【どっちが簡単?】新潟県・新潟市教員採用試験の倍率や内容を徹底比較!

新大の学生

魚沼市に住む大学生です。新潟県の教員になりたいと思っていたのですが、大学は新潟市にあるので新潟市でもいいかと考えるようになりました。どっちが簡単ですか?倍率や対策方法を教えてください。

 

このような「新潟県と新潟市のどっちがいいの?」という相談は多いです。

正直、どっちでもいいと思うけど、一応回答は決まっていて、

  • 勉強より面接重視がいい人:新潟県
  • 勉強も面接もバランスよくできる人:新潟市

って、いうのが回答です。

あとは働く場所ですね。新潟市内がいいなら「新潟市」だし、それ以外なら「新潟県」です。

適当に聞こえるかもだけど、試験内容も基本は同じなんで、採用後のことを考えるくらいしか結論がないんですよね・・・。

とはいえ、これは僕の感想なので、しっかりしたデータをまとめておきました!

この記事では新潟県・新潟市教員採用試験を受験する方向けに倍率を比較してまとめています。

試験内容や傾向にも触れているので、すぐに準備をはじめることができますよ。

 

福永

倍率だけでみれば、新潟県の方が簡単です!

新潟県・新潟市教員採用試験とは|日程や年齢制限の違いを解説!

nigataken-nigatashi-tigai

教員採用試験とは、公立学校の正規教員候補者を決める試験です。

選考は各都道府県・政令指定都市の教育委員会が担当しており新潟の場合は、

  • 新潟県教育委員会
  • 新潟市教育委員会

の2自治体がそれぞれ実施します。

【令和4年度】試験日程を比較

流れ 新潟県 新潟市
出願期間 4月23日~5月21日 4月23日~5月21日
一次試験 7月4日(日) 7月4日(日)
合格発表 8月上旬 8月6日(金)
二次試験 8月19日~22日 8月21日、22日
最終合格 9月下旬 9月末

試験日は同じです。

そのため両方を受けることができないので、まずは受験先を決めることが大切。

【令和4年度】受験資格(年齢制限)の違い

新潟県・新潟市ともに59歳まで受験できます。

生年月日でいうと「昭和37年4月2日以降に生まれた人」が対象です。

教員免許状

中学・高校を志望する場合、

  • 新潟県:中学か高校どちらかの免許
  • 新潟市:中学、高校両方も免許

といった違いがあります。

なので、中学・高校の片方しか持っていない場合、新潟市は受験できません。

 

福永

新潟県も採用後にもっていない校種は取得義務が発生するようです!

【令和4年度】採用人数の比較

新潟県は464人(前年度+77)、新潟市は148人(前年度+12)の採用を予定しています。

どちらも直近3年間では一番数が多いです。

校種ごとの詳細は次のとおり。

校種 新潟県 新潟市
小学校 255 85
中学・高校 142 45
高等学校 10
特別支援学校 30 6
養護教諭 25 12
栄養教諭 2
合計 464 148

参考資料)新潟県教員採用試験 実施要項(PDF)

参考資料)新潟市教員採用試験 実施要項(PDF)

【教科別】新潟県・新潟市教員採用試験の倍率推移

nigatapref-nigatacity-kyouinsaiyo-bairitsu

令和3年度(2021年度)の全体倍率は「新潟県:2.6倍」「新潟市:3.5倍」でした。

教科ごとに比較すると、

教科 新潟県 新潟市
小学校 2.3 2.3
国語 1.5 3.3
社会 3.0 5.6
数学 2.2 12.0
理科 1.7 7.3
音楽 1.4 4.5
美術 1.7
保健体育 3.1 8.2
技術 3.0 3.0
家庭 2.0 1.5
英語 2.0 4.4
特別支援学校 2.0 2.0
養護教諭 4.7 7.8
栄養教諭 10.0 13.0

となっています。

全体的に新潟市の方が高倍率になる傾向がありますね。

過去の詳細は次のとおり。

令和3年度(2021年度)の倍率

新潟県

校種・科目 受験者 合格者 倍率




小学校 383 163 2.3
国語 35 24 1.5
社会 66 22 3.0
数学 56 25 2.2
理科 44 26 1.7
音楽 18 13 1.4
美術 10 6 1.7
保健体育 90 29 3.1
技術 6 2 3.0
家庭 2 1 2.0
英語 59 29 2.0



数学 48 1 48.0
農業 8 1 8.0
工業 7 1 7.0
情報 9 1 9.0
福祉 2 1 2.0
特別支援学校 54 27 2.0
養護教諭 103 22 4.7
栄養教諭 10 1 10.0

