大阪市教員採用試験の難易度は高い?過去の倍率推移を教科別に解説!

大阪市教員採用試験 倍率の推移

  • 大阪市教員採用試験の難易度は高いの?
  • 大阪市教員採用試験の倍率はどれくらい?
  • 大阪市教員採用試験に合格するには?

この記事は、上記の悩みを解決する内容となっています。

主な内容
  • 大阪市教員採用試験の概要
  • 大阪市教員採用試験の倍率
  • 大阪市教員採用試験の傾向と対策法

本記事を読めば、大阪市教員採用試験の現状から試験傾向までサクッと理解できますよ

はじめて受験する向けに試験概要も紹介しているので、ぜひ読んでみてください。

結論を最初に言うと、大阪市教員採用試験の難易度は高いです。

それでは、よろしくお願いします。

大阪市教員採用試験の難易度が高い3つの理由

city-osaka-kyouinsaiyo-nanido

大阪市の難度が高いと思う理由は次の3つです。

  • 筆記重視
  • 試験科目が特殊
  • 試験がシンプル

それぞれ解説します。

理由①:筆記重視

一つ目の理由は、圧倒的に筆記重視なことです

一次試験では、最初に筆記試験(筆答テスト)を行い、その合格者を対象に面接を課して合格者を決定します。

どれだけ人間性や指導力があっても、一定の学力がないと面接すら受けることができません。

他の自治体では、筆記と面接の合計点で合否判定をする場合が多いため、学力だけで評価される大阪市は難度が高いと言えますね。

福永
福永

筆記がダメでも、面接評価が高ければ合格できる自治体の方が多くなっていますからね。

理由②:試験科目が特殊

2つ目の理由は、教養試験の科目が特殊であることです。

一般的には「教職教養+一般教養」ですが、大阪市は「教職教養+思考力・判断力を問う科目」となっています。

city-osaka-kyouinsaiyo-nanido-muzukasi

教員採用試験向けの参考書などがないため、対策に苦労する受験者が多いんですよね。

詳しくは下記記事で解説しています。

関連記事【過去問あり】大阪市教員採用試験 筆答テストの勉強法|合格最低点を徹底解説!

理由③:試験がシンプル

最後の理由は、試験内容がシンプルなことです。

簡単にいうと、筆記と面接の結果で合否が決まるということです。

他の自治体では実施されている論文や模擬授業、集団討論といった試験はありません。

試験内容が少ない=対策がしやすいです。しかし、それだけボーダーラインも上がるってことなので簡単には合格できません。

以上の理由から、大阪市の難度は高いと思いますよ。

しっかりと現状を把握して、効率よく対策をはじめてください。

大阪市教員採用試験の傾向

city-osaka-kyouinsaiyo-keikou

最初に大阪市教員採用試験の傾向(概要)を簡単に紹介します。

  • 主な試験の変更点
  • 求める教員像
  • 年齢制限
  • 試験日程

なお、試験内容は対策方法と一緒に後述しているので、それを参考にしてください。

主な変更点(令和4年度)

oosakasikyouinsaiyousiikennnohenkoutenn

大きな変更点は高校の募集停止ですね。

高校を志望していた方は、大阪府を受験する必要があります。

関連記事【独学で受かる方法】大阪府教員採用試験は高難度?内容や対策の仕方

求める教員像

自治体によって学校の規模や教育方針が違います。

そのため、求めらる人物像もその方針に見合っていないと合格することはできません

oosakasigamotomerukyouinnzoutoha

面接でも内容を問う質問があったりします

必ず内容を把握しておきましょう。また、下記資料も読んでおいてください。

参考資料大阪市教育振興基本計画 (osaka.lg.jp)

受験資格(年齢制限)

