大阪府教員採用試験 筆頭テストの過去問|点をとる勉強法を解説!

大阪府教員採用試験 対策法

どうも福永( @kyosai365)です。

今回は、大阪府教員採用試験の「筆頭テスト」をテーマに話していきます。

悩む人

試験日まで時間がありません。今から対策を始めるとして何をすればいいでしょうか。

結論を先にいうと、短期間でも合格点は取れます

なぜなら、短期間でも点数を上げられる戦術があるからです。

実際、今から対策をはじめる時点でライバルたちに「勉強量」で勝つことは厳しいので、「質」で勝負するしかありません。

教員採用試験で「質」重視の勉強をしている人は多くありません。

よって、効率よく勉強できれば短期間でも合格点がとれますよ。

なお、ここで解説する内容は「出題傾向」です。勉強の仕方が知りたい方は「【初学者向け】教員採用試験 勉強方法を徹底解説!」で解説しています。

福永

この記事を書いている僕は、大学などで教採指導歴11年目。月間平均アクセス数15万の総合サイト「教採ギルド」の運営をしています。

戦い方を理解して、ライバルたちを追い越しましょう!

関連記事大阪府教員採用試験 倍率は全国トップ?合格ロードマップ

大阪府教員採用試験 筆答テスト(教養)の傾向

大阪府教員採用試験 対策法 (1)

筆答テスト(教養試験)は、一次選考で実施されます。

  • 教職教養
  • 思考力・判断力を問う問題

この2分野で構成されます。

まずは、試験科目を確認していきましょう。

試験科目

分野 / 科目 主な内容



教育原理 ・学習指導要領
・生徒指導
教育法規 ・学校教育法
・教育基本法
教育心理 ・人格と適応
・学習の理論
教育史 ・西洋教育史
・日本教育史
教育時事 ・文部科学省の資料






数的推理 ・速さ
・確率
判断推理 ・対応関係
・立体図形
資料解釈 ・グラフの読み取り
文章理解 ・現代文読解
・英文読解

 

思考力・判断力を問う問題(一般知能)

主に公務員試験で出題される科目で、数学的要素を多く含んでいます。

出題レベルは中学~高1なので難しくありません。

計算や読解に時間がかかるため、試験時間を意識しておく必要があります。

参考思考力・判断力を問う問題例をみる(PDF:418KB)

出題形式

  • 試験時間:90分
  • 問題数:30問

出題は4つの選択肢から1つを選ぶ「四肢択一式」です。

時間配分に注意しよう。

単純に考えて1問に掛けられる時間は〝3分”しかありません。

計算問題や読解問題が多いため、時間のかけすぎに注意が必要です。

ボーダーライン(合格点)

2020年(令和3年度)の平均ボーダーラインは、

  • 小学校:43%
  • 中学校:47%
  • 高等学校:63%
  • 養護教諭:70%
  • 栄養教諭:60%

でした。

一番高かった科目は「高校地学73%」。反対に低かったのは「中学校音楽30%」です。

科目ごとの詳細は次のとおり。

※配点は150点。

小学校

区分 最低点
一般 80
いきいき連携 50

中学校

教科 最低点
国語 80
社会 95
数学 80
理科 60
音楽 45
美術 60
保健体育 90
技術 60
家庭 55
英語 85

高等学校

教科 最低点
国語 95
日本史 105
世界史 105
地理 105
政治経済 90
倫理 110
数学 105
物理 100
化学 105
生物 100
地学 110
音楽 75
美術 100
書道 95
保健体育 105
家庭 95
農業 50
機械 70
電気 75
英語 95
情報 95

養護教諭 / 栄養教諭

種類 最低点
養護教諭 105
栄養教諭 90

6割~7割であれば、出題傾向を意識した勉強をすれば得点できます。

大阪府教員採用試験 筆答テスト(教養)の過去問

大阪府教員採用試験 対策法 (2)

過去問を使って出題範囲の確認をしましょう。

  • 出題数
  • 難易度
  • 頻出事項

過去問分析をすれば、多くの情報を知れますよ。

要領よく勉強するには、「出題範囲の把握」が必須です。

なお、「大阪府教員採用試験 筆答テストマニュアル」で過去10年分の出題範囲を公開しています。

併せてご覧ください。

2020年(令和3年度)

筆答テストの問題データを見る(PDF:2MB)

筆答テストの解答データを見る(PDF:61KB)

2019年(令和2年度)

筆答テストの問題データを見る(PDF:601KB)

筆答テストの解答データを見る(PDF:15KB)

2018年(平成31年度)

筆答テストの問題データを見る(PDF:685KB)

筆答テストの解答データを見る(PDF:56KB)

大阪府教員採用試験 筆頭テスト(教養)の対策法

大阪府教員採用試験 勉強法

短期間で合格点(6割)を取るには、勉強の質を上げる必要があります。

そのために必要なのが、「頻出事項」の把握です。

勉強科目の優先順位を決める

出題数の多い科目から勉強しましょう!

科目ごとの出題数は次のとおりです。

科目 2020年 2019年 2018年
教育原理 8 6 9
教育法規 4 5 4
教育心理 1 1 1
教育史 1 1 1
教育時事 1 2 0
数的推理 3 3 1
判断推理 4 4 7
資料解釈 4 3 2
現代文 2 2 2
英文 2 3 3

7割くらいを目途に勉強するのがポイントです。

【必要な2割を知る】パレートの法則を意識

パレートの法則」を知っていますか?

パレートの法則

出題されることの8割は、全体の2割が占めている」という法則。

勉強では、これを意識することがポイントです。

具体的に解説しますね。

無駄な勉強はしない

全分野を勉強してはいけません。

なぜなら、出題されない部分が多いからです(パレートの法則)。

例えば、教育原理は12分野で構成されます。

そのうち勉強が必要なのは3~4分野しかありません。

根拠がこちらです。

※●=単問、◎=複数出題

 

過去10年間の出題を見ると、

  • 生徒指導:100%
  • 人権・同和:100%
  • 特別支援教育:90%

の出題率です。

学習指導要領も6年連続で出題されているため、勉強リストに入れてもいいですね。

頻出事項が分かれば、全部を勉強しなくても合格点が取れます。

極限まで無駄を減らして対策しましょう!

なお、過去10年間の頻出事項を「大阪府教員採用試験 筆答テストマニュアル」で公開しています。

大阪府教員採用試験 筆頭テスト(教養)まとめ

本記事では、「大阪府教員採用試験の筆頭テスト」をまとめていました。

再度、勉強をする手順を書いておきます。

  • 合格点の把握:60点です。
  • 出題科目:教職教養と一般知能
  • 過去問分析→問題演習→参考書の順で勉強。
  • PDCAが回せれば、予備校は不要

まずは、出題傾向を知るために過去問分析をスタートしましょう。