福岡県教員採用試験が難しい3つの理由と合格率を上げる対策法5ステップ

recruit-teacher-pref-fukuoka-level

大学3年生
大学3年生

福岡県教員採用試験の難易度は高いのでしょうか?どうやったら合格できますかね…。何から対策すればいいか教えてほしいです。

このような悩みを解決できる記事を書きました。

今回は「福岡県教員採用試験が難しい3つの理由と合格率を上げる対策法5ステップ」というテーマで話していきます。

結論からいうと、福岡県教員採用試験の難易度は高いです!

とはいえ、傾向をきちんと把握して対策していけば合格することは可能なので、そこも含めて解説していきますね。

福岡県教員採用試験とは

福岡県教員採用試験とは、様々な試験を課したうえで「福岡県公立学校の教員として適した人材を選抜する試験」です。

年齢制限

59歳まで受験することができます。

例)令和4年度

「昭和37年4月2日以降に生まれた人」

実施時期

一次試験は7月上旬、二次試験は8月中旬~9月中旬に実施

詳しくは後述しています。

試験内容

主に筆記試験と面接試験を実施

詳しくは後述しています。

福永
福永

福岡県内では福岡県のほかに福岡市と北九州市がそれぞれ採用試験を行っています。

福岡県教員採用試験は難しい?合格率は上昇傾向

結論からいうと、福岡県教員採用試験の難易度は高いです。

文部科学省のデータによると、教員採用試験の最終合格率はおおよそ20%~25%となっています。

年度合格率受験者合格者
令和2年度25.4%138,04235,058
令和元年度23.5%148,46534,952
平成30年度20.5%160,66732,986
合計(平均)23.0%447,174102,996
出典:公立学校教員採用選考試験の実施状況:文部科学省 (mext.go.jp)

では、全体に比べて福岡県教員採用試験の合格率はどうなっているのでしょうか。

過去10年間の推移は以下のとおり。

年度合格率受験者合格者
令和4年度
(2021年実施)
36.7%3,3141,216
令和3年度
(2020年実施)
34.5%3,6791,268
令和2年度
(2019年実施)
31.0%3,9601,227
平成31年度
(2018年実施)
33.3%3,9391,310
平成30年度
(2017年実施)
26.9%4,8061,291
平成29年度
(2016年実施)
20.9%4,571957
平成28年度
(2015年実施)
19.7%4,361860
平成27年度
(2014年実施)
18.7%4,424829
平成26年度
(2013年実施)
17.0%4,290730
平成25年度
(2012年実施)
15.3%4,419675
平成24年度
(2011年実施)
15.5%4,074633
出典:公立学校教員採用選考試験の実施状況:文部科学省 (mext.go.jp)

過去10年間の平均合格率は24.0%でしたが、直近3年間は33.9%まで上昇しています。

全国平均に比べると合格率は高いですが、まだまだ3人に1人しか合格できない試験なので簡単とはいえません。

では、何が難しいのか。その理由を解説していきます。

福永
福永

福岡県教員採用試験が難しい3つの理由

福岡県教員採用試験が難しい3つの理由を紹介します。

  • 試験科目が多い
  • 学力と人間力の総合評価
  • 受験資格を得るまでの過程

それぞれ見ていきましょう。

理由1:試験科目が多い

一つ目の理由は試験科目が多いこと。

その数15科目以上!

