【過去問】さいたま市教員採用試験 論文攻略に教職の知識が必要な理由

さいたま市教員採用試験 論文の過去問

論文が苦手な人

論文って、どうやって対策したらいいの?出たテーマとか知りたいな。

このような悩みを解決できる記事を書きました。

注意
一般選考の内容です。

今回は、「さいたま市の論文は教職の知識が必要です」というテーマで話していきます。

この記事を書いている僕は、大学などで教採指導歴11年目。月間平均アクセス数15万の総合サイト「教採ギルド」の運営をしています。

福永

結論からいうと、教職教養の知識がないと点数を取れません。

理由は簡単でして、テーマが教職関連だからです。

  • 生徒指導
  • 学習指導要領
  • いじめ

こういったテーマが出ていますよ。

出題されたテーマを公開しつつ、傾向を解説していきます。

さっそく見ていきましょう!

関連記事さいたま市教員採用試験 倍率は平均以下|合格ロードマップ

さいたま市教員採用試験 論文の傾向

さいたま市教員採用試験 論文の傾向

さいたま市の論文は二次試験に実施されます。

  • テーマは教育関連
  • 文字数は多め
  • 評価のポイント

傾向を解説していきます。

傾向①:教育に絡めた出題が多い

論旨を正確に捉えるために、教職教養の知識が必要ですよ。

  • 学習指導要領
  • 生徒指導
  • いじめ

こういった教育に関するテーマが良く出ているからです。

最近は、「さいたま市の求める教員像」からも出題がありましたよ。

教職教養の勉強をするときに、ただ暗記するだけではなく、「自分ならどうするか」まで考えておくといいですね。

詳しくは出題テーマを後述しているので、確認してみてください。

傾向②:試験時間のわりに、文字数が多い

早く書く練習をしましょう

時間が短く、文字数が多いからです。

  • 試験時間:45分
  • 文字数:800字

普通は60分で800字くらいなんですけどね。

目安は700字前後です。

500字以下だと採点されない可能性もありますよ。

時間配分を意識して対策してくださいね。

傾向③:評価の観点

次の5項目に沿って評価されますよ。

  • 論題を正しく捉えているか。
  • 具体的な記述がなされているか。
  • 教育への情熱・実践的な専門性を有しているか。
  • 求められる職務内容を踏まえた記述がなされているか。
  • 正しい表記や論文としてのまとまりがあるか。

サクッとでいいので目を通しておきましょう。

配点は100点ほど。

さいたま市教員採用試験 論文の出題テーマ

さいたま市教員採用試験 論文のテーマ

過去に出題されたテーマ9年分(2019年~2011年)をまとめています。

時間を計って、書いてみましょう!

2019年(令和2年度)

さいたま市では、「世界と向き合い未来の創り手として輝き続ける人」という目指す人間像を掲げています。あなたは、このことを踏まえ、どのような教師を目指していきますか。800字以内で具体的に述べてください。

2018年(平成31年度)

学習指導要領が改訂され、さいたま市でも「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けた授業改善を推進しています。あなたは、このことをどのようにとらえ、授業づくりに取り組んでいきますか。800字以内で具体的に述べてください。

考えを文章にするのって、けっこう難しいですよね。

なお、2017年より前のテーマは「【過去問】さいたま市教員採用試験 論文テーマ公開」で公開しています。

有効活用して、論文対策を完璧にしましょう!

CHECK NOW

さいたま市の論文テーマを見る

さいたま市教員採用試験 論文の対策法

さいたま市教員採用試験 論文の対策

論文対策をするうえで、有益な情報を紹介します。

対策①:気を付けるべきこと

次のNG行為をしただけで一気に評価が下がってしまいますよ。

  • 雑、汚い
  • 原稿用紙の使い方
  • 誤字・脱字
  • 横文字だらけ

せっかく内容が良くても損するので注意が必要。

詳しくは「【対策】教員採用試験 論文を攻略する3ステップ【書き方解説】」を参考にしてください。

対策②:添削を受ける

論文の攻略には添削を受けることは必須!

結論からいうと、「ココナラ 」がおすすめです。

  • 安い
  • 質が高い
  • 添削者のレベルが高い

予備校に負けず劣らずのサービスを受けることができますよ!

特徴とデメリットを「教員採用試験 論文の添削を安く受ける方法【質もOK】」でまとめているので、参考にしてみてください。

さいたま市教員採用試験 論文まとめ

本記事では、さいたま市教員採用試験の論文をまとめていました。

もう一度の確認です。

  • 実施は二次試験
  • テーマは教職の知識が必要
  • 配点は100点

筆記試験と違って、一人では達成具合を知ることができません。

理由は簡単で、他人が評価する試験だからです。

ですので、必ず第三者に評価をもらいましょう。

  • 誤字・脱字
  • 文章表現

けっこう気づけない部分はありますよ。

また、その際に出題されたテーマを使って練習すれば傾向もつかめて一石二鳥!

ぜひ、参考にして論文を攻略してくださいね。

CHECK NOW

さいたま市の論文テーマを見る