大阪市では、優秀な若手を確保をするため受験資格(年齢制限)を厳しく設定しています。

令和4年度は、「昭和51年4月2日~に生まれた人」が受験できます。

全国的には、年齢制限を緩和(59歳未満)する傾向にありますよ。詳しくは下記記事をご覧ください。

関連記事【都道府県一覧】教員採用試験の年齢制限は撤廃傾向?【40代でもOK】

試験日程

oosakasikyouinsaiyousikennnonittei

このような流れで試験が実施されています。

なお、教員採用試験は日程がかさなっていなければ、複数の自治体を受験することができます。

他県の日程を下記記事で紹介しているので、参考にしてください。

関連記事【都道府県別】2022年度教員採用試験の日程を徹底解説【全国一覧】

【大阪市教員採用試験】小学校の倍率一覧

city-osaka-kyouinsaiyo-bairitsu-syougakkou

ここでは、大阪市教員採用試験の小学校教諭を志望する方向けに以下のデータをまとめています。

  • 過去の倍率推移(実施結果)
  • 一次試験の倍率
  • 二次試験の倍率

※掲載年度:令和4年度(2022年度)、令和3年度(2021年度)、令和2年度(2020年度)、平成31年度(2019年度)、平成30年度(2018年度)

まずは全体の結果をみて、現在の状況を確認してみましょう。

そのあと、一次試験や二次試験の結果をみて、どの試験が重要なのか把握して対策してください。

詳細は次のとおりです。

過去の倍率推移(令和4年度~)

年度受験者合格者倍率
20221,1443882.9
20211,1944552.6
20201,0594462.4
20191,1074902.3
20181,0243413.0
情報元:大阪市 (osaka.lg.jp)

一次試験の倍率データ

年度※受験者合格者倍率
20229954222.4
20211,0375072.0
20208295231.6
20198985741.6
20188724611.9
※一次免除者を除く。

一次合格者の決定方法

一次試験の合格者(一般選考の場合)は、筆答テスト(教養試験)と面接試験の合計点で決定します。

city-osaka-kyouinsaiyo-shikennaiyo-itizishiken
2021年の内容

なお、筆答テストの点数が高くても、面接の点数が基準に達していない場合は不合格となります。

大阪市の筆答テスト(教養試験)は、一般的な教員採用試験とは違うので傾向を把握して対策しましょう。

詳しくは下記で解説しています。

関連記事【過去問あり】大阪市教員採用試験 筆答テストの勉強法|合格最低点を徹底解説!

関連記事【面接対策は個票が鍵!】大阪市教員採用試験の質問内容を徹底解説!

二次試験の倍率データ

年度※受験者合格者倍率
20225333881.4
20216344551.4
20207174461.6
20197434901.5
20185823411.7
※一次免除者を含む。

二次(最終)合格者の決定方法

二次試験(最終)の合格者は、筆答テスト(専門試験)と実技試験(及び個人面接)の結果で決定します。

city-osaka-kyouinsaiyo-shikennaiyo-nizisikenn
2021年の内容

配点は、専門240点、実技180点、面接450点。

なお、筆答、面接、実技の各テストにおいて、得点が合格基準点に達しないものが一つでもある場合は、不合格なのでバランスよく対策しましょう。

関連記事【専門教養の合格ライン】大阪市教員採用試験の過去問|基準点に注意!

関連記事【面接対策は個票が鍵!】大阪市教員採用試験の質問内容を徹底解説!

【大阪市教員採用試験】中学校の倍率一覧(教科別)

city-osaka-kyouinsaiyo-bairitsu-tyuugakkou

ここでは、大阪市教員採用試験の中学校教諭を志望する方向けに以下のデータを科目別にまとめています。

  • 過去の倍率推移(実施結果)
  • 一次試験の倍率
  • 二次試験の倍率

※掲載年度:令和4年度(2022年度)、令和3年度(2021年度)、令和2年度(2020年度)、平成31年度(2019年度)、平成30年度(2018年度)

まずは全体の結果をみて、現在の状況を確認してみましょう。

そのあと、一次試験や二次試験の結果をみて、どの試験が重要なのか把握して対策してください。

詳細は次のとおりです。

過去の倍率推移(令和4年度~)

