横浜市教員採用試験 個人面接の過去問|3ステップで対策しよう!

横浜市教員採用試験 面接の質問

どうも福永(@kyosai365)です。

この記事を書いている僕は、大学などで教採指導歴11年目。月間平均アクセス数15万の総合サイト「教採ギルド」の運営をしています。

福永

今回は、横浜市教員採用試験の「個人面接」をテーマに話していきます。

面接対策で悩んでいる人は多いはず。

筆記試験に比べると、情報が不足しているので仕方がありません。

本記事を読むことで、傾向や過去の質問内容、具体的な対策法まで知ることができますよ。

さっそく、まとめていきます。

関連記事横浜市教員採用試験 倍率は全国1位の低さ|合格ロードマップ

横浜市教員採用試験 個人面接の傾向

横浜市教員採用試験 面接の傾向

個人面接は、二次試験に実施されます。

  • 試験時間
  • 面接カード
  • ロールプレイング

傾向をサクッと見ておきましょう!

傾向①:試験時間

試験時間は、20分程度です。

質問に対して、短答に回答できるようにしておきましょう。

傾向②:面接カード

事前に提出する。面接カードに沿って質問されますよ!

なので、面接官が質問したくなるような内容を考えましょう。

項目は次のとおり。

  • 氏名、住所
  • 学歴、職歴
  • 志望理由
  • 困難だったこと、解決策
  • 人との関わりで心に残ったこと
  • 教員にとって大切なこと

時間をかけないと分かりやすい文章は書くことができません。

後回しにせず、早めに考えておくといいでしょう。

関連記事教員採用試験 面接カードの書き方|自己分析が重要【添削方法あり】

傾向③:ロールプレイング

面接の中で、ロールプレイング(場面指導)がありますよ。

簡単にいうと、教育現場で起こりうる事例について対応する感じですね。

具体的な内容がこちら。

  • 校門であいさつをしているとAさんが顔にあざをつくって登校してきました。あなたは「どうしたの」と聞くと無視されてしまいました,その後どう対応しますか。
  • クラスでドッジボールをしようとしたときにある児童が「私下手だからやりたくない。」と言いました。あなたならどのような対応をしますか。
  • クラス開きの時に「前の先生の方が良かった。」と言う子どもがいました。あなたはどう対処しますか。

実際に、起こりそうな問題ですよね。

こういったテーマについて、実際に指導する試験。

恥ずかしがらずに演じることがポイントです。

横浜市教員採用試験 個人面接の質問内容

横浜市教員採用試験 面接の過去問

毎年、下記ツイートをしています。

結構、協力してくれるユーザーが多くて、貴重なデータを集めることができています。

ここでは、そのデータをまとめています。

ぜひ、参考にしてくださいね。

✔︎横浜市で聞かれた質問がこちら。

  • 緊張していますか。
  • 教師を目指す理由はなんですか。
  • なぜ、横浜市を志望するのですか。
  • 神奈川県でなく、横浜市を志望する理由を教えてください。
  • 今までの部活動歴を教えてください。
  • 教育実習の感想を教えてください。
  • 小学校の良さを教えてください。
  • 最近気になったニュースを教えてください。
  • 教育実習で褒められたことはありますか。
  • 大学で心に残った出来事はありますか。

こういった過去問を使って、自分なりの想定問答集を準備することが重要です。

なお、もっと質問内容が知りたい方は、「【過去問】横浜市教員採用試験 個人面接の質問リスト」をご覧ください。
詳しくはこちらをどうぞ。

横浜市教員採用試験 個人面接の対策3ステップ

横浜市教員採用試験 面接の対策

面接の対策も、基本は筆記対策と同じです。

違うのは、1人では完結できない点だけ。

  • 出題傾向の確認
  • 台本作り
  • 実践練習

この3ステップで攻略できますよ!

ステップ①:出題傾向の確認

まずは、どんな質問が聞かれているのかを確認しましょう!

筆記試験でも出題傾向を確認して勉強しますよね。それと同じです。

過去に聞かれた質問リストを「【過去問】横浜市教員採用試験 個人面接の質問リスト」でまとめています。

何も知らない方は活用してください。

ステップ②:台本作り

次に、話す内容を考えていきましょう。

自分の核ができていないと、質問に回答することができないからです。

そのためには、自己分析をしっかりすることが大切。

手っ取り早いのは、過去問を使って、質問に回答していくことである程度は出来上がりますよ。

方法が分からない人には、有効な対策です。

ステップ③:実践練習

最後は、面接官役をお願いして実践練習しましょう。

これをしないと、自分の弱点がわかりませんよ。

面接は、第三者があなたを評価する試験。

なので、「自分は出来ている!」と思っていても、それは自己満足なだけ。

面接官役に見てもらい、評価をフィードバックしてもらってくださいね。

このやりとりが多いと、面接は上達しますよ!

関連記事【対策】教員採用試験 個人面接を攻略する簡単3ステップ

横浜市教員採用試験 個人面接まとめ

本記事では、横浜市教員採用試験の個人面接をまとめていました。

面接を攻略するには、次の3ステップが必要です。

  • 出題傾向の確認
  • 台本作り
  • 実践練習

なかでも、出題傾向の確認は情報が不足しがちなので、難しいです。

【過去問】横浜市教員採用試験 個人面接の質問リスト」で貴重なデータを公開しています。

面接が苦手な、あなたには有益な情報なので活用してくださいね。

CHECK NOW

横浜市の面接集を見る