埼玉県教員採用試験 教養の勉強法|過去の出題範囲がポイントです

埼玉県教員採用試験 勉強法

埼玉県を目指す人

勉強が苦手です。どこから手を出せばいいですか。勉強方法を知りたい。

このような悩みを解決できる記事を書きました。

  • 教養試験の傾向
  • 過去問
  • 勉強に役立つノウハウ

今回は、こういった話をしていきます。

この記事を書いている僕は、大学などで教採指導歴11年目。月間平均アクセス数15万の総合サイト「教採ギルド」の運営をしています。

福永

結論からいうと、過去の出題範囲を知りましょう!

自治体ごとに出題傾向があるからです。

範囲を知ることで、「何から勉強すればいいのか」分かりますよ!

さっそく、見ていきましょう!

関連記事埼玉県教員採用試験 倍率は全国平均並?合格へのロードマップ

埼玉県教員採用試験 教養試験の傾向

埼玉県教員採用試験 教養試験の傾向

教養試験は、一次試験に実施されます。

  • 試験科目
  • 試験時間
  • 合格点

順に解説します。

傾向①:試験科目

  • 教職分野
  • 一般分野

この2分野から出題がありますよ。

それぞれの出題科目は次のとおり。

教職教養

  • 教育原理
  • 教育法規
  • 教育心理
  • 教育史

学習指導要領などの、教師として必要な知識から出題があります。

1科目あたりの出題数が多いので、勉強は必須です。

関連記事【まとめ】教員採用試験 教職教養を対策せよ|特徴や勉強方法を解説!

一般教養

  • 人文科学:国語、英語など
  • 社会科学:歴史、政治など
  • 自然科学:数学、理科など

あなたが高校までに勉強してきた知識から出題があります。

出題科目数が多いです。

「出る」「出ない」をしっかり分析して、勉強するようにしましょう。

関連記事教員採用試験 一般教養の科目を解説【ない自治体も】

傾向②:試験時間

試験時間は60分です。

出題数が42~44問なので、少し時間は短め。

出題はすべてマークシート形式です。

  • 空欄補充
  • 正誤問題

こういった、出題形式があります。

詳しくは、後述の出題例をご覧ください。

傾向③:合格点(ボーダーライン)

ボーダーライン(合格点)は公開されていません。

受験してきた人からの情報をまとめると60点~65点あたりが目安になりそうです。

専門教養で点数を取ることが重要なので、教養試験の目安としましょう!

埼玉県教員採用試験 教養試験の過去問

埼玉県教員採用試験 教養試験の過去問

  • 2020年(令和3年度)
  • 2019年(令和2年度)
  • 2018年(平成31年度)

3年分の出題例をまとめています。

出題形式の確認やレベルの把握に使ってみましょう!

2020年(令和3年度)

過去問をダウンロードする(PDF)

2019年(令和2年度)

過去問をダウンロードする(PDF)

2018年(平成31年度)

過去問をダウンロードする(PDF)

なお、過去6年分の出題範囲を一覧にして公開しています。

詳しくは「【過去問】埼玉県教員採用試験 過去6年間の出題範囲を公開」をご覧ください。

CHECK NOW

埼玉県の出題範囲を見る

埼玉県教員採用試験 教養試験の対策法

埼玉県教員採用試験 教養試験の勉強法

勉強が苦手なあなたは、次の2つを知ることがポイントです。

  • 科目ごとの出題数
  • 出る分野の把握

これを知るだけで、劇的に勉強ができるようになりますよ!

対策①:科目ごとの出題数を知る

科目ごとの出題数を知ることは重要です!

なぜなら、全ての科目を勉強する時間がないからです。

出題数の多い科目から優先して勉強することで、時間を上手く使うことができますよ!

科目ごとの出題数は次のとおり。

分野 科目 2020 2019 2018



教育原理 6 4 4
教育法規 7 7 5
教育心理 1 2 2
教育史 1 1 2
教育時事 3 1 1



国語 4 4 4
英語 4 4 4
音楽 2 2 2
美術 2 2 1
保健体育 1 3



日本史 1 1 2
世界史 1
地理 1 1 1
政治 1 2 1
経済 1



数学 4 4 4
物理 1 1 1
化学 1 1 1
生物 1 1 1
地学 1 1 1
県関連 1
一般時事 1 1 3

「教育原理」や「教育法規」、「国語、英語、数学」の攻略が必須となります。

逆に教育史や理科などは後回しにすることができますね。

対策②:出る分野の把握

  • 勉強すべき部分
  • 捨て科目にすべき科目

過去の出題範囲を知れば、これらを知ることができますよ!

勉強すべき部分

例えば、教育原理を勉強するなら。

  • 生徒指導
  • 特別支援教育

この2つを徹底して勉強しましょう!

理由は、100%出ているからです。

下記データをご覧ください。

saitama-kyosai

これは教育原理の出題範囲を6年分まとめたデータです。

見てのとおり、100%出ていますね。

学習指導要領も直近3年間は100%。

他の分野を勉強しなくても、十分点数を取ることができます。

捨て科目の選出

例えば、世界史は捨て科目にしましょう。

  • 範囲が広い
  • 出題範囲が絞れない

こういった理由があるからです。

同じくデータを見てください。

saitama-kyosai2

見てのとおり、出題範囲は広いのに、どこを勉強すればいいか分かりませんよね。

大学受験で世界史選択をした人以外は、捨てるべき科目です。

このように、過去の出題範囲を知って勉強すれば、簡単に勉強ができますよ。

全科目について「【過去問】埼玉県教員採用試験 過去6年間の出題範囲を公開」で公開しています。

「何から勉強すればいいのか」悩んでいる、あなたに役立つ情報だと思います。

上手く活用してくださいね。

CHECK NOW

埼玉県の出題範囲を見る

対策③:覚えれらる勉強をする

筆記試験の本質は暗記です!

学問でもないため、難しい理論などは不要、出る知識を出る形で覚えれば点数を取ることができます。

要領を得た勉強法を知らずに勉強すると、時間だけ過ぎてしまい身につきません・・・。

効果的に暗記できる方法を「【勉強法】教員採用試験 覚え方を解説|復習が重要です!」で解説しています。

教養試験まとめ

本記事では、埼玉県教員採用試験の教養をまとめていました。

  • 試験時間60分、問題数42~44問
  • 一般教養重視タイプ
  • 正誤問題と空欄補充が中心
  • 出題数と分野を知ることで負担を減らせる
  • 復習を中心とした勉強が必要

出題される科目が多く、作戦を立てずに勉強すれば時間までに終わらせることが難しいです。

結果として不合格になるため、傾向を理解して勉強することがポイント。

まずは、過去の出題範囲を熟読して、勉強すべき科目や分野を知りましょう。

そうすれば、何から勉強すれば点数を取れるか分かりますよ!

CHECK NOW

埼玉県の出題範囲を見る