さいたま市教員採用試験 一般・教職教養の勉強法|2つのノウハウ

さいたま市教員採用試験 勉強方法

さいたま市を目指す人

これから勉強しようと思うけど、何からすればいいか知りたいです。

このような悩みを解決できる記事を書きました。

  • 知っておくべき傾向
  • 過去問で出題形式を知ろう
  • 勉強するために必要な2つの情報

今回は、こういった話をしていきます。

この記事を書いている僕は、大学などで教採指導歴11年目。月間平均アクセス数15万の総合サイト「教採ギルド」の運営をしています。

福永

結論からいうと、過去問分析をしましょう!

なぜなら、出題傾向を知るためです。

注意

志望先の過去問は勉強の始めに使うべきです。腕試しに使う道具ではないですよ。

しかし、いきなり過去問を見ても、何が何だかわからないと思います。

本記事を読むことで、過去問分析をしたのと同じレベルの知識をインプットすることができますよ。

そうすれば、「何から勉強すれば点数が取れるのか」理解できるはず。

早速、見ていきましょう!

関連記事さいたま市教員採用試験 倍率は平均以下|合格ロードマップ

さいたま市教員採用試験 教養試験の傾向

さいたま市教員採用試験 教養の傾向

教養試験は、一次試験に実施されます。

ちなみに、内容は埼玉県と同じですよ!

  • 出題される試験科目
  • 試験時間と問題数
  • ボーダーライン

まずは基礎的な部分を解説していきます。

傾向①:出題される試験科目

  • 教職分野
  • 一般分野

教養試験は、この2分野から構成される筆記試験です。

詳細を見ていきましょう。

教職教養分野

  • 教育原理
  • 教育法規
  • 教育心理
  • 教育史

初めて見る科目だと思います。

主に教員として必要な知識を勉強しますよ!

科目数は少ないですが、1科目あたりの出題数は多め。

教職で点数を取れると高得点が期待できますよ!

関連記事【まとめ】教員採用試験 教職教養を対策せよ|特徴や勉強方法を解説!

一般教養

  • 人文科学:国語、英語など
  • 社会科学:歴史、政治など
  • 自然科学:数学、理科など

今まで勉強してきた科目を思い出してください。

思い出した科目から出題がありますよ!

音楽や美術などからも出題があります。

得手不得手を把握して、勉強しましょう!

関連記事教員採用試験 一般教養の科目を解説【ない自治体も】

傾向②:試験時間と問題数

  • 試験時間:60分
  • 問題数:42問~44問

1問あたり2分かけていると、時間切れになってしまいますね。

時間配分を意識して解くようにしましょう。

出題はすべてマークシート形式です。

  • 空欄補充
  • 正誤問題

こういった、出題形式がありますよ。

傾向③:ボーダーライン

ボーダーライン(合格点)は公開されていません。

例年、受験者から報告を受けており、それをまとめると60点前後が多いです。

70点くらいを目標に、60点を安定して取れるようにしましょう!

さいたま市教員採用試験 教養試験の過去問

さいたま市教員採用試験 教養の過去問

  • 2020年(令和3年度)
  • 2019年(令和2年度)
  • 2018年(平成31年度)

冒頭でも言ったように、過去問は出題形式を知るために使います。

なので、いつまでも過去問を使って勉強するのはやめましょう!

サクッと、傾向を掴めば引き出しにしまってOK

2020年(令和3年度)

過去問をダウンロードする(PDF)

2019年(令和2年度)

過去問をダウンロードする(PDF)

2018年(平成31年度)

過去問をダウンロードする(PDF)

なお、過去6年分の出題範囲を一覧にして公開しています。

詳しくは「【過去問】さいたま市教員採用試験 過去6年間の出題範囲を公開」をご覧ください。

CHECK NOW

さいたま市の出題範囲を見る

さいたま市教員採用試験 教養試験の対策法

さいたま市教員採用試験 教養の対策

過去問分析をすることで、次の2ポイントを知ることができます。

  • 科目ごとの出題数
  • 出る分野

これを知ることが、効率よく勉強するために必須!

  • 勉強ができない
  • 点数が取れない

こういった人は、無駄な勉強をしがち。

そうならないためにも、傾向を把握しましょう!

対策①:勉強すべき科目の把握

勉強は、出題数の多い科目からやりましょう!

  • 1問しか出ない科目
  • 4問出る科目

同じ時間を使うなら、後者の方が点数を取れますよね。

ボーダーラインは60点程度です。

なので、全科目を勉強しなくても十分点数を取れますよ。

過去3年分の科目別出題数を無料公開しておくので、上手く使いましょう!

次のとおりです。

分野 科目 2020 2019 2018



教育原理 6 4 4
教育法規 7 7 5
教育心理 1 2 2
教育史 1 1 2
教育時事 3 1 1



国語 4 4 4
英語 4 4 4
音楽 2 2 2
美術 2 2 1
保健体育 1 3



日本史 1 1 2
世界史 1
地理 1 1 1
政治 1 2 1
経済 1



数学 4 4 4
物理 1 1 1
化学 1 1 1
生物 1 1 1
地学 1 1 1
県関連 1
一般時事 1 1 3

教育原理や教育法規を中心に組み立てていけばいいですね。

「物理や化学は時間があればやる」くらいの気持ちでOKです。

対策②:どこからやるか

過去問分析をすれば、「どこからやるのか」まで知ることができますよ。

例えば、教育原理。

これを勉強するなら、次の2分野をやればOKです。

  • 生徒指導
  • 特別支援教育

理由は、必ず出題されているからです。

言うだけでは説得力がないので、具体的根拠も載せておきますね。

さいたま市

これは、過去6年分の出題分野を一覧にしたデータです。

ご覧のとおり、2分野の出題率は100%ですね。

他の分野に手を出さなくても、点数をもぎ取ることができそうです。

まずは2分野、時間が余ったら学習指導要領を勉強する。

こんな計画ができると思います。

このように、過去の出題範囲を知って勉強すれば、簡単に勉強ができますよ。

全科目について「【過去問】さいたま市教員採用試験 過去6年間の出題範囲を公開」で公開しています。

「何から勉強すればいいのか」悩んでいる、あなたに役立つ情報だと思います。

上手く活用してくださいね。

CHECK NOW

さいたま市の出題範囲を見る

対策③:覚えれらる勉強をする

筆記試験の本質は暗記です!

学問でもないため、難しい理論などは不要、出る知識を出る形で覚えれば点数を取ることができます。

要領を得た勉強法を知らずに勉強すると、時間だけ過ぎてしまい身につきません・・・。

効果的に暗記できる方法を「【勉強法】教員採用試験 覚え方を解説|復習が重要です!」で解説しています。

さいたま市教員採用試験 教養試験まとめ

本記事では、さいたま市教員採用試験の勉強法をまとめていました。

再度、重要事項の確認です。

  • 出題は教職と一般
  • 一般教養の出題比率が大きい
  • 合格点は60点~65点
  • 科目ごとに出題数は決まっている
  • 出る分野にパターンがある

勉強できない人は、「何を勉強すればいいのか」を具体的に知ることが大切です

そのためには、過去の出題範囲をしること!

一人で分析することもできますが、時間がかなりかかりますよ。

それに精度も落ちるかと。

【過去問】さいたま市教員採用試験 過去6年間の出題範囲を公開」で過去6年間の出題範囲を公開しています。

上手く使って、勉強を始める準備をはじめましょう!

CHECK NOW

さいたま市の出題範囲を見る