科目20222021202020192018
国語3.72.04.15.85.4
社会7.55.83.57.557.0
数学3.12.13.68.55.9
理科2.12.14.24.35.8
音楽17.32.93.35.94.6
美術2.23.44.88.32.6
保健体育19.07.15.715.121.7
技術2.12.81.51.41.7
家庭3.31.53.06.71.3
英語5.33.94.45.28.6
情報元:大阪市 (osaka.lg.jp)

一次試験の倍率データ

※受験者は一次免除者を除く。
※合格者には、他の校種では不合格だったが、中学校では合格と判定された人を含む。

科目受験者合格者倍率
国語74372.0
社会130443.0
数学98541.8
理科55441.3
音楽4859.6
美術24191.3
保健体育216405.4
技術16121.3
家庭12101.2
英語125403.1
科目受験者合格者倍率
国語70551.3
社会121422.9
数学87701.2
理科62401.6
音楽39192.1
美術26181.4
保健体育223514.4
技術18101.8
家庭15111.4
英語95482.0
科目受験者合格者倍率
国語56291.9
社会97492.0
数学57311.8
理科41291.4
音楽34191.8
美術21102.1
保健体育142403.6
技術12101.2
家庭9110.8
英語78332.4
科目受験者合格者倍率
国語66193.5
社会94175.5
数学79223.6
理科38142.7
音楽36113.3
美術2092.2
保健体育143354.1
技術1081.3
家庭1491.6
英語101323.2
科目受験者合格者倍率
国語68262.6
社会101250.5
数学60193.2
理科4559.0
音楽28122.3
美術15141.1
保健体育129225.9
技術991.0
家庭10101.0
英語92811.5

一次合格者の決定方法

一次試験の合格者(一般選考の場合)は、筆答テスト(教養試験)と面接試験の合計点で決定します。

city-osaka-kyouinsaiyo-shikennaiyo-itizishiken
令和4年度の内容

なお、筆答テストの点数が高くても、面接の点数が基準に達していない場合は不合格となります。

大阪市の筆答テスト(教養試験)は、一般的な教員採用試験とは違うので傾向を把握して対策しましょう。

詳しくは下記で解説しています。

関連記事【過去問あり】大阪市教員採用試験 筆答テストの勉強法|合格最低点を徹底解説!

関連記事【面接対策は個票が鍵!】大阪市教員採用試験の質問内容を徹底解説!

二次試験の倍率データ

科目受験者合格者倍率
国語40221.8
社会47182.6
数学63351.8
理科50311.6
音楽933.0
美術20121.7
保健体育48124.0
技術1591.7
家庭842.0
英語43251.7
科目受験者合格者倍率
国語59381.6
社会48222.2
数学80491.6
理科57381.5
音楽20141.4
美術1782.1
保健体育59331.8
技術1081.3
家庭11101.1
英語52262.0
科目受験者合格者倍率
国語45182.5
社会62321.9
数学46212.2
理科40133.1
音楽22121.8
美術1352.6
保健体育74312.4
技術13101.3
家庭1443.5
英語51222.3
科目受験者合格者倍率
国語34142.4
社会21131.6
数学36113.3
理科22112.0
音楽1572.1
美術1434.7
保健体育58115.3
技術13111.2
家庭1434.7
英語38211.8
科目受験者合格者倍率
国語33142.4
社会1527.5
数学29122.4
理科23112.1
音楽2082.5
美術1572.1
保健体育4476.3
技術961.5
家庭13101.3
英語28132.2

二次(最終)合格者の決定方法

二次試験(最終)の合格者は、筆答テスト(専門試験)と※実技試験(及び個人面接)の結果で決定します。

※音楽、美術、保健体育

city-osaka-kyouinsaiyo-shikennaiyo-nizisikenn
令和4年度の内容

配点は、専門400点(実技のある科目は200点)、実技200点、面接420点。

なお、筆答、面接、実技の各テストにおいて、得点が合格基準点に達しないものが一つでもある場合は、不合格なのでバランスよく対策しましょう。

関連記事【専門教養の合格ライン】大阪市教員採用試験の過去問|基準点に注意!

