岡山県教員採用試験 教職教養の勉強法|過去問を把握して攻略しよう!

岡山県教員採用試験 勉強法 (1)

どうも福永( @kyosai365)です。

今回は、「岡山県教員採用試験の教職教養」をテーマに話をしていきます。

福永

この記事を書いている僕は、大学などで教採指導歴11年目。月間平均アクセス数15万の総合サイト「教採ギルド」の運営をしています。

ここで解説する対策法を読めば次の悩みを解決することができるはず。

  • 何から勉強すればいいのか
  • どの分野が重要なのか

純粋に参考書の使い方とか勉強の仕方などは書いていません。

そういったテクニックが知りたい方は「【初学者向け】教員採用試験 勉強方法を徹底解説!」をご覧ください。

この2つを把握できれば、勉強時間をかなり減らすことができますよ。

前半では、はじめて受験する人向けに「試験科目」などの詳細もまとめています。すでに知っている人は目次から読みたい部分に飛ぶことができます。

さっそく、見ていきましょう!

関連記事岡山県教員採用試験 倍率の推移|合格ロードマップ【難易度上昇中】

岡山県教員採用試験 教職教養試験とは

岡山県教員採用試験 勉強法 (2)

悩む人

これから対策を始めるんだけど、どんな試験なの?出題科目とか知りたいな。

教職教養(教養試験)は、一次選考で実施される筆記試験です。

特徴は「教職分野」からしか出題されないところですね。

MEMO

通常、教員採用の教養試験は、「教職教養分野」と「一般教養分野」で構成されています。

岡山県みたいに、「教職教養のみ」の自治体は少ないです。

他の自治体が知りたい方は、「【まとめ】教員採用試験 教職教養を対策せよ|特徴や勉強方法を解説!」を参考にしてみてください。

教職教養の試験科目は次のとおりです。

試験科目

  • 教育原理
  • 教育法規
  • 教育心理
  • 教育史
  • 教育時事

試験では、この5科目から出題があります。

「学習指導要領」や「教育基本法」など、教員として必要な知識メインの科目です。

科目について詳しく知りたい方は「【まとめ】教員採用試験 教職教養を対策せよ|特徴や勉強方法を解説!」をご覧ください。

試験時間

試験時間は50分です。

問題は全部で25問なので、1問2分で解けないと間に合いませんね。

時間配分に気を付けて解くことが大切です。

注意

2021年(令和4年度)から「試験時間の短縮」と「問題数の縮減」が発表されています。

出題形式

出題形式は「全問マークシート」です。

選択肢は5つで、正答を1つ選んでマークします。

  • 「〇✕問題」
  • 「空欄補充」

などの出題があります。

〇✕問題の解答例

空欄補充

okayama-kakomon2

難易度

難易度は、やや高めです。

理由は次の2つ。

  • 完答が必要
  • 合格率が50%以下

簡単に解説しますね。

完答が必要

選択肢すべてに正解して4点です。

例えば、4つの選択肢について〇、✕を選ぶ問題。

3つの正誤が分かっていても、4つ目が違えば、その問題は0点です。

選択肢すべての正答が必要なのため、少し難しいですね。

合格率が50%以下

2020年(令和3年度)の一次試験合格率は40.5%でした。

受験者の半分以上が、一次の時点で落ちてしまうんですね。

全国平均は60%程度なので、岡山県は難しめといえそうです。

教職教養の特徴は理解できましたか?

再度、見直して対策を始めていきましょうね。

岡山県教員採用試験 教職教養の過去問

岡山県教員採用試験 勉強法

悩む人

よく過去問は先にやったほうがいいって聞くけど本当?知識がないから解けないけど意味あるの?

結論からいうと、過去問は最初にやるべきです!

