【合格率27.5%】栃木県教員採用試験 倍率の推移|対策ロードマップ

栃木県教員採用試験 合格する人

どうも福永( @kyosai365)です。

今回は「栃木県教員採用試験の概要」をテーマに話していきます。

主な内容
  • 倍率の推移
  • 最終合格までの流れ
  • 対策が必要な試験内容

2020年(令和3年度)の最終合格率は27.5%でした。

もし1,000人の受験者がしたら700人は落ちるような試験です。

10年前(17.5%)に比べて合格しやすくはなりましたが、簡単には合格できません。

対策内容を把握して準備をはじめましょう!

この記事を書いている僕は、大学などで教採指導歴12年目。月間平均アクセス数15万の総合サイト「教採ギルド」の運営をしています。

福永

さっそくまとめていきます。

関連記事教員採用試験 倍率が低い県はどこ?ランキング形式で発表!

栃木県教員採用試験 倍率の推移

栃木県教員採用試験 倍率

令和3年度(2021年度)の最終倍率は3.6倍でした。

この結果は過去10年間で2番目に低いんですね。

 

福永

1番は2019年の3.3倍。

 

科目ごとに見ると「中学校 技術」が1.6倍で最も低く、養護教諭(県立学校)が1番高い19.0倍となっています。

その他の詳細は、次のとおり。

令和3年度(2021年度)の実施結果

校種 / 科目 受験者 合格者 倍率
小学校 723 279 2.6


国語 51 22 2.3
社会 103 23 4.5
数学 84 30 2.8
理科 49 25 2.0
音楽 26 10 2.6
美術 6 3 2.0
保健体育 192 26 7.4
技術 8 5 1.6
家庭 10 4 2.5
英語 59 30 2.0



国語 42 10 4.2
地理 6 1 6.0
歴史 39 6 6.5
公民 18 2 9.0
数学 79 10 7.9
物理 19 3 6.3
化学 18 5 3.6
生物 21 2 10.5
音楽 13 1 13.0
保健体育 100 9 11.1
家庭 16 3 5.3
福祉 4 1 4.0
英語 42 7 6.0
情報 5 1 5.0
農業 25 2 12.5
機械 13 1 13.0
土木 5 1 5.0
商業 15 0
特別支援学校 152 40 3.8

小学校 / 中学校 124 22 5.6
県立学校 19 1 19.0

関連記事【全国】教員採用試験 倍率一覧|ついに4倍を下回る【2021年】

令和2・平成32年度(2020年度)の実施結果

校種 / 科目 受験者 合格者 倍率
小学校 759 292 2.6


国語 73 31 2.4
社会 102 25 4.1
数学 80 30 2.7
理科 51 23 2.2
音楽 32 7 4.6
美術 10 6 1.7
保健体育 181 25 7.2
技術 7 3 2.3
家庭 13 6 2.2
英語 63 28 2.3





国語 45 13 3.5
地理 6 1 6.0
歴史 41 6 6.8
公民 15 2 7.5
数学 76 14 5.4
物理 17 2 8.5
化学 12 3 4.0
生物 20 3 6.7
音楽 13 2 6.5
保健体育 89 15 5.9
家庭 22 5 4.4
福祉
英語 48 11 4.4
情報
農業 21 2 10.5
機械 12 3 4.0
電気 7 1 7.0
建築 5 1 5.0
商業 20 2 10.0
理療 1 1 1.0
特別支援学校 128 40 3.2

小学校 / 中学校 103 33 3.1
県立学校 20 5 4.0

平成31年度(2019年度)の実施結果

校種 / 科目 受験者 合格者 倍率
小学校 810 281 2.9


国語 66 18 3.7
社会 121 15 8.1
数学 88 20 4.4
理科 52 21 2.5
音楽 30 10 3.0
美術 22 6 3.7
保健体育 190 26 7.3
技術 7 4 1.8
家庭 13 4 3.3
英語 70 19 3.7





