名古屋市教員採用試験 総合教養の勉強法|何からするか徹底解説!

どうも福永( @kyosai365)です。

この記事を書いている僕は、大学などで教採指導歴11年目。月間平均アクセス数15万の総合サイト「教採ギルド」の運営をしています。

福永

今回は、名古屋市教員採用試験の「総合教養」をテーマに話していきます。

✓想定読者

勉強が苦手で、何から手をつければいいのか悩んでいる人

すでに出題傾向を知っている方には、読む価値のない内容となっています。

結論からいうと、過去の出題傾向を知りましょう!

「何から」すればいいのか悩んでいる人は、傾向を知らないから勉強ができないのです。

本記事を読み進めていけば、出題傾向をバッチリ知ることができますよ。

すぐに勉強をスタートできるので、参考にしてくださいね。

さっそく、まとめていきます。

関連記事名古屋市教員採用試験 倍率から分かる一次の重要性|合格ガイド

名古屋市教員採用試験 総合教養の傾向

名古屋市教員採用試験 総合教養の傾向

  • 試験科目
  • 出題形式
  • 合格点(ボーダー)

まずは、基礎的な内容をまとめています。

傾向①:試験科目

  • 教職教養
  • 一般教養

名古屋市は、この2領域から出題があります。

出題比率は、教職:一般=6:4となっており、教職教養の比重が大きいです。

それぞれの科目がこちら。

教職教養

  • 教育原理
  • 教育法規

この2科目が最頻出です。

たまに、教育史や教育時事が出題されていますよ。

関連記事【まとめ】教員採用試験 教職教養を対策せよ|特徴や勉強方法を解説!

一般教養

  • 国語
  • 英語
  • 理科
  • 社会

中学~高校までに勉強した科目から出題があります。

全国的に出題頻度の高い、数学は出題されていません。

範囲が広いため、傾向を踏まえた勉強が必要です。

関連記事教員採用試験 一般教養の科目を解説【ない自治体も】

傾向②:出題形式

  • 試験時間:40分
  • 問題数:40問程度

試験時間が短めでして、1問1分くらいで解かないと間に合いません。

時間配分を気にしながら、解くようにしましょう。

出題パターンは、「空欄補充」がメインで、たまに正誤問題がある感じですね。

選択肢も8~16個と幅広いです。

合格点(ボーダー)

目安は、専門と合わせて60点以上です。

細かいボーダーは公表されていませんが、報告をまとめる感じ、60点前後が多い。

名古屋市は、総合教養の他に、下記試験があります。

  • 専門試験
  • 小論文
  • 集団面接

これらの評価にもよるけど、総合教養では60点あたりをマークできるといいですね。

名古屋市教員採用試験 総合教養の過去問

名古屋市教員採用試験 総合教養の過去問

  • 2020年(令和3年度)
  • 2019年(令和2年度)

過去問を見て、出題形式を確認しましょう。

教員を目指している人

知識がないのに、過去問は意味あるの?

こう思うかもしれません。

しかし、考え方が間違っていますよ!

教員採用試験での、過去問は、「出題傾向を知るための道具」だということです。

模試のように「力試し」で使う教材ではありません。

ここを勘違いしないように注意しましょう。

関連記事【いつからすべき?】教員採用試験 過去問を最初に使う3つの理由

2020年(令和3年度)

過去の出題例(PDF)をダウンロードする。

2019年(令和2年度)

過去の出題例(PDF)をダウンロードする。

なお、過去6年分の出題傾向を「【過去問データ公開】名古屋市教員採用試験 総合教養で出る分野を解説!」でまとめています。

手っ取り早く、出題傾向を把握できるのでおすすめですよ!
詳しくはこちらをどうぞ。

名古屋市教員採用試験 総合教養の対策3ステップ

名古屋市教員採用試験 総合教養の対策

勉強できる人とできない人の違いは何だと思いますか?

結論をいうと、「やるべき部分」を知って勉強するか、しないかが重要です。

なぜなら、出題科目は多く、範囲も広いため計画なしに勉強することは効率が悪いから

いくら勉強できるといっても、無駄なことをやっていては総合的に対策することはできませんよね。

だからこそ、「やるべき部分」をしっかり理解して対策することが大切なのです。

それで、意識することは次の3つ。

  • 出題数の把握
  • 出る分野の確認
  • 記憶に残る勉強の仕方

1つずつ見ていきましょう!