教科科目
教職教養教育原理 / 教育法規 / 教育心理 / 教育史
一般教養人文科学:国語 / 英語
社会科学:地理 / 歴史 / 政治 / 経済
自然科学:数学 / 物理 / 化学 / 生物 / 地学
専門教養志望する教科、学習指導要領

試験レベルは中学~高校1年くらいなので難しくないですが、覚えることがとても多いです。

試験が難しいと思われる最大の原因は、この科目の多さと言っても過言ではないでしょう。

理由2:学力と人間力の総合評価

二つ目の理由は、学力の他に人間力(指導力)も必要なこと

筆記試験だけ合格しようと思えば、そこまで難しくありません。

しかし、最終合格するには面接試験や模擬授業でも評価が必要

必要な能力試験内容
学力教職教養 / 一般教養 / 専門教科
人間力
(指導力)
面接試験 / 模擬授業 / 実技試験
(令和4年度の試験内容)

仮に筆記試験で満点がとれても、人間力が評価されなければ最終合格はできません。

学力にくわえて、教員としての適性が求められていると言えるでしょう。

理由3:受験資格を得るまでの過程

受験資格を得るまでの過程が難しいことも理由の一つです。

というのも、教員採用試験を受験するには志望する校種・教科の「教員免許状」を所持(見込み)しておく必要があります。

一般的に教員免許状は大学(短大)へ行き、教育課程の単位を取らなければ取得できません。

この「大学へ行って教育課程の単位を取る」というところが大変なんですね。

とくに教育学部でない場合は、所属学部の単位にくわえて教育課程も履修しなければいけないわけですから大変です。

誰でも受験できるわけではなく、受験資格を得るまでに時間が必要な点も難しい要因と言えるでしょう。

では、少しでも合格の可能性を上げるにはどうすればいいのか具体的な策を紹介していきます。

【対策法】福岡県教員採用試験の合格率を上げる手順

合格率は上昇していますが、まだまだ簡単に合格できるとはいえません。

少しでも合格の可能性を上げるには、試験内容と傾向を理解して効率よく対策することが重要です。

とはいえ、試験内容は幅広いので何から手をつければいいか悩む人が多いのも事実。

参考)福岡県教員採用試験の内容

試験内容
一次試験教職・一般教養
専門教科
※1 実技試験
二次試験面接試験
模擬授業
※2 実技試験
令和4年度の試験内容

※1 音楽、美術、英語の志望者
※2 小学校、理科、技術、家庭、保体、書道、農業、工業、養護教諭の志望者

そこでここからは、勉強を始める手順を紹介していきます。

手順1:学習計画を立てる

教員採用試験は「出願 ⇒ 一次試験 ⇒ 二次試験 ⇒・・・」というプロセスで試験が進んでいきます。

まずは試験の流れを把握して、学習計画を立てることが大切

ゴール(試験日)から逆算して考えることで、いつまでにどんな目標を達成すればいいのかがわかりやすくなるからです。

福岡県教員採用試験の主な流れは次のとおり。

福岡県教育委員会の説明会(セミナー)

年末から4月頃にかけて大学や予備校などで開催されています。

・年内~1月:前年度試験の振り返り
・2月~4月:今年度の詳細

強制参加ではありませんが、モチベーションを上げたり、面接のネタが増えたりするかもしれないので、暇だったらいきましょう。

なお、県内に限らず、他県でも行う場合もあります。

出願手続き(5月中旬~下旬)

郵送での出願を行います。

提出書類は採用後も使用されるので、過不足なく入力しましょう。

一次試験(7月中旬)

筆記試験(一般・教職教養と専門教養)と実技試験(一部の科目)が実施されます(一般選考の場合)。

一次試験の合格発表(8月上旬)

筆記試験(+実技試験)の合計点で合否が決定されます。

一次試験に合格すると二次試験を受験。

二次試験(8月中旬~9月中旬)

面接試験を中心に、模擬授業や実技試験が実施されます。

最終合格(10月中旬)