国語 46 10 4.6
地理 2 0
歴史 53 9 5.9
公民 17 2 8.5
数学 83 11 7.5
物理 20 1 20.0
化学 13 3 4.3
生物 22 4 5.5
音楽 14 2 7.0
保健体育 118 11 10.7
家庭 21 5 4.2
福祉
英語 48 11 4.4
情報
農業 20 4 5.0
機械 13 3 4.3
電気 10 1 10.0
建築
商業 21 2 10.5
理療 3 1 3.0
特別支援学校 143 32 4.5

小学校 / 中学校 114 24 4.8
県立学校 22 5 4.4

平成30年度(2018年度)の実施結果

校種 / 科目 受験者 合格者 倍率
小学校 842 294 2.9


国語 72 22 3.3
社会 122 21 5.8
数学 98 18 5.4
理科 59 16 3.7
音楽 30 9 3.3
美術 10 2 5.0
保健体育 194 15 12.9
技術 6 2 3.0
家庭 20 4 5.0
英語 79 21 3.8





国語 52 10 5.2
地理 6 3 2.0
歴史 49 9 5.4
公民 14 2 7.0
数学 84 11 7.6
物理 20 4 5.0
化学 18 2 9.0
生物 26 3 8.7
音楽 17 2 8.5
美術 16 1 16.0
書道 15 1 15.0
保健体育 109 10 10.9
家庭 22 3 7.3
福祉
英語 55 13 4.2
情報
農業 24 3 8.0
機械 13 3 4.3
電気 12 1 12.0
建築 4 1 4.0
商業 22 4 5.5
理療
特別支援学校 153 36 4.3

小学校 / 中学校 127 20 6.4
県立学校 20 5 4.0

平成29年度(2017年度)の実施結果

校種 / 科目 受験者 合格者 倍率
小学校 903 305 3.0


国語 95 17 5.6
社会 144 26 5.5
数学 101 13 7.8
理科 63 15 4.2
音楽 38 9 4.2
美術 18 1 18.0
保健体育 190 16 11.9
技術 7 3 2.3
家庭 9 3 3.0
英語 84 18 4.7





国語 54 11 4.9
地理 6 2 3.0
歴史 32 7 4.6
公民 12 3 4.0
数学 90 8 11.3
物理 24 2 12.0
化学 20 3 6.7
生物 23 2 11.5
音楽 18 1 18.0
美術 18 1 18.0
書道
保健体育 113 10 11.3
家庭 24 4 6.0
福祉 8 2 4.0
英語 54 11 4.9
情報
農業 20 4 5.0
電気 10 3 3.3
機械 16 3 5.3
土木 6 1 6.0
商業 25 1 25.0
理療
特別支援学校 162 33 4.9

小学校 / 中学校 155 28 5.5
県立学校 12 6 2.0

平成28年度(2016年度)の実施結果

校種 / 科目 受験者 合格者 倍率
小学校 825 256 3.2


国語 109 20 5.5
社会 146 18 8.1
数学 80 19 4.2
理科 70 22 3.2
音楽 33 6 5.5
美術 20 5 4.0
保健体育 198 10 19.8
技術 11 2 5.5
家庭 11 2 5.5
英語 90 24 3.8





国語 53 10 5.3
地理 7 1 7.0
歴史 40 4 10.0
公民 13 1 13.0
数学 86 11 7.8
物理 19 2 9.5
化学 13 1 13.0
生物 38 4 9.5
音楽 16 2 8.0
美術 14 1 14.0
書道
保健体育 129 12 10.8
家庭 27 2 13.5
福祉 8 1 8.0
英語 61 13 4.7
情報
農業 17 4 4.3
電気 15 1 15.0
機械 14 1 14.0
建築
商業 29 2 14.5
理療
特別支援学校 162 33 4.9

小学校 / 中学校 136 18 7.6
県立学校 18 3 6.0

平成27年度(2015年度)の実施結果

校種 / 科目 受験者 合格者 倍率
小学校 886 253 3.5


国語 116 14 8.3
社会 148 25 5.9
数学 100 19 5.3
理科 58 22 2.6
音楽 40 6 6.7
美術 32 3 10.7
保健体育 199 22 9.0
技術 10 2 5.0
家庭 14 1 14.0
英語 101 19 5.3





