【過去問】新潟県教員採用試験 面接は2回|攻略に必要な情報公開

新潟の人

新潟県の教員を目指しています。面接が苦手なので、何とかしたい。どうすれば対策できますかね。

このような悩みを解決できる記事を書きました。

今回は、「面接の過去問を知れば、対策はできます」というテーマで話していきます。

この記事を書いている僕は、大学などで教採指導歴11年目。月間平均アクセス数15万の総合サイト「教採ギルド」の運営をしています。

福永

結論からいうと、面接の過去問を使いましょう!

聞かれていることが分かれば、準備できるからです。

本記事を読めば、過去に聞かれた内容を知ることができますよ。

知っておくべき傾向もまとめているので、参考になるはず。

さっそく見ていきましょう!

関連記事新潟県教員採用試験 倍率はトップレベル?合格ロードマップ

新潟県教員採用試験 個人面接の傾向

新潟県教員採用試験 個人面接の傾向

新潟県の個人面接は二次試験に実施されます。

  • 2回実施
  • 試験時間
  • 自己申告書(面接カード)

必要な事項を書いていきます。

傾向①:2回実施される

  • 1回目:学習指導や生徒指導等に関する事項
  • 2回目:教員としての資質・能力等に関する事項

各回で見られるポイントです。

教職に関する知識も問われるため、勉強は必須ですよ。

配点は合計90点満点。

傾向②:試験時間

試験時間は、各回20分ほど。

1回につき5~7個ほど質問されていますよ。

回答を深堀していくる傾向もあるため、自己分析を固めておきましょう。

傾向③:自己申告書(面接カード)

質問は一次試験で提出する自己申告書に沿って聞かれますよ。

内容は次のとおり。

  • 新潟県の教員を志望する理由
  • 長期にわたり継続したこと
  • 職歴
  • 運動歴

丁寧に書くことがポイントです。

2020年(令和3年度)のデータを置いておきます。

早めに作成してみましょう!

CHECK NOW

自己申告書をダウンロードする。

新潟県教員採用試験 個人面接で聞かれる質問

新潟県教員採用試験 個人面接の過去問

面接は次の3項目に関する内容が聞かれます。

  • 自己PR
  • 志望理由
  • 教職の知識

受験者から情報提供してもらっています。

参考にしてください。

質問①:自分自身に関すること

  • アルバイトでクレームを受けたことはありますか。
  • 部活を通して学んだことはありますか。
  • 自己PRをしてください。
  • ボランティアで得た力を教員として、どう活かしますか。

質問②:志望動機に関すること

  • 志望動機を言ってください。
  • 新潟県で教員を志望する理由を教えてください。
  • 教員を目指したきっかけは何ですか。
  • 教員を目指し始めたのは、いつからですか。

質問③:教職に関すること

  • 新学習指導要領に期待することは何ですか。
  • ICTを授業にどう活かしますか。
  • 生徒指導提要で印象に残っている項目はありますか。
  • 人権教育でやってみたいことは何ですか。

こういった過去問を使って、自分の考えをまとめることで攻略できますよ。

なお、「もっと質問内容が知りたい!」という方は「新潟県の面接で聞かれた134個の質問集」をご覧ください。

面接が苦手な、あなたは使うべき資料ですよ!

CHECK NOW

新潟県の過去問を見る。

新潟県教員採用試験 個人面接の対策法

新潟県教員採用試験 個人面接の対策

過去問を見たら、どんどん実践練習をしていきましょう。

読んでおくと役立つ記事を紹介します。

対策①:落ちる人の特徴を知りましょう。

どんなに優れた人物でも、NG行動がありますよ。

  • 話を聞いていない人
  • 浮いている人
  • ストレスに弱い人
  • 上から目線の人
  • なぜ教員を志望するのか分からない人

こういう人は、いくら対策をしても落ちます。

詳しくは「【要注意!】教員採用試験 面接で落ちる人に共通する5つの特徴」を読んでおきましょう。

対策②:評価を上げるコツ

結論からいうと、面接の評価は「なんとなく」です。

面接官が一緒に働きたい(働けるか)と思うか、思わないか。

一応、着目点はありますが、参考程度に知っておけばいいですよ。

詳しくは「【悲報】教員採用試験 面接の評価はなんとなくです【印象を磨け】」をご覧ください。

新潟県教員採用試験 個人面接まとめ

本記事では、新潟県教員採用試験の個人面接をまとめていました。

再度、内容の確認です。

  • 面接は2回ある。
  • 自己PRや志望動機の他に教職の知識が問われる
  • 自己申告書を丁寧に仕上げる

面接が苦手な人は、圧倒的に練習不足です。

なので、たくさん練習してくださいね。

練習するには、過去問を使うことが最適です。

過去に聞かれた内容は分かっているので、有効活用しましょう。

はやめに対策することが攻略のポイントですよ!

CHECK NOW

新潟県の過去問を見る。