岡山県教員採用試験 小論文の過去問|対策ロードマップ

okayama-kyosai-ronbun (2)

どうも福永( @kyosai365)です。

今回は、「岡山県教員採用試験の小論文」をテーマに話をしていきます。

本記事の内容
  • 出題テーマ
  • 試験傾向
  • 対策法

はじめて受験する人向けの内容です。

どんな対策をすればいいのか」分かるはずなので、参考にしてみてくださいね。

さっそく、まとめていきます。

関連記事岡山県教員採用試験 倍率の推移|合格ロードマップ【難易度上昇中】

岡山県教員採用試験 小論文のテーマ

okayama-kyosai-ronbun

悩む人

小論文のテーマが知りたいです。「こんなんだったよ!」みたいな情報はありませんか。

岡山県のテーマは、予想が立てやすいですよ。

なぜなら、「教育時報」がテーマになるからです。

MEMO

『教育時報』は、昭和24年に創刊された、岡山県教育委員会が編纂する教育情報誌です。教育についての専門的かつ新鮮な情報を、具体的な事例もふまえて分かりやすく解説するだけでなく、子どもたちの声や作品、県下の先生方の教育実践なども掲載しています。

例えば、2016年のテーマがこちら。

 

これは、「教育時報平成27年8月号 自己肯定感を育む」(以下参照)からの出題なんですね。

引用:教育時報のデータ(岡山県ホームページ)

前年度の教育時報を購読しておけば、事前にテーマを知ることができるかもです。

過去のテーマがこちら。
※2020年(令和3年度)は中止です。

2019年(令和2年度)

小論文のテーマを確認する。(PDF:401KB)

2018年(平成31年度)

小論文のテーマを確認する。(PDF:367KB)

2017年(平成30年度)~

~2013年までのテーマを「岡山県教員採用試験 小論文マニュアル」で無料公開しています。

時間のあるときに確認してみてくださいね。

岡山県教員採用試験 小論文の傾向

okayama-kyosai-ronbun (3)

悩む人

小論文が苦手です。時間内に書き終われないけどコツとかあるの?また、文字数はどれくらい書けばいい?

時間内に書き終わるのって難しいですよね。

結論をいうと、時間配分の意識づけがポイントです。

試験時間

小論文の試験時間は60分です。

この60分をどのように使っていますか?

  • テーマの把握:5分
  • 書く:50分
  • 見直し:5分

何度も書く中で、やりやすい時間配分を身に付けていきましょう。

なので、必ず時間を計って練習してください。

文字数

文字数は700字前後を書ければOKです。

小論文の字数制限は「600字以上、800字以内」です。

一般的に最大字数の9割前後が目安のため、700字くらい書けるといいですね。

福永

600字以下だと採点されない可能性がありますよ。

岡山県教員採用試験 小論文の対策法

okayama-kyosai-ronbun (1)

悩む人

小論文が絶望的に苦手でして・・・。何からすればいいでしょうか。

まずは、「何が苦手なのか」を認識しましょう。

  • 文章の書き方が分からない
  • 書くための知識がない

苦手な理由があると思います。

文章の書き方がわからない

答案集を読み込んで、「型」を勉強しましょう。

文章が書けない理由の多くは、「書き方(型)」を知らないからです。

教員採用試験 差がつく論文の書き方」が一番読みやすく、丁寧なのでおすすめですよ!

まずは3回くらい読み込んで、「型」を勉強してくださいね。

時間を計って書く練習

何度も書いて練習しましょう。

書き方が分かっても、文章は書けないからです。

例えるなら、野球のルールを知っても、すぐにホームランが打てないのと一緒。

月に2~3枚書いてみて、文章に慣れてくださいね。

添削を受ける

一人で対策をしようと思っていませんか?

筆記試験と違い、一人で完結は厳しいですよ。

知識がないため、自分の書いた答案が正しいかどうか判断できないからです。

  • 構成
  • 表現
  • 誤字・脱字

なので、必ず添削を受けることがポイント

最近は、いろんなサービスがあるため添削を受けやすくなっていますよ。

なお、おすすめの添削方法を「教員採用試験 論文の添削を安く受ける方法【質もOK】」で解説しています。

岡山県教員採用試験 小論文まとめ

本記事では、岡山県教員採用試験の小論文をまとめていました。

テーマは「教育時報」から出るため、予想が立てやすいです。

筆記試験と違い、すぐに結果が出ません。そのため、長い期間を見る必要があります。

予備校や各種サービスを駆使して、添削を受けられる環境を準備することも忘れてはいけません。

おすすめの添削サービスは「教員採用試験 論文の添削を安く受ける方法【質もOK】」で紹介しています。

一人では評価をつけるのが難しいので、はやめに準備をはじめていきましょう!

本記事は以上です。