国語 49 9 5.4
地理 7 1 7.0
歴史 44 4 11.0
公民 19 1 19.0
数学 91 9 10.1
物理 16 1 16.0
化学 17 2 8.5
生物 33 4 8.3
音楽 15 1 15.0
美術 14 1 14.0
書道
保健体育 114 14 8.1
家庭 21 4 5.3
福祉 9 1 9.0
英語 56 8 7.0
情報
農業 18 3 6.0
電気 16 1 16.0
機械 18 2 9.0
建築
商業 22 2 11.0
理療 3 1 3.0
特別支援学校 188 36 5.2

小学校 / 中学校 116 17 6.8
県立学校 17 1 17.0

平成26年度(2014年度)の実施結果

校種 / 科目 受験者 合格者 倍率
小学校 820 259 3.2


国語 104 18 5.8
社会 138 20 6.9
数学 105 18 5.8
理科 64 17 3.8
音楽 46 3 15.3
美術 32 3 10.7
保健体育 189 13 14.5
技術 14 3 4.7
家庭 16 2 8.0
英語 116 26 4.5





国語 41 9 4.6
地理 7 1 7.0
歴史 39 5 7.8
公民 19 1 19.0
数学 77 8 9.6
物理 16 3 5.3
化学 13 1 13.0
生物 33 3 11.0
音楽 16 1 16.0
美術 18 1 18.0
書道 9 1 9.0
保健体育 89 10 8.9
家庭 15 2 7.5
福祉 10 1 10.0
英語 64 8 8.0
情報
農業 18 2 9.0
電気 14 1 14.0
機械 20 3 6.7
土木 3 1 3.0
商業 24 1 24.0
理療 2 0
特別支援学校 209 33 6.3

小学校 / 中学校 134 23 5.8
県立学校 14 1 14.0

平成25年度(2013年度)の実施結果

校種 / 科目 受験者 合格者 倍率
小学校 782 229 3.4


国語 97 16 6.1
社会 135 19 7.1
数学 90 15 6.0
理科 60 15 4.0
音楽 43 7 6.1
美術 26 3 8.7
保健体育 153 16 9.6
技術 15 1 15.0
家庭 17 2 8.5
英語 124 24 5.2





国語 44 9 4.9
地理 6 1 6.0
歴史 31 2 15.5
公民 18 2 9.0
数学 72 9 8.0
物理 23 3 7.7
化学 17 1 17.0
生物 26 4 6.5
音楽 15 1 15.0
美術 18 2 9.0
書道
保健体育 93 3 31.0
家庭 22 2 11.0
福祉 6 1 6.0
英語 47 6 7.8
情報
農業 17 2 8.5
水産 3 1 3.0
電気 15 2 7.5
機械 14 1 14.0
建築 7 2 3.5
商業 25 1 25.0
特別支援学校 200 30 6.7

小学校 / 中学校 118 16 7.4
県立学校 14 1 14.0

平成24年度(2012年度)の実施結果

校種 / 科目 受験者 合格者 倍率
小学校 749 185 4.0


国語 88 10 8.8
社会 122 11 11.1
数学 100 17 5.9
理科 55 18 3.1
音楽 39 8 4.9
美術 22 5 4.4
保健体育 149 14 10.6
技術 16 2 8.0
家庭 14 3 4.7
英語 112 20 5.6





国語 38 8 4.8
地理 9 0
歴史 40 4 10.0
公民 22 2 11.0
数学 65 6 10.8
物理 17 4 4.3
化学 17 3 5.7
生物 21 3 7.0
音楽 9 2 4.5
美術 15 1 15.0
書道 8 1 8.0
保健体育 103 4 25.8
家庭 22 4 5.5
福祉 11 1 11.0
英語 48 4 12.0
情報
農業 21 3 7.0
電気 14 2 7.0
機械 19 3 6.3
建築
商業 22 1 22.0
理療
特別支援学校 186 32 5.8

