【短期集中】大阪市教員採用試験 筆答テストの勉強法|合格点は低いです。

どうも福永( @kyosai365)です。

今回は「大阪市教員採用試験の筆答テスト」をテーマに話していきます。

悩む人

勉強が苦手で、とても不安です。試験まで残り3ヵ月しかないけど間に合うかな・・・。

このような悩みを解決できる記事を書きました。

結論からいうと、間に合いますよ

なぜなら、短い時間を活かせる戦術があるからです。

教員採用試験の出題範囲は膨大に思われがちですが、大したことありません。

勉強できない人が勝手に言っているだけなんですね。

なので、ここで解説する戦略を活用して対策すれば逆転可能です!

この記事を書いている僕は、大学などで教採指導歴11年目。月間平均アクセス数15万の総合サイト「教採ギルド」の運営をしています。

福永

要領の悪いライバルたちをごぼう抜きしていきましょう!

関連記事大阪市教員採用試験 倍率は決して高くない|合格へのロードマップ

大阪市教員採用試験 筆答テストの内容

大阪市教員採用試験 過去問

大阪市の筆答テストは、一次試験に実施されます。

MEMO

大阪府や堺市、豊能地区も同じ問題を使っています。

試験科目

分野 / 科目 主な内容



教育原理 ・学習指導要領
・生徒指導
教育法規 ・学校教育法
・教育基本法
教育心理 ・人格と適応
・学習の理論
教育史 ・西洋教育史
・日本教育史
教育時事 ・文部科学省の資料






数的推理 ・速さ
・確率
判断推理 ・対応関係
・立体図形
資料解釈 ・グラフの読み取り
文章理解 ・現代文読解
・英文読解

思考力・判断力を問う出題

教員採用試験で出題される自治体は少ないです。

内容は公務員試験の問題で、計算問題や長文読解を中心に構成されます。

配点は66%を占めるため、優先して攻略しましょう!

出題形式

  • 試験時間:90分
  • 問題数:30問

試験時間は、たっぷりあります。

しかし、計算問題や長文読解に時間をかけすぎるとタイムオーバーになりますよ。

勉強の段階から、時間を意識しておくとOK。

配点比率

思考力・判断力を問う問題を優先して攻略しましょう!

なぜなら、配点が高いからです。

  • 教職:1問10点×15問=150点
  • 思考力:1問20点×15問=300点

思考力の配点が2倍なので、ここで点が取れないと総合点を上げることができません。

合格点(ボーダーライン)

2020年(令和3年度)の合格点がこちら。

幼稚園・小学校

区分 最低点
幼稚園 140
幼稚園 / 小学校 170
小学校 154

中学校

教科 最低点
国語 158
社会 145
数学 170
理科 163
音楽 131
美術 131
保健体育 138
技術 131
家庭 157
英語 140

高等学校

教科 最低点
国語 152
社会 154
数学 181
生物化学 162
物理化学 179
保健体育 142
機械 98
デザイン 127
商業 136
家庭 129
英語 142
公民福祉 109

養護教諭 / 栄養教諭

区分 最低点
幼稚園 79
小中校 146
栄養教諭 152

ほとんどが3割くらいですね。

大阪市教員採用試験 筆答テストの過去問

大阪市教員採用試験 教養の傾向

大阪市の過去問はホームページからダウンロードすることが可能!

3年分を引用しておきますので、参考にどうぞ!

なお、過去10年分の出題範囲データを「大阪市教員採用試験 筆答テストマニュアル」で公開しています。

併せて確認してください。

2020年(令和3年度)

2019年(令和2年度)

2018年(平成31年度)

大阪市教員採用試験 筆答テストの攻略ノウハウ

大阪市教員採用試験 対策

勉強できない理由は、次の2つを知ることで解決できますよ!

  • 「勉強する科目」
  • 「出やすい分野」

それぞれ見ていきましょう!

対策①:科目別出題数

過去問を分析することで、科目ごとの出題数を知ることができますよ!

科目ごとの出題数は次のとおりです。

科目 2020年 2019年 2018年
教育原理 8 6 9
教育法規 4 5 4
教育心理 1 1 1
教育史 1 1 1
教育時事 1 2 0
数的推理 3 3 1
判断推理 4 4 7
資料解釈 4 3 2
現代文 2 2 2
英文 2 3 3

7割くらいを目途に勉強するのがポイントです。

出題数の多い科目から勉強すればOK。

落ちる人は、出題数の少ない科目に時間をかけがちです。

対策②:頻出分野

過去の出題傾向を知れば、「頻出分野」を知ることができますよ。

例えば、教育原理を勉強するなら「生徒指導」「人権教育」を優先して勉強しましょう。

なぜなら、出題率100%だからです。

次のデータは過去10年間の出題を分野ごとに分けたものです。

 

見てのとおりですね。

勉強ができない人は、こういったデータを知らずに勉強するから点が取れません。

他の科目についても、「【過去問データ公開】大阪市教員採用試験 勉強すべき科目はこれだけ!」で公開しているので、活用してくださいね。

勉強が苦手な、あなたにおすすめです!

大阪市教員採用試験 筆答テストの対策

大阪市教員採用試験 ノウハウ

勉強をするうえで、役に立つ記事を紹介します。

併せて読んでみてくださいね。

対策①:おすすめの参考書

  • 参考書
  • 問題集
  • 過去問集

これらのテキストを上手く使うことが点数をあげるために必須です。

ダメな人は、用途を無視して使っていますよ。

おすすめを「【2022年度版】教員採用試験 おすすめの参考書【教職・一般・専門】」で紹介しています。

対策②:効果的な覚え方

一般知能を除き、本質は暗記です。

覚えれば覚えただけ点数を取ることができますよ。

暗記するためには方法がありまして、ヒントは復習です!

詳しくは「【勉強法】教員採用試験 覚え方を解説|復習が重要です!」で解説しています。

大阪市教員採用試験 筆答テストまとめ

本記事では、大阪市教員採用試験の筆答テストをまとめていました。

合格倍率は1.1倍なので、基礎さえ出来ていれば落ちることはありませんよ。

すべての範囲をカバーする必要はありません。

  • 出題数の多い科目
  • 頻出分野

これを理解して、勉強することが大切です。

はやめに過去の出題傾向を知って、対策をはじめましょう!