【過去問】大阪府教員採用試験 個人面接の質問内容を公開

大学生

今度、個人面接があるけど、どんな質問が聞かれていますか。回答を作りたいので、知りたいです。

このような悩みを解決できる記事を書きました。

今回は、「個人面接で質問された内容」をテーマに話していきます。

この記事を書いている僕は、大学などで教採指導歴11年目。月間平均アクセス数15万の総合サイト「教採ギルド」の運営をしています。

福永

結論からいうと、面接は次の3パターンから質問されていますよ!

  • 「自分自身に関すること」
  • 「教員を目指す志望動機」
  • 「教育に対する熱意」

過去問を公開しているので、確認してくださいね。

さっそく、見ていきましょう!

関連記事大阪府教員採用試験 倍率は全国トップ?合格ロードマップ

大阪府教員採用試験 個人面接の傾向

大阪府教員採用試験 個人面接の対策

大阪府の個人面接は二次試験・三次試験の2回実施されます。

内容は、どちらも「個人面接」

  • 試験時間:20~30分
  • 面接官:2人

面接時間は、どちらも20~30分程度で、面接官2人から質問される形式です。

傾向①:配点が高い

  • 2次試験:150点
  • 3次試験:305点

全体の50%以上を占めていますよ!

面接で点数を取ることが合格への近道ですね。

傾向②:面接カード(ES)の内容

個人面接は提出する面接票(カード)の内容に沿って質問されています。

項目は次のとおり。

  • 氏名、住所、学歴、職歴
  • この選考を受験するに至った主な動機(120字程度)
  • 教員になった場合に役立つ又は教員として役立っていると思われる自らの経験(クラブ、ボランティア等)、資格、趣味、特技など(200字程度)

自己分析をじっくりして、上手に書くようにしましょう。

傾向③:評価観点

  • 2次試験:「社会人としての常識や態度」
  • 3次試験:教育的課題やコミュニケーション能力」

これらの項目についてA~Eの5段階で評価を付けます。

  • 社会人として望ましい態度であるか。
  • 望ましい対人関係を築ける資質を備えているか
  • 教育を取り巻く状況や課題を理解しているか。
  • 教員としてふさわしいコミュニケーション能力を備えているか。

印象よくするように心がければOK。

大阪府教員採用試験 個人面接の質問内容

大阪府教員採用試験 個人面接の内容

  • 「自分自身に関すること」
  • 「教員を目指す志望動機」
  • 「教育に対する熱意」

これらについて、幅広く質問されていますよ。

実際に質問された内容をまとめているので、参考にしてください。

質問①:自分自身に関すること

  • 面接官を生徒に見立てて、自己紹介を1分程度で行いなさい。
  • 上司に相談するとき、どのように相談しますか。
  • 理想とする教師像とは何ですか。
  • 自分の力を一番発揮できたのはいつですか。
  • 自分の意思は貫き通しますか、曲げる方ですか。その理由は何ですか。

質問②:教員を目指す志望動機

  • 出身地とは異なりますが、大阪府を受けた理由は何ですか。
  • 大阪のイメージ・印象はどうですか。
  • 志望動機を述べてください。
  • 出身大学は県外ですが、なぜ大阪府の教員を志望するのですか。
  • なぜ、その校種を志望したのですか。

質問③:教育に対する熱意

  • 授業を行う際、どのような工夫をしていますか。
  • 授業で褒めるとき、叱るときがあると思いますが、どちらかの場面での具体例を挙げてください
  • 電話で対応した保護者が納得してくれないときはどうしますか。
  • 保護者と電話で対応するとき、気を付けることは何ですか。
  • 発表が苦手な生徒にはどのように対応しますか。

こういった質問に自信を持って、笑顔で返答できれば合格できますよ!

なお、「もっと質問内容が知りたい!」という方は「【過去問】大阪府教員採用試験 個人面接で聞かれた145個の質問集」で公開しています。

有益な情報なので、ぜひ活用してくださいね。

タップで確認!

大阪府で質問された145個の内容を見る

大阪府教員採用試験 個人面接まとめ

本記事では、大阪府教員採用試験の個人面接をまとめていました。

質問された内容から、自分なりの回答を多く準備していきましょう

回答が多くなれば、それだけ自信につながるはず。

あとは、しゃべる練習を重ねていけば面接対策は完了ですよ。

今すぐ、始めていきましょう!

タップで確認!

大阪府で質問された145個の内容を見る