小学校 / 中学校 131 22 6.0
県立学校 17 1 17.0

なお、全自治体の倍率を見たい場合は、こちらの「【全国】教員採用試験 倍率一覧|ついに4倍を下回る【2021年】」をご覧ください。

栃木県教員採用試験 日程

栃木県教員採用試験 日程

ここでは、出願から最終合格までの流れをまとめています。

栃木県の選考は、

募集要項の配布・出願 ⇒ 一次試験 ⇒ 二次試験 ⇒ 最終合格

というプロセスで進みます。

例年、4月上旬あたりに試験の詳細(日程や内容など)が出て、最終合格が決まるまでに、約半年かかる感じですね。

試験日を確認し、余裕をもって計画を立ててみましょう。

令和4年度(2022年度)の日程は、次のとおり。

日程①:募集要項の配布・申込期間

流れ 日程
募集要項の配布 令和3年4月8日〜
願書の受付 令和3年4月22日~ 5月10日

出願方法は「電子申請」と「郵送」の2パターンありますが、電子申請の場合もで「学歴証明など」を送らないといけないんですよね。

福永

すべて電子申請だと楽なのに・・・。

日程②:一次試験

試験日 合格発表
①令和3年7月10日
②令和3年7月11日
8月3日

※①は、実技試験のある教科のみ。

悩む人

東京都や群馬県も受けれますか?

併願を考えている人も多いのでは、ないでしょうか?

だけど、東京都をはじめ、関東地区は試験日が同じなので併願できません。

 

福永

茨城県は、日程をズラしたので併願可能!

 

基本的には、同じブロック内(関東や九州など)は同じ日だと思ってください。]

他自治体の試験日が知りたい場合は、こちらの「【都道府県別】2022年度教員採用試験 日程一覧まとめ【全国版】」をご覧ください。

 

教員採用試験の日程一覧【都道府県別】2022年度教員採用試験の日程を徹底解説【全国一覧】

 

日程③:二次試験

試験日 最終合格発表
①令和3年8月20日
②令和3年8月21日、22日の指定された日
③令和3年8月23日
10月中旬

①、②は全員が対象で、③は、実技試験がある教科のみ。

二次試験に合格すれば、最終合格者として名簿に記載され、翌年4月1日から勤務がはじまりますよ!

長い道のりなので、スケジュール管理が大切です。

 

流れ 日程
出願期間 令和2年4月20日~5月8日
一次試験 7月11日、12日
合格発表 8月4日
二次試験 8月20日〜24日の間で指定された日
最終合格 10月中旬

 

栃木県教員採用試験 年齢制限

栃木県教員採用試験 年齢

ここでは、年齢制限などの受験資格をまとめています。

教員採用試験は、次の受験資格を満たしていれば、誰でも受験できます。

  • 年齢要件
  • 教員免許状
  • 欠格事由

それぞれ、見てみましょう。

受験資格①:年齢要件

令和4年度(2022年度)は、

昭和52年4月2日~に生まれた人

が、受験できます。

44歳までは、けっこう厳し目です。

福永

全自治体の7割が、59歳までなんですよね・・・。

なお、全自治体の年齢制限を知りたい場合は、こちらの「【全国一覧】教員採用試験 年齢制限がない自治体は7割|合格に年齢は関係なし!」をご覧ください。

 

 

受験資格②:教員免許状

志望する校種・教科の免許状を所有(翌年3月31日までに取得見込み)している必要があります。

区分ごとに必要な免許状の種類は、次のとおり。

校種 内容
小学校 小学校教諭普通免許状
中学校 志望教科の中学校普通免許状
高等学校 志望教科の高等学校普通免許状
特別支援学校 ①特別支援学校教諭普通免許状
②志望する校種・教科の普通免許状
養護教諭 養護教諭普通免許状

受験資格③:欠格事由

地方公務員法16条」及び「学校教育法9条」に該当する人は受験できません。

  • 禁固刑以上に処せられる
  • 2年間の間に神奈川県職員として懲戒免職の処分を受けた。
  • 日本国憲法を破壊する政党や団体を結成、又はこれに加入した。

福永

普通に生活していれば、とくに問題ないですね

3つの要件でした。

再度、しっかり確認してくださいね。

とくに中高を志望する人は、免許状の種類は注意が必要です!