二次試験に合格すると採用候補者名簿に登載され、面談等を行ったあと翌年4月1日付で採用。

このように説明会から最終合格まで長い月日がかかります。

試験内容も幅広いのでどの試験が必要なのか把握して計画性を持って対策しましょう。

福永
福永

何が必要かを把握するだけではなく、必要ないものを計画の時点で切り捨てるのも大切。

手順2:過去問を入手する

おおよその計画が立てれたら、過去問を入手しましょう

過去問は「こういったレベル、内容の問題を出すから勉強してきてくださいね」という採用者側からのメッセージだからです。

参考)福岡県教員採用試験の過去問が入手できる場所

閲覧場所所在地
県民情報センター福岡市博多区東公園7-7
北九州県民情報コーナー北九州市小倉北区城内7-8
筑後県民情報コーナー久留米市合川町1642-1
筑豊県民情報コーナー飯塚市新立岩8-1
京築県民情報コーナー行橋市中央1-2-1

上記の場所にて教養試験、専門教科、実技試験の過去問3年分をコピーすることができますよ。

福永
福永

最新年度の試験問題は、実施年度の11月末頃から閲覧可能です。

手順3:専門教科から勉強をはじめる

過去問を入手したら、専門教科から勉強をはじめましょう

なぜなら、配点が高いからです。

参考)福岡県教員採用試験の配点

校種教養試験専門教科
小学校50点150点
中学校50点150点
高等学校50点150点
特別支援学校50点250点
養護教諭50点150点
栄養教諭50点150点
※実技のある教科は専門+実技で150点。

このように教養に比べて3倍の配点なんですね。

専門教科で点数が取れないと合計点を上げることができないので、早い時期から勉強できるといいでしょう。

関連記事【3分で理解】教員採用試験 専門科目の勉強法を4ステップで解説

手順4:教職・一般教養は科目選びが重要

教職・一般教養は勉強する科目や範囲を把握することからはじめましょう

理由は闇雲に勉強しても無駄が多いからです。

出題分野の内訳(データは千葉県のもの)

教育原理は13分野すべてを勉強しなくても4分野に集中すれば点が取れそうですね!

ただでさえ試験科目が多いので、必要・不必要を把握することが重要。

詳しい出題傾向は下記記事で解説しています。

関連記事【合格ラインは5割】福岡県教員採用試験 教職教養の勉強法|出題範囲を解説!

手順5:面接対策は早めに着手する

面接(二次試験)の合格率は平均60%と高めですが、10人に4人は落ちます。

面接で落ちる理由は、筆記対策ばかりに気を取られてしまい、面接対策が遅い、もしくはきちんとしないからです。

最終合格者は模擬授業がC以上の評価の者の中から、個人面接による人物評価及び実技試験の成績を重視し、各試験内容の評価を総合的に判断して選考する。

引用:福岡県実施要項

未だに筆記試験で高得点を取れれば合格できると思っている人は一定数いますが、採用方針にも面接重視と明記されていることから注意が必要。

面接や模擬授業は、筆記試験と違い解答(正解)がないため、すぐに対策をはじめることが難しいです。

早めに傾向を把握して取り組むようにしましょう。

関連記事【何が聞かれる?】福岡県教員採用試験の面接質問を紹介!対策法も解説

関連記事【福岡県教員採用試験】模擬授業の過去問テーマを校種別に紹介!

傾向を把握して効率よく対策しよう!

本記事は福岡県教員採用試験が難しい3つの理由と対策法5ステップをまとめていました。

再度、内容のおさらいです。

  • 福岡県教員採用試験の合格率は上昇傾向
  • 福岡県教員採用試験が難しい3つの理由
    ・試験科目が多い
    ・学力と人間力の総合評価
    ・受験資格を得るまでの過程
  • 福岡県教員採用試験を突破する5つのプロセス
    ・学習計画を立てる
    ・過去問を入手する
    ・専門教科から勉強をはじめる
    ・教養試験は科目選びが重要
    ・面接対策は早めにやる

数年前に比べると合格率は上昇しているため、受かりやすくはなっています。

しかし、試験内容は幅広く、科目も範囲も膨大なので対策なしで合格することは難しいです。

少しでも合格に近づくには傾向を把握し、効率よく勉強することがポイント。

ぜひ、このサイトを活用して福岡県の教員になってくださいね。一緒に頑張りましょう!