関連記事【面接対策は個票が鍵!】大阪市教員採用試験の質問内容を徹底解説!

【大阪市教員採用試験】養護教諭の倍率一覧

city-osaka-kyouinsaiyo-bairitsu-yougokyouyu

ここでは、大阪市教員採用試験の養護教諭(幼稚園共通を含む)を志望する方向けに以下のデータをまとめています。

  • 過去の倍率推移(実施結果)
  • 一次試験の倍率
  • 二次試験の倍率

※掲載年度:令和4年度(2022年度)、令和3年度(2021年度)、令和2年度(2020年度)、平成31年度(2019年度)、平成30年度(2018年度)

まずは全体の結果をみて、現在の状況を確認してみましょう。

そのあと、一次試験や二次試験の結果をみて、どの試験が重要なのか把握して対策してください。

詳細は次のとおりです。

志望校種について

養護教諭は「幼稚園」か「小・中共通」の2区分があります。なお、志望のときに志望順位を付けて併願することができます。

過去の倍率推移(令和4年度~)

※幼稚園・小中の合計をまとめています。

科目受験者合格者倍率
2022221258.8
2021238327.4
2020236396.1
2019285555.2
2018186257.4
情報元:大阪市 (osaka.lg.jp)

一次試験の倍率データ

年度※受験者合格者倍率
2022211385.6
2021228673.4
2020203603.4
2019250713.5
2018171553.1
※一次免除者を除く。

一次合格者の決定方法

一次試験の合格者(一般選考の場合)は、筆答テスト(教養試験)と面接試験の合計点で決定します。

city-osaka-kyouinsaiyo-shikennaiyo-itizishiken
令和4年度の内容

なお、筆答テストの点数が高くても、面接の点数が基準に達していない場合は不合格となります。

大阪市の筆答テスト(教養試験)は、一般的な教員採用試験とは違うので傾向を把握して対策しましょう。

詳しくは下記で解説しています。

関連記事【過去問あり】大阪市教員採用試験 筆答テストの勉強法|合格最低点を徹底解説!

関連記事【面接対策は個票が鍵!】大阪市教員採用試験の質問内容を徹底解説!

二次試験の倍率データ

年度受験者合格者倍率
202242251.7
202173322.3
202090392.3
2019102551.9
201866252.6

二次(最終)合格者の決定方法

二次試験(最終)の合格者は、筆答テスト(専門試験)と個人面接の結果で決定します。

city-osaka-kyouinsaiyo-shikennaiyo-nizisikenn
令和4年度の内容

配点は、専門400点、面接420点。

なお、各テストにおいて、得点が合格基準点に達しないものが一つでもある場合は、不合格なのでバランスよく対策しましょう。

関連記事【専門教養の合格ライン】大阪市教員採用試験の過去問|基準点に注意!

関連記事【面接対策は個票が鍵!】大阪市教員採用試験の質問内容を徹底解説!

【大阪市教員採用試験】栄養教諭の倍率一覧

city-osaka-kyouinsaiyo-bairitsu-eiyokyouyu

ここでは、大阪市教員採用試験の栄養教諭を志望する方向けに以下のデータをまとめています。

  • 過去の倍率推移(実施結果)
  • 一次試験の倍率
  • 二次試験の倍率

※掲載年度:令和4年度(2022年度)、令和3年度(2021年度)、令和2年度(2020年度)、平成31年度(2019年度)、平成30年度(2018年度)

まずは全体の結果をみて、現在の状況を確認してみましょう。

そのあと、一次試験や二次試験の結果をみて、どの試験が重要なのか把握して対策してください。

詳細は次のとおりです。

過去の倍率推移(令和4年度~)

年度受験者合格者倍率
202250316.7
202150510.0
202064106.4
201988108.8
201861154.1
情報元:大阪市 (osaka.lg.jp)

一次試験の倍率データ

年度受験者合格者倍率
202250114.5
202150202.5
202056163.5
201982194.3
201857193.0
※一次免除者を除く。

一次合格者の決定方法

一次試験の合格者(一般選考の場合)は、筆答テスト(教養試験)と面接試験の合計点で決定します。

city-osaka-kyouinsaiyo-shikennaiyo-itizishiken
令和4年度の内容

なお、筆答テストの点数が高くても、面接の点数が基準に達していない場合は不合格となります。

大阪市の筆答テスト(教養試験)は、一般的な教員採用試験とは違うので傾向を把握して対策しましょう。

詳しくは下記で解説しています。

関連記事【過去問あり】大阪市教員採用試験 筆答テストの勉強法|合格最低点を徹底解説!

