東京都教員採用試験の倍率は平均以下?合格ロードマップ

東京都教員採用試験の概要

東京都民

東京都で教員になりたいです。でも、倍率が高そう・・・。やっぱり難しいですかね。

このような悩みを解決できる記事を書きました。

今回は、「倍率は高くない。合格に向けてやるべきこと」というテーマで話していきます。

この記事を書いている僕は、大学などで教採指導歴11年目。月間平均アクセス数15万の総合サイト「教採ギルド」の運営をしています。

福永

結論からいうと、東京都の平均倍率は、全国平均を大きく下回ってますよ!

2019年(令和2年度)は3.08倍で、全国で15番目の低さでした。(全65自治体中)

なので、傾向を把握して対策すれば、十分合格できる試験ですよ!

まずは、志望教科の倍率を見てください。

そして、試験内容を把握して、準備を初めてください。

それでは、見ていきましょう!

関連記事教員採用試験 倍率が低い県はどこ?ランキング形式で発表!

東京都教員採用試験 倍率

東京都教員採用試験 倍率

数年分の倍率を、科目ごとにまとめています。

  • 2019年(令和2年度)
  • 2018年(平成31年度)
  • 2017年(平成30年度)

参考にしてくださいね。

2019年(令和2年度)

校種 科目 受験者 合格者 倍率
小学校 3328 1614 2.1
中高共通 国語 575 211 2.7
地歴 703 119 5.9
公民 280 45 6.2
数学 682 201 3.4
理科(物理) 172 40 4.3
理科(化学) 197 52 3.8
理科(生物) 200 46 4.3
英語 606 222 2.7
音楽 159 49 3.2
美術 126 38 3.3
保健体育 1137 166 6.8
小中共通 音楽 228 67 3.4
美術 131 64 2.0
小中高共通 家庭 131 47 2.8
中学校 技術 48 35 1.4
高等学校 情報 42 1 42.0
商業 61 1 61.0
工業(機械) 19 7 2.7
工業(電気) 17 7 2.4
工業(化学) 2 1 2.0
工業(建築) 12 2 6.0
工業(工芸) 3 3 1.0
農業(園芸) 9 2 4.5
農業(食品) 6 2 3.0
農業(造園) 2 1 2.0
特別支援学校 664 206 3.2
養護教諭 744 88 8.5

関連記事【全国】教員採用試験 倍率一覧|4倍切りの危機的状況に!

2018年(平成31年度)

校種 科目 受験者 合格者 倍率
小学校 3694 2030 1.8
中高共通 国語 631 167 3.8
地歴 771 104 7.4
公民 274 44 6.2
数学 749 195 3.8
理科(物理) 180 57 3.2
理科(化学) 225 60 3.8
理科(生物) 224 49 4.6
英語 688 249 2.8
音楽 153 46 3.3
美術 123 51 2.4
保健体育 1214 153 7.9
小中共通 音楽 283 67 4.2
美術 149 56 2.7
小中高共通 家庭 154 44 3.5
中学校 技術 38 23 1.7
高等学校 情報 44 6 7.3
商業 48 3 16.0
工業(機械) 9 7 1.3
工業(電気) 18 4 4.5
工業(建築) 6 2 3.0
工業(工芸) 3 0
農業(園芸) 20 3 6.7
農業(畜産) 5 1 5.0
特別支援学校 762 259 2.9
養護教諭 774 121 6.4

2017年(平成30年度)

校種 科目 受験者 合格者 倍率
小学校 4098 1503 2.7
中高共通 国語 812 166 4.9
地歴 992 89 11.1
公民 328 33 9.9
数学 927 186 5.0
理科(物理) 222 32 6.9
理科(化学) 243 32 7.6
理科(生物) 277 30 9.2
英語 852 174 4.9
音楽 188 17 11.1
美術 141 21 6.7
保健体育 1417 122 11.6
小中共通 音楽 330 58 5.7
美術 181 48 3.8
小中高共通 家庭 162 43 3.8
中学校 技術 50 22 2.3
高等学校 情報 58 7 8.3
商業 83 2 41.5
工業(機械) 15 6 2.5
工業(電気) 27 7 3.9
工業(化学) 6 1 6.0
工業(建築) 9 2 4.5
農業(園芸) 25 3 8.3
農業(食品) 13 1 13.0
特別支援学校 860 203 4.2
養護教諭 885 86 10.3

関連記事【教科別】教員採用試験 倍率一覧【全国まとめ】

東京都教員採用試験 日程

東京都教員採用試験 日程

願書の提出期間から最終合格までの流れをまとめています。

  • 2020年(令和3年度)
  • 2019年(令和2年度)

学習計画を立てるためにも、把握しておきましょうね。

2020年(令和3年度)

受付期間 3月下旬~5月8日
一次試験 7月12日(日)
一次試験
合格発表
8月7日
二次試験 【面接】
8月21日~23日で指定された日
【実技】
9月13日(日)
最終合格 10月23日(金)午前10時

なお、全国の日程を知りたい方は「【都道府県別】2021年度 教員採用試験 日程一覧まとめ」をご覧ください。

併願などにおすすめですよ!

関連記事【3分で分かる】教員採用試験 併願する3つのメリットとデメリット

2019年(令和2年度)

受付期間 3月26日(火)~5月9日(木)
一次試験 7月14日(日)
一次試験
合格発表
8月13日(火)午前10時
二次試験 【面接】
8月24日(土)、25日(日)、9月1日(日)(注1)
【実技】
9月8日(日)
最終合格 10月18日(金)午前10時

東京都教員採用試験 年齢制限

東京都教員採用試験 年齢制限

  • 2020年(令和3年度)
  • 2019年(令和2年度)

しっかり確認しましょう!