なぜなら、出題範囲が分かるからです。

例えば、勉強を始めるときに「どこから」勉強すればいいか分かりませんよね。

過去問を数年分見ていけば、次のことがわかります。

例)教育原理

okayama

※◎=複問、◉=単問

 

 

この表は過去10年間の出題範囲をまとめたデータです。

  • 学習指導要領
  • 生徒指導

この2分野が出題数が多く頻出だと分かりますね。

なので、最初に過去問を使うべきなんですよ。

岡山県教員採用試験 教職教養マニュアル」で全科目のデータを公開しています。

併せてご覧ください。

※2020年(令和3年度)は新型ウイルスの影響で中止です。

2019年(令和2年度)

教職教養の問題と解答を確認する(PDF:1MB)

2018年(平成31年度)

教職教養の問題と解答を確認する(PDF:1MB)

 

岡山県教員採用試験 教職教養の対策法

岡山県教員採用試験 勉強法 (3)

悩む人

勉強をはじめたけど、どこを勉強すればいいのか分からない・・・。

ここで解説する対策法を読めば次の悩みを解決することができるはず。

  • 何から勉強すればいいのか
  • どの分野が重要なのか

純粋に参考書の使い方とか勉強の仕方などは書いていません。

そういったテクニックが知りたい方は「【初学者向け】教員採用試験 勉強方法を徹底解説!」をご覧ください。

この2つを把握できれば、勉強時間をかなり減らすことができますよ。

浮いた時間を専門教科や面接などに投資できるため、合格に近づくはずです!

勉強すべき科目は決まっている

結論からいうと、出題数の多い科目を勉強してください。

それを知る方法が「過去問分析」です。

悩む人

福永さん、そんなことは分かっているんですよ。サクッと勉強したいから情報を探しているんです!

こういう声が多そうなので、僕が過去の出題数をまとめておきました!

次のとおりです。

科目 2019 2018 2017
教育原理 11 14 12
教育史 1 1 2
教育心理 3 1 2
教育法規 7 7 5
教育時事 3 2 4

悩む人

教育原理をメインに勉強すればいいんですね。

その通りです。

まずは、教育原理をメインにしつつ、教育法規に取り掛かるイメージですね。

合格の目安は60点

ちなみに、原理と法規だけの勉強でも6割を取ることは可能ですよ。

それだけ出題占有率が高いため、ここで点数を取らないとダメです。

教育史や心理は、試験直前期に詰め込むなどでOK。

出る分野も決まっている

悩む人

教育法規を勉強するけど、どの条文が出るのか・・・。多すぎて嫌になりそう。

こういった悩みも「過去の出題範囲」を把握すれば楽勝です。

実は過去に出題された条文はあまり出ていません

 

また、連続して出ることもないため予想が立てやすいです!

 

こちらをご覧ください。

 

これは教育基本法で出題された条文をまとめています。

※●単独出題、〇選択肢として出題

  • 「過去10年間で出題のない条文」
  • 「3年間出題のない条文」

をまとめています。

 

基本的に一度出た条文は出ていませんよね。

なので、マーカーがある条文から覚えておくといいかと。

こんな感じで「過去の出題範囲」を知るだけでも、勉強時間を極限まで減らすことができそうですね。

使える時間は全員同じですから、効率よく勉強しましょう。

過去の出題データを「岡山県教員採用試験 教職教養マニュアル」で公開しています。

出題範囲を知ることで、勉強時間を40%くらい減らすことができるので、参考にしてみてくださいね。

岡山県教員採用試験 教職教養まとめ

本記事では、岡山県教員採用試験の教職教養をまとめていました。

試験科目は全国でも少ない「教職分野」のみの出題です。

一次試験の合格率は40%と、前項平均60%に比べると難易度は少し高いですね。

勉強をはじめるうえで、大切なことは「過去の出題範囲」を知ることです。

  • 科目ごとの出題数
  • 出る分野・条文

これらを知ることで、すぐに勉強が始められるし、無駄なことをしなくても点数が取れるようになります。

とくに働きながら・学校にいきながら勉強時間を確保することは難しいですよね。

はやめに出題範囲を知って、対策を始めることが合格への近道です。

出題範囲を知ることで、勉強時間を40%くらい減らすことができますよ!

今回は、以上です。