栃木県教員採用試験 採用人数

栃木県教員採用試験 採用数

ここでは募集される教科(科目)と採用予定人数をまとめています。

小学校・中学校

科目 採用数 増減
小学校 400 -30
国語 若干 ±0
社会 若干 ±0
数学 若干 ±0
理科 若干 ±0
音楽 若干 ±0
美術 若干 ±0
保健体育 若干 ±0
技術 若干 ±0
家庭 若干 ±0
英語 若干 ±0

高等学校

科目 採用数 増減
国語 60 -10
地理
歴史
公民
数学
物理
化学
生物
音楽
書道
保健体育
家庭
福祉
英語
情報
農業
電気
機械
建築
商業

養護教諭 / 特別支援学校

科目 採用数 増減
養護(小・中) 12 -13
養護(高・特) 若干 ±0
特別支援学校 40 ±0

栃木県教員採用試験 内容

栃木県教員採用試験 内容

試験内容は次のとおり。

  • 一般教養
  • 専門科目
  • 実技試験
  • 作文試験
  • 集団討論
  • 個人面接

順番に解説します。

内容①:一般教養

教養試験は一次試験に実施されます。

  • 教職教養
  • 一般教養

この両分野から出題。

試験時間50分で問題数は50問ほど。

単純に考えて1問1分で解かないと時間切れになるので注意しましょう。

具体的な勉強法を「栃木県教員採用試験 一般教養の勉強法|「何から」すればを解決します」で解説しています。

内容②:専門科目

専門科目試験は一次試験に実施されます。

内容は、あなたが志望する科目の筆記試験です。

対策法を「【3分で理解】教員採用試験 専門科目の勉強法を4ステップで解説」で解説しています。

内容③:実技試験

科目によって、一次試験と二次試験に分かれています。

一次試験

  • 音楽
  • 美術
  • 書道
  • 保健体育

この科目について、実施されます。

内容は次のとおり。

音楽 聴音・ピアノ実技・視唱・弾き歌い
美術 平面作品・立体作品制作
保健体育 陸上・器械運動・球技・武道など

二次試験

  • 技術
  • 家庭
  • 英語
  • 電気
  • 機械
  • 建築
  • 情報
  • 特別支援教育

これらの科目について、実施されます。

内容は次のとおり。

技術 PC操作、木工製品の製作
家庭 調理、裁縫
英語 英語によるinterview
機械 製図
情報 プログラミング
特別支援教育 指導案作成

内容④:作文試験

作文は二次試験に実施されます。

  • 試験時間:50分
  • 文字数:600字〜1000字

作文は3人の試験官で添削をおこない、2名にC評価をつけられると不合格となります。

傾向を「栃木県教員採用試験 作文の過去問|攻略ポイントは教師観!」で解説しています。

内容⑤:集団討論

集団討論は二次試験に実施されます。

簡単にいえば「テーマについてグループで意見交換をしながら課題を解決する試験」のこと。

面接官には民間企業の人事担当者や行政職員も含まれているので覚えておきましょう。

内容⑥:個人面接

個人面接は二次試験に実施されます。

面接のなかで「場面指導」がありまして、1番評価に直結する項目です。

教職教養の知識と表現力が必要な試験なので受験者によって差がつきますよ。

質問内容や対策法を「栃木県教員採用試験 個人面接の過去問|場面指導が合格のポイント」で公開しています。

栃木県教員採用試験まとめ

本記事では、栃木県教員採用試験の概要をまとめていました。

再度、重要な部分の確認です。

  • 倍率は、全国平均より下
  • 試験は7月から。
  • 試験内容は多い

合格するためには、対策することが多いです。

はやめに傾向を知って、準備をはじめましょう!