ステップ①:出題数の把握

総合教養の出題科目は多いわけですが、どの科目から勉強しますか?

教員を目指している人

勉強の基本、学習指導要領でしょ!

いろいろ意見は出そうですが、根拠に欠けますよね。

  • 本当に教育法規はでるのか。
  • 学習指導要領の出題率は。

こういったデータを踏まえて勉強しているでしょうか。

もし僕が名古屋市を受験するなら「教育原理」に特化した対策をします。

なぜなら、出題数が圧倒的に出ているからです。

福永

2020年(令和3年度)に出題された問題数は32問。

そのうち12問(37%)が教育原理でした。

つまり、ここで点数を取らないと点数を上げることは厳しいですよね。

なので、出題数を把握して、勉強する科目を決めていきましょう。

過去3年間の科目別出題数を公開しておきますので、参考にしてみてください。

科目 2020 2019 2018
教育原理 12 18 15
教育法規 5 2
国語 4 3 4
英語 3 4 4
日本史 1 1
世界史 1 1 1
地理 2 1
政治 1 1
経済 1
物理 1 1 1
化学 1 1 1
生物 1 1 1
地学 1 1 1
ローカル 3 3

対策②:出る分野の確認

次に考えることは、科目の「どの分野」を優先して「勉強するか」です。

結論をいうと、全範囲を勉強する必要はありません。

なぜなら、出る分野はパターン化されているからです。

例えば、英語は得意ですか?

嫌いな受験者は多いので、捨てがちなのですが・・・。

3~4問出るため、それなりの対策は必要です。

そこで、おすすめなのが、「発音・アクセント」分野だけは勉強したほうがいいですよ!

なぜなら、出る部分が予測でき、少ない労力で点数を取れるからです。

その根拠がこちら。

nagoya-kakomon

過去6年間の出題範囲を一覧にしたデータです。

見てのとおり、発音の出題率は100%ですよね。

福永

大学受験用のテキスト1冊を買って、そこにある発音だけ覚えておけば、点数は取れますよ!

逆に社会系の科目は手を出さないほうがいいです。

理由は範囲が広いうえに、出題傾向が予測できないから。

例えば、日本史の傾向を見ると次のとおり。

nagoya-kakomon2

 

まったく傾向がつかめませんよね。

こんな感じで、出題傾向を知れば、捨てる科目の判断もできますよ。

「出る分野」「点が取れる科目」を見つけて勉強するようにしましょう。

なお、他の科目についても「【過去問データ公開】名古屋市教員採用試験 総合教養で出る分野を解説!」で公開しています!

有益な情報ですので、よければ活用して勉強の負担を減らしてみてください。

CHECK NOW

名古屋市の出題範囲を見る

対策③:記憶に残る勉強の仕方

勉強すべき科目・分野の傾向がつかめたら、問題演習を中心に対策しましょう。

  • 「でも、どうやって問題集を使えばいいの?」
  • 「おすすめの問題集は?」
  • 「何度やっても、覚えられないんだけど」

勉強の仕方に関する悩みは様々ですよね。

勉強をするうえで、大切なことは、復習をメインにすることです。

復習を多く入れないと、いつまでも覚えることはできませんよ。

詳しくは「【勉強法】教員採用試験 覚え方を解説|復習が重要です!」をご覧ください。

また、使えるテキストは限られていまして・・・。

使えるテキストを「【キャリア11年目の僕が選ぶ】教員採用試験 おすすめの参考書3選」で紹介しています。

悩んでいる方は、参考にどうぞ!

この3ステップを踏まえて、勉強すれば総合教養はOKです。

面接や論文の対策を並行してやっていきましょう!

名古屋市教員採用試験 総合教養まとめ

  • 出る科目を知って、優先順位を決める
  • 全範囲を勉強する必要はなく、出る部分を攻める
  • 記憶に残る勉強法を意識する

名古屋市の総合教養は対策が難しいです。

実質、教職教養は差がつかないので一般教養の攻略が必須といえそうですね。

はやめに出題傾向を理解して、対策をはじめましょう!

過去6年間の出題範囲を「【過去問データ公開】名古屋市教員採用試験 総合教養で出る分野を解説!」で公開しています!

有益な情報ですので、よければ活用して勉強の負担を減らしてみてください。

CHECK NOW

名古屋市の出題範囲を見る