2020年(令和3年度)

  • 一般選考:昭和56年4月2日以降に生まれた人
  • 特例選考:昭和36年4月2日以降に生まれた人

東京都の年齢制限は、全国でも厳しい自治体ですよ!

関連記事【全国】教員採用試験 年齢制限一覧【高齢で合格はできる?】

2019年(令和2年度)

  • 一般選考:昭和55年4月2日以降に生まれた人
  • 特例選考:昭和35年4月2日以降に生まれた人

参考までにどうぞ!

東京都教員採用試験 採用人数

東京都教員採用試験 採用人数

科目(教科)ごとの採用人数をまとめています。

  • 2020年(令和3年度)
  • 2019年(令和2年度)

参考までに、過去のデータも載せておきますね。

2020年(令和3年度)

校種 科目 採用予定数
小学校全科 一般 1,090人
理科コース
英語コース
中高共通 国語 1,200人
社会
数学
理科
英語
音楽
美術
保健体育
小中共通 音楽 110人
美術
小中高共通 家庭 40人
中学校 技術 40人
高等学校 情報 50人
商業
工業
農業
特別支援学校 小学部 80人
中学部 若干名
中高学部 110人
小中高学部
理療 若干名
自立活動 若干名
養護教諭 70人

前年度と比べて、

  • 小学校:約500人の減少
  • 中学高校:90人の増加

と、なっています。

2019年(令和2年度)

校種 科目 採用予定数
小学校全科 一般 1570
理科コース
英語コース
中高共通 国語 1110
社会
数学
理科
英語
音楽
美術
保健体育
小中共通 音楽 100
美術
小中高共通 家庭 30
中学校 技術 40
高等学校 情報 40
商業
工業
農業
特別支援学校 小学部 60
中学部 若干名
中高学部 100
小中高学部
理療 若干名
自立活動 若干名
養護教諭 80

東京都教員採用試験 給料(初任給)

東京都教員 給料

人事院の資料「2019年(平成31年)職種別民間給与実態調査の結果」によると、民間企業(大企業)の平均初任給は204,159円です。

これを参考に東京都の教員がどれくらいの給料をもらえるのか比較してみましょう。

2020年(令和3年度)

区分 小・中・高 特別支援
大学卒 248,700円 261,700円
短大卒 227,400円 239,300円

このほか住宅手当、交通費、残業手当などが支給されます。

なお、全自治体の給料が知りたい方は「【全国一覧】教員の給料事情|1番お金がもらえる自治体はどこ?」をご覧ください。

2019年(令和2年度)

区分 小・中・高 特別支援
大学卒 248,700円 261,700円
短大卒 227,400円 239,300円

東京都教員採用試験 内容

東京都教員採用試験 内容

  • 教職教養
  • 専門教養
  • 論文
  • 集団面接
  • 個人面接
  • 実技試験

順番に解説します。

内容①:教職教養

教職教養試験は、一次試験に実施されます。

✔︎教職教養とは

教員として職務を遂行する上で必要な教育に関する法令や理論などに関する筆記試験です。

他自治体と違って、一般教養(国語や数学など)の出題がありませんよ!

出題レベルは、全国でもトップクラスです。

詳しくは「【勉強法】東京都教員採用試験 教職教養のコツ【過去問あり】」を参考にしてみてください。

内容②:専門教養

専門教養は、一次試験に実施されていますよ!

✔︎専門教養とは

教員として各教科の授業を行う上で必要な専門的教養に関する筆記試験です。

自分が指導する教科なので、出来て当たり前です。

  • 平均点が高い
  • 高得点を取れれば有利

こういった特徴がありますよ!

勉強法を「【3分で理解】教員採用試験 専門科目の勉強法を4ステップで解説」で解説しています。

内容③:論文試験

論文試験は、一次試験に実施されますよ!

  • 課題把握
  • 教師としての実践的指導力
  • 論理的表現力

こういった能力を、文章表現で評価する試験です。

筆記試験のように、正答を1人では、判断がしにくいので、添削を受けて攻略しましょう!

詳しくは「東京都教員採用試験 論文のルールを徹底解説!【書き方も紹介】」を参考にしてみてください。

内容④:集団面接

集団面接は、二次試験に実施されます。

  • 集団面接
  • 集団討論

東京都では、この2種類が実施されていますよ!

面接官からの質問に答えるだけの試験じゃないので、注意しましょう!

詳しくは「東京都教員採用試験 これで完璧!集団面接の傾向を公開中」を参考にしてみてください。

内容⑤:個人面接

個人面接は、二次試験で実施されます。

  • 面接表
  • 単元指導計画

事前に提出する、これらの書面に沿って、質疑応答を行う試験ですよ!

  • コミュニケーション能力
  • 印象

こういった人間性が評価されるので、対策は必須です。

詳しくは「東京都教員採用試験 個人面接の質問内容3つの特徴を解説!」を参考にしてみてください。

内容⑥:実技試験

  • 音楽
  • 美術
  • 保健体育
  • 英語

これらの教科を志望する人を対象に、二次試験で実施されていますよ!

  • 表現力
  • 技術

専門的な知識とは別に、実力も備えておく必要があります。

東京都教員採用試験 概要まとめ

  • 東京都の試験日程は7月~8月
  • 採用人数は小学校減、その他増
  • 年齢制限は一般と特例で異なる
  • 特例選考の条件は簡単
  • 試験は1次筆記、2次面接
  • 倍率は低下傾向

東京都の教員志望者もピーク時に比べて激減しています。

しかし、今後は採用数の抑制などで簡単に合格するのは難しくなります。

合格しやすい時期に受かってしまいましょう!受かるために必要なことは本サイトで公開しています。

ぜひ、活用して合格に向けて動き出しましょう!