや表)を読み取るテーマも出題されています。

自分の考えだけではなく、客観的な意見を持つ必要がありますよ。

傾向③:評価の観点

  • 専門的知識
  • 誤字・脱字
  • 教育観・教職間

このあたりを評価されますよ。

短い文章で、知識を書くことは難しいです。

日頃から、短文で意見をまとめる練習をしましょう。

三重県教員採用試験 論述のテーマ

三重県教員採用試験 論述の過去問

  • 2019年(令和2年度)
  • 2018年(平成31年度)

出題されたテーマを見て、内容をイメージしてください。

2019年(令和2年度)

問題を見る(PDFが開きます)

2018年(平成31年度)

問題を見る(PDFが開きます)

内容が確認できたら、実際に書いてみましょう。

なお、2017年~2010年までのデータを「三重県教員採用試験 論述のテーマ徹底まとめ」で公開しています。

三重県教員採用試験 論述まとめ

本記事では、三重県教員採用試験の論述をまとめていました。

論述の配点は50点で、そんなに高くはありません。

しかし、論文と違い、専門的知識がないとまったく書くことができません。

特に教職教養の知識は必要なので、勉強の段階から意識をしておきましょう。

また、書けるようになるまで期間がかかります。

何度もテーマを読み込んで、書けるように準備をしましょう。

三重県の過去問はこちら

論述のテーマを確認する