新潟市

校種・科目 受験者 合格者 倍率




小学校 196 86 2.3
国語 23 7 3.3
社会 39 7 5.6
数学 24 2 12.0
理科 29 4 7.3
音楽 9 2 4.5
美術 4 0
保健体育 41 5 8.2
*技術 3 1 3.0
家庭 3 2 1.5
英語 31 7 4.4
特別支援学校 12 6 2.0
養護教諭 62 8 7.8
栄養教諭 13 1 13.0

*技術は中学校のみ

令和2・平成32年度(2020年度)の倍率

新潟県

校種・科目 受験者 合格者 倍率




小学校 597 255 2.3
国語 44 9 4.9
社会 106 21 5.0
数学 63 16 3.9
理科 54 19 2.8
音楽 22 6 3.7
美術 9 6 1.5
保健体育 124 8 15.5
技術 10 4 2.5
家庭 6 4 1.5
英語 61 22 2.8



国語 32 1 32.0
歴史 46 1 46.0
数学 49 1 49.0
生物 29 1 29.0
英語 31 1 31.0
特別支援学校 80 30 2.7
養護教諭 141 20 7.1

新潟市

校種・科目 受験者 合格者 倍率




小学校 210 86 2.4
国語 18 7 2.6
社会 37 6 6.2
数学 29 5 5.8
理科 34 8 4.3
音楽 8 1 8.0
美術 5 1 5.0
保健体育 36 5 7.2
*技術 3 0
家庭 3 1 3.0
英語 28 8 3.5
特別支援学校 12 6 2.0
養護教諭 59 10 5.9
栄養教諭 12 2 6.0

*技術は中学校のみ

平成31年度(2019年度)の倍率

新潟県

校種・科目 受験者 合格者 倍率




小学校 377 311 1.2
国語 48 24 2.0
社会 68 23 3.0
数学 61 22 2.8
理科 48 26 1.8
音楽 19 9 2.1
美術 11 3 3.7
保健体育 67 26 2.6
技術 5 3 1.7
家庭 3 2 1.5
英語 57 33 1.7



国語 35 2 17.5
歴史 36 2 18.0
公民 15 1 15.0
数学 59 2 29.5
物理 15 1 15.0
保健体育 29 1 29.0
家庭 4 1 4.0
英語 43 2 21.5
工業 8 1 8.0
農業 10 2 5.0
水産 2 1 2.0
特別支援学校 56 36 1.6
養護教諭 106 35 3.0
栄養教諭 21 8 2.6

新潟市

校種・科目 受験者 合格者 倍率




小学校 155 86 1.8
国語 9 7 1.3
社会 20 7 2.9
数学 19 2 9.5
理科 16 4 4.0
音楽 9 2 4.5
美術 3 0
保健体育 31 5 6.2
*技術 4 1 4.0
家庭 6 2 3.0
英語 17 7 2.4
特別支援学校 13 5 2.6
養護教諭 43 13 3.3

*技術は中学校のみ

平成30年度(2018年度)の倍率

新潟県

校種・科目 受験者 合格者 倍率




小学校 440 244 1.8
国語 46 12 3.8
社会 93 12 7.8
数学 84 16 5.3
理科 57 16 3.6
音楽 32 5 6.4
美術 16 3 5.3
保健体育 84 11 7.6
技術 4 3 1.3
家庭 8 2 4.0
英語 65 14 4.6



国語 43 2 21.5
地理 24 1 24.0
数学 86 4 21.5
物理 25 2 12.5
英語 54 5 10.8
商業 15 1 15.0
工業 6 3 2.0
特別支援学校 72 23 3.1
養護教諭 96 40 2.4
栄養教諭 21 1 21.0

新潟市

校種・科目 受験者 合格者 倍率




小学校 170 70 2.4
国語 13 3 4.3
社会 19 5 3.8
数学 17 2 8.5
理科 16 4 4.0
音楽 6 2 3.0
保健体育 34 3 11.3
*技術 6 1 6.0
家庭 5 1 5.0
英語 17 2 8.5
特別支援学校 20 6 3.3
養護教諭 48 14 3.4

*技術は中学校のみ

平成29年度(2017年度)の倍率

新潟県

校種・科目 受験者 合格者 倍率




小学校 449 150 3.0
国語 57 11 5.2
社会 84 9 9.3
数学 77 10 7.7
理科 60 11 5.5
音楽 37 6 6.2
美術 18 1 18.0
保健体育 86 5 17.2
技術 10 2 5.0
家庭 12 3 4.0
英語 83 9 9.2



