新潟県教員採用試験 教職・一般教養の勉強法|3つの手順で合格点!

どうも、福永(@kyosai365)です。

この記事を書いている僕は、大学などで教採指導歴11年目。月間平均アクセス数15万の総合サイト「教採ギルド」の運営をしています。

福永

今回は、新潟県の「教職教養試験」をテーマに話していきます。

✓想定読者
「勉強が苦手で、何から手をつけたらいいか」悩んでいる人。

すでに、傾向を知っている方は、スイマセン。
これ以上、読んでも価値はないです。

勉強が苦手な人は、読むことで「何をすればいいのか」分かるようになりますよ。

さっそく、まとめていきますね。

関連記事新潟県教員採用試験 倍率はトップレベル?合格ロードマップ

新潟県教員採用試験 教職・一般教養の傾向

新潟県教員採用試験 教職の傾向

  • 試験科目
  • 出題形式
  • 合格点(ボーダー)

対策をはじめるまえに、知っておくべき情報をまとめています。

傾向①:試験科目

  • 教職科目
  • 一般科目

この2種類から出題があります。

それぞれの科目はさらに細かく分類され、その科目数は10以上。

教職科目

教員として必要な知識。

  • 教育原理
  • 教育法規
  • 教育心理
  • 教育史

こういった科目から出題があります。

また、新潟県の教育施策に関する出題などもあるため、注意が必要。

出題割合は全体の4割ほど。

一般科目

高校までに勉強してきた知識。

  • 人文科学
  • 社会科学
  • 自然科学

馴染みのある科目が多数出題されています。

最近の出来事や、新潟県の特産物・人物に関する出題などもあるので、覚えておきましょう。

試験科目が多いので、出題傾向を把握して勉強することがポイントです。

傾向②:出題形式

  • 試験時間:55分
  • 問題数:30問

1問1分ちょっとで解かないと、時間切れになってしまいますよ。

時間配分を意識しておく必要がありますね。

出題は5つの選択肢から1つを選んで、番号で答える形式です。

  • 空欄補充
  • 正誤問題

こういった問われ方をしています。

詳しくは、後述している過去問をご覧ください。

傾向③:合格点(ボーダー)

合格点は公表されていません。

受験者からの報告をまとめる感じ、50点~が最低ラインとなりそうです

あまり低すぎてもダメなので、6割を目安に勉強しましょう!

新潟県教員採用試験 教職・一般教養の過去問

新潟県教員採用試験 教職の過去問

  • 2020年(令和3年度)
  • 2019年(令和2年度)

実際に出題された問題を見て、形式や内容の確認をしましょう。

2020年(令和3年度)

過去の出題例(PDF)をダウンロードする。

2019年(令和2年度)

過去の出題例(PDF)をダウンロードする。

なお、過去6年分の出題範囲を「【勉強法】新潟県教員採用試験 効率よく勉強する2つのコツ」でまとめています。

勉強を効率よくするには、必要な情報ですよ。
詳しくはこちらをどうぞ。

新潟県教員採用試験 教職・一般教養の勉強法

新潟県教員採用試験 教職の勉強法

教養試験を攻略するには、次の3ステップを知りましょう。

  • 過去の出題傾向
  • テキスト選び
  • 記憶に残る勉強

順に解説します。

その①:過去の出題傾向を知ろう

結論は、過去の出題傾向を知ることです。

  • どの科目が、
  • どの分野が

これを知るだけで、面白いくらい勉強ができるようになりますよ。

科目別出題数

出題科目の多い科目から勉強しましょう。

科目によって、出題数が違うためです。

例)

  • 数学:4問
  • 生物:1問

あなたなら、どっちに時間をかけて勉強しますか?

当然、数学ですよね。

出題数が多いので、落とすわけにはいけませんからね。

こんな感じで、科目ごとの出題数を知ることが重要!

特別に、過去3年分の出題数一覧を公開しておきます。

参考にどうぞ!

科目 2020 2019 2018
教育原理 5 5 3
教育法規 2 4 3
教育心理 1 1
教育史 1
教育時事 1 1 1
教育施策 1
国語 4 3 2
英語 2 2 3
音楽 1
美術 1
技術家庭 2
日本史 1 1 1
地理 1 1
政治 2
経済 2 1 3
数学 4 2 2
物理 1 1
化学 1
生物 1 1
地学 1
一般常識 2 1 3

頻出分野一覧

出る部分を中心に、無駄のない勉強をしましょう。

科目によって、出題パターンが決まっているためです。

例えば、教育原理を勉強するなら。

  • 生徒指導
  • 特別支援教育

この2分野を徹底して勉強しましょう。

理由は、出る可能性が高いからです。

具体的な根拠がこちら。

これは過去6年間の出題範囲をまとめたものでして、見てのとおり出題率が圧倒的ですね。

他の分野に手を出すよりも、優先して勉強することで確実に点を取れる勉強ができますよ。

なお、他の科目についても「【勉強法】新潟県教員採用試験 効率よく勉強する2つのコツ」で出題範囲を公開しています。

効率よく勉強するには、必要なデータなので上手く活用してください。

CHECK NOW

新潟県の出題範囲をみる

その②:使えるテキストを手に入れよう

使いやすいテキストを使いましょう。

  • 参考書
  • 問題集
  • 過去問題集

テキストといっても、種類はたくさんありますよ。

ダメなのは、なんでも1冊で終わらせようとすることです。

科目によって、効率も変わってくるので注意しましょう。

おすすめのテキストを「【キャリア11年目の僕が選ぶ】教員採用試験 おすすめの参考書3選」で紹介しています。

※2020年9月18日現在、検索1位です

ぜひ、参考にどうぞ!

その③:効果的な覚え方を知ろう

結論からいうと、復習がポイントです。

暗記部分が多いので、復習をしないと、まったく覚えることができません。

しかし、復習のタイミングや方法を知らないとできませんよね。

【勉強法】教員採用試験 覚え方を解説|復習が重要です!」で詳しく解説しているので、暗記方法に不安のある人は参考になるかと。

新潟県教員採用試験 教職・一般教養まとめ

本記事では、新潟県教員採用試験の教職教養をまとめていました。

効率よく勉強するには、次の3つが必要です。

  • 過去の出題傾向
  • テキスト選び
  • 記憶に残る勉強

なかでも、過去の出題範囲を知ることは重要

科目数も範囲も膨大なのに、傾向がなかったら無駄な勉強をすることになるからです。

なので、はやめに出題傾向を知っておくことがポイント!

なお、全科目の傾向を「【勉強法】新潟県教員採用試験 効率よく勉強する2つのコツ」で公開しています。

効率よく勉強するには、必要なデータなので上手く活用してください。

CHECK NOW

新潟県の出題範囲をみる