【独学で受かる方法】大阪府教員採用試験は高難度?内容や対策の仕方

osaka-kyouinsaiyousiken-dokugaku

はしもと
はしもと

大阪府教員採用試験に独学で受かることはできるの?これから勉強をはじめるので難易度とか試験内容などを教えてほしいです。

このような悩みを解決できる記事を書きました!

✓本記事の内容

  • 大阪府教員採用試験の受験資格は?
  • 出願から最終合格までの流れは?日程を確認!
  • 大阪府教員採用試験の合格率は高い?
  • 大阪府教員採用試験の内容と対策法は?
  • 独学で受かるには。

結論をいうと、大阪府教員採用試験の難易度は高いです。令和3年度(2021年度)の合格率は19.9%で全国平均27.6%よりかなり低いです。

全国でも8番目に低い合格率なので試験内容を把握して対策することが重要です。

そこで今回は「独学で大阪府教員採用試験に受かるまでのプロセス」を解説していきます。独学で「受かる人」「落ちる人」には決定的な差がありまして、それはしっかり試験を知っているかどうかです。

この記事を読めば、最新の試験情報や対策方法がわかりますよ!すぐに対策をはじめられるので参考にしてください。

【受験資格】大阪府教員採用試験の年齢制限を確認!

kyouinsaiyousiken-oosakahu-nennreiseigen

教員採用試験とは公立学校の正教員(民間企業でいう正社員)を決める試験のことで、都道府県・政令指定都市の教育委員会が主導して選考を行っています。

受験資格は自治体によって異なります。まずは東京都の選考を受ける資格があるかどうかを確認してみましょう。

受験資格は主に3つ。

  • 年齢制限
  • 教員免許状の種類
  • 欠格事由

それぞれ解説します。

受験資格①:年齢制限

令和4年度(2022年度)は「昭和51年4月2日以降に生まれた人」が対象です。

全国の7割以上が年齢制限を実質撤廃(59歳まで受験可)しているので、大阪府は少し厳しい傾向があります。

関連記事【都道府県一覧】教員採用試験の年齢制限は撤廃傾向?【40代でもOK】

福永
福永

特別支援学校を志望する場合は「昭和46年4月2日~」が対象です。

受験資格②:教員免許状

志望する校種・教科の教員免許状を持っている(取得見込み)必要があります。

令和4年度

教科によっては中学・高校の両方が必要な場合もあるので確認しておきましょう。合格後に免許を持っていない、取得できなかった場合は採用が取り消されます。

受験資格③:欠格事由

次に該当する場合は受験できません。

  • 地方公務員法第16条及び学校教育法第9条に該当。
    ※禁錮以上の刑に付された執行猶予の期間
    ※禁錮以上の刑の執行を終わり又はその執行の免除を得たときから、罰金以上の刑に処せられることなく10年を経過するまでの間
  • 平成11年改正前の民法の規定による準禁治産の宣告を受けている者(心神耗弱を原因とするもの以外)に該当

あまり気にすることはないと思いますが、採用後に発覚した場合は合格が取り消されるので注意が必要です。

大阪府教員採用試験の倍率は全国でも高い!

kyouinsaiyousiken-oosakahu-bairitsu-dorekurai

続いて、大阪府教員採用試験の実施状況を解説します。

令和3年度(2021年度)の合格倍率は5.0倍(合格率19.9%)で、前年度5.7倍より減少しました。とはいえ、全国平均は3.7倍だったので、全国的には高いです。

過去10年間の合格率は次のとおり。

年度合格率
令和3年度19.9%
令和2年度16.7%
平成31年度16.5%
平成30年度14.7%
平成29年度19.1%
平成28年度21.3%
平成27年度20.9%
平成26年度20.8%
平成25年度20.5%
平成24年度19.7%

合格率は過去5年間で1番高くなっているとはいえ、校種・教科によっては1桁%ってこともあります。試験内容を把握して、しっかり対策することが大切です。

なお、校種・教科ごとの結果を別記事でまとめているので参考にしてください。

関連記事【対策前に必読】大阪府教員採用試験の倍率推移を教科別に解説!

大阪府教員採用試験の流れは?試験日程を解説!

kyouinsaiyousiken-osakahu-nittei

続いて受験の申込から最終合格までの流れ(令和4年度)を解説します。

出願(申込)