国語 56 3 18.7
歴史 58 2 29.0
公民 29 2 14.5
数学 81 5 16.2
物理 27 1 27.0
保健体育 64 1 64.0
英語 59 10 5.9
農業 10 1 10.0
工業 13 4 3.3
特別支援学校 56 16 3.5
養護教諭 97 10 9.7
栄養教諭 27 1 27.0

新潟市

校種・科目 受験者 合格者 倍率




小学校 175 55 3.2
国語 19 3 6.3
社会 21 3 7.0
数学 12 1 12.0
理科 19 4 4.8
音楽 5 2 2.5
保健体育 16 3 5.3
*技術 4 1 4.0
家庭 4 1 4.0
英語 26 3 8.7
特別支援学校 20 6 3.3
養護教諭 41 10 4.1

*技術は中学校のみ

他自治体の倍率を知りたい場合は下記記事をご覧ください。

【全国】教員採用試験 倍率一覧|都道府県ごとの推移を徹底解説!

【新潟県・新潟市教員採用試験】内容と傾向を解説!

nigatapref-kyouinsaiyoushiken-naiyou

教員採用試験は筆記のほかにも面接や模擬授業など幅広い内容が課せられます。

試験内容は自治体ごとに決めているので、傾向を理解して対策することが重要です。

一次試験の内容

新潟県 新潟市
教職・一般教養 教職・一般教養
専門教養 専門教養
実技試験 実技試験

順に傾向などを解説します。

教職・一般教養試験

教職科目と一般科目で構成される筆記試験です。

  • 試験時間:55分
  • 問題数:新潟県30問、新潟市26問

出題内容はほとんど同じですが、一部、新潟市の教育施策があるなどの違いがあります

試験科目や過去問などを下記記事で解説しています。

新潟県の内容ですが、新潟市の方も参考にしてください。

新潟県教員採用試験 教職・一般教養の勉強法|3つの手順で合格点!

専門教科

自分が担当する科目に関する知識を問う筆記試験です。

特徴は配点が高い(200点)ことで、一般教養(60点)の約3倍あります。

問題は一部の違いを除き、新潟県も新潟市もほとんど同じです。

専門教科で高得点が取れれば、楽に合格できるので優先的に勉強してください。

勉強方法やおすすめの参考書を知りたい場合は下記記事をご覧ください。

【3分で理解】教員採用試験 専門科目の勉強法を4ステップで解説

【2022年度】教員採用試験のおすすめ参考書と選び方を解説【独学者必見】

実技試験

実技試験は、一部の科目を対象に実施されます。

科目と内容は次のとおり。

科目 新潟県 新潟市
音楽 ① 「赤とんぼ」「花の街」「夏の思い出」「浜辺の歌」「荒城の月」「花」「早春賦」の中から当日指定する1曲を、ピアノ伴奏をしながら歌唱。
② アルトリコーダーによる視奏をする。
美術 当日発表
参考)令和3年度は水彩画
保健体育 ①ダンス
②マット運動
③ハードル走
①マット運動
②ハードル走
③バレーボール
技術 当日発表
参考)令和3年度は「状差し」を制作
家庭 当日発表
参考)令和3年度は「ミニバック」の制作
英語 英語によるオーラルプレゼンテーション

二次試験の内容

新潟県 新潟市
個人面接 個人面接
模擬授業

順に傾向などを解説します。

 

個人面接・模擬授業(新潟市)

新潟県も新潟市も2回行われます。

自己PRや志望動機などに関連した質問を通して、

  • 教員としての適性
  • コミュニケーション能力
  • 専門的知識

といった観点を評価します。

新潟市は1回目の面接で模擬授業や場面指導も実施されているので対策が必要です。

新潟県の傾向や質問を知りたい場合は下記記事をご覧ください。

【過去問】新潟県教員採用試験 面接は2回|攻略に必要な情報公開

内容は幅広いので、計画を立てつつ対策することがポイントです。

【新潟県・新潟市教員採用試験】落ちない方法=計画性が重要

nigataken-nigatashi-kyousai-taisaku

新潟県も新潟市も倍率は減少しているため合格しやすい時代がきています。

試験に受かるには日程を把握して対策することが重要です。

試験内容が幅広いため、適当にやっても合格はできません。

まずは試験傾向をしっかり把握して効率よく対策することが重要です。

焦る必要はないので、やれることからやっていきましょう。