【何を聞かれる?】さいたま市教員採用試験の面接質問と対策法を解説!

saitamacity-kyousai-mensetsu-kakomon

たかし
たかし

さいたま市教員採用試験の二次試験で個人面接があります。面接が苦手で何から対策すればいいかわかりません。どんな質問が聞かれますか?また、どうやって対策すればいいか教えてほしいです。

このような悩みを解決できる記事を書きました。

今回はさいたま市教員採用試験の過去に聞かれた質問をまとめています。どうやって対策すればいいかといった手順も紹介しているので参考にしてください。

結論からいうと面接が苦手な最大の理由は、話す内容をまとめられないから。自分の考えをまとめるには、過去問を使った対策が1番効率的です。

面接が苦手なあなたに最適な内容なので、参考にしてみてくださいね。

それでは、見ていきましょう!

関連記事【過去問】教員採用試験の面接で聞かれることは?質問内容を解説!

さいたま市教員採用試験の面接はどんな内容?

saitamacity-kyouinsaiyousiken-mensetsu-naiyou

最初に面接試験の内容や特徴を解説します。

項目内容
実施二次試験
内容個人面接
試験時間25分~30分
面接官2人
配点150点
合格率41.5%
(令和3年度)
面接試験の詳細

二次試験に全校種・科目を対象に個人面接が実施されます。

試験時間は1人30分程度で、面接官2人(さいたま市立学校の校長先生や教育委員会の人事)から評価。

saitamacity-kyousai-mensetsu-haiten
令和4年度の配点

配点は全体の3割~4割を占めているので、高得点を取ることが大切です。

面接の評価基準

  • 子どもに対する愛情や教育に対する情熱 、教育公務員に求められる人権感覚などを有しているか 。
  • 専門職としての基本的な知識を有しているか。
  • 課題を的確に捉え、適切な考え方や判断ができるか。
  • 簡潔、明確な受け答えができるか。
  • 常に学び続けようとする素直さや謙虚さを有しているか 。

関連記事【悲報】教員採用試験 面接の評価はなんとなくです【印象を磨け】

福永
福永

令和3年度(2021年度)の平均合格率(二次)は41.5%ほどでした。

さいたま市教員採用試験の面接で聞かれる質問は?

saitamacity-kyouinsaiyousiken-mensetsu-situsumon

面接で重要なことは、過去の傾向(質問内容)を知ることです。

なぜなら、聞かれる内容がわからないと何をどう準備すればいいかわからないからです。

例えば、一般的に自己PRや志望動機はよく聞かれる項目です。でも、自治体によってはまったく質問されておらず、生徒指導や教育問題に関する質問ばかりってこともあるんですよね。

後述していますが、質問内容を把握しているかどうかで面接対策の効率が違ってきます。実際に聞かれた質問を抜粋してまとめているので、活用してください。

  • 埼玉県とさいたま市の教育の違いは何だと思いますか。
  • 教師の仕事の中で一番大切なことは何ですか。
  • あなたは教師を目指して、どのような努力をしてきましたか。
  • あなたにとって、志望科目はどんな科目ですか。
  • あなたにとってやりがいの感じられる仕事とはどんな仕事ですか。
  • あなたの強みが活かされた出来事はありますか。
  • あなたが授業を行う際に、大切にしたいことは何ですか。そのために、どのように授業に取り組みますか。
  • 管理職に納得のできないアドバイスをされたらどうしますか。
  • さいたま市の「よい授業」について、あなたならどうしますか。
  • 平成29年3月に告示された学習指導要領について、あなたが重要だと思うことは何ですか。
  • 児童生徒や保護者と信頼関係を築くために、大切なことは何だと考えますか。
  • 最近、教員の相次ぐ不祥事が報道されています。このことをどのようにとらえていますか。
  • 最近の教育問題で、最も関心をもった話題は何ですか。その理由も話してください。
  • さいたま市の地域の魅力は何ですか。そのことを教育にどのように活かしますか。