関連記事【面接対策は個票が鍵!】大阪市教員採用試験の質問内容を徹底解説!

二次試験の倍率データ

年度受験者合格者倍率
20221033.3
20212054.0
202024102.4
201924102.4
201822151.5

二次(最終)合格者の決定方法

二次試験(最終)の合格者は、筆答テスト(専門試験)と個人面接の結果で決定します。

city-osaka-kyouinsaiyo-shikennaiyo-nizisikenn
令和4年度の内容

配点は、専門400点、面接420点。

なお、各テストにおいて、得点が合格基準点に達しないものが一つでもある場合は、不合格なのでバランスよく対策しましょう。

関連記事【専門教養の合格ライン】大阪市教員採用試験の過去問|基準点に注意!

関連記事【面接対策は個票が鍵!】大阪市教員採用試験の質問内容を徹底解説!

【大阪市教員採用試験】幼稚園の倍率一覧

city-osaka-kyouinsaiyo-bairitsu-youtien

ここでは、大阪市教員採用試験の幼稚園教諭(小学校共通を含む)を志望する方向けに以下のデータをまとめています。

  • 過去の倍率推移(実施結果)
  • 一次試験の倍率
  • 二次試験の倍率

※掲載年度:令和4年度(2022年度)、令和3年度(2021年度)、令和2年度(2020年度)、平成31年度(2019年度)、平成30年度(2018年度)

まずは全体の結果をみて、現在の状況を確認してみましょう。

そのあと、一次試験や二次試験の結果をみて、どの試験が重要なのか把握して対策してください。

詳細は次のとおりです。

過去の倍率推移(令和4年度~)

年度受験者合格者倍率
2022105617.5
2021147169.2
202059163.7
201970107.0
201874514.8
情報元:大阪市 (osaka.lg.jp)

一次試験の倍率データ

年度受験者合格者倍率
2022104195.5
2021147413.6
202055202.8
201965183.6
201870125.8
※一次免除者を除く

一次合格者の決定方法

一次試験の合格者(一般選考の場合)は、筆答テスト(教養試験)と面接試験の合計点で決定します。

city-osaka-kyouinsaiyo-shikennaiyo-itizishiken
2021年の内容

なお、筆答テストの点数が高くても、面接の点数が基準に達していない場合は不合格となります。

大阪市の筆答テスト(教養試験)は、一般的な教員採用試験とは違うので傾向を把握して対策しましょう。

詳しくは下記で解説しています。

関連記事【過去問あり】大阪市教員採用試験 筆答テストの勉強法|合格最低点を徹底解説!

関連記事【面接対策は個票が鍵!】大阪市教員採用試験の質問内容を徹底解説!

二次試験の倍率データ

年度受験者合格者倍率
20221963.2
202140162.5
202024161.5
201922102.2
20181653.2

二次(最終)合格者の決定方法

二次試験(最終)の合格者は、筆答テスト(専門試験)と実技試験(及び個人面接)の結果で決定します。

city-osaka-kyouinsaiyo-shikennaiyo-nizisikenn
2021年の内容

配点は、専門240点、実技180点、面接450点。

なお、筆答、面接、実技の各テストにおいて、得点が合格基準点に達しないものが一つでもある場合は、不合格なのでバランスよく対策しましょう。

関連記事【専門教養の合格ライン】大阪市教員採用試験の過去問|基準点に注意!

関連記事【面接対策は個票が鍵!】大阪市教員採用試験の質問内容を徹底解説!