令和3年3月18日~4月23日

申込方法は大阪府のホームページから専用の入力フォームを使って行います。スマホからは申し込めないので、パソコンを準備してください。

一次試験の日程

令和3年6月26日

主に筆記試験を実施(内容は後述)。

一次試験の合格発表

令和3年7月9日

大阪府のホームページと郵送で通知されます。

合格通知には二次試験の案内などが同封されているので必ず確認してください。

二次試験の日程

令和3年7月14~18日

この期間の中で1日指定されます。試験日は一次試験の合格時に発表。

二次試験の合格発表

令和3年8月10日

大阪府のホームページと郵送で通知されます。

合格通知には三次試験の案内などが同封されているので必ず確認してください。

三次試験

①令和3年8月15~29日
②令和3年8月下旬~9月下旬

数日間に分かれており、指定された日で実施。

最終合格発表

令和3年10月22日

大阪府のホームページと郵送で通知されます。

基本的に最終合格=採用と思ってOKです。

ただし、大学を卒業できなかったり、教員免許状が取得できなかったりした場合は採用が取り消されるので注意してください。

なお、大阪府の一次試験は例年、大阪市や京都府などと同時に実施されるので併願ができません。

ですが、他の関東や東海地区とは日程が違うので併願する受験者は多いです。全国の試験日程は下記を参考にしてください。

関連記事【都道府県別】2022年度教員採用試験の日程を徹底解説【全国一覧】

大阪府教員採用試験の対策はいつからすべき?試験内容を解説します

osaka-kyouinsaiyousiken-naiyou

今までの学力や経験によっても違うので一概には言えませんが、合格者からの話によると最終合格までに必要な勉強時間は500時間ほど必要です。これは1日3時間勉強するとして約160日(5.5カ月)かかります。

(令和4年度)大阪府で実施される試験は次のとおり。

  • 筆答テスト(教養試験)
  • 専門試験
  • 論文試験
  • 模擬授業
  • 個人面接
  • 実技試験

大阪府の一次試験は6月下旬にあるので、遅くてもお正月明けくらいからは本格的に対策をはじめたいところです。

とはいえ、何も知らないまま対策をはじめることは難しいですよね。そこでここからは主な試験の内容や傾向を解説していきます。

筆頭テスト(一般教養試験)

項目内容
実施一次試験
試験時間90分
問題数30問
出題形式択一式
解答方法マークシート
出題分野・教職教養
・一般知能(思考力・判断力を問う出題)

筆頭テスト(教職教養試験)は一次試験に実施される筆記試験です。主に教員として必要な知識(学習指導要領や法令)に関する出題があります。

また、もある珍しい自治体です。

試験時間は90分で、問題数30問に解答。出題形式は択一式(4つの選択肢)で、正答番号をマークシートに記入します。

特徴は県庁や市役所などの公務員試験で出題される一般知能科目(数的推理や判断推理など)からの出題があることです。計算問題が多いので苦手な人は要注意!

福永
福永

計算問題や長文問題が多いので試験時間を意識しながら解くことがポイントです。

出題傾向や過去問などは別記事でまとめているので確認してください。

関連記事【楽して合格】大阪府教員採用試験の勉強法|教養は過去問からやる理由

専門教養

項目内容
実施三次試験
試験時間70分〜90分
問題数科目によって異なる

専門教養は志望する校種・教科に関する専門的知識を問う筆記試験です。

試験時間は全校種60分ですが、問題数は教科によって異なります

福永
福永

試験は三次試験(最後)にあることが特徴です。

専門教養の対策方法で役に立つ記事を紹介するので参考にしてください。

関連記事【3分で理解】教員採用試験 専門科目の勉強法を4ステップで解説

論文試験

小論文があるのは次の区分です。

  • 「小学校」
  • 「小中いきいき連携」
  • 「特別支援学校(幼稚部・小学部共通、小学部)」

その他の志望者はありません。

傾向は150字程度の文章を読んで具体的な取組や策を2つ上げて論じるように指示があります。

関連記事大阪府教員採用試験 論文のテーマ公開【対策方法あり

模擬授業

  • 導入
  • 展開
  • まとめ

好きなところから始めることができます。

試験時間は4分30秒ほど。

A4サイズのカンペの持ち込みも可能なので、必要な知識はそこにまとめておきましょう。

傾向やテーマを下記記事で解説しています。

関連記事大阪府教員採用試験 模擬授業のテーマは?学指の理解が必須!

個人面接

  • 試験時間:20~30分
  • 面接官:2人

面接時間は20~30分程度で、面接官2人から質問される形式です。

ここでは、「教育的課題やコミュニケーション能力」に着目して評価します。

質問内容などを下記記事でまとめています。

関連記事大阪府教員採用試験 個人面接の質問内容を公開【傾向あり】

計画を立てて合格に向けた準備をはじめよう

osaka-kyousai-taisakuhouhou

この記事は「大阪府教員採用」の試験概要をまとめていました。

年々、倍率が上昇傾向にあるため簡単に合格できる時代は終わりを迎えつつあります。

採用数も抑制され、今後は難易度が上がると予想されていますよ。しかし、試験内容を把握して計画を立てていけば、合格できる試験です。

時間を見つけて、合格までの計画を立てていきましょう!

このサイトでは、大阪府教員採用試験の合格に必要な情報を多く発信しています。

時間を見つけて確認してみてくださいね。

この記事は、以上です。