こういった内容を知らずに志望動機ばかり考えていても直接的な対策にはなりません。効率よく対策するためにも過去問を把握しておくことが大切です。

別記事でも質問を公開しているので参考にしてください。

関連記事【過去問】さいたま市教員採用試験 個人面接で聞かれた123個の質問

さいたま市教員採用試験の面接対策はどうやればいいの?

saitamacity-kyouinsaiyousiken-mensetsu-taisaku

では、具体的にどうやって対策をしていくか解説していきます。

結論からいうと、自分の考えた回答に対して「なぜ?」と問いかけて深堀していく方法がおすすめです。

理由は簡単で、評価はコンピテンシーで行われるからです。

結果より過程が重視されるコンピテンシー

コンピテンシー型面接って聞いたことありますか?

コンピテンシー型面接とは

ある出来事に対して、どう考え、行動し、改善してきたのかを話させることでその人の行動特性を引き出す面接試験のこと。

わかりやすく言えば、あなたの発言や面接カードの内容に深くツッコミを入れて、どんな行動をしてきたのかが知りたいってことです。

例えば、「サークル活動で部長をやった」という出来事に対して、

  • 部長になった理由は?
  • 部長をやってつらかったことは?それをどう乗り越えたの?
  • 部長経験を教員にどう活かせる?

といった感じで深掘りしていき、受験者の思考力や行動パターンを探るんですね。

コンピテンシー型面接では、どの受験者にも同じような質問をされます。同じ質問でも経験してきた内容は違うので、幅広く受験者を評価できるんですね。

逆に考えれば、聞いて欲しい内容は自分で作るわけですから、しっかり自演準備をして臨めば攻略は可能。準備不足だと深く突っ込まれたときに回答できませんからね。

福永
福永

体験談を話そうと思っても、すぐには話せないですからね。練習していつでも引き出せるようにしておくといいですよ。

「なぜ?」に回答できれば合格

では、どうやって回答を準備していくか具体的に解説します。

先日、下記ツイートをしました。

面接対策を後回しにしてしまい、合否がわかってから焦っている人は最低限これだけはやりましょう!

過去の質問内容や提出する(した)面接カードに対して回答を深掘りする

面接は試験官の「なぜ?」に対して理由を論理的に述べる場です。徹底して自分の回答を追求!あとは印象よくすればOK。

@kyosai365

例えば、「部活動は何をやっていましたか」という質問に、あなたが「中学〜高校まではテニス部で、大学ではフットサルサークルに所属していました」と答えたら面接官はどう感じるかをイメージしてみます。

  • 部活動で苦労したことは?
  • 役職には就いていた?
  • 大学で部活を変えた理由は?

といった疑問をおそらくもつはずなので、それぞれについて再度回答を考えることが大切です。

こんな感じで自分の回答から想定される質問を先読みして準備すれば下準備OKです。あとは模擬面接を数回繰り返して受け答えができているか、印象は大丈夫かの確認をしてください

福永
福永

過去の質問内容は「【過去問】さいたま市教員採用試験 個人面接で聞かれた123個の質問」で紹介しているので参考にしてください。

面接もテクニックが重要

saitamacity-kyouinsaiyousiken-mensetsu-kouryaku

面接では自己PRや志望動機など「何を話そうか」ばかりに気をとられがちですが、結局は面接官が「この人と一緒にさいたま市の教育を変えていきたい!」と思われるかどうかが重要です。質問に対して返答できれば評価が上がるわけではありません。

うまく回答できなくても愛嬌や雰囲気でけっこう変わるもんですよ。

とはいえ、聞かれたことにしっかり回答できないことにはコミュニケーション不足と思われて問題です。時間をかけて回答を考えてくださいね。

面接対策のまとめ
  • 過去問をつかって回答を考える
  • 回答に対して「なぜ?」と問いかけて深堀
  • 模擬面接で受けた答えや印象の確認

苦手な人は早めに、得意な人も試験の3,4ヵ月前から対策をはじめていきましょう!

関連記事【過去問】さいたま市教員採用試験 個人面接で聞かれた123個の質問

関連記事【要注意!】教員採用試験 面接で落ちる人に共通する5つの特徴

関連記事【対策】教員採用試験 個人面接を攻略する簡単3ステップ